2014/10/13 西条酒まつり

 現在10/13(月)10:40AM、雨風が激しさを増しつつある広島です。
141013 台風19号


 さてこの三連休は土日が毎年恒例の西条酒まつり、私の大好きな人ごみを満喫できるわが年中行事。台風が近づいていることもあり、早い方が良いだろうと思い初日の土曜日に出かけました。
(というわけで、本日お魚関係の話題は無し。)

 10:30ごろ広島駅発の臨時列車で西条駅に着くともう大変な人の波、西条駅は改築されて2階が改札口になっていました。駅から南、メイン会場である「五千人の居酒屋」会場にブラブラ向かいました。

 お嬢さんがTシャツを売っています。
IMG_3846 (よっぱらいだもの)
相田みつおさんに怒られないのかな?

IMG_3847 (よっぱらいだもの)
「酒豪」というTシャツはちょっと着にくいですね。

 会場につくと、近隣市の市長さん方がステージで各市のPRをなさっています。今はどんな小さな町でもマスコットのゆるキャラがあるようです。 
IMG_3869 (近隣市首長)
近くで見ると異様にデカい。

 樽酒を売っています。樽酒とはいうものの、普通の一升瓶の酒を樽に入れてそこから汲んでいるわけです。こういうのは樽酒っていうんでしょうかね。誰も気にしていません。
IMG_3867 (主会場樽酒)
ここはぐっと我慢・・・


 今回は酒蔵通り(白牡丹、西条鶴、亀齢、賀茂鶴、と並ぶメインストリート)は後回しにして、福美人を目指しました。まだ十二時前ですが、一杯機嫌の人も混じって三々五々めぐる人々。
IMG_3873 (福美人へ向かう)

 ブラジルの屋台、ラビオリ(?)を揚げたようなものを売っています。
IMG_3861 (ブラジル)

 釜めし屋さんのありがたーい教訓。
IMG_3870 (釜飯PR)


 路傍に出店している古物商、これは工具、大工道具類ですが、なぜ酒まつりに?
IMG_3874 (工具屋?)
とはいうものの、機械メーカー勤務の私、しばし箱の中を物色してしまいました。


 こちらは杯など酒器のたぐい、まあ納得できますね。
IMG_3876 (酒器)
IMG_3877 (杯類)

 ちょっと面白いものを見つけました。
IMG_3878 (兵隊杯)
これらは「従軍記念杯」というものだそうです。戦争に行った兵隊さんが無事帰国した記念に造って、親族知人ご近所に配ったものだそうです。

 デザインもいろいろ。
IMG_3881 (兵隊杯)

 一つ一つ手に取ってみると、帰国した年月、所属連隊・部隊名、またその兵隊さんの個人名が入ったものなどがあります。この人はその後どういう人生を歩んだのか・・、いろいろ想像してしまいました。
IMG_3879 (名前入り)

 さらに東へ。
IMG_3882 (福美人へ)

 途中でこんなものを食べました。ソーセージと豚串と鶏串、3本で500円。
IMG_3886 (ソーセージなど)

 福美人につきました。女性が多いですよね。
IMG_3889 (福美人に到着)

 でも売り場に並ぶのはやっぱりオッサンが多いようです。
IMG_3903 (有料試飲)

 これは濁り酒、ではありません、甘酒です。
IMG_3897 (甘酒売り)

 一杯買いました。グラス付きで300円。
IMG_3898 (グラス付き300円)

 実は福美人を目指したのは、「酔書」というものをやってみようと思ってみたからでした。酔書は、以前にも書きましたが酒に関連した文字を半紙に墨書する、というものです。
 ところが今回その場所に行ってみると、「オリジナル酒ラベル作り」というイベントに変わってました。どうも参加者がみな小学生、さらには幼児だったので、おじけづいて退散。

 代わりにダンスパフォーマンスを見てきました。
IMG_3905 (ダンス)


 そこから少し東、賀茂泉です。ここも大宴会場と化しています。
IMG_3922 (賀茂泉)

 毎年恒例の竹酒。
IMG_3927 (竹酒)
青竹の節をぬいて酒を満たし・・・

下方の注ぎ口から竹を切ったカップについでくれます。
IMG_3929 (竹酒・500円)
確か、1合で500円、お代わり300円。

 何か焼いています。香ばしい風が・・・
IMG_3932 (焼き味噌)

焼き味噌ですね、ウマソー。
IMG_3934 (焼き味噌)


 カキを焼いています。広島カキは10/10が解禁。
IMG_3924 (焼きガキ・賀茂泉)

 ものすごくでかいカキです。
IMG_3926 (カキがでかい)

 賀茂泉を出ました。出口に洋館「酒泉館」が、藍染めの展示などもあるとか。
IMG_3937 (酒泉館)

 この賀茂泉が酒蔵通りのほぼ東端。毎年ご機嫌をうかがうお地蔵様にご挨拶。
IMG_3911 (お地蔵さん)

 今年もよだれかけがありません。
IMG_3910 (今年もよだれかけ無し)
長年ヨダレ掛け担当だったご近所のおばあさんが亡くなった・・・、とかいろいろ妄想。


 一転西へ。これは酒屋さんの店頭ですね。西条酒の飲み比べ。
IMG_3939 (飲み比べ)


 賀茂鶴です。規模も大きく、中身も充実しています。
IMG_3941 (賀茂鶴)
酒のみならず・・・

グッズも販売。
IMG_3945 (賀茂鶴グッズ)

 粕漬け売りのお姉さん。
IMG_3947 (粕漬け売りの姉さん)

 庭に出てみると昨年と同様宮城県十三浜から出店。十三浜というのは、先月友人に連れられて行ってきた震災被災地跡、大川小学校の近くです。
IMG_3948 (三陸十三浜から)

 お客さんが並んでいるところを見ると・・・?
IMG_3951 (浜人売場)
 
 ホタテの串焼きです。そういえばあの時友人が連れて行ってくれた立浜漁港もホタテの養殖が盛んだったとか。
IMG_3950 (ホタテ串500円) 
3個一串で500円は安い。

 これは何でしょうか?
IMG_3953 (これは?)

 蒸しホヤだそうです。
IMG_3952 (蒸しホヤ400円)
ホヤは私の守備範囲ですが、なんでも刺身教の信者なので「蒸しホヤ」というのは初めてです。一袋買いました、400円。

 たくさんの人が並んでいます。
IMG_3962 (賀茂鶴・並ぶ人)

 無料の樽酒のサービスですね。
IMG_3956 (賀茂鶴・樽酒)

 樽酒といえばこも被り、今年もその作業の実演を拝見。
IMG_3968 (コモかぶり1)
ここで包んでいるのは発泡スチロールの軽いもの、でも本来は酒を四斗、すなわち72リットル満たした樽を包むんだそうです。

72リットル入った樽は90㎏ぐらいになるそうですが、ある程度重い方が作業はしやすいとのこと。
IMG_3972 (コモかぶり2)


年間300個ぐらいは出るそうです。「一番多いのはたぶん白鶴さんでしょう。」とのことでした。
IMG_3974 (コモかぶり3)
一個、126,000円。おひとついかがですか?


 いまこの技を身につけている人は賀茂鶴社内で3~4人でしょうかねェ、とおっしゃっていました。
IMG_3976 (コモかぶり4)
昨年この作業を見せていただいた鹿内さんはゴルフがお好きで、たまたまこの日はクラブの月例会で、そちらにいらっしゃったとのこと。まぁ、祝日体育の日にふさわしいご判断です。

 賀茂鶴をあとにしました。

 日本酒業界の苦境を救ってくれるのは女性かもしれません。
IMG_3983 (女性と子供)

 さて一旦、駅前まで戻り、そこから反対の西側に向かいます。こちらも結構な人の波。
IMG_4006 (旧山陽海道・駅から西へ)

 山陽鶴。
IMG_3987 (山陽鶴)

 ジャズバンドや、大正琴など、アマチュア(たぶん)のグループの演奏も。マークがJALみたいですね。
IMG_3984 (山陽鶴・ジャズバンド)
IMG_3989 (大正琴)

 カニを売っています、モクズガニ。つい「モズクガニ」といってしまいますが、「藻屑ガニ」が本来だそうです。
IMG_3991 (藻屑ガニ)
オス・メスの二杯で600円は安いのか、高いのか?

 西の端、賀茂輝です。ここも、お屋敷内を解放して琴の演奏や各種パフォーマンスの舞台を提供する、など、これまで私も毎年訪れている蔵です。
IMG_3993 (賀茂輝)

 ところが今年はそういう催しは無いようです。私同様、期待して訪れたらしい方もたくさんいました。
IMG_3995 (賀茂輝の前の人々)
で、その方々の立ち話から、この賀茂輝酒造が廃業するらしいということがわかりビックリ。

少し横に回って見るとなるほど「解体工事中」の文字が。
IMG_3998 (賀茂輝解体中)
店の前に集まった方々は、名残を惜しんでいたのかもしれません。

 あとでインタネットで調べたら、すでに土地はマンション開発業者に売られているとのことです。
IMG_3999 (賀茂輝解体中)
日本酒業界の置かれている苦境の一端を思いがけず目の当たりした今年の酒まつりでした。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


 と、ここまで考え考え書いてきまして、いま午後3時半です。外は強い風雨ですが、もう峠は越えそうです。高知県が大変そうです。お大事に。
141013 台風19号 3:30








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

西条酒まつりをご満悦

アナゴさんが毎年楽しみにしている西条酒まつりは、楽しそうでいいですね。
こうしたお祭りが楽しめる日本は、ノーベル平和賞に値する文化の国です。楽しく飲んで食べて・・。日本版オクトーバーフェストのようです。

72リットル入った樽はアナゴさんにとっては、単なるまとめ買いになるのでは・・。この程度の酒代は軽いものです。同じ銘柄を何日間で飲み干すのか、ブログで到達日を公募し、その程度を報告するのも一興です。風味を落とさないように表面を窒素ガスで封じる必要がありますが・・

今回は、西条酒まつり会場ではどの程度お飲みになったのかは、記述されていません。

広島市はそろそろ台風の暴風圏を脱するころではないでしょうか?。
首都圏は明日未明に通過しそうです。明日午後の某集まりは、午前9時に開催の有無を決めるそうです。関西などから来る方の足となる新幹線の運行状況次第のようです。

ヒトリシズカさん

おはようございます。
台風は関東も直撃して、今(14日7AM)石巻沖のようですね。
何か被害はございましたか?
本日午後のお集まり、予定通り開催できると良いですね。

酒まつり、本文中にはあえて書きませんでしたが、
一滴も飲みませんでした。
写真をお目にかけた甘酒のみ。

全くのしらふで「取材」して歩くというのは
どうも不思議なものですね。
周りの雰囲気と微妙に乖離しているという気持ちが
ぬぐえません。

No title

日本酒が美味しそうです!
西条酒まつり行ってみたいな~
よっぱらいだもの・・このTシャツが欲しいね(笑)

No title

アナゴさん  今日は
とても愉しませて頂きました。観光大使になって欲しいような案内ですね。
もくずかに 1000円でも食べたいです。

お久しぶりです

いくらお酒が好きだからといって愛媛県まで行ったの、などとタイトルを見て思ったのですが、全くの勘違いでした。今回の舞台は、東広島市西条だったんですね。『首都』ならぬ『酒都』ですか。他の名だたる酒どころのお叱りを受けそうな気がしないでもありませんが、いち早く名乗ったほうが勝ちかも知れませんね。
造り酒屋の煉瓦煙突と来ると、さだまさしの歌の世界を彷彿とさせますが、実際にあるものなんですねえ。変なところで感動しちゃいました。

こてつぱんさん

今晩は。
西条の酒まつり、楽しいですよぉ!
ぜひ参戦ください。

あのTシャツ、どのくらい売れたんでしょうね。
面白いけど、自分で着て歩くんか?、
っていうと、どうも自信ないです。

相子さん

今晩は。
楽しんでいただけて、何よりです。
私も広島にいるのはあと三年かと思っており、
自分のためにできるだけ想い出を画像に定着させようと努めているんです。

あのカニは、中のカニみそを賞味するものらしいです。
そのうち一度トライして見ようと思います。

AzTakさん

今晩は。
そうなんです、私の仙台在住の姉も、
伊予西条と間違っちゃうんですね。
ここはよっぽど心して広島県の西条を宣伝しなければなりません!

あの煙突、昔は米を蒸すための釜を炊く煙突だったそうですが、
今は実際にはほとんど使われていないとか。
「酒都」のシンボルとして、各社壊すに壊せないらしいですよ。
こわすだけでも結句な費用がかかりそうですし。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

「酔書」を拝見したのが2010年でしたか‥
早いものですね。

今年の賑わいも楽しく見せていただきました。
よっぱらい~のTシャツ‥いいなあ(^^)

「従軍記念杯」、初めて知りました。
当時は大切に扱われていたと思うんですが
このようにたくさん売られているとは驚きです。
何の感慨も持たない世代が多くなったからでしょうね。

蒸しホヤ、いかがでしたか?
ホヤの燻製なら食べたことがあるのですが。

はるさんさん

おはようございます。
従軍記念杯は、それ専門にコレクションしている人もいるようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/wakeneko0107/folder/115172.html

蒸しホヤは、殻つきのまま縦に半割し、
内臓を除去した状態で蒸したもののようです。
売られているのも殻つきの状態です。
食べる時に殻から引っぺがしていただくわけですね。
昨晩食べましたので、本日の更新で写真をアップしましょう。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード