スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/6/27 アイナメ、イワガキ、マイワシ、シログチ 刀が折れた

 いくぶん梅雨らしい空模様の続く広島ですが、もう来週からは真夏日との予報。このままたいした雨量もないままに梅雨明けとなるのでしょうか?

 先週の土曜日、6月24日は午後から雨という予報でした。私が魚屋めぐりに出かける午前中はまだ薄曇り。段原マックスバリュから。6月も末というのに、まだでかいボラが出ていました。トビウオも活きが良さそう・・・、イシダイが今年はよく見る、高いけど・・・。などと一渡り眺め、シログチとイワシを買いました。シログチは32㎝、477gというなかなかのサイズですが税込218円という安さ、イワシは一山4尾(20㎝ほど、4尾で347g)で198円。先日TVで「入梅イワシ」という言い方で今が旬と伝えていました。もっともこの言い方は関東(千葉県銚子)のものらしいですが。
 広島で今イワシといえば「コイワシ」(カタクチイワシ)ですね。刺身、てんぷらなどが一般的な食べ方ですが、単純に丸のまま焼いて頭から食うのが一番手間もかからず美味いとか。

 トンネルを抜けてフジは見ただけ、千田町Arukへ。立派なカツオが1800円、キジハタ、アカハタ、などハタ類がやはり1800円ぐらいで並んでいます。丸物の並ぶその売り場から少しずれて、切り身のパックが並んでいる棚をながめてみますと思いがけないものが。
 アイナメです。けっこう大きいアイナメですが、頭も含めてすっぱりと2枚におろされた状態の半身が白いトレーに乗っかって売られています。それが、定価1089円の2割引き、という値段。おそらく前日中に売り切りたかったのが売れ残ったので処分価格にしたんでしょうね。半身でその値段ということは、丸のままのときは2000円以上だったか? なかなか買えないアイナメ、まあ多少鮮度の上で問題あるのかもしれませんが、それは買ってみてからの判断で・・・と無理やり考えて、買ってみました。
 川口町リアルは見ただけ、舟入市場へ。イワガキを買いました。1個380円、昔に比べるとずいぶん安くなりました。

 帰宅。


 アイナメです。半身で563g。
101 アイナメ半身 IMG_9550 (600x412)
すでにウロコも落とされていました。

 刺身にできるかどうか、とりあえず中骨をはずし、皮を引いて血合い骨を取り去ってサクの状態にしてみました。
102 アイナメ、サク IMG_9552 (600x335)
まぁ無理やり刺身にしてできないことは無い、といった感じの身質。値段は正直なものです。

 でもあきらめきれず、酢を利かせたドレッシングに漬けて、マリネ風にしてみました。
103 アイナメ マリネIMG_9557 (600x468)

 皮は塩を振って炙りました。
104 アイナメ皮炙り IMG_9582 (600x542)
付属品はこれだけ、さびしい・・・。

 イワシは塩胡椒をふり、オリーブオイルでソテー。
201 イワシ ソテー IMG_9562 (600x401)

 シログチ、写真撮影の儀式を忘れて三枚におろしてしまいました。
401 シログチ 三枚おろし IMG_9553 (600x470)

 シログチという魚は飛び切りの鮮度でないと通常は刺身にはしません。今回のもそれほどの鮮度ではなさそうだったので、昆布締めにすることにしました。
502 シログチ 昆布締めに IMG_9554 (600x466)
おやすみなさい。


 さてイワガキです。765g。(といってもほとんど殻の重さです。)
301 イワガキ IMG_9563 (600x445)
   The world is mine oyster,
       which I with sword will open.
  
    「この世は俺様のもの、力づくで手に入れて見せる。」
                      シェイクスピア 『ウィンザーの陽気な女房たち』

 と、このアナゴ様もオイスターナイフを振りかざして力づくでイワガキに襲いかかったのですが・・・、

なんと!
302 オイスターナイフ折損 IMG_9565 (600x424)
ナイフが鍔元からポッキリ折れてしまいました。折れた刃先は私の左頬骨をかすめて飛んでいきました。   
      吾劍既折吾馬斃
           吾が劍は既に折れ 吾が馬は斃る     西 道仙 「城山」
 アハハ、馬はいませんが。

 折れた断面を見ると一種の脆性破壊ですね。
303 折損面 IMG_9568 (600x465)
安物のナイフなのでたいした鋼材は使っていないでしょうが、SK材ぐらい使っていたんでしょうか。刃先を貝殻の合わせ目に当ててこじったのですが、力をかける方向を間違ったようです。
 こわれた原因は素材にあるか、設計にあるか、使用方法にあるか、使用環境における腐食はどうか、製造時の熱処理は問題なかったか・・・、といったことを扱って40年間お給料をいただいてきた我が人生、呆然と破断面を見つめてしばし感慨にふけりました。

 感慨にふけってもイワガキは食えません。気を取り直し、再挑戦。アカガイを開くときなどに使う「貝剥き」という品名で売っていたナイフを使いました。悪戦苦闘の末、こうなりました。
304 抵抗もここまで IMG_9570 (600x448)
     戦い済んで日が暮れて       真下飛泉 「戦友」 明治38年


 こうなりました。意外と小っちゃいね。
305 On the hal shell IMG_9573 (600x534)


 こうなりました。
501 晩酌の膳 IMG_9576 (600x464)
 この日は酒もあったのですが、その酒が日本酒度+16という大辛口(島根県邑南町の池月酒造・誉池月、純米、一升2484円@福幸)で、あまりにも辛口すぎて閉口、近所の安売り量販店でチリワイン、Isla Chiloteというのを買ってきました。一本429円。


 さて昆布締めにしたシログチ、翌日開いてみると・・・
503 シログチ昆布締め 1日経過 IMG_9578 (600x460)
すっかり水分を昆布に吸われて、ねっとりした別の魚のようになっています。

 なかなか結構です。
504 シログチ昆布締め IMG_9580 (600x539)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん 今日は

うんうんと頷きながら拝見。とても面白かったです。

お仕事のことそうなんですか。

アナゴさんにしては今日のお膳はチョッと違いますね。でも美味しそう。

昆布締め 最近私はやっていません。あのねっとり感が良いですね。

相子さん

今日は、相子さん。

そうなんです、ずーとそんな関係の仕事をしてきました。
鉄鋼をはじめとする、金属材料のあれこれですね。

このところちょっと続けて安い白ワインを飲んでいたんですが、
やっぱり日本酒が恋しくなります。

だって、支那生まれだもん(想像)

岩牡蠣って玉手箱みたいで開けてみるまで中身がわかんないんですよね。
美味しいけど実入りが悪かった時の落胆が嫌なのでほとんど買いません。それに、開殻ができないし。
アナゴ様でも道具が折れちゃうくらいですものね。

>こわれた原因は素材にあるか・・・

おそらく、素材と熱処理に問題があるのだと思います。(支那製だと想定して)

支那製品の六角穴付ボルトが組立中にぽきぽき首が折れるということがあり、全部日本製のボルトに入れ替えた経験があります。

破断面は全く同様の脆性破壊面。
研磨して顕微鏡マクロ写真を撮って観察すれば素材や熱処理の良し悪しが詳細に判定できるでしょうが、そんなことをしなくても一目瞭然、素材も熱処理もできそこないなんですね😅
今回は溶接不良品で苦労させられました。

と、支那製品への鬱憤を晴らしたところで、
件の牡蠣剥きの素材はSUS材ではないでしょうか?
長年使い込んだものだと繰り返し応力腐食割れが想定されますが釈迦に説法のようですのでこのへんで。

鮎魚女はぽんクラスの大きさですね、こちらではめったに獲れません。東北ならうじゃうじゃいるんでしょうけど。
昆布締めのあとの昆布はどうされてます?
家じゃ利用しづらいので最近は「昆布茶締」の手抜き料理に進化させました😅

旬の大羽根イワシ。
脂ノリノリの大トロイワシ。昨日頂きました😄
薄皮の下の脂の層が2mmほどあり、口の中で蕩けますね。
今日もあったら買ってきましょう♫

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

アイナメ、ずいぶんお高いような。
こちらではなじみの魚ですからビックリ。
アブラコのお刺身、甘みがあっておいしいですね。
今回のマリネ風、とてもおしゃれですね。

「貝剥き」、残念でしたね。
わたしの料理の師匠曰く
貝類は置いておくとフッと緊張がゆるむ瞬間があるので
暗夜に霜が降るごとく近寄ってスパッと刃を入れる。
‥そんな言い方をしてました。

入梅鰯、数年前ですが買ったことがあります。
てっきり梅が忍ばせてあるのかと思っていました。

akiciciさん

akiciciさん、今日は。
いつもコメントありがとうございます。

なるほど、応力腐食割れね。
そういえば長年使っていてもあの刃はさびませんでした。
SUSでしょうね。
台所環境ですから応力腐食割れの起因となる塩素イオンも当然あるし。
とはいえ繰り返し回数はどのくらいになったんでしょうか?

カキをこじ開ける、なんていう作業は年にほんの数回、まぁ仮に5回/年としましょうか。
一回でゴキゴキと曲げ応力をかけるのが、そう… 多くても30回かな。
で、あのナイフは何年使ったか?
覚えていませんが、15年とすると、

 N=5×30×15=2250

たいした回数ではありませんが、まぁ微細な粒界割れが発生し始めてもおかしくないかも。
そこに過大応力をかけてしまった、という経過ですね。

「ぽん級アイナメ」という言い方、初めて知りました。
写真に写っている出刃包丁が全長305㎜です。
買った時点ですでに尾びれは落とされていたので、もとは350㎜ぐらいあったでしょうか、まあまあいい大きさでした。
普通なら買えません。

昆布締め後の昆布、醤油につけてつくだ煮風にしたり、
粗煮に入れて食べたりしています。
以前、魚Aの昆布締めに使った昆布を、次に魚Bの昆布締めに、と使いまわしたこともあります。

はるさん

はるさん、今日は。
広島は30℃をこえるようになりました。
昨晩は深夜まで30℃を切らず、ヘトヘトv-388

アブラコ、室蘭のスーパーでも普通にでかいのを売っていたのを思い出しました。
プリプリっていう食感で、味も香りも特徴のある魚、うらやましいです。

「暗夜に霜の降るごとく」、おお! 至言です。
ホッキ貝にクラムナイフを入れる時など、おっしゃる通り。
油断しているなァ… っていう時ならスイッと入るんですが、
敵がいったん意を決してガチガチに守りの体制に入ると大変です。

もとは銃の引き金を引く時の心がまえを表した言葉だそうですね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。