2015/9/6 イボダイ、シロバイ、サンマ

 オリンピックのエンブレムが白紙撤回とか、まだいろいろありそうな2020年東京大会ですねぇ・・・。 

 1964年の東京オリンピック、私は小学生でした。あのときの記念切手を今でもたくさん持っています。代々木競技場の第一体育館の華麗な曲線、力強いポスター、そして単純この上ないデザインのエンブレム。 真っ青に晴れ上がった開会式、ベラ・チャフラフスカ、ドン・ショランダー、アントン・ヘーシンク、タマラ・プレス、遠藤幸雄、円谷幸吉、三宅義信、「東洋の魔女」と鬼の大松・・・、いろいろ思い出します。


 さて急速に秋の気配の深まる広島、昨日も出かけました。大通りの高い並木で剪定作業が行われていました。
IMG_9199 平和大通り剪定(538x640)


 宝町フジ、5800円という大きなマナガツオがありました。目の保養。千田町Aruk。400円のサバが美味そう。
 川口町リアル、いろいろ並んでいるのをズゥーッとながめていくと、おや! イボダイが、それもずいぶん大きいのが。2尾ずつパックになっていて、400円前後。100gあたり99円で、一パックが400円前後。素早く一番大きそうなのをゲット。 シロバイ4個のパックも一つ買って、満足。
 舟入市場内うお市、店先で大きなカツオの四分一を積み上げ、稲わらを燃やしてあぶっていました。見ていると、稲わらというのはなかなか火の勢いのコントロールが難しそうです。ガスレンジでチャチャッとやるのとはわけが違います。結局買わずに帰宅。


 こんな連中です。
IMG_9201 イボダイ、シロバイ(640x496)
手前のでかい方は、22.5㎝、264gあります。

 こんな顔、つぶらな瞳。
IMG_9203 イボダイの顔(640x503)
何か言いたそうです。

 三枚におろして皮を引きました。
IMG_9210 イボダイ三枚おろし(640x432)
腹身側は、頭の方から包丁の背でこそげるようにして引けましたが、背側は同じようにして1/3ほど引くと、それ以上は動きません。ひっくり返して手で(アジと同じ要領で)剥きました。

 もちろん刺身にするのです。
IMG_9215 イボダイ刺身(640x482)
小さい方の一尾は、同じくサクにおろした後、昆布締めにしてみました。今晩のお楽しみ。

 付属品、小さな卵巣と肝。
IMG_9217 イボダイ付属品(640x576)


 シロバイは、89円/100g(+税)、4個で371gでした。殻のままゆでました。貝類は70℃で加熱するのが一番おいしい、と聞いたので、お湯が沸騰しないようにかげんしてみました。
IMG_9212 シロバイ刺身(640x526)
 確かにグラグラ煮立てたものとは違って、身がやわらかいし貝特有のヌメリ感も残っています。


 突然ですがサンマの登場。
IMG_9213 サンマ塩焼き(640x505)
前夜のおかずの残り。なんでも刺身教の私ですが、サンマの塩焼きは別格ですね。


 で、こうなりました。
IMG_9222 晩酌の膳(640x456)
 酒は千葉県成田市の鍋店(なべだな、と読めますか?)株式会社の不動、純吟無濾過生、幟町の酒商山田で一升2880円。今年の酒調達は広島県偏重型になっており、関東は手薄、東京都(八丈島)の焼酎を一本買っただけだったので、成田山新勝寺のご本尊様にあやかる酒銘の一本を。 一切の煩悩と迷いを断ち、全ての人を救うという広大無辺の慈悲におすがりして三合ほどいただきました。


 さて今朝起きてみれば大雨、せっかく隠匿しようと処理しておいたイボダイの骨が乾きません。仕方なく、扇風機で部屋干し。
IMG_9226 乾燥中(465x640)

 なかなかカリッと仕上がりません。
IMG_9229 イボダイ中骨(640x459)

 これは何でしょう?
IMG_9228 トラギス開き(640x499)
トラギスです。広島では「トラハゼ」と呼ばれるようですが、正しくは「クラカケトラギス」。近所のスーパーで大量に並んでいたのですがあまり買う人が無いと見えて、半額になっていたのを購入、開き干しにして食おうというわけです。100g89円が4尾で371g、これが半額になって、4尾で税込164円。一尾41円ですね。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋刀魚にはかないません

アナゴさんこんばんは。
広島も秋のご様子ですね。
今日の水沢はあさ雨が降っています。
とても寒い1日でした。

刺身教のアナゴさんも秋刀魚はやはり焼くのが一番なんですね。

脂ののった旬の秋刀魚は最高ですね。

昨日は釣りに出かけたのですが、秋刀魚漁船が大船渡港に入って行きました。

大漁だったら良いのですが。

かるがもさん

今晩は。
そうですねーェ、サンマの塩焼き、ちょっと抵抗できません。
なんといってもその背後にある文化的蓄積というか、
刺身とは全然違いますからね。

毎年、財布を気にせずサンマを食べられるっていう幸せ、
サンマ漁師さんに感謝しなければなりませんね。

No title

アナゴさん   今日は
イボダイ 良いのをお買いになりましたね。
だいぶお酒も進んだご様子。
そうそう秋刀魚は塩焼きですね。皮が焦げてないと美味しくないです。
良く焼けていますね。
部屋干しどうなりましたか。

相子さん

今晩は、相子さん。

部屋干しはやっぱり天日干しにかないません。
それに、部屋が魚臭くなる、と妻に迷惑がられます。
私は鼻が少し鈍感なのですが、けっこう残るようなので。

「むかしの人の袖の香ぞする」、っていうのはなかなか優雅な残り香ですが、
部屋干しの魚の匂いではちょっとね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

お安く魚を買ってちゃちゃっとさばいてお刺身。
アナゴさんの本領発揮ですね。
銀色に輝く皮目が美しいですね。

部屋にこもった魚の匂い。
お茶を炒ったものをトレーに入れて
置いておくとすっきりとれますよ。

はるさんさん

今晩は、はるさんさん。

私にとっては別にそんなひどい臭気ではないんですが、
ま、好き嫌いなんでしょうなぁ・・・
というわけでお茶の葉による脱臭策、ありがとうございます。

うちの奥さんは、コーヒーの出し殻(って言うのかな?)による脱臭を信奉しているようです。
いずれにせよ、部屋干し禁止令が発令されまして、もうお天気頼みです。

No title

アナゴ様、こんばんは

大通りの大木は欅でしょうか、戦後に植栽されて?から70年足らずでこんなに大きくなるのは放射能による突然変異?かも(^_^;)

イボダイはこちらではウオゼとかシズとか呼ばれます。
昔は雑魚で見向きもされませんでしたが今じゃ立派な食材に成り上がりました。
美味しい白身ですね。
もっと大きい魚体があると嬉しいですがこのサイズで真子があるっていうことはあまり大きくならないのでしょう。
こちらでも出回ってるし美味しそうなお造りを見たので明日探してみます (*^ー^*)

秋刀魚といえば、お造りを食べると、その脂の味がまるでマグロの大トロにように思えます。
やっぱりマグロは秋刀魚で大きくなったのだと確信してます

柿色の干網って初めて見たけど、カラス対策の色なのかしら?
扇風機部屋干しは、あまり効率的じゃないので「布団乾燥機デハイドレータ」をお勧めします
薄っぺらい隠匿物質なら数時間でペラペラになっちゃうこと間違いなしです。
けど、室内には魚臭が充満しますので、換気扇の下或いはベランダで操業くださいませ

No title

追伸

白バイ貝の肝を取り出す時どうなさってますか?
殻を割って取り出してます?

akiciciさん

おはようございます。

あの木、何だったか確認していませんが、
樹勢からみてケヤキのようですね。
今日も出かけますので見てきましょう。

布団乾燥機で干物! なんという発想!
と思ったら、皆さん色々なさってますなァ・・・
「布団乾燥機 干物」で検索したら、出るわ出るわ。
意外とよく知られたワザなんでしょうかね。

シロバイの肝、殻をこわしています。
akiciciさんはどうなさってますか?

No title

白バイガイの殻、私もウオータープライヤで壊してます。
だって、あの尻尾?肝?が無いと食味半分ですものね(*^_^*)

ウォータープライヤー !(衝撃の事実)

akiciciさん、こんにちは。

「ウォータープライヤー」という、何かまた新しい料理用新兵器があるんだ!
と思ったこの私。
技術系会社員としてもう38年目なんですが、
今日初めて知りました、あれを「ウォータープライヤー」と呼ぶことを!!!

衝撃のあまり、いろいろ調べたら、
ペンチ、ラジオペンチ、ウォータープライヤー、など
ああいった「つかむ工具」は英語ではすべて「プライヤー」、って言うんだそうですね。
あゝ知らなんだ、情けなや。

「ペンチ」っていう言葉はフランス語に由来する語で、和製英語に近いとか。
このブログを6年前に書き始めたときは、
工業英語のお勉強をテーマとしていたんです。
それなのに、こんな基礎的なことも知らないなんて・・・(恥)

追伸:
あの大木は何だったでしょうか!
ケヤキではありませんでした。
正解は今から書く今週の記事で発表!

バイスグリップ

アナゴ様こんばんは

技術系と言っても研究開発職だと現場工具には親しみがないでしょうね。

もう一つ、銀杏や梅干しの種の殻割りにと~っても便利な工具、その名も「バイスグリップ」をご紹介致します。
形状や使い方は下のサイトをご参照くださいませ
http://ihc.monotaro.com/topic/070529/

akiciciさん

今晩は。

「タモリ倶楽部」っていうTV番組ご存知ですか?
しばらく前にその番組で、工具オタクを取り上げてました。
https://www.youtube.com/watch?v=HgSQEVdzqGQ
もしかして、akiciciさんも、そっち系の方ですか?

そっち系とかあっち系とかいうと極めて失礼に聞こえて申し訳ないんですが、
決してそういう意図ではありません。
なかなかユニークな投球をいただくので、
打ち返す当方も、こりゃ何系の投手かなァ? と考えるわけです。

No title

アナゴ様、こんばんは

私はツールオタクじゃありませんけど、そっち系、(機械工学系)ですので一般的な機械工具の知識はありますわ(^_^;)。

開設当初の記事を拝見して、勝手にアナゴ様があっち系だと妄想いたしました。

妄想した経歴は
東北地方著名金属学科修士課程修了
M社広島事業所勤務
タービンブレード用あるいはロケット噴射ラバールノズル用の高耐熱金属の研究開発に従事

な~んて思っちゃいました(^_^;)

akiciciさん

今晩は。

なーるほど、akiciciさんは「妄想系」でもいらっしゃいましたか。
妄想系機械工学庵主・・・、ふしぎだ・・・。

M社、ってあの日本を代表する名門企業様ですかァ?!
しかられます、ワハハ。

プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード