2017/1/8 カワハギ、アカガイ、マナガツオ

 広島は雨の成人の日です。

   成人の日の大鯛は虹の如し   水原秋桜子

「成人」を歌った短歌や俳句は(これ、というものは)、ありそうでなかなかありません。


 昨日七日土曜日、我が家では七草粥は無し。子供が小さいころは何度かあったような気がしますが、もう何年も途絶えています。いつものように鮮魚店巡りに出ました。かなり寒い朝です。
 宝町フジをちょっと覗いて、千田町Arukへ。やたらにサザエ(小さいの)がありました。値札がついていない魚がいくつもあり、これいくら?、と聞いてもなかなか返事が返って来なかったりして、やる気喪失。次へ。

 川口町リアル。またまたアカガイがワンパック299円(+税)。今回は8個で、前回(昨年12/24)よりも少し大きい感じ。一パック買いました。マナガツオがあります。小さくて、刺身用にサクを採れるかどうか・・、迷いましたが一尾買いました。焼いて食べても美味しいしね。390円。

 舟入市場、相変わらず高くてでかい魚が並んでいました。その中に丸ハゲ(本カワハギ)が750円で。昨年ここで3300円という素晴らしいカワハギを見た強烈な印象がのこっているので、750円でこのサイズが高いのか安いのか(おまけに砕氷に覆われていて、全体像が把握しにくいんです)ちょっと自信がありませんでしたが、買ってみました。店のお姉さんが、砕氷の中から全部引っ張り出してくれて、「これ、いこか・・」と選んでくれました。 帰宅。

 こんな連中です。
IMG_7028 (600x441)カワハギ、マナガツオ
カワハギは、25.5㎝、346g、マナガツオは、20.5㎝、232g。

 口元をちょん切り、そこから皮に切れ目を入れて引っ張りますと、バリバリと皮が剝けます。その皮の下にもう一枚、薄い皮膜があるんですが、これは私の腕ではきれいに引けません。こうなります。
IMG_7030 (600x522)カワハギサク
写真の上二つは、三枚におろした背骨側の面をお見せしていますが、下の二つは、その裏の表皮側です。うっすらと白い皮膜に覆われているのがお分かりでしょうか。刺身に造るときは、この薄皮を下(まな板)に置き、包丁で薄くそぎ取るように一切れ一切れ切り取っていくのが私のやり方です。あとに残った薄皮には身がいっぱい残るので、他のアラと一緒に味噌汁に。

 お目当ての肝もたっぷり。鮮度が良かったと見えて、肝の組織もしっかりしています。左は浮き袋。
IMG_7032 (600x480)カワハギ肝と浮き袋

 その肝をたたいた肝ペーストと一緒にいただく刺身は最高です。昨日は肝も生のままでたたきました。
IMG_7037 (600x529)カワハギ刺身
これであと半分残っているし、750円は十分納得。

 マナガツオは刺身にできるかどうか、という大きさでしたが、なんでも刺身教の神様が「どうでもこうでも刺身にすべし」というご神託を下されたので、がんばりました。
IMG_7039 (600x480)マナガツオ刺身
でも刺身は半身だけ、残りは焼き物にしようと粕漬けにしてあります。

 アカガイ、8個で387g。
IMG_7040 (600x485)アカガイ

 全員起立!
IMG_7041 (600x455)全員起立
元気いいですねー。

 4個だけ刺身に。柚子風味の味噌でいただきました。
IMG_7043 (600x533)アカガイ刺身

 冷蔵庫住人諸氏の友情出演も得て、こうなりました。
IMG_7045 (600x519)晩酌の膳
 酒は宮城県石巻市、平孝酒造の日高見。今年の新酒です。胡町大和屋で一升2808円。

 
 さて、まだ雨が止みませんが、今から出かけなくてはなりません。西区横川というところに、こんなものを聞きに行くんです。
170108 赤松林太郎 展覧会の絵 (427x600)



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやいや「刺身教」という宗教があるとは驚きました。
まるかつも初めての魚は必ず少量でも刺身と塩焼きで味を確認するようにしています。
カワハギの肝は生肝派と湯引き派に好みが分かれるところ。
宗教の中にも宗派がある様に魚食の中にも色々ありますね。
たくさん釣れた時などは、大量の肝と生姜で佃煮なども作ります。
魚も奥が深いですね!

まるかつさん

おはようございます、まるかつさん。
ハハハ、「宗教」なんです。
なんでも刺身教に入信した理由は二つあって、
一つは、まだ若いころ仕事でアメリカ暮らしの時期があり、容易に刺身が味わえる環境でなかったことの反動、
二つ目は、素人なもので、どたばたと魚をさばくとその段階ですっかり疲れてしまい、
そのあと火を使って調理する、という文明の段階になかなかとどきません。
プロメテウスが人類に火をあたえる前の段階にとどまっているんです。

カワハギの肝の佃煮ですか!
2011年11月の貴ブログ記事拝見しました。
ご飯が進みそうですね。
尿酸値の心配はない私ですが、肝だけたくさん手に入れる、というのは難しそう・・・。

No title

こんにちは(^^♪

今年も「刺身教」、庖丁さばきも見事に決まりましたね。
カワハギ、丸々と肥えておいしそうですね。
肝は冬場が一番おいしいとか、うらやましいなあ。

赤貝はこちらではとても高価でちょっと手が出ません。
それにあのヘモグロビンの色‥怖いです。

クラシックのコンサート、楽しんでこられましたか。

No title

アナゴさん 今日は
変わらずお刺身ですね。白身の見事なお皿にフグ刺しを見るようです。
マナは私は専ら西京漬けです。偶に粕漬けにしようかと思うのですが、未だ漬けておりません。粕漬けこそ自家製が良いと思うのですがね。
赤貝安いです。色も良いし美味しそう。
音楽会良いですね。

はるさん

こんばんは、はるさん。
このカワハギは良かったですよ。
肝もしっかりしていて、生のままたたいたんですが、
ネットリ甘いクリームチーズのようでした。

お金を払ってコンサートを聞きに行く、なんて、もう何年ぶりでしょうか。
10年ばかり前に、室蘭市民交響楽団の演奏会というのを1000円で聴きに行ったことがありましたが、それ以来かも。

時間がない、金がない、というよりも、
そういうことをしてみようという精神的なゆとりが無いんでしょうね。
歳のせいで、職場でもあんまりプレッシャーがかからなくなってきたので、
少し気持ちに余裕が出てきたようです。
ありがたいことです。

相子さん

相子さん、今晩は。

マナガツオの粕漬け、焼いて食べました。
どうも焦げやすくて困ります。
でもおいしかった。
無理して刺身にするより、焼いて食べるのが王道かもしれませんね。

ずいぶん久しぶりに生の演奏を聞きました。
グランドピアノって大変な音量が出るものだ、と、
あらためて感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

ありがとうございます。
今度ためしてみますね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード