2017/5/16 ウチワエビ、トビウオ、クロソイ

 日に日に緑が色濃くなる広島、旧広島大学の正門に続くメタセコイアの並木です。
001 IMG_9123 メタセコイア並木(400x600)

 緑のトンネルの奥に見えているのは、旧理学部の建物。いわゆる被爆建物です。
002 IMG_9121 緑のトンネル(600x410)

1991年までは使われていたそうですが、その後広島大学が東広島市に移転して、今は使われていません。
003 IMG_9111 広大旧理学部(600x398)
維持にも相当の費用がかかるとのことで、現在はほとんど手入れもされず、公開もされていません。
004 IMG_9114 荒れた建物(600x400)
周囲はこの数年再開発が進み新しい建物が次々に出来つつありますが、ちょっと荒廃した印象のこの建物がまわりの変化に抗うように残っています。このまま消えてしまうわけにはいかない・・・、と主張しているかのように。


 さて先週の土曜日は5月の第二土曜日、上八丁堀の高層マンション前広場で朝市「グランマルシェ」がある日なので行ってみました。良いサイズのウチワエビが400円、2尾買いました。トビウオが150円、これも2尾購入。

 中央通りを南下して千田町Aruk、ソイが480円、なかなか良さそうに見えたので大きそうなのを選んで買いました。青森産だそうです。

 電車通りに沿って御幸橋に向かい、ゆめタウンへ。何も買わず、この日はこれで切り上げて帰宅。

 ウチワエビです。2尾で341g。
101 IMG_9128 ウチワエビ(600x454)

 腹側。ちょっと不気味。
102 IMG_9129 ウチワエビ万歳(600x423)

 こんな顔です。
103 IMG_9130 ウチワエビの顔(600x465)
額に青筋立てて怒っているような。

 刺身に。
104 IMG_9132 ウチワエビ刺身(600x520)
なんだかメリハリのない刺身です。美味いけど。

 頭は味噌汁に。
105 IMG_9136 ウチワエビ頭の味噌汁(600x514)

 トビウオ、浜田産。
201 IMG_9125 トビウオ浜田(600x445)

 ヒレを御開帳。
202 IMG_9126 トビウオの羽根(594x600)

 刺身に。
203 IMG_9133 トビウオ刺身(600x514)

 刺身用にサクをとったあとに背骨、腹骨、血合い骨が残りますが、これは天日で乾燥。
204 IMG_9157 トビウオの骨乾燥中(600x481)

 こうなったのを隠匿します。
205 IMG_9164 乾燥終わり(600x464)
後日これをチンすると恰好な酒のアテになります。背骨はちょっと硬いかな?

 さてはるばる青森からお越しのクロソイ、32㎝、487g。
301 IMG_9124 黒ソイ青森(600x426)
買ってから、そういえばソイって寄生虫が多いんだよな、あの発音しにくい寄生虫が。と思い出して警戒しましたが、さばいてみるとそんなことは無くてヤレヤレ、とはいえさすがに青森から旅をしてきてお疲れだったと見えて、ちょっと刺身には無理、ということで、蒸し物にしてみました。
302 IMG_9140 黒ソイ酒蒸し(600x490)
なんだかよくわからない。

 粗をタケノコと一緒に煮ものに。
303 IMG_9134 黒ソイとタケノコ(600x570)

 その他、冷蔵庫整理週間ということでこんなものが。何でしょうか?
401 IMG_9137 鹿のすね肉赤ワイン煮(600x594)
これは、鹿のすね肉の赤ワイン煮、という変なもの。某日某所で鹿の肉を売っていました。広島県の北のほうで獲れた鹿だそうです。ステーキ用の高い肉と、煮込み用の安いすね肉があったので当然安い方を。ネットでレシピをさがし、安い赤ワインで煮込んだものです。

 そしてこれも。ハタハタの干物の残り。
501 IMG_9138 ハタハタ干物(600x446)

 なんだか収拾がつかなくなってきましたが、結局こんな膳に。
601 IMG_9142 晩酌の膳(600x447)
アレッ! 主演のウチワエビの刺身が登場していない・・・
 酒は島根県出雲市の板倉酒造、天隠(てんおん)、平成26醸造年度の無濾過純米酒です。胡町大和屋で一升2538円(税込)。3年古酒ですが、そんなに古酒という感じはしません。スイスイ飲めます。

 なお、クロソイの一部を昆布締めにしてみました。3日後に取り出していただきました。良かったですよ。
304 IMG_9231 黒ソイ昆布締め(600x437)

 明けて翌日の日曜日、今度は平和大通りのひろしま朝市に行ってみました。
701 IMG_9148 朝市のにぎわい(600x400)
相変わらずにぎわっています。花を売る店が多くなりました。
702 IMG_9145 朝市のお花(519x600)

 青い麦の穂が季節を感じさせます。
703 IMG_9146 青い麦の穂(600x447)

 この花は、アジサイの原種らしい、とのこと。山に自生しているのを持ってきたそうです。
704 IMG_9150 アジサイの原種か(600x520)

 ハチク(淡竹)を買いました。小さいの3本で250円。
705 IMG_9152 淡竹(600x458)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

 日曜日に宇品に行ってみました。宇品島を一周すると、海沿いにこんな花が咲いています。トベラという木だそうです。(「海桐」と書くようです。)
802 IMG_9213 トベラ花盛り(600x400)

 このトベラが花盛りで、この花にアオスジアゲハが盛んに群がっていました。
801 IMG_9174 宇品のアオスジアゲハ(600x415)

 「アオスジアゲハ」といっても、ウチワエビの額に浮き出していた「青筋」とは違います。
803 IMG_9216 アオスジアゲハ(600x497)
優雅なものです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん  お早うございます
凄~く楽しく拝見させて頂きました。緑濃きキャンパス。都心の母校にはないものです。
ウチワエビ知っているだけで食べたことはありません。エビの生は食感は鮮度で違いますね。
ソイの蒸し物 頭に浮かんだことがありません。煮てばかりですから。
隠匿物資豊かですね。
食卓が賑やかで羨ましいです。
アオスジアゲハほんと優雅ですよ。

No title

クロソイ、寒流系の魚も広島まで流通するんですね。
ソイ類は皮が旨いですが、今回は鮮度が??だったんですか?
ウチワエビは関東ではほとんどお目にかかる事が無いですね。
是非新鮮な物を食べてみたいです。
ハチクいいですね、普通の筍よりも好きかも。
アオスジアゲトベラの花に群がるとは知りませんでした。
トベラは海岸沿いにも多い植物ですよね、勉強になりました!

エイリアン?プレデター?

あまり身はないけど、美味しい、キングオブダイオウグソクムシ?みたいなウチワエビ😅
顔はまるでカブトガニのお尻みたい。
エイリアンのモデルは昆虫で、プレデターのモデルは甲殻類の顔らしい。
昆虫や甲殻類は地球史古来から居てはるようで、先祖は宇宙からの渡星人なのかなぁ。
なんて妄想が湧き出るウチワエビのお姿でした😝

黒ソイ、発音しにくいあのお方がいらっしゃらなくて良かったですね。
私も好きなんですけど、2度、3度と訪われますと敬遠しちゃいます。
三枚に処ろしてもらって、「ゴマが居なかったら買います」ってリクエストは通らないかしら😅

トビーの飛行翼(胸鰭)は広げて干すとそのまま仕上がりますのでオブジェになりますよ。
うちではヤモリの干物(ガレージに転がってた)にトビーの胸鰭をアレンジしてフライングドラゴンを作りました(事務用の糊(PVA)で封止してトイレに飾ってます😝はは)
隠匿物資はミル引きして、あごだしにも使えますね。
中骨をお酒の充てにするなら、デベラ鰈みたいに玄能で叩いてつぶせば食べやすいですよ。
子供の頃、父に言われて縄に通して束になっているデベラ鰈の干物を縄から外して縁側の石の踏み台の上でトントンしたものです。

普通売ってる淡竹は地面から上だけだけど、この淡竹は鉢植えしたらそのまま根付きそうなくらいの根っこ付きですね。
先日根付きの淡竹を掘りに行ったけど地面が堅くて諦めたところなので、こんなの売ってたら欲しいです。
下だけ10cmほどカットして鉢植えしたら育ちそう😅

アオスジアゲハの2枚目の写真、羽ばたきながら蜜を吸っている様子が現れていますね。
今度は動画をアップなさってはどうでしょう。

相子さん

相子さん、おはようございます。
ちょっと出ていましたのでお返事が遅くなりました。

広大跡地は数年前までは原っぱの広がるのんびりした空き地で、
都会の真ん中にススキの茂る野原がある、ってのはなかなか趣がある、と喜ばしく思っていたんです。
しかし3年ほど前から再開発が進み、大学の面影を残すのはあの旧理学部だけとなりました。
あれをなんとか生き返らせる手段は無いのか・・・、とよそ者ながら感じているのですが。

まるかつさん

おはようございます。まるかつさん。
お返事が遅れましてすみません。

ソイ、北海道産などしょっちゅう店頭に出ます。
でも「メバル」とか別の名前がついていることが多く、
ひろしまの人には「ソイ」という魚名はなじみがないもののようです。
今回のは、腹を開いてみて、鮮度イマイチと判断しました。
店頭で見た時にはけっこう良いかなと思ったんですけどね。

私は岩手育ちなので、アオスジアゲハは非常に珍しく感じますが、
西日本ではよく見る蝶のようです。

akiciciさん

akiciciさん、いつもコメントありがとうございます。
お返事遅れましてすみません。

父の晩酌のためにデベラをトントンする幼い娘!
美しい昭和の光景ですなァ・・・、日本デベラ業界の華ともいうべき図です。
トントンで思い出しましたが、初めて北海道に行ったとき、
伝授されたのはカンカイ(氷下魚の干物)をトントンたたいて皮をむく技、
あれは今でもああやっているんでしょうかね。

なるほど、背骨を粉砕してアゴ出汁に。
それは思いつきませんでした。
ありがとうございます。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

さすがお刺身教の教祖サマ。
うちわ海老もトビウオもとっても美味しそう。
ソイの昆布締めも格別な味わいでしょうね。

カモミール、こんな可愛らしいお花なんですね。
ハチク、初めましてです。
これもあく抜きが必要なんでしょうか。
こちらはようやくネマガリダケが顔を出し始めました。

はるさん

おはようございます、はるさん。

カモミールって、なんかハーブらしい、とおぼろげには知っていますが、
どんなハーブなんでしょうかね。
実はあの写真を掲載するとき、たぶんはるさんならご存知だろうな・・・、
とイメージしながらのせたのです。
反応があってうれしいです。

ハチクはアクが無いといわれ、私も糠など入れずにゆでましたが、
大丈夫食べられます。

良い季節になってきましたね。
山菜採り、熊に気を付けて!
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード