2016/11/23 えびす講、市内錦秋

 先週金曜日、北海道から仕事で来た知人と飲み。珍しくハシゴになってしまいました。明けて土曜日は朝から雨、出られません。昼近くなって雨はあがりましたが、頭はボンヤリ、体はゲンナリ、結局一日出られないまま家の中で沈没。

 というわけでお魚の話題ありません。

 翌日の20日、日曜日、この日は「胡子講(えびすこう)」という400年以上続くお祭り、三越デパートの裏側にあるえびす神社のお祭りです。長州毛利家の祖(といわれる)大江広元がご祭神だそうです。ちょっと覗いてきました。

IMG_6638 お参りの人々(640x589)
 並ぶ善男善女。

IMG_6627 胡神社(640x481)

 大江広元といえば頼朝の側近で鎌倉幕府の大物、これがなぜか商売繁盛の神様となって、熊手が売られています。
IMG_6632 熊手の店(640x577)

 そこで買った熊手を神様のところに持って行くと、御利益があるように念入りに御祈祷していただけるようです。今しも巨大な熊手を運び込む方が。
IMG_6631 胡神社(640x481)
きっと巨大なご利益があるのでしょう。

 熊手屋さんです。
IMG_6633 熊手の店(640x427)
 なんか夜店のような情緒あふれる光景ですが、まだ昼間。
IMG_6635 熊手(640x455)
白熱電球の光って良いですね。でも省エネの観点からすでに生産中止になっているとか。そのうちLED照明の白い光が熊手を照らすようになるのでしょうか?

 お賽銭を、と思って財布を探すとちょうど小銭が8円あったので、末広がりを祈念して8円お納めし、家内安全、商売繁盛、その他諸々全部まとめてお願いしてきました。


 めでたく御参拝も済み、市内を一巡り。平和公園へ。
IMG_6608 平和公園(640x427)

IMG_6621 原爆ドーム(640x453)

 原爆ドームの対岸。日曜にはここで音楽の演奏などやっているんですが、この日はなさそう。
IMG_6622 ドーム対岸(640x503)

 京橋川右岸に来てみました。モミジバフウの紅葉、グラディエーションがきれいです。
IMG_6640 モミジバフウ(640x427)

 ここは対岸に比治山を望み、また、背後に自動車の通る道がないので静か。ボンヤリ散策するのに良い所です。
IMG_6647 桜もみじ(640x427)

 対岸に来てみると、ナンキンハゼの紅葉が見事でした。
IMG_6674 京橋川左岸(640x510)

 もう散り始めています。
IMG_6657 ナンキンハゼ(640x500)

 一面に散り敷いた落ち葉で埋まっています。
IMG_6663 ナンキンハゼ(640x427)


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん  今晩は
胡子講は此方が本場ですか。知りませんでした。
お酉様に似ていますね。熊手も同じようです。
秋色の街並み、とても気分が良く歩けましょう。

随分昔房総の田舎ではえびす講と言う集まりがありました。講仲間が集まり、えびす様に御飯を上げて、集まった人は一緒に食事をしました。
えびす講ごろの秋刀魚は身体が黄金色をし、太った物で房州物と言う秋刀魚です。築地でも最高級の秋刀魚と言われ今では幻です。

相子さん

今晩は、相子さん。
首都圏大雪だそうですが、いかがですか?

そうですね、私もお酉様を連想しました。
とは言っても私自身には酉の市という具体的な経験がないので、
TVのニュースとか、そういったイメージで言っているんですが。

酉の市では熊手をお買い上げになると、縁起良く手締めがあるようなんですが、
こちらの胡子講ではそれは聞こえません。
まだ微妙に年末という時期に遠いからでしょうか。

「講」っていうのは、なかなか奥が深い日本特有の組織らしいですね。
私のふるさと、岩手の田舎には、「雷神講」というのがあって、
やはり時々集まっている(いた?)ようです。
「雷神」というのはもとは「お疱瘡」、天然痘を意味したのだとか。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード