2013/9/1 稲庭うどん、ハモ、ウルメイワシ

雨の土日 W
 広島は雨の土日です。すこし上がりかけたと思ったらまた降り出すので、なかなか外に出られません。



 そんな中、うれしい頂き物がありました。庄内稲庭うどんと板麩、仙台のanegoさんからです。
IMG_7462 稲庭うどん・板麩 W
 anegoさんのブログは仙台、山形を中心とする東北の話題などが楽しく、いつも愛読しています。とくにそのお仲間ご一統様やご家族ご親族による各種宴会のご様子には圧倒されます。明るく豪快な飲みっぷりは、いにしえの神々のうたげもかくやありしかと思わせられます。
 そのanegoさんの8月23日アップの記事に、この寿司のネタを答えよ、という出題がありました。うっかり私が回答したところこれが正解で、賞品を頂けることになりました。anegoさん、本当にありがとうございました。

 稲庭うどんといえば秋田というイメージもあるのですが、これについては同じく仙台のサエモンさんの考究が参考になりました。


 さっそく昨日のお昼にいただきました。とても美味しかったです。
IMG_7464 うどん W
えー、これは何て言うんでしょうかねェ、ワカメ卵焼きうどん? 妻の作です。




 さてうどんも食べ終わってしばらくした午後二時ごろ、雨も上がったので遅まきながら出かけた昨日のお魚ツアー、もう遠くまで行く時間もなかったのでまず近所のスーパーをチェック。ハモがありました。既に開かれて骨切もしてあるものです。そういえば今年の夏はハモを一度も食べなかった・・・、と気が付き、買ってみることにしました。3尾分、500gで999円。
 それから宝町フジによってウルメイワシ1尾158円を2尾買い、大和屋を回って帰ろう・・・、と思ったら途上またまた大粒の雨、結局びしょ濡れになっての帰宅となりました。


 こんな連中です。ウルメは長崎から、25㎝ほどで220g/尾の大きなものです。
IMG_7466 ハモ、ウルメイワシ W


 手開きにして冷蔵庫へ。ほんとは外で干したいんですが、天候がそれを許しません。
IMG_7467 ウルメイワシ開 W


 ハモは適当に切って湯引きに。
IMG_7469 ハモ湯引き W
これで一尾分。


 梅肉をたたいて乗っけました。
IMG_7472 ハモ湯引き W


 それから塩焼を。
IMG_7474 ハモ塩焼き W


 で、残りをいただいた板麩とともに煮物に。
IMG_7476 ハモ板麩煮物 W



 こんなかっこうになりました。
IMG_7478 晩酌の膳 W

 酒は広島県安芸津町の今田酒造、富久長ひやおろし「秋櫻 こすもす」純吟、一升2835円。気が付けば暑さもぐっと和らいでおり、燗をしていただくことに。



 イチジクが出回り始めました。
IMG_7458 イチジク W

   いちじくの けふの実 二つ たべにけり    日野草城

 先週、マナガツオを読んだ俳句がほとんど見当たらないと申しましたが、イチジクの句はたくさんあります




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

稲庭うどんと美味しそうですネ!
それよりハモで秋櫻で一杯はもっとイイな~(笑)
少しだけ秋めいてきたので日本酒がいいですね!
今、ぐい呑を探しています・・お勧めはありますか??

伊那庭うどん、ボクも好きです。

アナゴさん、こんにちは。
ハモ美味しそうですね、三陸では釣れない魚なので・・・釣れないだけではなく、
お店にも並んでいません。以前に料理屋さんで頂いたことがあるのですが・・・。
興味のある食材です。
稲庭うどんはボクも大好きです、奥羽山脈(焼石)を超えて秋田の小安峡に行く途中に、稲庭うどんの工場がたくさんあって・・・・お店によってダシの違いを楽しめます。雪が降り焼け石の道路が通行止めになる前に行こうと思っています。
今日は、大船渡・碁石海岸の方に竿を持って出かけてきました。

No title

よう降りますよね、明日も雨だとか。
暑い暑い夏ははあええでー!と思いよったけど、
延々と雨が続くんもね~・・・。

稲庭うろん、美味しいですよね~。
けっこう好きです。
ぶっとくってシコシコした讃岐うろんも好きですし、
スーパーで売ってるゆで麺のやーらかいうろんも好きだし、
つまるところ雑食系なんでなんでも好きです。蕎麦でもラーメンでも。

わし、今年はけっこうな回数、鱧をいただきましたよー。
どうでもええですがわしは梅肉より辛子酢味噌派です。
なんか去年と違って今年は、
ボイルしていない生の状態の鱧(骨切りはしてある)で売られとるんをよく見かけたような。
気のせいかしら、ただ単にわしが見逃しとっただけったりして?

ところでアナゴさん、
市民球場跡地で開催される広島オクトーバーフェストには行かれますか?
わしは15日に行く予定です。
日本酒党のアナゴさんはあまりビールに興味はないかしら???

埼玉南部の武蔵野うどん

アナゴさん

広島の雨は今日は、いかがでしょうか。

埼玉県南部は、ゲリラ豪雨に襲われたり、竜巻被害が出た所もあるようです。ほとんど、雨が降らず、蒸し暑い所もあるなど、天気は様々なようです。

さて、稲庭うどんの流れが山形県庄内地方にもあることを初めて知りました。
昔(多分、徳川時代)はお米(稲)が貴重で、その一部をうどんやソバで補っていたそうです。ただし、当時は現代の切ったうどんやソバは手間がかかるために、何かのハレの日の食べ物だったそうです。ソバはふだん、そばがきで食べていたそうです。

埼玉県南部は荒川系・支流の近くは水田が可能ですが、河岸段丘の高いところは田圃が難しく、小麦や里芋などが多かったそうです。関東ローム層のあまり肥沃ではない土地です。徳川中期以降、サツマイモが導入されました(青木昆陽などのおかげ)。
この近くでは「武蔵うどん」と呼ばれる少し固めのうどんと野菜を一緒に調理する庶民の食事があり、今でも埼玉県南部では「武蔵うどん」を食べさせるお店があります。

関東でも、現在の群馬県(上州)の「水沢うどん」が大ブランドになっています。また先日、埼玉県熊谷市(猛暑の街です)でも、いい小麦が採れるので「熊谷うどん」という表示がある店で、うどんをいただきました。熊谷うどんも有名になっているようです。

現在は、うどんは庶民の食べ物ですが、100年以上前は庶民はたまにしか食べられないご馳走だったようです。このことを考えると、庄内地方や秋田の稲庭うどんは大変なご馳走だったと,思います。

このことから、今回のアナゴさんの稲庭うどんとハモの料理の夕食は、徳川時代であればお殿様のお食事だったと思います。澄んだ清酒も貴重品です。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

今年も室蘭港でのアナゴ(ハモ)釣りは不発に終わってしまいました(^_^;)
こちらはアナゴ=ハモ‥今ひとつ明確な判別がついてないようです。
自分で釣り上げたアナゴを白焼きと梅肉添えでいただくのが夢なんですよ~!

クイズに答えて稲庭うどん!
楽しい企画ですね、即答されるあたり‥さすがですね(^^)

無花果‥こちらにはない果物です。
生ハムをのせた写真をいろんな方のブログで見て羨ましく思っています。

こてつぱんさん

今晩は。
蝦夷やまい、もうだいぶ回復しましたか?
でも北海道に多少なりとも縁のある人間にとっては、
北海道をツーリングなさって蝦夷やまいに感染してくださる方がいるっていうのは、
とっても嬉しことなんですよ。

うつろいゆく季節を感じつつヌル燗の杯を引き寄せる、たまりませんなぁ。
しかもそれがお気に入りのぐい飲みだったら言うことありません。
自分がそのぐい飲みを気にいるかどうか、というよりは、
そのぐい飲みがこの私を気にいってくれるかどうか、ですね。
じっくり付き合うことですね。

かるがもさん

今晩は。
金曜日から四日続けて雨です。
自転車通勤がつらい・・・。

金色に実る田んぼの写真拝見しました。
私のうちは農家ですがではなかったんですが、
やはり気持ちが落ち着く画像です。

子供のころ、うどんのことを「はっと」と言っていたような記憶があるんです。
あれは何だったんでしょうか?
なんか別の物でしたかね。

すぱなさん

今晩は。

えっ! そうですか、広島でオクト-バーフェストですか。
知りませんでした。
いやービールも良いですよねー、みんなでワイワイと。
真昼間から飲んでも許される感じ。
いつか行ってみようかな。

ハモ、昨年までは自分で骨切してみようとしたんですが、
結果は無残というか、モソモソと口に小骨が残るという体たらくでして、
やっぱりプロの技はプロ、と納得した次第です。

ヒトリシズカさん

今晩は。
殿様のアナゴです。ウワッハッハ!

というバカ話はそれとして、今日そちらは大変だったようですね。
大事なければいいのですが。

我々が普通だと思っている蕎麦きりや切り麦(うどん)は贅沢品としてご禁制だった、
っていう話、私もどこかで読んだ記憶があります。
あまりに美味しいので百姓が食べ過ぎてしまうのを恐れたからだとか。
そうですよね、麺類って美味しいですね。
カップ麺が世界を制覇したのも当然です。

上州水沢には一度お邪魔してみたいと思っています。
水沢という地名はもう一つあり、秋田と山形の境目、鶴岡の少し南に、羽前水沢っていうのがあります。ウン十年前の学生時代、水澤化学っていう会社を見学したことがあります。温海(あつみ)温泉のそばです。

はるさんさん

今晩は。
なかなか室蘭の海も難しいようで・・・!

そうですね、そう言われてみると室蘭でアナゴとかハモとか、あまりお目にかかったことが無いような。
もし釣り上げたのがハモだった場合、その鋭い歯には十分ご注意ください。
ザックリ噛まれると大ごとになるそうです。
首をちょん切っても、切られた首がまだまだ元気にかみついてくるそうですよ。

No title

おはようございます~。
先月末は忙しくて徹夜続き、今週は暇を持て余してお昼寝三昧。(笑)
おかげで夜が眠れなくて不規則な生活になってしまいました.....。

ハモとアナゴは見分けが難しいわ。更にウナギとアナゴも上下のアゴの長さで見分けるというけど、それも悩むのもいて困ったものです。
どっちにしろ、わたしは長物は捌かない(捌けない)ので手は出さないのですが。

ところで、gooのキーワード検索に「アナゴさん」という項目が立てられているのに気付いて驚きました。
アナゴさんは、流石に有名人なんだなぁ、と思い覗いてみたら、漫画のサザエさんに出て来るマスオさんの同僚のアナゴさんの事でした...。
広島の「アナゴさん」は、ひょっとしてサザエさんの「アナゴさん」を意識してハンドルにしているのでしょうか? 気になります。。

イチジクのこと

アナゴさん

埼玉県南部の越谷市などを襲った竜巻の凄さ・被害に驚いています。

話は変わって、イチジク(無花果)のことが気になりました。
このブログのコメントの中に、"はるさん"というアナゴファミリーの方が
「無花果‥こちらにはない果物です」と記入されていて、驚きました。

埼玉県南部では、最近はスーパーなどに夏の終わりにごく少し並べられます。
先日、あるビストロシェフの方に伺ったら、イチジクのシロップ煮をつくるための入手に苦労しているそうです。

ほんのりと甘いイチジクは、スイカやナシなどの甘味の強い果物に負けて、生食(なましょく)はほとんどなくなり、タルトなどを飾るコンポートが中心になっています。以前、高度成長期の東京の住宅街では、イチジクとビワなどを植えてある住宅が普通でした。イチジクは挿し木で簡単に増える果物だったからです。イチジクはある時期、ごく普通のありふれた果物でした。

Webサイトで調べてみたら イチジク生産の北限は宮城県でした。岩手県と山形県より北では農家は出荷統計上は栽培していないそうです。水沢ご出身のアナゴさんの好物である点が興味深いです。

イチジクは関西系の歴史ある果物でした。中国などから伝わり、長崎市などの九州地方から広がったようです。先日、福岡県で栽培されている「とよみつひめ」というイチジク入りのアイスクリームをいただきました。

アナゴさんのブログからは学ぶことが多くなっています。

はっと?

アナゴさん こんばんは。
確かにボクも聞いたことがあります。
ボクの家では、うどん・・は、うどんと読んでいましたが、うどんの事を
はっと と読んでいる人も居ました。乾燥したうどん(乾麺)をそう呼んでいたような
気がします。
また、すいとん の事を はっと と呼ぶ家もあったような気がします。
ボクの実家では、すいとん の事を つめり と呼んでいました。

魚と同じで?同じものでも地域によって呼び方が違うようです。
いわて奥州はっとのwebがあるようです。
http://oshuhatto.oshucci.com/

ひたきさん

アァー!、そっちが本家、家元、元祖アナゴでしたか・・・
私はあんなに唇が分厚くありません、もっと端正なアナゴなんですっ!

 というわけで、私も元祖アナゴさんの存在をすっかり忘れていました。
私の「アナゴ」は、たまたま我が宮島の名物、アナゴ飯から拝借したんです。

アナゴといえば羽田沖だ、とか三河湾、須磨だ、いやいや松島だ・・・、うっかり踏み込むと地雷を踏む話題なので要注意です。

でもやっぱり宮島アナゴが何といっても・・・

ヒトリシズカさん

ご無事でしたか?

イチジク、そうでしたか、農業生産としての北限が宮城、なるほど。
数年前に、イチジクには女性ホルモンに似た成分が含まれている、という話題が世間に流布された時期があり、
うちの奥さんがしきりに買ってくるようになりました。なぜだ?
http://ichijikunavi.com/blog/archives/757

水沢の川原小路という街にありますわが御本家には、イチジクの巨木(子供の目で見て)がありました。豊作の年には採っても採っても追いつかないほどみのり、鳥の餌になるのでした。

広島は田舎のせいか、けっこう生食用としてのイチジクの流通は多いですよ。

かるがもさん

あぁー! うちでも「つめり」っていってましたね。
メリケン粉をこねたものを汁に泳がせて、
なんでこんなものを食わにゃならんのだ?
さぞやうちは貧しいんだろう・・・ と、実は思っていました。
誠に罰当たりなことと、今は反省しています。

はっと、って水沢だけではなく、意外と広がりのある言葉なんですね。
知りませんでした。

No title

アナゴさん、すっかり出遅れコメントで失礼します。
期待以上のご紹介をいただき(期待してたのかYO!)感謝感激でございますぅー♪

大山稲庭もさることながら、ハモと板麩の煮物とは畏れ入りました。さすが西日本。
美味しく食べてくださって嬉しい限りでございます。ありがとうございます。
これで、アナゴとアネゴの絆も深まった☆ と勝手な解釈お許しを(笑)

この頃は大気の状態が不安定ですね・・。今朝は少し大きな地震もありました。
嫌な気分の時にこそ、おいしい酒と肴で元気に行きまっしょい!
続々登場の“ひやおろし”が、目下の楽しみです。

anegoさん

今晩は。
コメントありがとうございました。

こんな感じのご紹介でよろしかったでしょうか?
まだうどんは半分、板麩はたくさん残っていますので、
今週末第二弾をいただきます。
本当にありがとうございました。

広島は今日の午後、やっと雨が上がり六日ぶりに日の光を浴びました。
すっかり秋の日差しです。
そちらはこれから豪雨のようですね。
お気を付け下さい。

No title

お早うございます
朝食前ですから、眺めていましたら迂闊にも涎
お婆さんは困ります。あちこちが緩んでいます。
鱧先日買おうと思いながら帰宅。矢張り買ってくれば良かったと思ってしまいました。
稲庭うどんは美味しくて好きですが、茹でがチョッと難しいな~と思っています。
お丼に蒲鉾を一切れ入れますと、多分オカメうどんの感じになりますね。
アナゴさんの当てたと言う握り直ぐ私も分かりました。後コメは駄目でしょうね。
今年の夏は散々ですね。お気を付けてお過ごしください。

相子さん

今晩は。
暑さもだいぶゆるんだと思ったら、今度は豪雨と竜巻、
穏やかな季節の推移を願っているのですが、それも得難い僥倖となってしまったんでしょうかね。

季節の魚を逃さず堪能するっていうのは、意外と難しいですよね。
私はこの夏は珍しくアユを何度も買って食べたのですが、ふと気が付くとハモを一度も食べていませんでした。

と思ったら、もうサンマが店頭に。
これもウカウカしていると、アレッ、もう終わりか? てなことに。
時間との闘いです。

稲庭うどん 七代佐藤養助総本店にいってきました

アナゴさん、こんばんは。
秋田県の稲庭に行ってきました。
秋田の稲庭うどんを食べて来ました、時間のある時にでも覘いてみてください。


http://tetsu1965.cocolog-nifty.com/karugamo/2013/09/post-d3ea.html

かるがもさん

今回の台風、田んぼは大丈夫でしたか?
秋田までちょっとウドンを食べに、って気軽に出かけらるんですねぇ。しかもちょっと須川温泉に寄ってから、っていうのがまたすごい。
何を驚いているんだ?、とご不審かもしれませんが、その辺の地理的感覚は私の場合、40年前のままにとどまっているもんですから。

もう一つ驚くのは、今は水沢にもあちこちに温泉があるんですねェ!
あれは掘削技術が進歩したせいでしょうか。
突然マグマが水沢の地下に集結したとも思えませんし。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード