スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/27 ハマチ

IMG_8316 朝市の菊(640x427)
    菊咲けり 陶淵明の 菊咲けり          山口青邨

 今日、10月27日の朝市です。

 こちらには柿も。今年は甘いそうです。
IMG_8309 朝市の柿と菊(528x640)

 買ってきたヒラタケで炊いたヒラタケご飯におかずは餃子、という本日の昼食。
IMG_8333 (427x640)




 さて、27号、28号と二つまとめてやってきた台風ですが、いかがだったでしょうか。広島は幸いにも大した影響は感じませんでした。しかし、海が荒れると漁がないので鮮魚店の店頭はさびしくなります。たぶんそうだろうなぁ・・、と危惧しつつ出かけた昨日のお魚ツアー、おかず工房、フジ、Aruk、といつものルートをたどっていくとほぼその予想通りです。中でもおかず工房はいつもの売り場がまったく空っぽ、何も無し。人もいません。

 どうなることかと案じつつ川口町リアルに。ここはそこそこのバラエティが維持されていました。いつぞや買ってみた巨大なシジミ、「イソシジミ」も。スジガツオがありましたが、一本2千円以上という値札。

 天然ハマチ、990円というのを買いました。北海道で時ならぬブリの豊漁が続いているというニュースがありましたが、これは北海道産ではないようです。

 56㎝、約2.3㎏。
IMG_8286 はまち(640x470)

 半身は刺身用のサクに、半身は皮を引かずに焼き物用切り身とし冷凍、中骨と頭は粗煮に。そろそろ大根も出回る時期ですから、ブリ大根も良いですね。

 久しぶりです。魚購入記録をめくってみますと3月以来ですね。
IMG_8293 ハマチ刺身(640x456)
腹いっぱい刺身を食うというのが我が方針です。


 付属品です。右下の小皿は心臓の塩焼。左の小鉢は、上に乗っかっているのが小さな卵巣、その下は左が胃袋、右が皮、いずれも湯がいたものです。色がちょっと焦げ茶色に見えるのは、バルサミコ酢を垂らし過ぎたためです。
IMG_8301 ハマチ付属品(640x433)
 右上は、先週タラを昆布締めにしたときに使った昆布を刻んで醤油に漬けといたもの、スルメ抜きの松前漬けですね。


 少しさびしいので、隠匿物資を放出。先々週のサヨリの骨、乾燥しておいたのをチンしました。
IMG_8303 サヨリ骨(640x448)
サクサクの歯触り。


 もう一品、先週のタラの粗を冷凍しておいたんですが、粕汁にしました。味付けは塩のみ。
IMG_8304 タラ粕汁(640x473)
酒の後に汁物をいただくと何かホッとします。


 こんな形です。
IMG_8307 晩酌の膳(640x427)

 酒は気仙沼の両国、純米吟醸の一升瓶が1750円。本来は3500円なのですが、去年の12月製造、というもので、近所のディスカウント酒屋で半額で売っていたものです。清酒は生鮮食料品という一面もあり、ちゃんと管理した古酒は別として、時間を置くと劣化する傾向があるそうです。安物買いが大好きな私、一抹の不安を覚えつつも安さに抵抗できずに買ったものです。結果オーライで、美味しくいただきました。




 千田町のArukから川口町のリアルへと向かうわがルートの途中に、広島赤十字・原爆病院という大きな病院があります。爆心地にほど遠からぬ場所にあったので、大変な被害をこうむったのですが、その痕跡を保存、展示してあります。
 病院の改築に伴い、保存物を移設する工事をしていたようですが、このほど完了したとのこと。昨日のお魚ツアーの途上、立ち寄ってみました。

 当時のままの姿の建物の一部です。爆風に対して斜めに立っていたため、鉄の窓枠が左は内側へ、右は外側へ、それぞれ変形しています。
IMG_8281 原爆病院(543x640)

 曲がった鉄枠。
IMG_8282 窓枠(427x640)


 その鉄枠にはまっていたガラスが飛び散って突き刺さった対面の壁。
IMG_8278 壁(640x427)

IMG_8280 ガラスの暴風(640x427)



 広島は、市内あちこちの神社の秋祭りの季節です。
IMG_8290 祭礼(640x389)



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

握yかな夕食のお膳ですね。
粕汁が美味しそうです。
原爆病院の保存している建物 壁のガラスに跡過ぎですね。
原爆は決して忘れてはいけませんね。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

このブリは、先週釣ってきたブリと同じくらいのサイズですね(^^)
サッとさばいて楽しむには良い大きさでした。

先月は噴火湾でかなり大きなヒラマサが何本も上がったそうです。
日本海側では30センチほどの幼魚が入れ食いだったとか‥
釣り人には楽しいですけど、このような急激な変化は怖いですね。

以前、長崎で原爆の関連施設を訪ねました。
できたのは手を合わせることだけ。
言葉が‥見つかりませんでした。

No title

はまち、美味しそう(*^_^*)
これから脂がのってきて、また格段に美味しさが増しますね♪♪

広島には原爆の悲惨さを伝える建物の一部や碑石などがあちこちにありますね。
市内の小学生は8/6に黙とうをしたり、夏休みに戦争についての学習をしたりと、幼い頃から戦争や原爆について触れていますね。
私も今年初めて、8/6に平和公園へ行きました。
こういう様子を見ていると、私たち世代が次世代に伝えていかなければいけないと、広島市民になって改めて思いました。

広島の地元感がいい雰囲気

アナゴさん

冒頭の菊の花の写真は、秋本番を伝えるいい画像です。
その次の写真に写っている柿は、少し細長いもので、いかにも自宅の柿の木になったものを地元の方が売っているという地元の朝市らしさを伝えています。

天然のブリは、とても美味しそうです。それなりの見事な大きさです。腹一杯、新鮮なお刺身を食べられる幸せも、画像から伝わってきます。

台風27号は、埼玉県には大雨を降らせ、河川は濁った水がまだ流れています。
昨日からは、秋らしい青空になり、秋空の快晴が当分続くそうです。やっと秋めいた日々です。

一方、長野県南東部にある佐久市からみえる浅間山や北八ヶ岳の山麓は、下側の麓から紅葉が登り始めました。秋空に映える紅葉になっています。日本の四季の移ろいを楽しんでいます。

相子さん

今晩は。
食品偽装の件、まだまだ出てきそうですね。

たとえば今回私が買ったハマチ、「天然」と書いてありましたが本当にそうなのでしょうか?
私には確かにこれは天然だ、と言い切るほどの味の判別能力はありません。
酒にしてもそうです。
「純米酒」と書いてあるから、まあそうなんだろうなぁ・・・、と思っているだけで、
深く追及して確認できるわけではありません。
結局、信頼関係が成り立つかどうかだけなんでしょうね。

その信頼を必死に維持しようと努力なさっている食品業界の方々に、
我々は深い感謝と尊敬を払わねば、と思っています。

はるさんさん

今晩は。
噴火湾でヒラマサですか・・・。ちょっと考えられませんね。
ヒラマサって、ブリに比べて暖流系の魚だっていうイメージを持っていたので、
驚きです。

西日本にいると、日頃どうしても白身の魚が多くなっているので、
久しぶりにハマチとかいかにも魚臭い魚を食べると、
圧倒されます。

だま者さん

今晩は。
秋から冬に向かって、魚が美味くなりますよね。
色々こなさなければならない魚種があるので大変です。(笑)

もともと広島の方はあまり原爆のことについて語りたがらない方が多く、
私のような転勤者はちょっと遠慮もあって、
語って良いものかどうか迷いがあるというのが本音です。

私はあと数年して本格的にリタイヤしたら、
故郷岩手に帰ろうと思っているものですから、
今のうちにあちこち見るべきものを見て、
その時々の素直な感想を文字に留めておきたいと思っているんです。

ヒトリシズカさん

今晩は。
いつもコメントありがとうございます。

弊写真にお褒めの言葉をいただき感激しております。
この細長い柿は、「西条柿」という中国地方特有の柿で、
渋柿です。干し柿にするんですね。

各地から紅葉のニュースが聞かれます。
春は桜の「花の前線」北上が話題になりますが、
秋はその逆ですね。

まったく関係ない話題。

ヒトリシズカさんは伊達政宗がヨーロッパに派遣した支倉常長をご存知でしょう?
支倉常長をのせたガレオン船、サンファンバウティスタ号が石巻・月の浦を出港したのが、ちょうど400年前の今日、1613年10月28日(旧暦では慶長18年9月15日)だったそうです。
たまたま、「ヨーロッパに消えたサムライたち」太田尚樹(ちくま文庫)という本を読んでいて気が付きました。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。