2016/5/15 アイナメ、ホウボウ

 先週の13日は金曜日、しかも仏滅、という三拍子そろった良きお日柄でしたが、なにもめでたいことは無かったなァ・・ と腑に落ちないアナゴです。

 明けて14日の土曜日、いつものように鮮魚店巡りに出かけました。九時開店の宝町フジ、とてもさみしい鮮魚売り場、どうしたかな?

 千田町Arukは9:30開店なので、隣接する広大跡地の緑地で時間つぶし。クローバーが満開で甘い香りがします。
IMG_4127 (640x513)

 こちらのピンクの小さい花は何でしょうか。
IMG_4137 (640x492)


 やがて九時半となりArukが開店。ウーム、ここの仕入れ担当者は最近気合が入っているようです。なかなかの品ぞろえ。たぶんフジとは仕入れルートが違うんでしょうね、山口県萩港からの物が多いんです。こういう点が鮮魚店の面白いところです。
 アイナメがありました。税込580円ですが、一応のサイズです。2尾あったうちのでかい方を素早くゲット。さらにみるとホウボウがあります。税込398円。ついこのあいだ(5/2)もホウボウを買ったばかりですが、今回のはもっと大きい。大きいのに398円とお安い。ちょっと気になるのは「煮物に」という札がついていることです。なんでも刺身教信者であるワタクシ、迷うところです。でも買いました。

 一応の獲物はゲットしたので少し安心して川口町リアル、舟入市場内うお市、と流しました。帰宅。

 こんな連中です。
IMG_4139 アイナメ、ホウボウ(640x470)

 アイナメ、31㎝、441g。アイナメは最近の広島ではなかなか店頭に出てきませんし、良いサイズのものはアッと驚く値段なのです。振り返ってみるとアイナメを買ったのは、二年前の1月以来です。
 アイナメといえば、昨年の夏岩手に帰省した折、宮古から八戸まで小旅行をしましたが、途中でよった久慈の道の駅で、巨大なアイナメを見ました。二千円ぐらいだったように思います。あれは買いたかったなぁー・・・

 三枚におろしました。
IMG_4141 アイナメ三枚おろし(640x382)
きれいな身じゃありませんか!

 刺身に。脂もそこそこのっています。
IMG_4167 アイナメ刺身(640x554)

 ホウボウ、「煮物に」とわざわざ注意書きのあったもの。42.5㎝、911gという立派な魚体が389円、やっぱり怪しいものか?、と疑いつつさばきました。でも内臓の状態も悪くはなく、身の透明感も失われていないようです。唯一、皮を引くときに少しズルッと滑ったような感じが。気のせいか?

 こうなりました。
IMG_4140 ホウボウ三枚おろし(640x401)
特に異常なし・・・

 刺身にしましたが、薬味をいっぱいのせてドレッシング(自家製酢タマネギ)も効かせた、マリネのようなものにしました。
IMG_4170 ホウボウ刺身(640x620)
美味かったです。

 付属品関係など、その他大勢の面々。
IMG_4173 その他大勢(640x634)

 先週のアジの中骨、隠匿物資庫から召し出してチン。カリカリで旨いです。
IMG_4174 隠匿物資(640x442)



 酒は栃木県さくら市、株式会社せんきんの、仙禽(せんきん)、純米無濾過原酒。胡町大和屋で一升2700円。
IMG_4171 仙禽(640x617)
モダン仙禽 無垢、という副題(?)がついています。米を地元さくら市(ひらがなの「さくら」市。佐倉市と紛らわしいですね。)産に限定するなど、ワインの「ドメーヌ」を意識した造りをしているようです。

 「禽」って、「鳥」ですよね。家禽、とか、禽獣、とかいう言葉に使われている字です。「仙禽」というのはどういうイメージでしょうか? 仙人の世界にすむ鳥、鳳凰かな?

 明けて今朝、煮物用ホウボウを刺身で食べた障りも特になく、平和大通りの朝市に行ってみました。

 キレイなシャクヤクです。一束300円。
IMG_4176 シャクヤク(584x640)



 ヤマボウシが咲いています。
IMG_4179 ヤマボウシ(640x530)

IMG_4180 ヤマボウシの花(640x576)
 もうすぐ夏ですね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん  今日は
ほうぼうもアイナメも良いお買い物なさって、何だか気分が良さそうですね。
ほうぼうの刺し身綺麗です。お椀にも良いですね。
アイナメは下の魚屋では絶対並びませんよ。
私は生より焼き物です。
ヤマボウシ初夏の色ですね。

相子さん

さっそくのコメント、ありがとうございました。

おっしゃる通り、いい魚を納得値段で買えたときの喜びは何とも言えません。
私のブログはその辺の喜びも伝えられたら、っていう気持ちもあるんです。

アイナメって広島でももとは身近なお惣菜魚だったようでsが、
近年だいぶ高価になってしまったようです。
アイナメに限らず、いろんな魚が手がとどきにくくなっているようなのは残念です。
漁業技術が進歩して獲り過ぎってこともあるんでしょうかね。
とても心配です。

No title

>42.5㎝、911gという立派な魚体が389円

😲うわぁ、めっちゃお得 ❢
速攻買いですね😆

>煮物に
なんてぇ目をしてませんし、捌いて判断が最良かと。

akiciciさん

何ごとも修行です・・・
未熟な私は「煮物に」の三文字で迷いにとらわれました。

自分の判断が何より。
っていう悟りが開けるのにまだまだかかりそうです。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード