2016/3/26 先週の二神島

 プロ野球が開幕しました。マエケンの抜けた広島カープ、今年はどうでしょうか。

 さて先週末はお彼岸、私の勤務先も3連休でした。冬の間、なかなか出かけられなかった瀬戸内海島巡り、今年もまず愛媛県松山市の忽那諸島から攻めます。昨年11月の周防大島以来4か月ぶりですので、あまり脚に無理のなさそうな小さめの島、ということで、二神島を選びました。
 ルートはいつもの通り宇品から松山観光港にわたり、少し離れた三津浜からまた別のフェリーで、三津→高浜→釣島→神浦(中島)→二神、ということになります。
160320 二神島へ (572x640)

 朝一番のフェリーは宇品港発午前5:45。これに乗るためには家を5時ごろでなければなりません。お彼岸とはいえまだ朝は寒く、防寒着で出かけました。
IMG_2208 宇品出港(640x427)

 おにぎりで朝ごはん。250円。
IMG_2212 朝ごはん(571x640)

 朝一番のフェリーは呉港を素通りします。左手に日新製鋼の高炉を見ながら音戸の瀬戸へ。
IMG_2221 夜明けの製鉄所(640x427)

 漁船との接触事故があった「おおすみ」 のようです。
IMG_2222 おおすみ(640x427)

 音戸の瀬戸を通過すると陽がのぼってきました。
IMG_2225 夜明け(640x504)
船内のテレビでは女子カーリングの試合の様子が。

 瀬戸内海の夜明け、何度も見ていますが、毎回感動します。
IMG_2235 日が昇る(640x502)
左端に写っているのはとびしま海道の西端、安芸灘大橋でしょうか。

 どんどん行って松山に近づくと航路右手に忽那諸島が見えてきます。どれがどの島か、まだはっきり自信をもって言えません。
IMG_2238 怱那諸島(640x425)


 8時すぎ松山観光港着、フェリーターミナル売店で弁当など仕入れ、自転車で15分ばかり走って三津浜へ。9時10分発のフェリーに乗って一安心。
IMG_2249 三津港出港(640x427)
ちょうどお彼岸の休日で、島に帰省する方々と思われる乗客がたくさんいらっしゃってほぼ満員。お供えする花を携えている姿もちらほら。お仲間でお重箱を広げて会食なさっている楽しい一団もいらっしゃいました。

 ターナー島付近にも漁船や釣り船が出ています。
IMG_2270 ターナー島(640x452)

IMG_2277 釣り船(640x493)

 最初に釣島に寄港します。
IMG_2289 釣島(640x461)

 いつかこの島も制覇しなければなりません。この島は小さいので、距離は稼げませんが、この斜面を登る坂道を制覇するのは大変そうです。
IMG_2294 釣島の畑(640x520)

 と、釣島についたら先を争って下船していく方々がいます。
IMG_2298 先を争って下船(640x516)
釣り人たちです。

 突堤のいいポイントを目指してしのぎを削るわけですね。
IMG_2301 突堤で釣り(640x495)

 さらに中島の神浦港に立ち寄ります。ここは昨年10月に一周しました。
IMG_2312 中島神浦港(640x484)

 そして目指す二神島です。
IMG_2316 二神島着(640x440)

 こんな島です。どうも一周はできないようですね。
二神島

 フェリー待合所に、この島に山房を構えていたという書家・篆刻家、梨岡素岳の碑があります。
IMG_2322 梨岡素岳碑(427x640)
漢詩のようですが読めません。

 こちらの篆刻碑、右下の字は「魚」のようですが、その上は???
IMG_2324 篆刻碑(640x506)
どなたか読んでいただけませんかね。

 フェリー乗り場のすぐ隣が漁港で、海藻が干されていました。
IMG_2328 海草(640x485)

まず、港から西へ走ってみました。澄んだ海です。
IMG_2379 澄んだ海(511x640)

 カモメ。
IMG_2388 カモメ(640x423)

 山の南斜面に咲いているのはヤマザクラでしょうか。
IMG_2367 山の桜(640x427)

 島の南側に出て、アラレガ浜というところを望む高台に出ました。
IMG_2354 アラレガ浜(640x427)

 ここから南に見えるこの島は、私は知らなかったのですがちょっと有名な島なんだそうです。由利島っていうんですが。
IMG_2336 由利島(640x427)

 坂を一気に下ってアラレガ浜に出ました。
IMG_2339 アラレガ浜(640x427)

 ここは瀬戸内海では珍しく、砂浜ではなくこのような小石の浜になっており、それで「アラレ」なんですね。
IMG_2341 小石の浜(514x640)

 で誰もいないと安心していたら、10分ぐらい後から若いお嬢さんがお二人、やはり自転車でお出でになりました。フェリー乗り場で借りたレンタサイクルだそうです。
IMG_2348 レンタサイクル(640x439)
ちゃんとしたクロスバイクですね。

 で、先ほどの由利島ですが、そのお嬢さんたちに教えられたんです。この由利島は、「鉄腕!DASH!!」というテレビ番組(ご存知ですか?)で、人気グループTOKIO(ご存知ですか?)が無人島を開拓するという企画の舞台になっている、「DASH島」なんだそうです。私は鉄腕DASHもTOKIOも全然知らなかったので、へーぇ、と間の抜けた反応しかできませんでしたが。

 お二人は東京からいらしたとのことで、前夜は中島にお泊りだったとか。
IMG_2351 お嬢さんたち(640x483)
 彼女たちの青春の1ページを飾るDASH島への旅の思い出の中に、この私はすすけたオジン登場として記憶されるわけです。

 このブログを7年前に書き始めてから、私はずいぶん厚かましくなったと思います。以前は知らない人と、特に若い女性なんかと気軽にお話しできませんでしたが、最近は「あ、これは良いブログネタになる。」と思うと、平気でDASH島の話なんかしちゃうわけですね。

 さてお嬢さんたちとお別れして、また来た道を引き返し、今度は港から東側の道をたどってみました。島の東端をまわって今度は島の南側を西に進む形になります。
IMG_2419 花の道(640x485)
菜の花でしょうか、ずーっと道ぞいに咲いていました。
IMG_2415 菜の花(640x494)

 これも何かアブラナ科の花のようです。
IMG_2412 路傍の花(640x532)

 ついにこれ以上進めそうもないところまで来ました。がけが崩れているような気配もあり、ちょっとビビります。
IMG_2395 行き止まり(640x500)

 引き返し、波打ち際に出られるところでランチ。松山観光港の売店で買ったお弁当です。390円。この島にはコンビニもなさそう。
IMG_2438 ランチ(640x534)

 ゆっくりと二神港まで戻りました。まだだいぶ時間があるので、その辺をぶらつきます。ゆるくカーブした港に沿った街並みは、福山市鞆の町を連想させます。
IMG_2457 二神港町並み(640x427)

 観光案内にもあった「ビャクシンの群落」。「ビャクシン」というのは「柏槇」で、イブキと呼ばれる常緑樹だそうです。
IMG_2463 ビャクシン群落(640x436)


 神社があります。宇佐八幡宮様です。お参りしましょう。
IMG_2453 宇佐八幡宮(576x640)

 階段を上ってみると、大きな木が伐り倒されていました。内部が腐食して倒木の危険があったのでしょう。
IMG_2446 宇佐八幡宮(640x430)

 一対の灯籠が献じられており、寛政四年九月吉日とあります。西暦でいうと1792年ですか。
IMG_2447 灯篭(427x640)

 もう一方を見るとこの灯籠を献じた、「魚屋七兵衛」の名が。「魚屋」といっても今でいうお魚屋さんではなく、屋号だったんでしょうね。
IMG_2450 献灯碑(426x640)


 午後3時前、帰りの船が二神港に入ってきました。
IMG_2467 帰りの船(640x449)
三津浜港着16:25。

今回の走行距離、49㎞。
IMG_2596 49㎞(500x457)


 以下蛇足。

 この日は松山泊。松山の知人と一杯やろうという訳です。JR松山駅で待ち合わせ。桜がもう咲いていました。
DSCF2864 松山駅前の桜(640x480)

 自転車用のスタンドがありました。気合の入った自転車たちです
DSCF2863 松山駅前サイクルスタンド(640x480)

 そこから少し歩いた店で美味しいお魚とお酒をいただきました。カワハギの薄造り、さすがプロの包丁さばき、誰かさんとは大違いですね。
DSCF2870 カワハギ薄造り(640x465)

 さんざん飲んでからもう一軒行こうといわれ、連れて行ってもらったのがこれ。久々の酔っ払い写真ですが、松屋市内某街角にある「BOKKE」というクラフトビールの専門店。
DSCF2872 二軒目(640x581)
もう何を飲んだのか、おぼえていません、美味しかったけど。


 以上、長々とお付き合いいただきありがとうございました。梨岡素岳の篆刻に「魚」らしい文字があったのと、宇佐八幡宮様の石燈籠の献主が「魚屋」だったのに免じて、お魚ツアーだったことにさせてください。


 今、26日土曜日の23:55なんですが、明日の日曜日は親戚の葬儀のため岩手まで行かなければなりません。まだ寒いだろおうなァ・・・、と想像しつつ、もう寝ます。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TOKIOは一味違います😆

TOKIOは他のジャニーズグループとはひと味も二味も違います。
福島県、浪江町でダッシュ村という開墾企画から、東京湾でのダッシュ海岸再生企画、そして、ダッシュ島での舟屋建築、地域活性化応援企画などなどロックグループとは思えないほどの活躍を見せています。
また、これらの企画のお陰もあるでしょうが皆が特技を活かしてプロ顔負けの仕事をこなしています。
特に山口達也君は大工はプロ並み、潜水士、船舶免許などなど、Jack of trades こんな男子は家に一人欲しいですね~

ところで、篆刻碑の文字ですが、多少篆刻を齧ったので鈴木香雨先生著の「五體字鑑」を紐解いたところ、
「飛魚躍渚」(ひぎょやくしょ)(飛ぶ魚、渚に踊る)ではないかと思えます。
おそらく飛魚とはとびうおではなくて鯔ではないかと。

飛の篆書はかなり省略しているようでとても判りづらかったですね。
誤っていたらご容赦くださいませ😅

No title

アナゴさん  今日は
とても楽しい島めぐりと瀬戸内の説明 数々の解説 矢張り何時ものようにご一緒させて頂きました。
ダッシュ云々ですが、先月制作会社から私の栄螺の画像を貸して下さいと言って来ました。特に困ることでもありませんから、承諾しました。
どうしてとお聞きしましたら、一番美味しそうに見えるからと言うことでした。
テレビでは数秒でしたが使われていました。この島が関係とは知りませんでした。だって見たことがなかったですし、栄螺が出るのを一回見ただけです。
カワハギの薄造り 流石ですね。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

うらうらとした春の陽を浴びてのサイクリング、
若いお嬢さんとの出会いもあって楽しそうですね。

ダッシュ島、よく見ています。
この島だったのですね。
少し“ひょっこりひょうたん島”に似ていますね。

akiciciさん

今晩は、akiciciさん。
さっそくのご教示、ありがとうございます。

エッ、あれは「飛」ですか。
これは難易度が高い。
トビトカゲ、ってご存知ですか?
あの姿を連想しました。
それから「躍」、これはほぼ想像がつきました。
「渚」、ンー・・・、サンズイ偏かなァー、とは思ったんですが、旁は?
「春」か?、と思ったんですがそんな字ないですよね。

ということで、Volare! なるほどねェー。

TOKIO、松山で飲んだ知人も言ってました、「ちょっとちがう。」って。
山口達也君、ベーシスト・俳優・タレント・ミュージシャン・司会者・キャスター、なんですね、Wikipediaによれば。
そのうえ、大工、潜水士、船乗り、とは!

相子さん

今晩は、相子さん。
今回もコメントありがとうございます。

そうですか、番組から写真の要望が。
それはすごいですねー。
そうしてみると、TVに出てくる栄螺の写真は、それを撮るためにわざわざ魚屋に行って撮っているんじゃないんですねェ。

ダッシュ島、知らない事がいろいろあります。

はるさんさん

今晩は、はるさんさん。
実は日の光は燦々と降り注いで穏やかな日でしたが、
風が冷たくて、結局防寒着のままで廻ってきました。
二日目の帰路は、波も高く、
「暑さ寒さも彼岸まで」とはとても思えませんでした。

広島は桜も、開花宣言は26日だったものの、
その後の咲き具合が遅々としています。
いっそこのまま寒い日が続けば、今週末の土日あたりに満開が楽しめるかも。

そうですか、鉄腕!DASH!!、ご存知でしたか。
そうです、ひょうたん島のような形。
ひょうたんの上下がちぎれそうですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

今晩は。
それはすごいですねェ、誰かが見ているんでしょう。
4月8日が楽しみですね。

アッ、そういえば我が家はBSプレミアムが映らないんだっけ。
BSの受信料払ってないので。

こんにちは!

こんにちは!

瀬戸内海の夜明けや海の美しさにも感激ですが、
なによりフェリー内の綺麗さにはびっくりです。
こんなにきれいで落ち着いた雰囲気なんですね。

篆刻の魚の上の字もしかして老師ならわかるかもと思ってしまいました。
分かればまたお知らせします。

それにしても瀬戸内海は穏やかで魚がおいしくていいところですね。

メロンボールさん

今晩は、メロンボールさん。
コメントありがとうございます。

あの篆刻の文面、一番先のコメントを下さったakiciciさんが調べてくださって、
「飛魚躍渚」ではないか、とのご判定です。
「飛」の字はとても読めませんでした。
メロンボールさんの老師様のご意見もうかがえれば幸いです。
どうして「飛」がああいうふうになるのか?、も知りたいところです。

広島は昨日今日の土日、桜が満開になってお花見のピークでしたよ。
私は妻と二人で平和公園でささやかにランチを広げましたが、
海外からのお客さんがたくさん。
日本人のお花見に興味深々のようでした。
我々の側で中国(本土? 台湾?)の仏教のお坊様らしき装束(数珠も持って)の方たちが、
しきりにビデオカメラを回しておられました。(取材?)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード