2014/12/21 タラ

 師走もあと十日ほどを残すだけ、平和大通りには正月恒例の広島駅伝のバナーがかかりました。
IMG_4842 駅伝バナー(416x640)

 この道を全国の中学生から一般男子まで、47都道府県×7区間=329人の若者が必死で走るわけです。
IMG_4847 (640x512)
汗と涙、疲労と筋肉痛、歓喜と悲嘆、満足と悔恨、カタルシスと不完全燃焼  いろいろあるんでしょう。



 さて昨日は朝から雨、その前夜が職場の忘年会で少し二日酔い気味でぐったりしておりました。とても雨を突いて出撃する元気がなく、何か隠匿物資でごまかそうか・・、とかグッタリしておりましたら、10時半ごろ妻が車を出してあげるというありがたいお言葉。お言葉に甘えて遅まきながら出かけました。

 最初は大手町のおかず工房。いつもの売り場はすっかりきれいに片づけられており、スッカラカンで何もありません。なるほど、やっぱりネ・・・、と納得して次へ。

 二号線を西に向かい橋を二本わたりますと舟入です。一方通行の路をウロウロしながら南下、川口町リアルへ。丸々と太ったタラがありました。一本1990円という値段から見て、白子の入っている雄ではなさそうですが。一本買いました。消費税がたされて、2149円。
IMG_4813 タラ(640x367)
66㎝、ちょうど3㎏。

 量が多いので、上手く計画しないと全部きれいに食べられません。三枚におろした上身が554g、下身が558g、中骨293g、頭(カマ、エラを含む)878g、内臓が626g、という重量分布。足し算して足りない分90gほどは鱗と、胃腸の内容分でしょう。半身は煮たり焼いたりできるように切り身に分けて直ちに冷凍。

 半身のうち良さそうなところを選んで昆布締めに。
IMG_4815 タラを昆布締めに(640x469)
 一晩たつとこうなります。
IMG_4859 タラ昆布締め(640x427)
もうちょっとですね、今晩のお楽しみ


 タラの本当の価値はその粗と付属品にあります。付属品一式です。活きが良く内臓の状態も良い個体でした。
IMG_4814 タラ付属品一式(640x388)
左から卵巣、ちっちゃい心臓、胃袋、肝、浮き袋、そして右端が腸です。ちなみに肝が147g、卵巣が242gです。

 卵巣は煮つけに。
IMG_4819 タラ卵巣煮つけ(450x373)

胃、肝、腸は発生した大量の粗とともに粗汁に。
IMG_4820 タラどんがら汁(640x499)
 肝のねっとりした味わい、頭(顔というべきか)の部分のプルプル、ツルリン、とした舌触り、最高です。中央にクルッと丸まったものが見えますが、胃袋ですね。一度下ゆでして内面のヌルヌルをこそげ落とし、それから刻んで汁に投入。ムッチリした歯ごたえがよろしいです。

一切れだけ塩焼にしました。
IMG_4818 タラ塩焼き(640x499)
タラは身に水分が多く、一度塩でしめたりするのが常道のようですが、そのまま焼いたので、一部が焦げるほど焼いてもまだ水がしみ出しています。

 ちょっと品数がさびしいので、隠匿物資庫から先週のマルアジの骨乾燥品を放出、1分10秒チン。
IMG_4816 マルアジの中骨乾燥品(450x364)

 こうなりました。この晩は刺身は無し。
IMG_4821 夕食の膳(640x450)
 酒は香川県仲多度郡琴平町の丸尾本店、悦鎧陣・純米無濾過生。幟町酒商山田で一升3533円。日本酒度+11、アルコール18%というすこしきつい酒です。

 ちょっと値が張りましたが、どうしても香川県をカバーする必要があったので、千円札一枚よけいに張り込みました。これで沖縄を除くすべての都道府県を制覇、沖縄は来週あたり泡盛を調達し、それで満願成就。何年ぶりでしょうか。


 さて冒頭の平和大通りの写真は今朝、21日のものです。いつものように朝市に行ったのです。

 お正月用の松飾を売っていました。卓上用っていうんでしょうか、かわいいものが500円、一対でお求めになる方が多いようです。
IMG_4826 松飾(500x640)

 これはワタ(木綿)の花です。これも生け花の素材でしょうか。
IMG_4837 ワタの花(640x535)

 魚屋さんも店を出しています。メバルとカキ、ナマコも。
IMG_4828 朝市の魚屋(640x506)
「広島漁師の会」っていう皆さんです。

 殻つきもあります。これは焼きガキ用でしょうね。
IMG_4831 牡蠣販売(640x586)

 むき身は500gで千円。
IMG_4836 牡蠣(640x552)

 さて来週28日もここの朝市は開くそうです。たぶん福引があるでしょう(推測)。 で、いよいよ年末年始の休みに入ります。あと一週間、仕事もがんばります!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん  今晩は
鱈の生きの良い物が手に入って良かったですね。
矢張り昆布締めですね。粗汁も美味しそうです。

泡盛で全国制覇ですか。拍手ものですね。
寒くなっています。風邪にお気をつけてお過ごしください。

相子さん

今晩は。
タラは鮮度が落ちやすいので決断が大切ですネ。
加熱するか、冷凍するか、生ごみとして捨てるか、
グズグズしていると手が付けられないことに。

ということを心配し過ぎるとでかいタラは買えなくなります。
お気楽なお魚ツアーですが、意外と実務処理能力も試されるわけで。(笑)

酒で全国制覇、
自慢していいのやら・・・

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

そろそろ、仕事納めでしょうか。
暦どおりだと長いお休みのよう、ゆっくりできますね。

立派な鱈ですね。
昆布締めの鱈‥絶妙なお味ですよね。
どの魚の昆布締めより美味しいと思ってます。

肝がたっぷり入ったお汁もいいですね。
実家ではこのアタマまで入れたこのお汁を
「どんがら汁」って言うんですよ(^^)
卵、これだけ新鮮なら醤油漬けもできそうですね。
いくらの醤油漬けと同様の味付け‥美味です。

はるさんさん

今晩は。
ご賢察の通り、昨日26日で仕事納め、
本日から1月4日までお休みです。
仕事納めはしたものの、今年はある未解決の宿題が来年に残され、
この年末年始は少し落ち着かないお休みです。
長いサラリーマン生活の途上には、こういうこともあろうかと観念して耐える9連休。

どんがら汁っていうのは山形県地方の言い方のようですね。
同じものを青森では「じゃっぱ汁」って言うそうです。
はるさんさんのご先祖は山形ご出身?

卵巣の醤油漬け、なるほどそうですか、惜しいことをしました。
そう言えば聞いたような記憶も。
次回はぜひ・・・

(でも次回までにはまた忘れているでしょう・・・)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード