2010/9/12 初めてのヤガラ

 昨日はたいへん珍しい魚に出合いました。ヤガラです。「矢柄」と書きます。
100911 ヤガラ2 Web大
こういう魚がいるということは知っていましたが、実際に見たのは20年ほど前に広島駅前の市場で一度、昨年故郷水沢のスーパーで一度、そして今回が3度目です。買ったのは今回が初めて。

 大手町のおかず工房で600円。出るところに出ればン千円という値がつく魚ですが、魚売り場の元気なお姉さんもよく知らないらしく、「どうやって食べるのこの魚?」と聞かれました。
 家に帰って計ったら、全長1m15cm、540g。そばに置いた携帯と比べてください。
100911 ヤガラ1 Web大

 こんな顔です。
100911 ヤガラの顔 Web大
といっても顔全体が入らない。前から撮るとピントが合わない。
100911 ヤガラの顔前方 Web大
目から口の先っぽまで30cmぐらいあります。
100911 ヤガラの顔2 Web大


こんな口です。
100911 ヤガラの口 Web大
尻尾まで不思議な魚です。
100911 ヤガラの尾 Web大

 まったく初めての魚なので、ネットであれこれとさばき方やレシピを探して格闘。頭の後ろのほうも硬い骨が続き、食べられるのは長さでいうとほぼ半分だけでした。
 3枚におろして皮をひき、一応刺身用サクという状態になりました。
100911 ヤガラ サク Web大
白身のきれいな魚です。とりあえず刺身に。
100911 ヤガラ 刺身 Web大
「癖のない上品な白身の高級魚」とかいわれているようです。確かにそんな感じですが、あまりに癖がなさ過ぎて「ぜひともまた食べたい」、という感じとはちょっと違うかな・・・

 半分は昆布締めにしてあります。今晩のお楽しみ。

 もうひとつ、川口町のリアルでアカニシを買いました。1個199円を2個。
100911 アカニシ Web大
アカニシは広島ではよく見かけます。特にこのリアルではほとんど毎週おいています。ゆでると指ですっぽり取り出せました。
100911 アカニシ 茹でた Web大
何かの本に、煮て食べる貝の中で、最もおいしいものの一つ、とありました。

 で、これが昨晩の膳。
100911 晩酌の膳 Web大
酒は島根の出雲富士「秋雲」ひやおろし。大和屋で2585円。

 そして締めは同じくアカニシの炊き込みご飯。
100911 アカニシ 炊き込みご飯 Web大

 昨日は子どもの最後の運動会。あさ9時開店のおかず工房に一番で飛び込んでヤガラをゲットし、そのまま子どもの学校まで行って最初のクラス対抗リレーで写真を撮り、すぐ家に帰って魚を冷蔵庫に入れ、ネットでヤガラの調理法を研究。カップラーメンの昼食をとってまた出かけ、舟入市場の魚をながめてから学校へ。クラス対抗リレー決勝とフォークダンスでまた撮影班、終わって川口町のリアルへ。アカニシを買って家に帰り着いたのが4時半。直ちにヤガラのさばき方にかかり、炊き込みご飯の完了まで一連の作業完了が6時。という、けっこうハードなスケジュールでしかも暑かったせいもあり、へとへと。ついいつもの倍以上飲んでしまって、けさはぐったり。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード