2017/9/8 桜島一周(挫折)、知覧

 この数年、瀬戸内海の島々をフェリーや自転車で訪れるのが私の楽しみとなっています。このたび少し足を延ばし、九州鹿児島の桜島一周自転車旅を思い立ちました。といっても鹿児島まで自転車で行こうという訳ではありません。鹿児島まではJRで行き、ふぇりーで桜島にわたり、島の一周だけ自転車で、というつもりでした。

 こんな感じ。
170904 桜島一周プラン (600x386)

 で、その自転車ですが、前日までは自分の自転車を持って行く、いわゆる輪行というものやってみるべぇか、と思っていたのです。五月に下蒲刈島から大崎下島までの「とびしま海道」を往復した時、バスを使った輪行は経験済みですが、新幹線を使った本格的な輪行はしたことがありません。9/4の月曜日に出発してその日のうちに桜島一周を達成し、その夜は一泊して鹿児島で焼酎night でも楽しんで来ようという魂胆です。

 ところが! 9/4の早朝張り切って起き出し、念のためTVで天気予報を見たところ、九州は雨、となっています。通勤のときはカッパを着て自転車に乗りましたが、雨天のサイクリングはしたくありません。延期しようかとも思いましたが宿もすでに予約済み、悩んだ末にともかく行ってみることにしました。で、もし可能ならレンタサイクルで何とかしよう、ということで。

 6:43発のさくらに乗り、終点の鹿児島中央に9:33着。そのまま日豊線に乗り換えて一駅、鹿児島につきました。
001 IMG_0148 鹿児島駅(600x448)
なんか田舎の駅のようです。

 天気は?、というと降るような降らないような、霧雨というんでしょうか。取り合えずフェリー乗り場に向かいます。桜島が見えてきました。
002 IMG_0153 桜島が見える(600x392)
桜島に行き来するフェリーは鹿児島市営で、24時間営業です。

 今しも入ってきた船。けっこう大きいです。
003 IMG_0155 フェリーが入港(600x400)

 それと行き違いに出ていく船。
004 IMG_0161 出港する船(600x400)

 よく見ると幼稚園児のような子供たちがたくさん載っています。
005 IMG_0163 親、幼稚園児が(600x406)
あそこにいては濡れるんじゃないかな?

 フェリーターミナルの隣にこんな建物が。シドニーのオペラハウスか?
006 IMG_0165 シドニー・オペラハウス?(600x400)
違います、水族館のようです。

 15分に1便ほど出ているので、適当に乗船しました。出港。

 わずか15分ほどの航海です。途中潜水艦を見ました。
007 IMG_0173 潜水艦だ(600x397)
錦江湾に潜水艦? 北朝鮮のミサイル警戒?

 島のフェリーふ頭が見えてきました。
008 IMG_0184 桜島に着く(600x392)
写真が暗くて済みませんが、終日こんな感じでした。

 到着。左が私がのってきた船。右は入れ替わりに出ていく船。
009 IMG_0186 出船入船(600x400)

 相変わらず霧雨が降ったりやんだりですが、ともかくも自転車を借りました。カゴに入っているのは雨がっぱです。
101 IMG_0193 自転車を借りた(600x401)
レンタサイクル屋のおばさんがしきりに心配して、「雨だけど大丈夫? 雨と一緒に火山灰が降っているから衣類につくと洗っても落ちないよ・・・、路面は滑るし。」とのこと。聞けばこの夏に、年配の人が自転車を借りてやはり島一周を試み、途中で熱中症か何かでぶっ倒れて救急車で搬送された、という事故があったそうです。私の年格好を見たら、なるほどご心配なさるのも不思議はない・・・、と納得。
 決して無理はいたしません、と約束してやっと貸してもらえました。1時間300円です。

 コンビニでお弁当を買って昼食。
102 IMG_0191 海老茶のローソン?(600x465)
ローソンといえば青い看板ですが、なぜこのこげ茶色? 国立公園内で景観に配慮したため、「溶岩色」にしたんだそうです。ちなみに、広島のカープ球場に近いローソンは、真っ赤です。

 レンタサイクル屋さんで勧められたように、時計回りに走り始めました。相変わらずの霧雨でしっとり濡れます。
103 IMG_0190 錦江湾(600x396)

 海岸線は固まった溶岩流が延々と続いており、なかなか他では見ることのない景観です。
104 IMG_0197 溶岩流(600x400)

 海岸ぞいにこんな遊歩道があり、そこを進みました。いろいろの歌碑、句碑がありますが、よく見ないまま通り過ぎました。
105 IMG_0198 海岸沿いの遊歩道(600x446)

 釣り人がいました。これまで自転車でほうぼう行きましたが、どこへ行っても釣りをする人はいます。
106 IMG_0201 釣り人が(600x401)

 所々に火山灰の吹き溜まりがあります。ここに自転車で突っ込むと、タイヤのコントロールが効かなくなり、転びそうになります。
107 IMG_0203 火山灰の吹き溜まり(600x501)
昨年の夏、忽那諸島の睦月島に行ったとき、前日の雨で路面が泥濘となっており、「きゃっぱり」をとる、という岩手方言について書きましたが、この火山灰吹きだまりでもキャッパリをとりそうになります。

 40分ほど走ったところに「桜島国際砂防センター」という施設がありました。桜島の噴火の歴史や、それに伴う溶岩流、土石流の被害、その対策、などに関する展示があります。休憩を兼ねてここを見学。
 思いがけなく、ここにフェリーの港で見た幼稚園児たちがおりました。遠足? にしては雨で気の毒。

 そうこうしているうちに、雨はやまないし噴煙は上がるしで、もうこれ以上進む意欲を喪失。撤退することにしました。
109 IMG_0215 噴火を繰り返す(600x444)
(写真右上方の怪しい光はUFOではありません。建物のガラス越しに撮ったので、照明が反射したのです。)

 車もご覧の通り。
110 IMG_0217 灰が降って大変(600x400)
レンタサイクル屋さんで持たせてくれたカッパを着て戻りました。

 結局島一周どころか、約八分の一ほどで挫折しました。
170904 桜島 八分の一 (600x386)

 挫折はしましたが、桜島・鹿児島に暮らす方々の日常のご苦労をわずかとはいえ実体験できた貴重な経験となりました。雪国には雪国の、南国には南国の、それぞれの喜び・苦しみがあるんですね。

 その晩はフェリー乗り場からほど近いホテルに投宿。夜はホテル近辺の飲み屋さんにお世話になりました。鹿児島市の中心部繁華街である天文館地区に出撃する元気はありませんでした。気がついたのですが、お邪魔したどの居酒屋さんでも飲み物メニューに「清酒」がありません。酒といえば焼酎なんですね。なるほど!


 さて翌朝目をさますと、晴れ。
IMG_0277 (600x393)
ウーム、リベンジしてやろうか・・・、と思わないでもなかったのですが、なんだかもういいやという気分になりました。


 代わりに、バスで小一時間の知覧(南九州市知覧)に行き、第二次大戦末期の特攻出撃基地があったところです。

 入口の桜並木。春は見事でしょう。
201 IMG_0228 特攻観音への参道(600x400)

 知覧はお茶の名産地でもあります。
202 IMG_0229 知覧はお茶の産地(600x460)
LEDの発明でノーベル賞を受賞なさった赤崎先生もこちらのご出身だったんですね。

 特攻平和会館の前にある飛行機、「隼」。
203 IMG_0231 隼(復元)(600x401)
これは映画の撮影のために造られた復元モデルだそうです。

 特攻平和会館。 
204 IMG_0234 特攻平和会館(600x464)
中は撮影禁止で写真はありませんし、私の駄ブログで軽々しく申し述べるべきことではありませんので差し控えます。もし機会があればどなたも一度訪れてみてはいかがでしょうか。若い方は若い方なりに、年配の方もそれなりに感ずるものがあるでしょう。

 17時12分鹿児島中央発の新幹線で帰路に。帰宅したのは午後8時すぎでした。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2017/9/6 ハガツオ

 先週の日曜日、9月3日の空です。
IMG_0135 (453x600)
巻雲というのでしょうか。秋本番を感じさせます。下に見えているのは平和公園の鐘のお堂(?)です。

 こっちはいわし雲か。
IMG_0137 (600x577)


 さてその前日、2日の土曜日いつものように魚屋めぐりに出発。段原のマックスバリュ、ハガツオがありました。広島ではスジガツオ、とか、キツネガツオとかいうんですが。1尾868円(税込)。先日仙台に行ったおり、本当のカツオの刺身をある居酒屋でいただいたのを思い出し、買ってみました。またサザエ1個128を2個購入。次へ。
 トンネルを通って宝町フジへ。おやおや、ここにもハガツオが。フジは外税表示ですが、税込みで計算するとほぼマックスバリュと同じ値段。次へ。
 御幸橋ゆめタウンへ。何とここにもハガツオ。値段もほぼ一緒。どこかで大漁だったんでしょう。

 実はこの前日の金曜日、外で飲む機会がありました。ついつい飲み過ぎてこの日は二日酔い、それ以上魚屋めぐりをするエネルギーが無く、これで切り上げ。帰宅。

 ハガツオです。47㎝、1380g。
IMG_0102 (600x372)

 背ビレを引っ張り出してみました。
IMG_0103 (600x486)

 コチとか、ホウボウとか個性的な体形の魚と違って、ごく標準的な形の魚ですから、とてもおろしやすい。刺身用にサクをとります。
IMG_0104 (600x510)

 アニサキスなんぞお出ましではないかとギロギロ目視検査。
IMG_0105 (600x436)
OKのようです。

 皮目を炙って土佐造りに。
IMG_0109 (600x486)
これで半身分。刺身を腹いっぱい食べられて幸せ・・・

 付属品関係。
IMG_0111 (600x540)
血合いの味噌たたき、胃袋の湯引き、とても小さな卵巣。七味をかけ過ぎてしまいました。

 サザエ、2個で244g。
IMG_0106 (600x459)

 ところが殻から出してみると、1個がなんだかゲンナリしていて、サザエ独特のコリコリ感がありません。こんなのは初めて、だいぶ迷いましたが、しっかりしている(ように見えた)肝を残して、身は捨てました。
IMG_0108 (600x538)
でもあとから考えると、肝の方こそ危なかったかもしれませんね。

 さてこれだけでは少しさびしいので、冷凍室の隠匿物資を探してもう2品。

 アイナメの塩焼き。
IMG_0114 (600x491)
右の小皿はハガツオの心臓です。

 ホウボウのアラ煮。
IMG_0115 (600x491)

 ま、なんとか格好がつきました。
IMG_0116 (600x492)

 酒は奈良県桜井市三輪の今西酒造のみむろ杉、特別純米酒。胡町大和屋で一升2592円(税込)。「露葉風(つゆばかぜ)」という酒米で醸した酒です。奈良県で唯一の酒造好適米だとか。
 この今西酒造というのは大変に古い歴史を持つ蔵のようです。蔵のある三輪という場所そのものが酒造りの神様大神(おおみわ)神社の鎮座する場所だそうです。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


(2017/9/7 追記)
 秋になって魚だけではなく美味しいものが出てきています。先日のひろしま朝市に出ていた美味しそうなものを並べてみます。

 まず早生の新米、これはもち米のようです。
IMG_0128 (600x483)

 秋ナスは嫁に食わすな、とか。
IMG_0121 (600x475)

 カボチャ。
IMG_0131 (600x504)

 ブドウが盛りを迎えています。
IMG_0134 (600x473)

 そしてもちろん魚も。
IMG_0118 (600x450)
主にメバル、ウミタナゴ、クジメ(アイナメの弟分みたいな魚で、お客さんはアイナメと思って買っていらっしゃるようです。)、など。

(追記終わり)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



2017/8/29 仙台で飲む

 新物の生サンマが鮮魚店頭に並び、また酒屋では「ひやおろし」というラベルが出始め、季節の変わり目にさしかかっていることに気づかされます。

 市内某所の川岸のザクロが実をつけていました。
01 ザクロの木 IMG_9976 (574x600)

 こんな実です。
02 ザクロの実 IMG_9970 (600x509)

 この実の中がどうなっているのか、ちょっと先端をこわしてみたら・・・・

ウワッたいへん!
03 中からアリの大群が! IMG_9973 (600x548)
中にはアリがウジャウジャいます。巣になっていたんでしょうか、卵やさなぎを抱えて右往左往するヒトたちも。 どうもすみませんでしたね。

 木の下を見ると白いキノコが。
04 下を見ればキノコ IMG_9969 (600x458)

 ずいぶん大きなキノコです。
05 こんなやつです IMG_9966 (540x600)


 さて本日はお魚の話題は無し。 実は先週24日から四日ばかり東北に帰省しており、鮮魚店巡りができなかったのです。
 鮮魚店はまわりませんでしたが、夜になってから飲み屋さんは巡り歩きました。今回お邪魔したのは以下の通り。いずれも仙台。

 8/24(木) 本町 壽哲廸(これで「オヤジ」と読むのだそうです。)ちょっと隠れ家的立地で、古民家風内装。
 8/25(金) 花京院 強太郎
  花京院というのはまったくなじみのない区域ですが、たまたま予約できたホテルのすぐ向かい側のお店です。突出しで出てきた野菜スティック(ニンジン、キュウリ、カブ)をマヨ味噌でいただきましたが、大変美味しかった。自分でもやってみようと思います。
 8/26(土) 仙台銀座 花夕
  何年か前から数度お邪魔したことのある店。戻り鰹の刺身が最高でした。
  この日はある用事が片付いたので、少し気が大きくなり、二軒目へ。
 文化横丁 源氏
 ここは太田和彦という居酒屋評論家(? 本業はグラフィック・デザイナー)が賞揚したこともあり、とても有名になった店。ミーハーな私も太田氏の著書を読んでから行くようになりました。今回で3度目か。外から見るととても敷居が高い感じがし、初回はなかなか入りづらかったんですが、もう大丈夫。

 あー、よろしいですなァ・・・、仙台の魚、仙台の酒。

 この26日は、仙台のホテルがたいへん混んでいたようで、二ヶ月も前に探してもカプセルホテルしか空いていませんでした。(一泊2万円とかいうのは空いていましたが。) カプセルホテルというのは私はこの日が初体験。でも一泊4700円もして、普通のビジネスホテルと大差ないよなー・・・、と感じ、ちょっと不満。

 翌27日、二日酔いで帰広。比較的天気がよく、機上から遠くに富士山が見えました。新潟と富山の中間ぐらいを飛んでいるときの写真です。
12 彼方に富士山 手前は八ヶ岳?
手前に見えているギザギザの山なみは八ヶ岳でしょうか。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2017/8/22 アイゴ、アイナメ

 東日本、北日本は日照時間が記録的に少ない夏だそうですが、広島の太田川の空は真夏の色です。
IMG_9919 京橋川盛夏(600x400)

 川面が波立っています。
波立つ川面 (600x520)

のぞいて見たら何かの小魚の群れが。
IMG_9940 川底に小魚の群れ (600x483)
何でしょうね。ボラでしょうか。ボラの産卵は確か冬で、半年であのくらいの大きさでしょうか。


 さて真夏の空の下、先週土曜日も魚を求めて出かけました。台風の影響で魚が少なかった先々週の反動か、この日はどこの店もなかなかにぎやかな店頭でした。

 最初は段原マックスバリュ。
珍しくアイゴがありました。かなりの大きさですが、298円という安さ。直ちにゲット。アナメもあります、なかなか良いサイズですが、880円で我が射程距離内。ところが店員さんが控えめにおっしゃるには、「これはちょっと刺身には・・・」とのこと。どうしようかと少し迷いましたが買ってみました。

 比治山トンネルをくぐって宝町のフジへ。珍しくサザエが一個108円、2個買いました。そのあと、御幸橋ゆめタウン、川口町リアル、舟入市場と廻って帰宅。

 アイゴです。
IMG_9881 アイゴ(600x380)
37㎝、817g。
 アイゴを買ったのは5年前の8月が最後のようです。このときは処理が悪かったのか、とても臭くて往生しました。今回はどうでしょうか。

 アイゴの顔。上あごが前に飛び出している形になっています。
IMG_9885 アイゴの顔(600x518)

 アイゴといえば、そのヒレやトゲに毒を持っており、刺されると強烈に痛いことで悪名高い魚、今回のはすでにトゲはすべて除去されていました。
IMG_9886 トゲは除去(600x476)
ここまで手間をかけても298円ですからねェ・・・。

 三枚におろしました。
IMG_9888 アイゴ三枚おろし(600x486)
とてもきれいなサクです。

 内臓も臭みはありません。
IMG_9889 アイゴ付属品(600x387)

 刺身にしました。
IMG_9956 アイゴ刺身(600x471)

 この日は酒が白ワインだったので、マリネしてサラダ風にもしてみました。
IMG_9948 アイゴサラダ(600x548)

 肝と卵巣を煮物に。
IMG_9954 アイゴの卵巣と肝(600x517)

 いっぽう、アイナメ。
IMG_9890 アイナメ(600x283)
36㎝、719g。
 見たところそれほど鮮度が落ちているようではありませんでしたが、まぁ、専門家のご意見を尊重して加熱することに。

 バタ焼きに。
IMG_9952 アイナメバタ焼き(600x549)
 「なんでも刺身教」信者の私ですが、これも良いですね。

 こうなりました。
IMG_9958 晩酌の膳(600x489)
 酒はスペインの白ワイン、ヴィニャ・ペーニャ。近所の酒屋で一本321円!

 あ、そうそう。サザエもこのたびは刺身ではなく、タマネギ、トマト、などと一緒にチーズ焼きにしました。中央のグラタン皿がそれです。


 さて甲子園、盛岡大付属も仙台育英もベスト4には残れませんでした。という訳で広陵高校一本に絞って応援しようという私です。その広陵が戦う準決勝第一試合は今日の10時、もう始まっていますね。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

2017/8/16 コチ

 お盆が過ぎました。今年のお盆は我が家では息子が帰省しましたが、わずか36時間の滞在で、またどこかに遊びに行ってしまいました。うちの息子は今年の3月で学生生活を終え、新社会人の暮らしを初めたばかりです。事実上まだ先輩の仕事を見ならっている段階のようですが、7月初めには少ないとはいえボーナスを頂いたとのこと、ありがたいことです。
 これから年金制度がどうなっていくのか全く不透明ですが、いずれ、70歳から、75歳からの給付・・・、ということになりそうな。今から40年も45年も先のことを心配してもしょうがありませんが、私のように一つの会社だけにずーっと勤めて、退職金と年金で老後を暮らす、というような人生のビジネスモデルはもはや成り立たないんでしょうね。

 まぁ、自分で何とかするでしょう・・・。 と、親の限界をしみじみ実感した今年のお盆でした。


 さて先週土曜日、12日は迷走台風5号の影響か、どこの鮮魚店でも魚の量・種類共に寂しい感じ。段原マックスバリュで1980円のスズキがありましたがちょっと悩んでパス。コチを買いました。買ってから手に持った感じが、アレ? ちょっと軽い、というか頭のでかさに比べて体が細いような・・・。少し心配。
 心配しつつ、宝町フジ、千田町Aruk、御幸橋ゆめタウン、川口町リアル、舟入の舟入市場、といつものコースを回りましたが、結局リアルで鶏のボンジリ(冷凍)と、舟入市場でシシトウを買って帰宅。


 こんなコチです。
IMG_9866 コチ(600x452)

 ウーム、これは今までのコチと比べてどうなのか? 昨年2月に、コチの購入記録を整理したことがありましたが、あのデータをアップデートしてみましょうか。

 まず生データを。
コチ購入記録
確かに100gあたりの値段を比べると、今回のはこれまでで二番目にお高い。

 体長と重量の分布のグラフはこうなります。
コチ 重量vs体長
これはもうほとんどぴったり3乗のカーブにのっているので、必ずしもヤセッポチという訳ではなさそうです。

 重量対価格のグラフ。
コチ 重量vs価格
ま、しょうがありません。

 3枚におろして皮を引きました。
IMG_9867 コチ三枚おろし(600x322)

 刺身に。
IMG_9868 コチ刺身(600x444)

 付属品です。
IMG_9870 コチ付属品(600x419)
 小さな白子がありましたので、お兄ちゃんです。

 すべて湯がいて小鉢に。
IMG_9872 コチ付属品(600x541)

 刺身を造ったときに出るきれっぱしなんかを味噌汁に。
IMG_9875 コチ味噌汁(600x524)
美味いです。

 さて少しさみしいので、先週某日買ったハガツオが友情出演。角煮(?)です。
IMG_9874 ハガツオショウガ煮(600x530)
ショウガ入れ過ぎ。

 同じくハガツオの味噌漬けの焼き物。
IMG_9876 コチ味噌漬け(600x571)
 このハガツオは、44㎝で1180g、これが598円(税込@段原マックスバリュ)で、これはお買い得だったと思います。

 なんとか格好がつきました。
IMG_9877 晩酌の膳(600x533)
酒は島根県邑智郡邑南町(おおちぐん おおなんちょう)の池月酒造、誉池月。純米無濾過の生原酒。昭和町福幸で一升3048円。

 姉の住む仙台は多雨の冷夏、仙台七夕も盛り上がりを欠いたまま終わった、とか。こうなると今秋の米の出来が気になるのは、私が数代さかのぼればコメ作りの百姓の血筋だからでしょうか。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード