2016/2/21 コノシロ、サザエ、タラ白子、ホタテ稚貝

 2/20、二週続けて雨の土曜日。最近の天気予報は大変よく当たるので、市内魚屋めぐりは早々に諦めて近所のスーパーに。あまり大きなスーパーではありません。魚もまあそこそこの品ぞろえで、よそより少し安めです。ここは夕方6時を過ぎると、刺身を中心に2割引き、さらには半額、と安売りが始まるので、それを期待して私も仕事帰りによることがあります。

 土曜の朝はいつも大変混むのですが、雨のせいか昨日は少しすいていました。自分でさばいて刺身を作れるような魚というと、アジ、スルメイカ、コノシロぐらいでした。コノシロ3尾パックを買いました。100g39円(+税)という安さ、3尾で508g。サザエを2個、100g129円(+税)が2個で252g。オッ、タラの白子、宮城県産です、買いましょう。100g259円(+税)が一パック101g。最後にホタテの稚貝、味噌汁がうまいと聞いておりいつか買ってみようと思っていたもの、一パック199円(+税)は帰宅後計ったら356g。
 以上4品を買ってお勘定はいくらだったでしょうか? めんどくさいですねー、消費税の計算が。正解は1061円でした。

 コノシロです。鱗がビカビカ。
IMG_1942 コノシロ(640x468)

 こんな顔です。
IMG_1947 コノシロの顔(640x472)


 酢締めにするので三枚におろしました。酢に漬けるまえに30分ばかり塩でしめます。
IMG_1953 コノシロ塩締め(640x524)

 そのあと酢に3時間ほどつけてこうなりました。
IMG_1962 コノシロ酢締め(599x640)
 実は漬ける酢(米酢)が足りなくて、半分ほどリンゴ酢(炭酸などで割って飲むための)を混ぜました。妻にはナイショです。


 その他大勢の諸君です。
IMG_1949 その他大勢(640x549)

 サザエ、角が無いのは波の穏やかな内海育ちだから、っていう説がありますが、どうなんでしょうね。
IMG_1955 サザエ(640x485)

 貝剥きを突っ込んで本体をえぐり出し、そのあとひとさし指を突っ込んでワタと肝を引きずり出します。かなり頑強に抵抗します。
IMG_1957 サザエ解体(640x542)

 で、可食部はこれだけ。
IMG_1958 サザエ可食部(640x427)

 グルグルの肝は湯がいて、本体の筋肉部分は薄くそぎ切りにして刺身で。
IMG_1960 サザエ刺身(610x640)
 あちこちに貝塚があることで分かるように、大昔の人にとっては動きの遅い貝類は格好の獲物だったでしょう。縄文時代のオトッツアンたちはどうやってサザエを食べたんでしょうか。

ジョーモン熊さん:おい、八つぁん、サザエをとってきた。刺身にして食おうじゃないの。
           その黒曜石の包丁でこれを薄切りにしてくれ。

ジョーモン八つぁん:あいよ! その間にこのグルグルの肝をたき火で軽くあぶっといてくれヤ。
             この肝の何ともいえない苦味がうまいよね。

ジョーモン熊さん:ちょっと醤油がほしいね。

ジョーモン八つぁん:バカ言っちゃいけない。醤油はまだ発明されてないんだ。
             あと二千年ぐらい待ちなョ。
とか。


 白子は湯がいて一味唐辛子を少し。
IMG_1965 タラ白子(599x640)
 酒は山形県西村山郡河北町の朝日川酒造、山吹極、純米無濾過原酒。胡町大和屋で一升2538円。

ジョーモン熊さん:せっかくうまいサザエがあるんだから、純米酒を燗でキュッとやりたいヨね。

ジョーモン八つぁん:だってまだ弥生人が日本列島に米をもって来てないんだ。
             純米酒があるわけ無かろうが。
             オマエとこのばあちゃんが作ってくれたドングリ口噛みの酒で我慢しなきゃぁ・・・

 アァ、かわいそうな熊さん! タイムマシンを発明したらまず第一に大和屋から一升瓶を熊さんに届けてあげたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて山吹極・純米無濾過原酒の効果でわが脳裏に現出したジョーモン・ナイトも明けて、日曜日の今朝は青空。
IMG_1974 谷間の梅(454x640)

 市内袋町にある「頼山陽史跡資料館」に行ってきました。

 これを観に行こうと妻に誘われたのです。
頼山陽史跡資料館ちらし (452x640)

 資料館庭園の紅梅が真っ盛り。
IMG_1975 紅梅満開(640x530)

 頼山陽先生でいらっしゃいます。
IMG_1973 山陽像(494x640)
いつもお世話になっております。

 いつもは静かなこの資料館ですが、今日はオバサマたちが大勢いらっしゃってロビーも込み合っていました。何かお茶席が設けられていたようです。

 お雛様の展示は撮影禁止なのでご紹介できませんが、近くの小学生が作ったらしいお雛様たちが迎えてくれます。
IMG_1969 お雛様(532x640)
かわいいじゃありませんか。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


(2月24日 追記)
 コノシロは1尾のみ酢締めで食べ、2尾は骨切して塩焼きに。ホタテ稚貝は味噌汁に。翌日の夕餉です。
IMG_1977 (640x474)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん   今日は
コノシロの酢じめは好きですが、滅多に手に入りません。
綺麗にできていますね。
サザエの刺し身は美味しいです。春って感じですね。私は白尻尾の方が好きです。青より苦味が薄いですね。
生のサザエは時には手に入ります。
頼山陽久し振りに字を見ました。

No title

尼寺を出たオフェーリアはじょうもんばあちゃんになっていました(何の意味もありません😂)

じょうもんばあちゃん:

「これ、熊に八、おらが雑魚から作った醤(ひしお)があるで、これ付けて食いな。 うんまいべ😄」

「そんからな、どんぐりの口噛み酒より果物の猿酒のほうがうんまいべ」

と言ったかどうかはさだかではありませんが、縄文時代の東北地方は温暖で豊かな森の恵みがふんだんにあったそうです。
猿酒(果実酒)や魚醤などはもうあったのではないかしら。

なじかわ知らねど、関西じゃコノシロが出回りません。
真鰯、潤目鰯なんぞは並ぶんですけどねぇ。
回転寿司(くら寿司、スシロー、かっぱ寿司)のメニューにも「こはだ」「このしろ」は見当たりません。
江戸前にぎりの定番なんだけどなぁ?

なんか無性にコノシロかニシンの酢締めが食べたくなっちゃいました😋

相子さん

今晩は。
こちらではコノシロけっこう出回ります。
昨年の秋も同じようなもの作っていました。

3尾買ったうち、酢締めにしたのは1尾のみ、
残り2尾は骨切して翌日塩焼きにしました。

塩焼きとホタテ稚貝の味噌汁が並んだ翌日の写真を、
追記で出しておきましょう。

オフィーリアさん もとい akiciciさん

今晩は、退院おめでとうございます。
断層写真付きの治癒過程のご紹介、
なかなか他では見られません。
工学系オフィーリアならではの画像でした。

尼寺で九連休の後の肝臓、あんまり飛ばさない方が良いのでは?
(といってももう遅いか・・・)

魚醤はあったかもしれませんねェ、能登のイシリのような。
イシリでサザエ、ウーン 美味そう!

猿酒、ウーン これは分からない・・・
ジョーモンお猿は何の果実で酒を?
リンゴか? アップルサイダー
アレ? リンゴって明治になってから渡来したんでしたっけ?
やっぱり山葡萄か

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

帆立の稚貝が出まわると春だなあって感じます。
お値段もこちらとほぼ同じ、お安いですね。

この稚貝をサッと加熱して身を外して
炊き込みご飯にすると美味しいです。
そういえばこの頃炊き込みご飯、登場しませんね。

コノシロ塩焼き、美味しそうです。

コノシロは二股の小骨が多いから、幼い時は、酢〆でないと食べられなくて、よく母親に怒られてました。
こんな風に骨切りしてあれば、おいしくいただけますね(・∀・)。

サザエ、しょっちゅう獲ってましたけど(密漁してごめんなさい)、やっぱり、波が荒い磯の方が、とげ長です。
平らな岩場の割れ目在住のヒト達とかは、穏やかな生活みたいで、コロンとしていてかさばらなくてよかったですよ。

はるさんさん

今晩は。
そうですねーェ、炊き込みご飯、さぼってますねーッ!
さっそく明日はその気で炊き込みネタを探しましょう。

先日、室蘭から仕事仲間が訪ねてきて、一杯やりました。
千歳空港から苫小牧・室蘭方面のJR列車が本数が少なくなって連絡が悪い、
とか、
新幹線の函館駅っていうけれど、あれは函館じゃなくって七飯だ、とか。
盛り上がったというか盛り下がったというか。
かなり溜まっているように見えました。

でも七飯でもいいからぜひ行ってみたいです。

さとこさん

今晩は、さとこさん。
いつもコメントありがとうございます。

コノシロは、ハモと違って骨切りは簡単です。
中骨にあたるまでどんどん切り込んでOKです。
焼いて食うと美味いですよね。

「岩場の割れ目在住のヒト達」、笑っちゃいました。
「ヒト達」! 
そうですねーェ、あのヒト達もたいへんですよね、ウン。
穏やかな生活! 
そういうものに甘んじていると伸ばせる才能も伸ばせないまま、ってことですかね。  納得・・・
今ごろ悟っても遅いですけど。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード