2016/3/6 マハタで啓蟄

 3月に入って、少しずつ花が目に入るようになってきました。一番早いのはやはり梅ですが、その次が上柳橋東の土手に咲く桜。
IMG_2016 上柳橋の桜(640x526)
ここは京橋川と猿猴川の分岐点で広島駅のすぐそば、交通量も大変多いところです。

 何という種類の桜なんでしょうね。
IMG_2017 桜(640x471)
わりと若い木なので、近年植えられたもののようです。

 ミモザが満開。
IMG_2029 段原のミモザ(522x640)

 ボウッと煙ったような花で、ピントが合っているのかどうかよくわかりません。
IMG_2026 ミモザ(640x494)

 毎週の魚屋めぐりで最初に訪れる宝町フジにもほど近い平和大通り沿いの豊後梅。梅と杏子の交配種だそうです。(という説もある。)
IMG_2031 鶴見町の豊後梅(640x500)
この木は花が終わると大きな実がみのります。毎年ゲットしてやろうと狙ってみますが私はちびで手が届きません。なんとかならんものか・・・ と思案しているうちにどなたかが持って行っちゃいます。


 さて花もほころびはじめた昨日の土曜日、陽も出て暖かななかを魚を探してめぐってきました。昨日、三月五日は二十四節気(節だと思っていたら節なんですね。今知りました。)の一つ、啓蟄だそうです。陽気に誘われて虫も顔を出す、ということらしいですが・・・

 一軒目、宝町フジ。見ただけ。

 二軒目、千田町Aruk。この店は旧広島大学跡地に隣接しているんですが、ここの再開発が進行中で、紅葉が見事だった大きなモミジバフウ(紅葉葉楓)の並木もわずかを残して伐採されてしまっています。この一年ほど地盤を整える基礎工事を進めていたようですが、最近鉄骨構造物の建設も始まっており、マンションなどの建築物が姿を現すのもそう遠くないものと思います。
 そのAruk、鮮魚売り場に珍しくハタが3種類並んでいます。キジハタ(アコウ)、アオハタ(黄アラ)、そしてマハタ。いずれも税込1980円です。キジハタが少し小さく、アオハタとマハタはほぼ同じぐらい。良いサイズですが1㎏は無いかな、というところ。いずれも山口県萩港の水揚げだそうです。1980円という値段にちょっとひるみましたが、いつでも買えるという魚ではないので、思い切って買いました。買ったのはマハタ。
 最近のArukの魚売り場はちょっと気合が入っているような。仕入れ担当者が変わったかな?

 大物をゲットしたので気持ちも高揚、ゆっくりと川口町リアルへといつものルートをたどります。来てみますと、いつも魚が隙間なく並んでいる氷の陳列棚に空きが目立ちます。どうしたかな? 仕入れ担当者がインフルエンザ?
 アカガイが安い、6個〜7個で399円(+税)。地物です。ウーン、ちょっと抵抗できずに購入。

 電車通りを南下、舟入市場内うお市へ。とても大きなヒラメが。「背背」、つまり、有眼側の背側が7千円台、「背腹」有眼側の腹側が5千円台、腹背も5千円台、腹腹が3千円台、となっていました。そういうもんですかね。何も買わずに帰宅。
 

 マハタです。38㎝、817g。これで1980円は高かったかな・・・
IMG_2035 マハタ(640x506)
数年前、まだ大手町おかず工房があったとき、44㎝、1.1㎏のマハタを1500円で買っています。調べてみたら5年前、2011年の6月でした。まだ東北の震災の記憶が生々しかった時期ですね。あれからもう5年です。

 こんな複雑な縞もよう。
IMG_2037 マハタの縞模様(640x495)

 3枚におろしました。透明感のあるきれいなサクです。
IMG_2040 マハタ三枚おろし(640x485)
・・・が、このあと思いがけないものが・・・

 それは後回しにして、刺身にしましょう!
IMG_2053 マハタ刺身(640x633)

 どーぉですか!(自慢)
IMG_2055 マハタ刺身アップ(640x566)

 付属品は、肝、胃袋、皮。
IMG_2042 マハタ付属品(640x508)

 いずれも湯がいて。
IMG_2047 亀齢(628x640)
 酒は広島県東広島市の亀齢(キレイ)、80%精米の火入れ純米原酒。胡町大和屋で一升税込み1944円。魚が予算オーバーだったので酒の方で少し遠慮。

 頭とカマ。
IMG_2043 マハタ粗(640x561)

酒蒸しに。
IMG_2062 マハタ酒蒸し(640x474)
ンマイです。

 赤貝は6個で488gでした。2個を刺身にしましたが写真撮り忘れ。写真を撮り忘れるような何かがあったのでしょうか?

 あったんです。 本日のタイトルは、「マハタ啓蟄」ですが、この「で」は日本語のつながりとしていかがなものか? って思われませんか?
 ところがですね、実際にマハタで啓蟄が起きたんです。 そーぉです、勘の良い方はもうお気づきですね!


 三枚におろした写真をお目にかけましたが、あれをよく見ると・・・
マハタ 寄生虫
赤丸で囲んだところに何やら怪しの影が!

切ってみますとこんなものがあります。
IMG_2049 マハタ寄生虫(500x405)
これは通称「ゴマ」、正式のお名前を「リリアトレマ・スクリジャビニ」(Liliatrema Skrjabini)とおっしゃるお方で、サカナ界では有名な寄生虫でいらっしゃいます。啓蟄の良きお日柄、義理堅くも私のところにお出ましくださったようです。

 コラッ! リリアトレマ・スクリジャビニ!!
   (とても言いにくい)
   オレのところに顔をだすなぁっ!!!

ま、しょうがないですね。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど!そう言うオチでしたか...。
あまり登場してほしくないお方ではありますが、虫が付く魚は味が良いなんて話もありますから。(慰めになってない?)
昔捌いたら黒ゴマを振ったのかと思うほどだった大きなカサゴが居ました。
さすがに半端な数じゃ無かったので...しましたが。
赤貝はどうなったのか?ちょっと気になります。

まるかつさん

ワハハ、慰めになっていませーん、アーハッハァ!

というか、今週もコメントありがとうございます。
昔室蘭にいたころ、ソイを買ってさばいたらこれがまあゴマ塩を振ったかと思うほどゴマだらけ。
このときは買った店に恐るおそる持って行ったら、意外にも丁重なお詫びと、
「もしよければ、代わりにどれでも好きな魚をもっていってください。」というお言葉をいただいて感激。

聞くところによると、北海道でも日本海側のソイにはけっこう虫がいるが、
太平洋側では見たことがない、とか。
不思議なもんですね。

No title

おはようございます。
黄色い花、珍しいですね。

赤貝、好きです。
安いですね!

マハタ、知りませんでした。
美味しそうですね!

「リリアトレマ・スクリジャビニ」?
覚えきれそうもないです。
覚えようとも、思わないですけど^^
誰でしょうね~こんな名前付けたの^^

アニさんほど凶暴じゃないリリアトレマ

啓蟄だぁ~🌸真羽太開けたらゴマリリア~ 😂
ハタの身の、ゴマに知らさる、啓蟄か

なかなか難しいものですね(^_^;)
アナゴ様、お手本をよろしくお願いしますm(__)m

日本海側か太平洋側か判りませんが、道産(しか並ばないかも)のクロソイには1/3ほどの確率で居らっしゃいました(あくまでも私の経験値)
といっても、片身に10個ほどですので、煮付けにしたら気がつかない程度のものですし、アニさんみたいに喰いついたりしないから人体に影響はないとのことですが、なんでも振り塩締め氷温熟成してお造りで食べたいのでちと見栄えもよろしくないし敬遠しちゃいますね😩

マハタにも居てはるなんて初めてお目にかかりましたって言っても、ハタ類を一本買いするなんて年に数回あるかないかですから、普通に居てはるんでしょうね(^_^;)
数が少なければピンセットでピックアウトすればモウマンタイ?

アニさんなら道産の鯣烏賊で数%の確率でお目にかかりますけど、鯖に関してはまだ遭遇したことがありません。

話が逸れますがアニさんを生食してみるという快挙(暴挙?)を成し遂げられた方がいらっしゃいますので参考までにご紹介いたします

「シメサバに中ったことがないのでアニサキスを飲んでみた http://zazamushi.net/anisakisu1/
「喰われる前に喰う!寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に食べてみた http://www.outdoorfoodgathering.jp/outdoorfood/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B9/

たー坊さん

今晩は、たー坊さん。
本日もコメント、ありがとうございます。

ミモザの黄色い花、私も広島に転勤してきて初めて見ました。
なんかシャレた飲み物で、「ミモザカクテル」っていうものがあるんだそうです。
(ノンベオヤジにはカンケー無い)
シャンパンとオレンジジュースの1:1配合物だとか。
(そんなもの美味いのかね?)

雑誌の記事か何かで「ミモザカクテル」を見てから、
街角でこの花を見ると、「あー、これか・・・」
と思うようになりました。

リリアト・・ナンタラ、こういうのは大体ラテン語か何かで、生物学者のセンセーが名づけるのでしょう。
ノンベのオヤジは「ゴマ」、これで決まり!

akiciciさん

今晩は、akiciciさん。
広島は土日月と暖かい日が続きましたが明日からまた冬だそうです。

アニサキス、私はサバを開いてお目にかかったことがあります。
2010年の10月でした。

http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-106.html

あれを生食ですか! ちょっと思ってみるだけで冷や汗。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

ミモザの花、可愛らしいですね。
花より団子‥ミモザサラダが頭に浮かびました(^^)

ハタのお刺身、まったりしておいしいと聞いたことがあります。
「ゴマ」、このくらいならそこだけ取っちゃえば大丈夫!?
室蘭のソイ、たしかに釣ったものには入ってなかったです。
わたしは「タイノエ」のほうが数倍も恐ろしいです。

はるさんさん

今晩は、はるさんさん。
いつもコメントありがとうございます。

だんだん春めいてきました。
この間、勤務先の庭で、一本だけ土筆を見ましたよ。
まだ小っちゃいのに、イッチョマエに胞子を飛ばしてました。

タイノエは怖いですねェ!
わかっていてもギョッとします。

No title

おはようございます。
自分、入院してから、
酒の代わりに炭酸水をのんでます^^

たー坊さん

こんにちは。
それは健康的ですね。
私は夏になると麦製の炭酸を飲みます。
酔っぱらうけど。

No title

アナゴさん  お早うございます
ええ!って思っちゃいました。どうしてお伺いしなかったのでしょうね。
孫がケアンズに遊びに行き、LINEでやり取りしていたせいかも。
マハタの昆布締めが好きなんですが、我孫子ではこんな新しいものは手に入りません。
色も綺麗で如何にも美味しそうです。
ミモザの時期ですね。拝見しながらお大きく息を吸っております。
リリアトレマ・スクリジャビニ言い難いですね。何回も上に見に行きました。
勉強しました。有難うございます。

相子さん

こんにちは、相子さん。
今日もコメントありがとうございます。
広島は今日も晴れていますが、風が冷たい。
でもいろいろ花が開きつつあります。

お孫さんは活動的ですね! オーストラリアですか。
そういえば相子さんご自身もアマゾンに探検にいらしたとか。
お血筋でしょうかね。

私ももうすぐ暖かくなったら、瀬戸内海島巡りの自転車旅を再開しようと思っています。
またご報告しましょう。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード