2015/3/1 メジナ、ツブ、早春の岩手

 今朝は雨模様。
 だいぶ暖かくなってきましたが、まだストーブをたいているのでガラスが曇っています。
 IMG_6333 (640x608)

     性格が八百屋お七でシクラメン 京極杞陽
IMG_6325 (640x481)
 この京極さんは鎌倉時代にまでさかのぼる名家、京極氏の末裔だとか、「性格が八百屋お七」とはどういう意味でしょうか?



 さて、昨日2月28日の土曜日、一週休んだお魚ツアーに出かけました。大手町おかず工房、鮮魚売り場がいつもの土曜とは違って、パックの切り身などが並んでいるだけ。いつもの元気のいいお姉さんもいらっしゃいません。

 あれ? もしかして魚市場が休みかな・・、と危惧しつつ宝町フジへ。まあ、いろいろ並んでおりますが、やっぱり少しさびしい感じ。メジナを買いました。釣り人の言う「グレ」ですね。けっこうな大きさがあり、まだ死後硬直していません。売り場のオジサンが、
   「ほぅら、まだブラじゃけねぇ!」 と自慢。
 千田町Arukを通過して川口町リアルへ。ホタルイカが出ていました。大きなサワラ、値段は見ませんでしたが1万数千円〜2万円といったレベルではないでしょうか。貝類がたくさん、マテガイ、サルボウ、巨大なアカガイが900円ぐらい。ツブがありました、北海道産です。4個で税込599円、購入。
 舟入市場内うお市をざっと眺めて帰宅。


 メジナ君です。37㎝、1.2㎏で、1080円。
IMG_6302 (640x496)

 こんな顔です。歯が味噌っ歯ですねェ、歯医者に行かなくちゃ。
IMG_6304 (640x524)
(味噌っ歯って通じるんですかね?)

 「まだブラ」とオジサンが自慢した通り、活きている状態のグニャグニャ魚体、大きな鱗があちこちに飛び散ります。背側を刺身用のサクに、腹身は粕漬け用におろしました。
IMG_6307 (640x473)

 刺身に。
IMG_6315 (640x513)

 透明感のある肉質。
IMG_6317 (640x446)
左は「エンガワ」に相当する筋肉です。


 で、これが付属品一式。中央の白子がとても大きく、得した感じ。左が胃袋、右が肝臓と小さな心臓。こんな小さな心臓で間に合うんでしょうか? 下は皮。
IMG_6308 (640x527)

 白子を焼きました。
IMG_6311 (640x539)
白子は外側に薄い皮膜があって、焼けて中の蒸気圧が上がってくるとレンジの中で爆発することが多いんです。串で何か所も穴をあけてから焼きましたが、それでも何度か小爆発を起こしていました。

 右が肝と胃袋、左は皮。
IMG_6310 (640x514)


 さて北海道から来たツブ。
IMG_6314 (640x499)


 さばいて薄くそぎ切りにすると、まだ生きているのでクルリンとそり返ります。
IMG_6312 (640x570)
歯ごたえも最高!

 こんな格好になりました。
IMG_6320 (640x456)
 酒は広島県竹原市の中尾酒造の誠鏡、平成21年醸造の「ノスタルジック純米」です。竹原といえばこの冬「まっさん」で盛り上がった竹鶴のおひざ元。
 この酒は醸造後6年目の熟成酒で、かなり濃い金色を呈しています。でも70%という低精白のためか、一升1900円、税込みでも2052円といううれしいお値段です。


 以上でお魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

 さて先週は、母の七回忌のため、岩手に帰省しました。実は昨年が父の十七回忌だった(らしい)んですが、長男たるこの私が忘れていて執り行わず、今回ついでに夫婦併せて法要を営むことに。
 金曜日20日の夜の飛行機で仙台へ、21時過ぎ着なのでその晩は仙台泊。翌日水沢へ。この日は大変いい天気で、仙台から水沢江刺までの新幹線から奥羽の山なみがとてもよく見えました。

 仙台を出てすぐ見えてくるのは(たぶん)船形山。標高1500m。
IMG_6174 (640x457)


 さらに北上すると、岩手と宮城の県境にある栗駒山、1626m。岩手県側では「須川岳」とも呼ばれています。
IMG_6198 (640x426)

 一関の市街地の向こうに見える須川岳です。
IMG_6219 (640x423)


 一関を過ぎると、平泉、前沢、間もなく水沢の西に連なる焼石連峰が見えてきます。まだ束稲山(たばしねさん)トンネルに入る前の南側から見ているので、少し角度が違い、水沢から見る焼石とは形が違います。
IMG_6281 (640x427)


 水沢から見た焼石連峰。右側に目立つ峰が見えますが、あれは岩手駒ヶ岳、1130m。焼石岳、1547mはもっと左で、距離があるためあまり目立つ峰ではありません。中高生のころ2度ほど登ったことがあります。
IMG_6286 (640x457)


 翌22日の日曜日、私の兄弟夫婦6人だけの法要を行いました。姉と私が六十代、弟が五十代、という年齢構成ですので、この次こうした集まりがあるときは自分の葬式かも、とか笑いあいながら別れました。

 月曜日23日の仙台発の飛行機で広島に戻りました。仙台駅で東北各地の酒と旨い物のフェアをやっていました。
IMG_6292 (640x450)


 弘前の熊谷食品さんで、飯寿司を買いました。飯寿司は広島ではなかなか買えません。
IMG_6294 (640x516)


 山形県寒河江の霞城寿・純米酒もゲットして空港へ。
IMG_6300 (541x640)


 近年は岩手に帰省するのは夏だけになっており、この季節の故郷は久しぶり。いつの季節も故郷は良いものです。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん  今晩は
寒メジナの美味しそうなこと。つぶ貝も良いですね。
郷里は思うだけでも懐かしいものですから、帰れば気分はまた違うでしょう。

私は今日はキンメ片身・白ミル貝1枚・鯵2本・アナゴ刻み1パック・赤えび1パック・辛子明太3腹分・鰤一冊・ホタテ1パック・それにお鮨12貫 鰤とホタテは娘に上げ、これで当分保たせます。赤えび・アナゴは冷凍庫行き。
そうそうアサリも二パック買いました。これも砂を吐かせたら冷凍します。
全部で8000円ちょっとです。凄く満足感が起きました。

相子さん

今晩は、相子さん。
なかなか意欲的なお買い物ですネェ!
これらの獲物はいずれお寿司になったりするんでしょうか。

岩手に行った折り、スーパーの鮮魚売り場をのぞいたんですが、
今年は北海道でニシンがたくさん上がっているとかで、
生のニシンが一尾120円で売られていました。
焼いて食べましたが旨かったです。
広島では全く見ません。
首都圏には届いているんでしょうかね。

No title

アナゴさん  お早うございます
ニシンは出ていますよ。形もよく脂ものっています。豊漁ですか。

キンメはブログにも載せましたが、煮て食べました。鯵は「りゅうきゅう」と言う作りにし、ミル貝は昨夜丼にしました。握りには身が反り返って素人の私には握れませんでした。あなごはアナゴさんのように隠匿物資にして置きます。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

シクラメンの句、面白いですね。
花言葉ははにかみ、内気、恥ずかしがり屋。
お七さんは、丙午生まれで激しい性格の女性といわれていますが.
おっと、花言葉の中に嫉妬、猜疑心の言葉も。

メジナさん、白子もたっぷりでお買い得でしたね。
ツブがこの値段、断然お買い得だわ~!
味噌っ歯‥そう言えば最近聞きませんね‥懐かしい。

帰省されていらしたんですね。
飯寿司は久しぶりに楽しまれたのでは?

こんにちはー

美味しそうなメジナさんですねー。私は最近美味しいお魚にめぐりあっておりませんw明日は魚屋さんに行ってみようかな。

岩手の食材も美味しそうですね。私は東海~近畿でしか暮らしたことがないのですが、旅行に行くとスーパーを覗いています。地域によって色々違っておもしろいですね。

相子さん

今晩は、相子さん。

ブログ拝見しました。
金目ダイの煮つけ、美味しそうですね。
キンメとキンキと勘違いした、っていうコメントがありましたね。
尾かしら付きなら別ですが、切り身だったらありうるかも、と思いました。

はるさんさん

今晩は。
昨日、室蘭から来た知人たちと飲みました。
いろいろ話したはずなんですが、一夜明けたらさっぱり残っていません。
でも、「魚はやっぱり北海道が一番だ!」、っていうのだけは覚えています。

飯寿司はほんとに久しぶりです。
こちらで開催される、「北海道物産展」などにもよく行くんですが、
あんまり見ませんねェ。
たぶんこちらの人にはなじみがなく売れないいので、
持ってこないのかもしれません。

うめこさん

今晩は、うめこさん。
あのメジナ、実は買うとき1000円という値段に少し迷ったんです。
何となく安い魚っていう先入観が私にはあるようで。
でもとてもいい買い物だったと今は思います。

旅先で地元のスーパーに入ってみるというのは、
私もよくやります。
鮮魚売り場が特に大好き。
つい買いたくなりませんか?

No title

こんばんわ~
素晴らしい酒の食卓ですね~
流石の部位調理ですね~
白子は捨ててしまっていたので
次回はチャレンジしてみます

このメジナは~、
尾長メジナみたいな魚体ですね~?

黒鯛さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

メジナには何種類かあるらしいってことはウッスラ知っていましたが、
私には見分けがつきません。
やっぱり釣り人は見る目が違いますね。
これは尾長でしたか。

黒鯛さんのPキャンパーホームページも拝見しました。
広島にいらっしゃった時の記事があったので、興味深かったです。
でももう10年ほど前のことだったようですね。
お子様方ももうご成長なさったでしょうね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード