2017/6/1 タヌキメバル、カマス、仙台

 川岸にハナミズキと一緒に植えられているヤマボウシが満開です。
301 ヤマボウシ開花IMG_9251 (600x450)

    山法師 妻籠は雨に変りけり   松本陽平

 そういえば雨が似合いそうな花。
302 ヤマボウシの花IMG_9253 (600x400)

 なかなか清楚でよろしい。
303 ヤマボウシの花IMG_9255 (600x400)


 ちょっと古いんですが、5/20の土曜日のお魚、段原のマックスバリュにこんなお魚がいました。
001 タヌキメバル IMG_9234 (600x434)
「タヌキメバル」という名札がついていました。鳥取から来たお魚のようです。1580円、買ってみました。

 次に訪れた千田町Aruk。カマスがありました。とてもいいサイズが一尾180円(税込)。特にでかそうなのを選んで2尾購入。


 さて、タヌキメバルですが、まさかこれが本名(標準和名)だとは思えません。が、帰宅後調べてみたらなんとこれが本名。800gほどありました。

 背ビレを御開帳。
002 タヌキメバルの背ビレIMG_9232 (600x479)

 三枚におろしました。ネットで調べると、皮をつけたままの焼き霜造りが美味いとのことだったので、半身は皮を引きません。
003 タヌキメバル三枚おろし IMG_9238 (600x504)

 付属品関係。左から、胃袋、肝、浮き袋。
004 タヌキメバル付属品 IMG_9239 (600x397)

 梨割りした頭とカマ。これは煮物に。
005 タヌキメバルカマとカシラIMG_9240 (600x475)

 皮の付いたサクをガスの火で焙りました。
006 タヌキメバル 焼き切りIMG_9248 (600x472)
これを刺身に切り付けるとき、炙った皮がはがれそうになるので手間取りました。

 こうなります。
007 タヌキメバル 刺身IMG_9249 (600x549)
 あまりはっきりとした個性のある魚ではありません。それなりに美味いというか。タヌキなので化けるかもしれませんが。

 カマを淡竹と煮たもの。
008 カマスとタケノコ煮物IMG_9245 (600x532)


 さてカマス、大きさと目方を記録したメモが見当たらないのですが、けっこう大きかったんです。
101 カマスIMG_9242 (600x290)
あの出刃包丁が30.5㎝ありますから、37~38㎝あったんじゃないでしょうか。太さも太いし。

 ふつうカマスといえば一夜干しが王道ですが、あまりに大きくて鮮度も良さそうだったので、一尾は刺身にしてみました。三枚おろし。
102 カマス三枚おろしIMG_9243 (600x427)
残る一尾は開いて一夜干しに。

 こんな刺身になりました。
104 カマス刺身IMG_9247 (600x556)
決して悪くありません。カマスは水っぽいので、ちょと締めた方が良いのかもしれません。塩締め? 酢締め?

 カマスの付属品です。
103 カマス付属品IMG_9244 (600x448)
オスとメスが一尾ずつだったので、左から、肝、白子、卵巣、浮き袋が二つ、下が皮です。

 これをタヌキメバルの付属品と一緒に湯がいてこうなります。カマスの皮だけはガスであぶってチリチリに、右の小皿です。
201 付属品関係などIMG_9246 (600x538)
右上は、残り物の鹿すね肉の味噌煮込み。

 こうなりました。
202 晩酌の膳IMG_9250 (600x476)
 酒は広島市佐伯区の八幡川酒造、八幡川の純米酒、一升2006円(税込)。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 所用があって仙台に行ってきました。仙台には美しい並木道が幾筋もありますが、一番有名なのは定禅寺通りのケヤキ並木でしょうかね。毎年12月にはイルミネーションが施されるそうです。
001 定禅寺通りCIMG0466 (600x381)
 幅広い道の中央にも二列の並木があり、その間をずうっと散策できます。(交通量が多いので少しうるさいが。)

 さてこの並木を上から見たらどうなっているんだろう?・・・
こうなっているんですね。
003 欅並木を上からCIMG0456 (600x482)
 これは定禅寺通りではなく、青葉通ですが、同じケヤキの大木が続いているところです。
002 欅並木を上からCIMG0455 (600x448)
いつも使っている一眼レフではなく、携帯に便利なコンパクトデジカメで撮ったので、ピントがイマイチ。(責任転嫁)

 広島に戻った日は快晴でした。飛び立つ前の仙台空港から蔵王連峰が良く見えました。
004 蔵王CIMG0471 (600x338)

 飛び立ちました。滑走路が見えます。
005 仙台空港CIMG0481 (600x405)

 広島便はいったん海側に飛び立った後、大きく右に旋回して西に航路を取り、蔵王連峰を越えて新潟上空に出る、というルートをたどります。
006 仙台平野から蔵王CIMG0478 (600x338)

 進行方向右側に秋田・山形の山々が見えます。
007 鳥海山と出羽三山朝日岳CIMG0497 (600x417)
遥か彼方に霞んでいるのが鳥海山、その手前くっきり写っているのは出羽三山の一つ月山、さらに手前の峰々は朝日岳。(たぶん) 

 大変穏やかなフライトでした。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タヌキメバルとキツネメバルがいるんです。
この両者の区別が非常に判り難いというか確立されていないというか...。
まさに化かしあいの様相であります。
皮付きの炙り刺身は、切って身の部分を密着させてから炙ると上手く行きますよ。皮がずるっとはがれることもありません。
炙ってから冷凍庫に5分ほど入れるのも奥の手です。(出し忘れないように)

まるかつさん

今日は、まるかつさん。
いつもコメントありがとうございます。

キツネですか!
広島ではハガツオをキツネガツオ、ソウハチガレイをキツネガレイ、と呼ぶこともありますが、キツネってちょっとけなしているようなニュアンスを感じます。
タヌキはどうでしょう?
タヌキなんとか、と呼ばれる魚はほかにいるんでしょうか?

皮付きの炙り、なるほど切ってから炙る、やってみましょう。

No title

こんにちは(^^♪

タヌキメバルってソイそっくりです。
眼の下の骨が鋭角ならソイ、丸いとタヌキさんだとか。
そういえばこちらにはキツネメバルがいたなあと調べてみたら、
丸顔だとタヌキでとがったお顔はキツネだとざっくりな解説も載ってました。

先日、丸物の魚が格安で売られているお店を見つけ、
イサキ(25センチ):3尾で500円、ウマズラ(小さめ):3尾380円
ツブ(小さめ):4個380円。で購入しました。

こちらも花の季節を迎えました。
牡丹の大輪、藤の花、ニセアカシアなどなど。

仙台ではおいしいものを召し上がられましたか。

はるさん

こんにちは、はるさん。
いつもコメントありがとうございます。

私もネットで「タヌキメバル」を検索してみて、「マゾイ」って呼ばれている地方もある、というようなことを知り、
なるほどソイと似てもいるなァ・・、と思っていました。
キツネ/タヌキ問題で思い出しましたが、
札幌に狸小路ってありますよね。
仙台には狐小路っていうのがあるんです。

http://www.areamark.jp/blog/saito/2013/07/post-53.html

江戸時代からそう呼ばれていたようで、昔はキツネが出るほど藪だったとか。
今はもう出ません。
(熊が最近出ますが)

No title

アナゴさん 今晩は
ビックリしました。タヌキメバルって初めて聞く名前です。ソイに似ていますね。
何時もながら捌くのがお上手で感心して仕舞います。
仙台は緑の並木が美しいですね。

広島空港は確か高いところだったような記憶ですが、蔵王が見えるのですか。

私は先日50cmほどのサワラの片身を2500円で買い、12切れにして西京漬けにしました。半分は娘に上げ、冷凍にしたのを偶に解凍して食べております。

相子さん

おはようございます、相子さん。

空港から見た蔵王の写真、すみません、誤解を招く書き方でした。
あの写真は、広島に出発するまえの仙台空港で撮ったものです。
(記事の方も書き直しました。)
仙台空港は海側にあり、震災の時は津波をもろに受け大変だったようです。

サワラの焼き物、美味しそうです。
サワラやマナガツオは西京漬けとかひと手間かけることによって、
美味しさが格段に上がる魚だと思います。
私はなかなか手が出せませんが。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード