2017/5/9 カナガシラ、鶏肝、タケノコ ファゴット三重奏

 連休も終わり、初夏の空になってきました。本日9日は雨でしたが、5日に撮った栃の木は花盛り。
01 IMG_9075 栃の木花盛り(499x600)

02 IMG_9079 (600x510)
    花の鉾すべて天指す橡の花      岡田暿太雄

 本当にそうですね。

 結構華やかな形態です。
03 IMG_9080 栃の木の花(600x494)

 クスノキも花盛りですが・・・
04 IMG_9087 楠花盛り(494x600)

 花はとても地味。
05 IMG_9090 楠の花(600x512)


 さて先週末の土曜日、6日の魚屋めぐりは段原のマックスバリュから。まだボラが出ています。夏のボラは泥臭いとかいうようですが、実際に確認したことはありません。とはいえやっぱり手を出す気にはなれません。カナガシラが一尾128円だったので買いました。なぜか一尾のみウロコつきで、他はすべてウロコを落としてありました。ウロコ付きを購入。
 そのあと、いつものコースをたどりましたがこれというものが無く、舟入市場でタケノコ200円を購入して帰宅。この日は午後用事があり、あまりお魚と遊ぶ時間が無かったということもあって、128円のカナガシラを一尾のみ連れて帰りました。

 で、時間が無かったので途中経過の写真も無し。いきなりこうなりました。カナガシラの刺身です。
11 IMG_9092 カナガシラ刺身(600x461)

 そして付属品関係。
12 IMG_9093 カナガシラ付属品(600x529)

 タケノコはゆでて。
13 IMG_9094 タケノコ(600x498)

タレのようなものがかかっていますが、あれは某所で買った「とろーり梅しょうが」というもの、広島市立商業高校、通称「市商」の生徒が考案した商品です。和歌山県産紀州梅と高知県産ショウガを広島県沼田町の醤油に合わせたものだそうです。

 前日に買って塩麹に漬けておいた鶏肝を焼きました。
14 IMG_9095 鶏肝焼き鳥(600x477)

 で、こうなりました。
15 IMG_9096 晩酌の膳(600x495)
酒は広島県東広島市の亀齢酒造の「入魂山 白ラベル」、幟町の酒商山田で一升1944円。精米80%の低精白米で醸した酒です。けっこう酔っぱらいます。

 番外。某デパートの「春の北海道物産展」で買ったメロンパン、一個270円。
16 IMG_9097 メロンパン270円(600x541)
奥様の命令で買ってきたのです。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 さてこの日の午後の用事とはなんだったでしょうか? こんなコンサートに行ったのです。
21 170506 U-trio001 (421x600)
 このトリオは、ファゴット、オーボエ、ピアノ、というちょっと珍しい組み合わせ。プログラムは、18世紀のビバルディ、ハイドンから始まって、ずーっと時代を下り、2000年のアンドレ・プレビン作曲の現代音楽まで10曲をならべて聞いてみようという趣向。演奏するU-trioはまだ若い3人で、ピアノの柳原さんはまだ音楽大学(広島市のエリザベト音大)の4年生だそうです。

 実際に聞くまでは現代音楽なんてとても受け付けないのではないかと危惧しましたが、生の演奏を聴くというのは予想に反して大変面白いもの。ジャズでいう各楽器間の掛け合いみたいなやり取りも見られ、十分に楽しめました。またリゲティのピアノ・エチュード13番「悪魔の階段」などは両手の交差とか、左手が高音域から一気に最低音域に飛んでいくさまとか、「見る」楽しさがあります。フィギュアスケートを音だけ聞いていてもまったく面白くないのと同じ。1500円は安いと思いました。

 またそれ以上に、ファゴットという少しマイナーな楽器を何とか知ってもらおうとする一生懸命さにうたれました。物慣れない不器用さで汗をかきながら司会を進めるファゴット奏者・白井さんの様子も若者らしくて好感が持てました。とてもよかったので3人の写真をアップで。
22 170506 U-trio001 (600x442)
 ファゴット奏者の白井さんは一見ラグビーでもやりそうなごつい体形、オーボエの岡田さんはクールな優男風の外見。

 私がこのコンサートにたいへん感銘を受けたのには、実は伏線があります。

 先月、別のコンサートに行きました。今回と違って、大変有名な奏者が立派なホールで開いた演奏会で、チケットは6000円。ところが一曲終わるごとに特別ゲストと称するオッサンが出てきて愚にもつかぬ話をする、あれはトークショウとでもいうものか? プログラムに記されたその特別ゲストの紹介文に腑に落ちない点があり、不審のまま事後しらべてみて解りました、明白な間違いなのです。その間違いの原因も明白、あの文章はコピペで作ったからに違いありません。その不誠実!
 しかしその演奏会(?)は大入りでした。

 というわけです。それに比べて今回は、楽曲は面白いし演奏は熱が入っている、300年の音楽史をたどることで勉強になる、普段聞くことの少ないファゴットという楽器を堪能できる、それよりも何よりも、若い人が何ごとかを成し遂げようと努力する姿にうたれた、という訳です。
 いろいろ考えながら帰ってきました。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん 今日は
連休は何に挑戦なさったかと思っておりました。
カナガシラね。私の捌いたことのない魚でした。
筍も鶏肝も美味しそうです。

橡の花の姿は初めて良く見ました。有難うございます。

音楽会の様子。良かったですね。
ファゴトは私は好きな音色です。他を引き立てながらも存在感を示しますね。
要らぬと言いたくなる解説者ぶった人間が出て来るとなんじゃと思いますよ。

相子さん

おはようございます、相子さん。

橡の花はすぐ終わってしまいます。
そして実がなりますと、これを取りたい人が下から棒でたたいたりするので、
葉っぱがボロボロに。
橡の実は水でアク抜きをして餅を作ったりするんですね。

若いころはけっこうコンサートなどかよったんですが、
この二十年ばかりまったくご無沙汰に。
コンサートの内容を選ぶ勘が鈍っているようです。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

“とみたメロンファーム”のメロンパン、初めて~!
ラベンダーで有名な富田ファームにあるようですね。
年に1度は行っていたのですが観光客の多さに辟易してしまい
足が遠のいていました。

今回、久しぶりに「プラットてついち」に寄ってきました。
“魚てつ”さん健在でしたよ(*'▽')

若いエネルギーがいっぱいのコンサート、
良い出会いでしたね。

はるさん

今日は、はるさん。
コメントありがとうございます。

「プラットてついち」の文字が懐かしくてあちこちネットサーフィンしてしまいました。
私が室蘭を去ったのは2007年末ですが、その後色々経営上の変遷などがあったようですね。
シガ食品さんが倒産して、昔は隣にあったホームストアが入っているとか。
なかなか多難な道のようですね。

富良野、行ったことがありません。
この春からちょっと環境が変わって時間ができたので、いつか行ってみたいものです。

いろいろな俳句雑誌が読める「俳誌のsalon」

橡の字が読めなくて句と作者、
「花の鉾すべて天指す橡の花 岡田暿太雄」でググったらヒットしました「歳時記 栃の花」
いろいろな俳句雑誌が読める「俳誌のsalon」(http://www.haisi.com/)というサイトです
2003年頃からの各種俳誌を集約してPDFで公開されてます。

ここで、疑問が生じました。
俳誌って著作権はどうなってるのかしら? そもそも一般に販売されてるのかしらって。
アマゾンで見ても、ググっても入手方法がわからない。
Wikiで、俳句結社・結社誌という文言が出てきたので俳句結社について調べてなんとなくわかった。
結社なんて大げさに聞こえたけど、クラブや同好会みたいなものらしい。

アナゴ様のブログで毎回のように俳句が紹介されているのでアナゴ様はどこかの結社の構成員😅じゃなくて同人なのかな?って思いました😝

トークショーみたいな演奏会はクリスマスのディナーショーですればよろしいものかと。
比べて若人の情熱あふれる瑞々しい演奏は耳に心地よく響きますね。
楽器の演奏の技量は学力と大きな相関関係があると思います。
京大のオーケストラは大阪フィルなんぞより上手いと思いますわ。

akiciciさん

今日は、akiciciさん。
コメントありがとうございます。

俳句の著作権、実は前々からちょっと気になってはいるのです。
ネットで探して気にいった句を引用しているのですが、作者名は併記できるんですが、発表された俳誌に一々お伺いを立てているわけではありません。
そのうちどこかから文句が来ないか・・・?
なお、私は自分では和歌も俳句も作らないので、どこの構成員でも同人でもありません。
8年前に亡くなった私の母は短歌のサークルに入っており、そのサークルの句集が年に一度ぐらい出るのを楽しみにしていました。
母が亡くなる時の遺命で、絶対に遺稿集など編むな、ということでしたのでそのまま放ってあります。

あのトークショーみたいな演奏会、大入りで、しかも皆さん満足なさっていたようでした。
本からああいうものだったようです。
それを知らずに行った私が悪い?
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード