2016/2/28 コチ、サルボウガイ

 「二月は逃げる」、というそうですが、あっという間に月末です。来週はもう春三月と思うと、ちょっと心が浮き立つような。

 とはいえまだ寒い昨日27日、いつものように自転車で出かけた魚屋めぐり。宝町フジ、特に魅かれるもの無し。 次いで千田町Arukに来てみたら、大きなコチが。しかも税込980円というお値段。これはお買い得、何かわけありかな? と思ってエラを開いて見たり少し持ち上げて腹側を見たりしましたが特に傷物ではなさそうです。値札に「刺身」とも書いてあったので、ま、ダメなら煮魚にしても良いや・・と思いつつ購入。

 もうこれで十分なんですが、とりあえず縄張りを一回りしてみるというワンコのような習性があるので、川口町リアルに。そういえばはるさんさんから、炊き込みご飯が出てきてないというご指摘もあり、なんか無いかと探してみれば、これはどうでしょう? サルボウ貝。「煮つけ」と書いてあったのでよろしいかと思い買いました。299円+税で322円。 帰宅。


 コチです。58㎝、1.3㎏。
IMG_1981 コチ(640x368)

 参考までに、2012年以来のコチ購入データをまとめるとこのようになりました。
コチ 2012~2016年
2年前の5月に、1.8㎏の大物を864円で買っているんですね。

 で、価格と重量をプロットするとこうなります。
コチ 価格vs重量
まぁ、今回の物が飛びぬけて安い、という訳でもないのでした。

 参考までに、体長と重さのプロットはこうなります。
コチ 体長vs重量
 さすが、生物学的合理性といいますか、チビのくせに肥満体、とか背が高いのに痩せぎす、っていうような個体はいないようです。自然界は意外と厳密なものです。体形が相似なら、体重は体長の3乗に比例するはずですが、そうなっているでしょうか?

 などと余計なことを考えながら三枚におろしました。
IMG_1984 コチ三枚おろし(640x357)
まだ、いわゆる「ブラ」の状態で、少し扱いにくい。

 刺身に。この段階で分かったのですが、大きいだけあって少しスジが硬いようです。
IMG_1999 コチ刺身(582x640)

 付属品です。卵巣、肝、胃袋、そして皮が二枚。
IMG_1985 コチ付属品(640x419)

 皮の湯引きと、茹でた胃袋。
IMG_1989 付属品関係(634x640)

 大きい個体なので皮はとても弾性があり、歯ごたえブリブリ。黄色いのは腹側です。
IMG_1992 コチ皮(454x500)

 卵巣と肝は、身の切れっぱしと一緒に煮ました。
IMG_1995 コチ、卵と肝(636x640)
ミリン(風調味料)の入れ過ぎで少し甘すぎ。ご飯のおかずに好適。

 午後から雨が降り出し、大和屋まで出かける元気がありません。近所のスーパーで調達した酒は、白牡丹・純米。このラベルの原画は棟方志功によるものです。
IMG_2002 白牡丹(640x601)
一升1831円(税込)という大衆的値段。精米歩合70%。 広島では、白牡丹というと「甘い」という固定観念を持っていらっしゃる方が多いようです。確かにこの酒の日本酒度は、-2.0ですが、でもそんなに甘いっていうほどには感じません。

 瓶に、こんなメッセージカードが。
IMG_2003 白牡丹(607x640)

 カードの裏の解説です。
白牡丹 棟方志功 2
重箱の隅をつつくようで申し訳ありませんが、文中の「・・・の書をお寄せていただいています。・・・」という日本語はいかがなものか。
白牡丹 夏目漱石 2
こっちは、「句を寄せていただいています。」となっており、合格。
 安いけれどなかなか良い酒です。


 さて、サルボウガイ、税込322円のパックの中身は54個で508g。
IMG_1986 サルボウガイ500g(640x536)

 これを軽く蒸して殻から外しました。
IMG_1988 サルボウガイ蒸し(640x521)

 これを小さい土鍋で1合の米と炊きます。
IMG_1997 サルボウガイ炊き込みご飯に(640x517)

 サルボウガイの炊き込みごはん。
IMG_2004 サルボウガイ 炊き込みご飯(640x517)
 熱の通し過ぎで、貝が硬くなってしまいました。

 おまけになべの底は焦げ焦げで真っ黒け。
IMG_2007 焦げた(500x385)
難しいものです。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

炊き込みは蒸した時の汁+酒少々で炊き、蒸らしの段階で貝を入れたら良かったですね。
貝類は一緒に炊き込むと硬くなってしまいますよ。あと、生姜の千切りをたっぷり入れると香り良く仕上がったと思います。
土鍋炊きは美味しくできるけど、火加減と時間が難しいですよね...。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

早速、リクエストに答えてくださりありがとうございます。
あらら、久しぶりだからかな‥オコゲが(^_^;)
火加減、ずっと弱火と中火の中間でずーっとでしたよね。

千歳空港から室蘭まで、わたしはいつもバス。
自宅→空港、空港→室蘭のパターンで向かってました。
1時間に1本程度というのがネックですが楽ちんです。

今日は大荒れの北海道、室蘭は一晩で積雪が30センチ。
白鳥大橋は強風で終日通行止め、
明日から3月とは信じられません。

まるかつさん

今晩は。
明日から三月というのに、さっき小雪がちらついた広島です。

そうでしたね、貝は後から入れれば硬くならなかったんでしょうね。
なんか、そう言われればどこかで聞いたような、とか、
あやふやな知識しかないもんで。

近いうちにもう一回チャレンジしてみたいと思います。
春は貝が美味しいですからね。

はるさんさん

今晩は。
大荒れのようですね、北海道は。
お気を付け下さい。

ウップス! こげてしまいました。
火を消すタイミイングがつかめませんでした。

それからお気づきかもしれませんが、どうも色がどす黒くて。
このサルボウガイというやつ、アカガイの弟分のような貝で、
赤貝と同じくヘモグロビンの赤い血を持ってるんです。
このヘモグロビンが加熱すると赤から黒に変色するんですね。
貝の選択を間違いました。

No title

昨日私も鯒を買ったのですが、

>エラを開いて見たり少し持ち上げて腹側を見たり

はできません。 パックされてますので😢
さすが、瀬戸内の県庁所在地ならではの魚屋さんですね~

こちらじゃ市場に行かないと氷だなやトロ箱に一本ものを並べてないんです。大阪や三宮に行けばあるかな?
たまにある魚屋さんの店頭ものはそれはもう庶民の手が出るお値段じゃないし。

58cm1.3kgが980円なんて、破格も破格! 羨ましぃ限りです。
私が買ったのは400g580円+taxですから(^_^;)

お雑煮のトッピングに使うサルボウガイも煮しまってこんな色してますけど、味はよろしいですよლ(´ڡ`ლ)。

ベビー帆立でも炊き込みご飯を作りますが、色が白いので帆立が入ってないみたいでせがないです。
サルボウガイのほうがインパクトがあって見た目も良いんじゃないかしら?とサルボウガイの煮付けに慣れた私にはそう思えます😋

No title

アナゴさん  今晩は
大きなコチですね。とても綺麗に下ろしていますね。私は苦手です。
何時もながら捌きが凄いな~って感心しています。

一合のご飯って炊くのが難しそうです。

akiciciさん

今晩は、いつもコメントありがとうございます。
眼のお加減はいかがですか?

思い出しました、20年近く前のこと。
近所に山陰浜田港から魚を持ってくる店が新しくできたんです。
私は大変贔屓にしていたんですが、ある日行ってみると、

「さわった魚は四の五の言わずに買ってもらいます。」
っていう告知が出ていました。
なるほどねーェ、「四の五の言わずに」、お気持ちは大変よくわかります、が・・・

その店は一年ばかりでなくなりました。

魚屋さんもご苦労が多いんだ、と以後気を付けています。

No title

今晩は、相子さん。
いつもコメントありがとうございます。

昨日は三月だというのに雪がちらついて震え上がりましたが、
今日は陽が照って昼から温度も上がりました。
週末にかけて良い陽気になるとの予報です。

これだけでかいコチは、一日で平らげるっていう訳にはいかず、
刺身も昆布締めにして四五日もたせ、大量に出る粗は煮魚にして冷蔵庫へ、
冷蔵庫では素敵な煮こごりになって朝ご飯の片隅に、とか。

なかなか楽しめます。

No title

初めまして。
コチとサルボウ貝、知りませんでした。
美味しそうですね!

この前、神奈川県横須賀市の
浜辺で鳥がクロダイを運んで来て食べてました。

新潟にクロダイを釣りに行ったことあるのですが、
アジとかフグ、カワハギ等しか釣れませんでした。

クロダイこんな所に、いたという感じです。

たー坊さん

たー坊さん、こんにちは。
ご来訪、ならびにコメントありがとうございました。
ご覧の通りのノンベブログですが、時々のぞきに来て下さるとうれしいです。

クロダイが浜辺に打ち上げられていた記事、拝見しました。
クロダイは瀬戸内海でもよく獲れるらしく、
広島でも魚屋の店頭でよく見ます。
タイもクロダイも春になると太って美味しくなりますから、
今から狙い目ですね。

フクロウに出会ったっていうのは驚きでした。

No title

おはようございます。
フクロウの話、写真を見せながら、
他の患者さん達に、見せたら、
自分も会ってみたいという人が、
多かったです。
物騒なことを考えてる人も、いましたが・・・

自分も、自主退院する前に、
もう一度、フクロウに会いたかったです。

荷物を持って、駅まで歩いて帰った
のですが、フクロウに会えませんでした。
残念です。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード