2014/3/9 マダイ

 平和大通りに咲く豊後梅(ブンゴウメ)です。
IMG_9837 豊後梅 (640x540)
豊後の名の通り、大分県の「県の木」だそうです。


IMG_9844 豊後梅 (640x579)
 アンズと梅の交配種という説もあり、実が大きく、江戸時代には豊後の殿様(杵築藩・松平家)から将軍家に砂糖漬けが献上されたとか。この木にも立派な実がなるのですが、いかんせんチビの私には届かず、毎年指をくわえて眺めるだけ。あれは誰がゲットするんだろうか・・・?



 さて昨日の土曜日3月8日は第二土曜日、上八丁堀の高層マンション前で月一回の朝市が開かれる日です。張り切って出かけました。
 先月は半融けの雪道を自転車で出かけ、途中でスッころんだのですが、昨日は好天。九時開店の数分前についてみるともう結構なにぎわい、ここも広島朝市同様販売開始時刻のルールが有るらしく、「あと二分待ってね・・。」とかいう会話が聞こえます。
 魚は、と見ますと丸物は先月同様、マダイにヒラメ、そしてヒラマサがありました。いずれも一尾1500円。タイかヒラマサか、と迷いましたが、結局タイを。

 たまたまこの日の新聞に、大相撲優勝力士が持ち上げてみせる大きなタイ、あれは10㎏ぐらいあるんだそうですが、あれはでかいだけで市場の価値は二束三文だ、という記事が出ていました。なるほど、そういうものですか。私の場合は味もさることながら、このブログでご覧いただくための写真うつりが良い、という点も重要視します。というわけで、トロ箱に4尾入っていたうちの大きさは二番目で、色がきれいなのを選びました。


 こんなお姿、どうですか? 美形じゃありませんか! 40㎝、1.33㎏、1500円です。
IMG_9851 マダイ (640x501)
そのまま帰宅。


 昼食後、さっそくサバキにかかります。体形が標準的な魚なので教科書通りにさばけます。
IMG_9853マダイ サクどり (640x495)
半身は皮を付けたまま。霜皮づくりにしてやろうという魂胆です。

 こうなりました。霜皮づくりの飾り包丁が深すぎて、ばらばらになりそうです。
IMG_9931 タイ刺身 (640x443)



 付属品一式、メスでした。小さいながらも卵巣が。あとひと月ばかりして桜鯛と呼ばれるころになるとこの卵巣が大きく発達してきます。右は胃袋、左は肝。
IMG_9854 付属品一式 (640x598)

 これを適当に湯がいて、こんな格好に。左が肝と卵巣、右が皮、手前が胃袋。
IMG_9940 タイの付属品 (640x457)
胃袋に垂らしてあるのはトマトケチャップのナンタラカンタラ、冷蔵庫の片隅から発掘したもの。こんなのが酒の肴としては最も良いですね。


 頭を半割にして酒蒸しに。
IMG_9941 タイ兜酒蒸し (640x479)
以前、巨大なタイの頭を買って、半割(ナシ割)にしようとして歯が立たず、という経験があります。今回一番大きなのを避けた、というのはその恐れもあったためです。

   桜鯛 かなしく目玉 くはれけり    川端茅舎

 今知ったのですが、「桜鯛」とよんだ俳句はいくらでもあるのですが、単に「鯛」と詠む句は非常に少ないんです。そういうもんですかね? 


 焼き物もほしかったのでカマを塩焼きに。これが一番旨いかな。
IMG_9937 タイ カマ焼き (640x470)
芽キャベツ、先週の広島朝市で買ったもの。なぜかその辺のスーパーでは芽キャベツをほとんど見かけません。



 で、こんな景色に。
IMG_9946 晩酌の膳 (640x422)
 酒は山形県酒田市、楯の川酒造株式会社の楯野川、純米大吟醸中取り。大吟醸なんですが、一升2730円。大和屋の店員さんに勧められました。裏ラベルによると、「全量純米大吟醸の蔵」と書いてあります。全量純米の蔵、というのはいくつか知っていますが、全量大吟醸というのは初めて聞きました。華やかな酒です。


 これは何でしょう?
IMG_9934 イカゴロ ルイベ (500x409)
先週買ったスルメイカのゴロ(腑ワタ)、一週間冷凍しておいたもの、ルイベですね。さっきWikipediaを見たら、「他の生物の中腸腺と同様にカドミウムの含有濃度が比較的高く」と恐ろしいことが書いてありましたが、すぐ続けて「通常食する量では健康に影響はない」とあったので一安心。濃厚な味がします。


 以上、お魚関係は終わり。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村




 昨日広島市内を自転車でさまよっていて見た花。

 大宮町という、少し北の地域、ほとんど土地勘がありません。由緒ありそうな神社(鳥居や門の石柱が、通りの歩道に大きくはみ出している)がありました。新庄熊野神社というお宮だそうです。
IMG_9914 新庄熊野神社 (640x442)
このお宮は被爆していますが爆心地からある程度離れていたために焼失を免れたとのこと。


境内に大きなクスノキが数本ありますが、私の目をとらえたのは椿。
IMG_9863 新庄熊野神社大楠 (640x473)


もう終わりの時期なのでしょうが、それでも見事なものです。
IMG_9865 新庄熊野神社紅椿 (640x534)


 白も。
IMG_9867 新庄熊野神社白椿 (640x588)



 もう一つ。これは広島駅前から西へ、広島城の方向に向かう城北通りにかかる、上柳橋です。その東のたもとに桜が咲いていました。
IMG_9928 桜の上柳橋 (640x418)
まだ植樹されて数年かという若木ですが、何という種類なのでしょうか。


 西に傾いた陽を受けて、とてもきれいでした。
IMG_9924 上柳橋東 桜 (640x464)

 ここはちょうど京橋川と猿猴川が分岐する地点です。下の写真の左むこう側、橋の方から流れてきて、左に流れて行くのが京橋川、右に分かれていくのが猿猴川。
IMG_9923 上柳橋東 桜開花  (640x454)
橋を渡った右側にたくさんビルが並んでいますが、あそこは広島の予備校集中地域です。今年も大学受験のシーズンは終盤のようですが、悲喜交々、喜びの声にまじってため息も聞こえてきそうな一角です。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

桜鯛?が美味しそう

アナゴさん

今ごろのタイは、桜鯛と呼んで味がいいのではとお魚素人は思いました。

タイのお造りも、その付属品の料理も美味しそうです。

さて、今回ご紹介されている早咲きのサクラは、
花の色から見ると、河津サクラではない感じです。
そろそろ寒緋ザクラなどが咲き始めますが、これも花の色が違います。

再度、サクラの木に行った際に、名札がついている木がないか、ご確認下さい。
サクラは品種改良が多く、いろいろな種類が産まれています。

なお、大阪城公園の梅林は今週後半には、満開になりそうです。ここも、開花が遅れていました。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

本州は気温が高くて羨ましいって思ってたら
今日は強風に大雨だとか。
なかなか大変ですね。

鯛ですか。
やはりなんとなく高貴な感じがしますね。
こちらでも買うことが出来ますけど養殖物がほとんど。
一度買ってみたら内蔵にバターのような脂肪がぎっしり(^_^;)
人工的に育てるってこういうことなんですね。

スルメイカのゴロ‥カドミウムですか‥
ホタテのウロも同じような理由で除去されてるみたいですね。
バター焼きの時はこれがないと美味しさに欠けるのになあ。

札幌の積雪、88センチ。
あちこち雪の壁ができて見通しが悪く、怖いです。
あぁ‥椿に桜‥美しいけれど、ため息しか出てきません。

ヒトリシズカさん

今晩は。

サクラの名札、実は私もさがしたんです。
でも付いていなかったですね。
「寒緋桜」はわたしの勤め先の庭にも一本あって、
おっしゃるとおり、この花とはまったく色合いが違います。
「緋」という文字は、「緋牡丹博徒」とか「緋色の研究」とか、
単なる「赤」とちがって怪しいイメージを掻き立てる字ですね。

・・・で、あの桜は?
ま、なんか桜なんでしょう・・・。

東京、今週末はお天気はどうでしょうか。
何かお集まりがあるとうかがっております。
どうぞ楽しいひと時を!

はるさんさん・・・でしょ?

今晩は。
暑さ寒さも彼岸まで、と申しますが、
急激に日が長くなっているのを感じます。
もう来週末は春分ですね。

養殖鯛の腹腔内脂肪、私も経験あります。
あれをそのまま粗煮にしたらどうなるんでしょう。
知らずに飯屋で食べているかもしれません。

はるさんさんのブログ、3/10の記事で、
駐車場を上から撮った写真がありましたよね。
みごとに車の形に雪がのこり、
まさに雪のガレージだな・・・、と思いました。

No title

アナゴさん   今晩は
鯛は矢張り見栄えがしますね。私は小さいのは買いますが、骨が堅く大きいのはとても買えません。
刺身も美味しいと思いますが、好きなのはアラ煮と潮汁です。
作って見たいのは花鯛の薄切りに木の芽を添えた押し鮨です。

No title

アナゴさん 先ほどのコメント、はい、わたしです!
相変わらず、おっちょこちょいで‥(^_^;)

先日の駐車場の写真。
息子ほどの年齢のブロガーさんから
「ドラクエのダンジョンみたい。」とのコメントを
レシピブログの方にいただいたんですよ(^^)

かろうじて理解出来ましたけど‥

No title

やはり鯛の姿は美しいです(*^^)v

此方では晩秋の鯛が格別に旨いのですが、
早春もそのなごりをみせてくれますね!

鯛も大きくなると皮に厚みが出るので、
飾り包丁を浅く入れるのは難儀します。
仕事で使うのは歩留まりの関係で2㌔アップものですが、
兜を割るのは手が痺れます。旨いけど…

相子さん

今晩は。

アーッ! 木の芽が透けて見える鯛の押し寿司
美しいですねぇ・・
私にとってはだいぶハードルが高いです。

是非一度、貴ブログで見せていただきたく存じます。

はるさんさん

ドラクエのダンジョン???
ヌヌヌ?

まったく手がかり無し。
なんですか?

ちゅんごさん

今晩は。
飾り包丁、
なるほど、プロでも苦労なさいますか、
(チョッと安心)

金曜日未明の地震、深夜のことで驚きました。
今年は瀬戸内を盛り上げるイベントなど
いくつか計画されているようです。
及ばずながら、観客として参加したいと思います。

地震の影響は?

アナゴさんこんばんは。
大きな地震が有ったようですが・・・大丈夫でしたか?
ボクは3年前に東日本大震災を経験しているので、勝手に心配してしまいました。
深刻な報道が無いので大丈夫とは思いましたが・・・。

かるがもさん

こんにちは。
ご心配いただき、ありがとうございます。
幸い何事も無くすぎました。
地震で揺れている最中の心理というのは独特ですね。
この揺れを抑えるために自分にできることは何もない、
全く何もない、という絶対的な無力感というか・・・。

来週はお彼岸、
岩手もさすがに春の気配が見えてくるのでは?

おはようございます

見事な鯛づくしですね!

霜皮は少し深くなってますが、いやはや見事なもんです。
プロの料理の域ですわ。 (弟子入り申請!)

頭を割る時は気をつけてくださいね。
ボクも何回か怖い思いをしたことがありますから (汗
油断した時に危険アリ!

味よしさん

おはようございます。
だんだん春の気配が濃くなってきましたね。

おっしゃる通り、タイの頭を割るのは一瞬こわいです。
このまま出刃の刃がこっちにずれたら、オレの親指が飛ぶな・・・
とか想像します。
素人のお遊びで指を飛ばしてはいられません。
気を付けます。
ありがとうございました。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード