2013/12/30 マコガレイ、カサゴ、ミヤコボラ

IMG_8995 (640x416)

   冬は つとめて
    雪の降りたるはいふべきにもあらず
   
                            清少納言 枕草子第一段

 広島市北方の山もうっすら雪化粧をした昨日29日の早朝です。

 私は先週金曜日27日が仕事納め、新年の休みに入りました。27日は若い人たちと一緒に広島市内に出て、納会という名前の飲み会。いつも酒を買っている大和屋にもほど近い薬研掘通りのあらしという店、全国の日本酒を取り揃えているのが売り物の店のようでした。超有名な山形県の十四代という酒を初めて飲みました。確かにいい酒でしたが、1/2合のグラスで1800円以上というお値段、ちょっと平常心では飲めません。もちろん一杯のグラスを参加者7人で回し飲みしたのです。

 というわけで平常心を失いつつ飲んだので翌28日の土曜日はまたまた二日酔い。どんよりした頭でまわってきたお魚ツアー、どうせ年末の魚屋はブリ、タイ、マグロ、定番の魚一色となって面白くないんだよね・・・、と悲観的に出かけたのですが、意外とそうでもありません。28日というのはまだ「年末」の範囲ではないのかもしれません。


 最初の大手町おかず工房、マコガレイを買いました。この時期のカレイは産卵直前で卵巣を大きくしており、そのかわり身は痩せて味も落ちるので値段が下がります。それも承知の上で、卵巣でカラスミを作ろうという魂胆です。

 千田町Arukによってから川口町リアルへ。大きな活伊勢海老6千円以上というのが水の中でバシャバシャ跳ねていました。大きなアカガイ、一個600円以上、広島産、一個300g以上ありそうです。私が買ったのは、ニシ(という表示の巻貝)、初めて見る貝ですが帰宅後調べてみたら「ミヤコボラ」というのが正式の名前のようです。

 電車通りを北上して舟入市場へ。立派なアオハタ(広島では「キアラ」)がありました。1400円でちょっと気を引かれましたが、どなたかが先にお買いになりました。その隣にいたカサゴを買って帰宅。



 マコガレイはこんなお姿、腹が巨大になっているのがお分かりでしょう。36.5㎝、870g、650円。
IMG_8951 (640x483)

 この卵巣でカラスミを作ろうと思ったのですが、なんともう産卵しかけており、ちょっとお腹を押さえるとどんどん卵が流れ出してきました。これはちょっと卵巣を形のまま取り出すことは無理のようです。方針を転換して卵を全部出してみました。こんなに出ました。卵が280gありました。全体重の3割以上が卵ですね。
IMG_8959 (640x380)
お母さんの方はお腹がペッチャンコです。

 で、この卵は引いた皮と一緒に煮て煮こごりにしてみました。
DSCF2574 (640x497)
あまりしっかり固まりません。


 一方さばいた身の方は、思ったほど痩せてはいませんがやはりかなり水っぽい感じ。昆布締めにしてみました。
IMG_8961 (640x438)

 ところが一晩おいて出してみたらべちょべちょの水まみれ、昆布でも水を吸収しきれなかったようです。仕方なくさらに塩麹和えに、なんとか食べられます。
IMG_9028 (640x485)
上にのっている緑の小片は妻がベランダで育てているレモングラス。


 骨を冬の寒空につるして乾燥させます。
IMG_8978 (640x502)

 二日二晩乾燥してこうなります。
IMG_9029 (640x462)
乾燥すると透明になるんです。作品と呼んでください。

 中骨の構造はこうなっているわけです。
IMG_9031 (640x427)


 さてカサゴです。28㎝、376g、780円。いつも拝見しているひたきさんのブログでは、お魚がいつもすっくと立っているので、本日はカサゴ君に立ち上がってもらいました。
IMG_8967 (640x431)
 
 ひたきさんはどうやって魚を立てているのでしょうか? 私はこんな格好で。
IMG_8968 (640x439)

 カサゴの口の中、こうなっているんですね。「咢(アギト)」という言葉を思い出します。
IMG_8974 (640x616)


 こちらは刺身にばっちりです。
IMG_9027 (640x460)


 カサゴもヒレを乾燥させて、隠匿物資に。いずれヒレ酒に使ってやろうというのです。
IMG_8983 (640x441)


 さてこれがニシ、ことミヤコボラです。一パック14個、690gで299円。
DSCF2568 (640x500)

 こんな形です。180度方向で二か所張り出したような部分があります。 
DSCF2571 (640x459)

 この貝殻が非常に強靭で、少々たたいた位ではびくともしません。結局ベランダに金づちとモンキレンチを持ちだしてガンガン叩き割る作業が必要でした。

 グルグルの肝も共に軽く塩ゆでしていただきました。取り立てて旨いというほどではありませんが、酒の邪魔をしないアテとして乙なもの、というのが正直な感想でした。
DSCF2575 (640x503)


 こんな風景に。
IMG_9020 (640x464)

 今年最後の酒は、広島を代表する酒蔵の一つである竹原市竹鶴酒造の、小笹屋竹鶴、米は雄町の純米原酒。2010酒造年度(2010年から2011年にかけて)の醸造ですから、東北の震災前に仕込まれ3年間熟成されたものです。大変パワフルな酒です。今年の夏、ある方に酒を贈る都合があって広島を代表する酒は何か、大和屋の店員さんに聞いたことがありました。その時最初に名前が挙がったのがこの竹鶴でした。二番目が宝剣、三番目が雨後の月か、賀茂金秀。



 明けて昨日の広島朝市。相当の人出でした。
IMG_8999 (640x478)


IMG_9001 (455x640)


   日当りに南天の実の笑初       高澤良一


 それではみなさん良いお年を!


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カサゴの立ち姿

アナゴさん

カサゴの立ち姿、お見事です。そして、そのお刺身はとても美味しそうです。

ヒタキさんの魚の写真は、確か”別館”のブログには、リモートでシャッターを切っていると書いてありました。高価な一眼レフカメラを三脚に載せて、ライティングして、シャッターをリモートで切ってなどによって、光の加減を最適化しています。下からレフ板を当てているとも書かれてきた記憶があります。

一見、何気ないことにも、スキル・ノウハウがあります。アナゴさんのお魚写真が、これを機会によりレベルが上がることを信じています。好きこそものの・・

先日、新聞にアベノミックス効果のためか、日本のお酒の消費量が少し増えたという記事がありました。この消費量復活には、アナゴさんの貢献度は大きいと思います。消費拡大による景気向上になると、気分は高まるかもしれません。

次回は、今年のアナゴさんの日本酒などの消費一覧表の公表だと思います。美味しいお酒とお刺身で、良い年末年始をお過ごしください。

マコガレイ

アナゴさん こんにちは。
流石の手さばき、マコガレイをおろした骨が綺麗です・・・本当に作品ですね。
塩麹和え美味しそうですね、その発想力が羨ましいです。

ボクは年末予定していた釣り(ナメタカレイ&マコガレイ狙い)は時化により
出船できず残念でしたが、その分スキーの練習に励んでいます。
水沢も昨日、一昨日と雪が凄かったです・・・一変して今日は雨です(スキー場は雪でした)
それでは、良い年末年始をお過ごし下さい。

ヒトリシズカさん

おはようございます。
大みそか、いかがお過ごしですか?

「少しのことにも先達はあらまほしきことなり」
(徒然草 第五十二段)
私のカメラの技術は完全に自己流です。
ヒタキさんの写真を見て衝撃を受け、
多少は光の当て方など工夫するようになりましたが、
自分一人であれこれやっても限界があるな、と最近感じています。
世の中には写真の同好会のようなものがたくさんあるようですが
魚と刺身の写真に特化した同好会なんてのは聞いたことがありません。

というわけで、来年も私の写真は進歩期待薄です。

今から年賀状を書きます。
どうぞよいお年を。

かるがもさん

こんにちは。
ご家族おそろいで穏やかな年末でしょうか。

かるがもさんは初詣ではどこの神社にお出かけでしょうか。
私は冬に帰省しなくなって長いのですが、
水沢にいたときは公園の駒形神社と原中の雲峰神社でした。

今年の春、かるがもさんのブログに巡り合って、
水沢・岩手の懐かしい風景を季節の移ろいとともに拝見できたことは、
今年のもっともうれしいことの一つです。
来年もよろしくお願いします。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

今年もお付き合いくださいましてありがとうございました。

カサゴのお刺身、つやつやして見るからに美味しそう!
マコガレイの骨も美しい。
楽しいですねえ。

新しい年も、よろしくお願いたします。

No title

皆美味しそうですが、その内でもカサゴにはそそられました。お魚も奥が深そうです。
ニッカ創業者の実家の酒はうまいとは聞いていましたが、まだ、口にしたことがありません。

また、来年もおいしい魚料理を見せてください。

はるさんさん

こんにちは。

すみません、本日の午前4時ごろハタハタの飯鮓の記事に差し上げたコメント、
文章が支離滅裂でしょう?
酔っぱらっていたのです。アー恥ずかしい!

今、31日の16:45です。
さっき、やっと年賀状を書き終え、投函してきました。
毎年だいたいこんなドタバタを繰り返しています。

北海道のご家庭では大体今晩が「年とり」のごちそうですね。
我が家も岩手風なので、息子も帰ってきて今晩はごちそうです。
すき焼きだそうです。

それでは良いお年を!

AzTakさん

今日は、AzTakさん。
コメントありがとうございます。

広島の人はカサゴを「ホゴメバル」と呼んでおり、
メバルより一段格下の魚だと思っているようです。
そのせいで値段も少しお買い得なんですね。
私はカサゴが大好きです。

竹鶴をそちらで見る機会がありましたら是非一度お試しください。
新潟風の端麗な酒がお好みの方には少し違和感があるかもしれませんが、
(ある種の)広島の酒の典型ともいえる味わいです。

AzTekさんのブログで横浜の風景など拝見しています。
私は短期間ですが首都圏に勤務したこともあるのですが、
横浜は数えるほどの回数しか行ったことが無く、
改めて都市の街角に魅了されました。

来年もよろしくお願いします。

No title

アナゴさん   今晩は
大晦日の午後7時です。今年も沢山のお刺身を見せて頂きました。
捌きは佳境に入っているようですね。骨は芸術的です。素晴らしですね。
螺って昔は時々食べましたが、味の記憶がありません。少しヌメッとしたような気がしています。
カサゴは私は煮るか唐揚げですね。
今年最後のコメントでしょう。良い年をお迎えください。

相子さん

今晩は。

今年もたくさんコメントをいただきまして、ありがとうございました。
もう紅白歌合戦が始まっていますね。(いまちょうど8時です。)
ここ数年、紅白はまったく見ていなかったんですが、
今年は岩手出身の民謡歌手、福田さんという人が出るらしいので、
ちょっとそこまでは見てみようかなと思っています。

ニシはおっしゃる通り少しヌルッとする感じです。
昔々、我らの祖先は特別の漁業技術がなくとも獲れるこういう貝類を貴重なタンパク源としていたんだろうな、と思いつつ食べています。

来年もよろしくお願いします。

謹賀新年!

明けましておめでとうございます。
今年も愛情のこもった魚料理を楽しみに拝見させていただきます。
よろしくお願いいたします。

がきさん

明けましておめでとうございます。

だんだんマンネリになって、
同じような写真の同じような記事が続いています。
でもあまり色々と新しいことに手を出さず、
至高のマンネリの境地を極めようと思っています。

がきさんはマンネリに陥らず、
天才アングラーとして新たなステージへ飛躍してください!

No title

あけましておめでとうございます。
二カ月半の入院生活を切り上げ、ようやく自宅で新年を迎えられました。
やっぱり自宅でお刺身食べながら迎える新年がイチバンですね。

わたしのお魚の立て方も同じ様な感じですよ。
寝かせて撮影するより、立っていた方が活きが良さそうに見えるので、出来るだけ直立させて撮影しています。
欲を言うと、背ビレをピンと立たせると更に元気そうで雰囲気が良くなります。
虫ピンを裏側から見えない様に刺して立てると意外と簡単に綺麗に立ちます。

このカサゴは、学名でいうと[ウッカリカサゴ]という種類ですね。
私も良く入手するタイプです。

今年も宜しくお願いします。 m(_ _)m
今年は良い事があるといいなぁ。。

ヒタキさん

ありますよ、
今年は良いこときっとありますよ!

背ビレに限らず尾ビレなんかもきれいに拡げてやりたいなァ・・、と思ったりするんですが、なかなか難しいですね。
ホウボウやトビウオを買うと、とりあえず胸ビレを拡げてその色や構造にしばし見入ってしまいます。

(訂正)
ヒタキさんのブログに今朝書き込んだ私のご挨拶に、
「全開なさるように。」と書きましたが、
「全快」でした、アハハ。
全快してご退院なさり、その後全開バリバリでぶっ飛ばしてください!
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード