スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/7/12 アイナメ、サバ、サザエ

 北海道は連日の猛暑だとか。広島は蒸し暑い日が続くものの、梅雨明けが近いのかどうか、今一つスッキリしない日々です。

 さてそのスッキリしない空の下、先週土曜日は月の第二土曜日ということで、上八丁堀の高層マンション前広場の朝市に行ってきました。
 非常に大きなウスメバルが1000円、とても気を引かれましたが結局見送り。サバとサザエを買いました。サザエはかなりいい大きさで一個100円、お買い得。

 段原のマックスバリュへ。ケンサキイカを買いました。前回買ったのよりも小さいのが2杯で298円。

 南に下って御幸橋のゆめタウンへ。あまり期待していませんでしたが、思いがけなくアイナメが。アイナメは広島ではずいぶんお高い魚ですが、この日でていたのは一尾だけで1000円(+消費税)。前々週にも一度アイナメを買っていますが、あの時は半身で、しかも2割引きという処分価格でした。私の場合、店頭で見る魚の大きさは、錯覚もあって台所で見るより少し小さめに感じるのですが、この大きさで千円はどうだろうか・・・? しばし悩んだ末に購入決定。ものは非常に良いようです。
 電車通りをいつもと逆に鷹の橋方向にたどって、千田町Arukへ。何も買わず帰路へ。

 昼食後ただちに、鮮度落ちが速いサバの解体作業に着手。

 こんなお姿、32㎝、423g、200円です。
IMG_9617 (600x419)

 肌が虹色に輝いてとてもきれいでした。
IMG_9619 (600x557)
 半身はシメサバ用に塩をあてて冷蔵庫へ。もう半身は塩焼き用の切り身にしました。

 さてこれが悩んだ末に買ったアイナメ。37㎝、770g。
IMG_9624 (600x407)
40㎝以上の大きいアイナメは「ポン級アイナメ」と呼ぶそうですが、あと3㎝足りませんでしたねー。

 三枚におろして皮を引きました。アイナメの皮は強いので、皮を引くのに失敗がありません。
IMG_9625 (600x408)

 刺身にしました。
IMG_9632 (600x492)

 付属品は肝と胃袋、それに皮です。
IMG_9626 (600x377)

 いずれも湯がいて小鉢に。
IMG_9633 (600x493)

 ところでこのアイナメ君にはお客さんがいらっしゃいました。魚のお客さんといえば、最近お笑い芸人さんに噛み付いて名を挙げたアニサキス君とか、とても発音しにくいあの方とかが思い浮かびますが、今回のはそういう剣呑な連中ではありません。
 こんな方々でした。
IMG_9627 (600x485)

 もっと拡大してみましょうか。接写リングもマクロレンズも持っていないので、これが限界。
IMG_9631 (600x496)
小さな小さな巻貝でした。これがアイナメの頭を梨割りした時にポロポロとこぼれ出てきたのです。エラのあたりに引っかかっていたようです。
 アイナメが巻貝を食べようと思って飲み込んだのか、巻貝が楽して生きようとアイナメに寄生したのか、どっちなんでしょうね。まだ生きていそうだったので、コップに塩水をこしらえてその中にこの巻貝を遊ばせてみましたが、出てきませんでした。

 さて塩でしめたサバ、3時間ほどで塩を洗い流し、酢漬けに。酢漬けは1時間足らずでこうなりました。
IMG_9637 (600x430)

 200円の半分でこうですから、サバは良いですねーぇ。
IMG_9638 (600x564)

 あとから気がついたんですが、サバもアイナメもアニサキス君の居住物件としてとても好まれる魚、刺身に造るときにほとんど気を付けていませんでした。用心用心・・・

 お客さんの巻貝は結局出てきませんでしたが、こっちの巻貝は無理やり引き出されてこうなりました。サザエです。
IMG_9636 (600x489)
これが一個100円は安いですよね。2個で257gと立派な大きさでした。

 ケンサキイカ、煮つけに。
IMG_9639 (600x557)


 で、この日の晩酌はこうなりました。
IMG_9641 (600x467)

 酒は千葉県勝浦市の東灘醸造の鳴海(これで「なるか」と読むそうです。)、特別純米、福幸で一升税込2592円。使われた米は「ふさこがね」という千葉県で開発されたお米だそうです。「ふさこがねちゃん」というイメージキャラクターまであるようです。酒造好適米というよりはご飯にしておいしいというお米のようですが、このお酒もとてもいいと思います。
ふさこがねちゃん
千葉県ホームページより借用)

どこの県も一生懸命ですね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん お早うございます

〆鯖が美味しそう。我が家夫が鯖嫌いですので、偶に自分だけ出来合いのを買って来ます。本当は衛生面からも自宅で作りたいのですがね。
アイナメの刺身は食べたことはないのですが、綺麗な身ですね。
サザエも良い感じです。コリコリが伝わって来ます。
ケンサキイカの煮つけも軟らかそうで、空腹の今お腹にぐ~と来ています。

最近日本酒にしておりますが、このお酒見たら買って見ます。

相子さん

今日は、相子さん。

サバは好き嫌いがありますからね。

千葉県は醤油だけではなく醸造業が盛んで、
酒もとてもいい銘柄がいくつもあると聞きました。

広島に来る前、もう25年以上前でしょうか、
千葉(四街道市)に勤務していたのですが、
社員旅行で房総半島巡りをしたとき、
富津の酒蔵を見学したことがありました。
東魁盛という銘柄だったような記憶があります。

どうぞお楽しみください。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

猛烈に暑い日が続いています!
今日も34度まで上がる予定だそうです。
京都から観光でいらした方が地元より暑いと言ってました。

こちらでは生で食べられる鯖は滅多にないので
自家製のしめ鯖、すっごく羨ましいです。

アブラコのお刺身、ネットリ甘くておいしいですよね。
やはり心配なのはアニサキスくん。
新鮮なうちは内臓系に集中して身にはあまり侵入していない‥
らしいのですけど、気をつけてくださいね。

サザエ、お安い!

鮎魚女のお客様は

鮎魚女のうっすらピンク色の身、真夏にも拘らず脂が乗って美味しそうですね。

お口の中からお出ましたお客様たちは見たところまつぶ貝の稚貝のようです。
また、魚体の傷をみたところ、底引き網でガラと一緒くたに揉まれながら引き上げられたと思われます。
これらから、おそらく東北から北海道あたりの漁場で底引き網にかかって引き上げられるときにガラに付いてた真つぶ貝の稚貝が口の中に入ったものとAkicici Holmesは推理しました😆

でも面白いこともあるものですね。

はるさん

今日は、はるさん。

帯広で37℃!とか、大変ですね。
お気を付け下さい。

このサバを買った朝市は、日本海側の浜田港から魚を持ってきています。
浜田から広島まで高速を飛ばすと1時間15分で来るそうです。
月に一回ですから、鮮度も良いのを選りすぐって持ってくるようで、
刺身も絶対大丈夫!、と言ってました。

とはいえ、アニサキスも元気のいい状態で来るでしょうから、
それはそれで気を付けないといけませんね。

akiciciさん

ベーカー街221Bからのコメント、ありがとうございました。

そうですね、私も小さいけれどツブのようだなァと思いました。
なるほど、網で引き上げられた時に飲みこんだ、ありえますね。
釣り物だったら、1000円ってことはないですよね。

売り場では「島根」となってました。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。