2013/8/11 カナガシラ、サヨリ、テンジクダイ

 秋田、岩手では未曾有の大豪雨、甲府市・四万十市では40.7℃の猛暑、そんな中で皆様ちゃんと生きていらっしゃいますか?!


 カンカン照りの広島平和大通りを行きますと、樹に何か実がなっています。
IMG_7221 コブシ W

 春先白い花をつけるコブシですね。あれが半年たってこうなるわけです。
IMG_7225 コブシの実 W


  こぶしの実えごの実拾う空の雲     森武子


 (横道にそれますが、「えごの実」とはなんでしょうか? 「樹木図鑑」によるとヤマガラなど鳥が好んで食べる、とありますが。)




 さて、コブシの実を横目で眺めて行ってきた昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房から。立派なマナガツオがありました。落ちやすいウロコもびっしり付いていて心惹かれましたが、1900円だったので涙を呑んでパス。一尾80円のサヨリを二尾と、一山100円のテンジクダイを買いました。

 テンジクダイというのはこんな小魚です。
IMG_7242 テンジクダイ W
5~8㎝ぐらい、100円で34尾、200gありました。広島ではなぜか「メンパチ」と呼ばれています。
 こんな小魚も刺身に・・・? さすがにそれは難しそうです。一般にはから揚げが良いそうなので、何年振りかで揚げ物に挑んでみようというわけです。

 おかず工房でお若い方から声をかけられました。「失礼ですが、ブログを書いていらっしゃいますか?」とたいへん礼儀正しい方で、予期せぬことでオタオタしつつ、書いている、と申し上げたところ、弊ブログ「広島お魚ツアー」を見たことがあるとのことでした。ところがこの方がフレンチレストランの仕入れをなさっている方だとのこと、プロの方のお眼に触れてしまうとは、タ、タ、タイヘンなことであると大汗をかきました。
 カードをいただきました。
img054 A la maisson OGAWA w
 ア・ラ・メゾンン小川、というずいぶん立派なレストランのようです。私は行ったことがありません。ブログもありました。ムール貝をモンサンミッシェルから取り寄せるそうです。
 その方はハモを買ったとのことでした。フレンチでいただくハモ、どんなものになるんでしょう。夢のようですね。



 それから、フジ、Aruk、と通過して川口町リアルへ。けっこう立派なカツオが890円でなかなか魅力的でした。が、買ったのは一パックだけあったカナガシラ、5尾で299円。こんな連中です。
IMG_7167 カナガシラ W
23㎝ほど、5尾で820g。

 とぼけた顔をしています。
IMG_7186 カナガシラ W

 硬い顔面なんですが、よく見ると微妙な模様が。
IMG_7182 カナガシラの頭 W

 カナガシラはトゲがあったりウロコが落としにくかったり、面倒な魚なんですが、ヒマなオヤジであるこの私が五尾おろすのに一時間以上もかけた結果、こうなりました。
IMG_7189 カナガシラ サク W

 そして付属品。右が浮き袋、左手前が肝、その奥が胃袋(ちっちゃい)です。
IMG_7191 カナガシラ 付属品 W


 刺身です。これで二尾分、五尾で約300円ということはこの二尾で120円の刺身だなァ・・・などとボンヤリ頭で計算したりするわけですね。安いじゃありませんか。
IMG_7197 カナガシラ刺身 W


 付属品一式はいつものように茹でて。左下から時計回りに、胃、浮き袋、皮、肝、です。
IMG_7199 カナガシラ 付属品一式 W
肝の血抜き処理がいい加減だったせいか、ちょっと生臭かったです。


 サヨリも刺身に。これは一尾80円だから160円の刺身、安いでしょう?
IMG_7192 サヨリ刺身 W


 カナガシラの中骨はかなり固そうですが、とりあえず干し上げて様子を見ましょう。
IMG_7212 カナガシラ 中骨乾燥 W
朝になったらいい具合に乾燥しています。
 サヨリの中骨は隠匿物資として最高の物の一つです。
IMG_7215 サヨリ中骨乾燥 W





 で、これが昨晩の晩酌の膳、これで280円だな、刺身代は・・・。
IMG_7203 晩酌の膳 W

 酒は山口県萩市の岡崎酒造場、長門峡、特別純米原酒。幟町酒商山田で一升2700円。

 「ささにごり」という酒で、うっすら白濁しています。
IMG_7208 ささにごり W



 ・・・ッ! アッ メンパチのから揚げ! すっかり忘れていました。まだ冷蔵庫の中で寝ています。



 さて明けて今朝、先週とは打って変わって静かな平和公園です。

 ここは原爆死没者慰霊碑から平和の灯、原爆ドーム、と一直線に見通せる設計になっており、誰もが写真を撮りたくなるところです。しばらく見ていると、写真を撮る人はたくさんいますが、手を合わせて祈る人は意外に少ないんです。写真を撮った後しばし複雑な表情であたりを眺め、複雑な表情のまま立ち去る人が多い。
IMG_7230 朝の平和公園 W
 そういうお前はどうなんだ? と我が身を省みてみますと、そういえば観光客的気分でここを通過することは度々あるけれど、祈ったということはいつ以来か? ということで、今朝は合掌瞑目してきました。


 それから朝市へ。ブラックベリー、150円を買って帰宅。
IMG_7239 ブラックベリー W

 この朝市の営業開始時刻に関して、ルールが有るような無いような、微妙なバランスが保たれている、と以前書いたことがありました。が、最近そのバランスが徐々に崩れつつあるようで、8:15開始というルールは皆知りながらほぼ公然とこれを無視するような状態に見えます。今朝は、管理する立場の人でしょうか、時間前にフライングで売り買いしている店に、まだ売ってはいけない、とひとこと言ったところ、「売ってないよッ!」という怒声がとび、現場に一時緊張が走りました。
 さらなる混乱か、はたまたルールの強制か、遠からず何か起こるような気がします。





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒラメの仕込みが終わりました。

アナゴさん。
こんにちは、昨日釣ってきたヒラメの仕込みが終わりました。
アナゴさんの料理を参考にさせて頂きました。アナゴさんのブログのリンクを
文中に貼りましたが宜しかったでしょうか?事後のご連絡で申し訳ありません。


http://tetsu1965.cocolog-nifty.com/karugamo/2013/08/post-3b0b.html

エゴノキに注目!

アナゴさん

西日本と東日本の各地では40℃に近い酷暑の記録が続き、熱中症対策が欠かせない毎日のようです。

緩和休題。
エゴノキは雑木林や公園などで、白い綺麗な花を咲かせる木です。公園で咲く花はとても清楚なものです。その実をヤマガラが大好きとは知りませんでした。コブシの実も、いろいろな野鳥が食べるのでしょう。次回から、この知識を活かして、よく観察してみます。

今回のお造りは、カナガシラが美味しそうです。自分で手間暇かけてさばく方でないと味わえない魚のようです。芸は身を助ける典型例です。

広島市ではアナゴさんは顔が知られた有名人になっているようです。どんあ地魚を購入したかを、鮮魚店の店員にツイートされそうな感じです。

まだ、
酷暑の日が数日は続きます。熱中症対策として、お酒の後は、ナトリウムやカリウムを含む飲料をお飲み下さい。日本酒で脱水症にならないように!!

かるがもさん

今晩は。
リンク、ありがとうございました。
ヒラメ大漁だったようですね!
縁側が旨そうです。

浜千鳥はいかがでしたか?

宮沢賢治で思い出すのは、「オッペルと象」っていう一編ですね、私の場合。
(ところが今、ネットで検索したら、オッペルではなく、「オツベル」だとか。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%84%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%A8%E8%B1%A1
その中で象が毎晩お月様に祈る、「・・・サンタマリア」、というセリフというかリフレインが記憶に残っています。

ヒトリシズカさん

芸は身を助けるでしょうか???
カナガシラの刺身を堪能したのはいいが、その結果アル中になって身の破滅。
ンー・・・ 困ったものです。

カリウム!
カリウムを含む飲料ってご存知ですか?
赤ワインです。
ウーム、ヒトリシズカさんのご助言に従って、酒のあとには赤ワインも飲まねばなりません。
なかなか大変です。

「オツペルと象」

「オツペルと象」ボクも印象に残っている童話です。
ボクの中で宮沢賢治の童話は、ちょっと怖いというかなんというか?
子供の頃、種山の青少年の家で合宿をしたとき、風の又三郎の話しと、種山高原の何だかわからないけど、心霊的な雰囲気が子供心に感じることがあり、それ以来、宮沢賢治の童話を怖く感じています。注文の多い料理店なんかも・・・。
でも、大人になった今、現代の子供たちにも是非読んでもらいたい童話だと思います
浜千鳥、頂きました・・・完全復活して全国の皆さんに味わって頂きたい清酒です。
ヒラメの肝は蒸して頂きました、少し炙って醤油に混ぜてタレとして頂いたら最高な味わいでした・・・・エンガワも・・・・。釣果ですが、60cm位のヒラメを12枚釣る事ができました、親・姉・友人に食べるのを手伝ってもらいました、ボクはヒラメ2枚を頂くことにしました。今日は呑みすぎました。

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

いよいよ揚げ物、解禁ですね(^^)
このテンジクダイ、素揚げになっているのかと思ったんですよ。
でも、おメメが黒いから‥
面白い模様なんですね。

サヨリ、ピカピカしてますね。
一度だけさばいたことがありますけど‥大変だったような!?

アナゴさん、すっかり有名人じゃないですか\(^o^)/
プロの方の目に留まるなんてスゴイなあ。
でも、声をかけられるのって‥マジで照れますよね。

ブラックベリー、加熱すると赤くなるとか。
アンチエイジングに効果抜群らしいですね。

付属品

いつも捨ててしまっている魚の『付属品』も食べることができるんだな~って毎度勉強になります。

カナガシラの肝はアラと一緒に煮て食べますが、胃や浮き袋も食べれるんですね!

これらはわさび醤油とかポン酢で食べるんですか??


テンジクダイ、私も大好きです。愛媛では石ジャコって呼ばれてます。

頭をちぎってから、すり鉢でミンチ状にして、塩やら卵やら入れて、じゃこ天にして食べます。

幼い頃は私がすり鉢を支え持つ係りでしたv-290


今度帰省したとき、また作ってもらおっと♪♪


宮沢賢治

かるがもさん、今晩は。
宮沢賢治作品の一種の怖さというか、同感です。
この世とあの世の境目が、ふと曖昧になる異様な時間。
うっかりすると戻って来れなくなるんじゃないか? という不安。

60㎝のヒラメを12枚とは!

明日はお盆の中日、ご親戚や旧友との再会など、
大事にしたいですね。

はるさんさん

今晩は。
いつもコメントありがとうございます。

揚げ物、挫折しました・・・(涙)
結局、煮て食べました。
この魚は頭が固くてさすがの私も歯が立ちませんので、
頭を落として煮ました。
見た目も地味な、ご飯のおかずです。

捲土重来!
いつの日かきっと揚げ物を!!!

だま者さん

今晩は。

「付属品」、ご注目いただきありがとうございます。
そうですね、だいたいポン酢でいただきます。
皮は皮下脂肪の旨さを、胃袋は歯ごたえを、肝はそのネットリした味わいを、
それぞれ捨てがたいものがありますよね。

上級者になるとウロコまで召しあがる方がおられるそうですが!

ジャコ天! 美味しいですよね。
私はもともと岩手県出身で四国とはあまり縁のない人間なんですが、
だいぶ前に行った宇和島の印象が強く、
すっかり四国ファンになっております。

四国といっても広いでしょうが、お勧めのスポットをご紹介いただけますか?

No title

お暑うございます
テンジクダイって初めて知りました。確かに揚げものが良さそうですね。
名刺の方 拝見しましたら、物凄く凝った料理を出していますね。
こう言う方の目にとまったとは、アナゴさんもプロ並みですよ。
日本酒の後に赤ワインですか。
この週も未だ暑さが続きそうですね。
お気をつけてお過ごしください。

今治のおすすめ

私は愛媛県の今治市出身なので、そちらを紹介しますね。

おすすめといえば、やはり焼き鳥でしょうか♪
焼き鳥=鉄板で焼いたものなので、炭火の焼き鳥とは全くの別物です。
せっかちな今治商人が早く食べたいと希望したので、こういう方法で焼き始めたのだとか。
鉄板前のカウンターに座るのも良いと思いますよv-290

あとは、今治タオルかな。
縫製会社ごとに展示販売しているお店があるのですが、見たり触ったりするだけでも楽しかったです。
ちなみに地元民の普段使いのタオルは粗品やB級品の無料タオルばかりだと思いますv-8
本物の今治タオルなんて、高級品で贅沢ですからね笑。

ちょっと足を延ばして大島の宮窪もお魚が美味しいです。
宮窪の漁師市はアナゴさんも楽しめるかも♪v-291


狭い地域ですが、色々と特色ありますよ!

相子さん

おはようございます。
お盆はいかがお過ごしでしょうか。
私は昨日まで仕事で、今日から5連休。
岩手の墓参りは先月済ませているので、特に予定はありません。

お盆期間中は魚市場が休みだったりするので、
お魚ツアーもあまりいい獲物は見込めません。

高松に行ったとき、
瀬戸内海をもっと楽しもうと感じましたが、
この連休にどこか海に出てみたいと思います。

だま者さん

こんにちは。
お盆は広島でお過ごしですか、それとも今治に帰省なさって?

今治の鉄板焼き鳥、そういえば聞いたことがあります。
今治市のHPを拝見すると、ニワトリが焼き鳥の串をくわえているロゴがありました。
http://www.city.imabari.ehime.jp/shoukou/yakitori.html

実は私、北海道の室蘭市で勤務した経験があるのですが、
室蘭市も「室蘭焼き鳥」が名物です。
これも普通の焼き鳥とは違って、鶏肉ではなく豚肉を使うんです。
やはり豚が焼き鳥の串を持っているロゴマークが使われています。
http://www.city.muroran.lg.jp/main/org6400/yakitori_index.html

でもこのロゴマーク、両方ともおかしくないでしょうか?
豚にしろ鶏にしろ、焼かれて食われちゃうのに、
うれしそうにロゴマークにおさまっていて良いのかい?
と思うんですが・・・

雫石の様子です。

アナゴさん。
先日の岩手、秋田の豪雨による災害・・・友人の見舞いに行った際に
少しだけ様子を撮って来ました。
近隣の皆さんの頑張りで、綺麗な状態になっていましたが本当に大変な災害
であることを目の当たりにしてきました。
繋温泉では、源泉のパイプが詰まり止っていると数日前のニュースで報道され
書き入れ時を逃してしまったようです。
http://tetsu1965.cocolog-nifty.com/karugamo/2013/08/post-899c.html

岩手の豪雨被害

かるがもさん
おはようございます。
雫石の被害状況、拝見しました。
毎年日本のどこかで繰り返される光景ですが、
目の当たりにするとショックが大きいですね。

一日も早く平穏な生活が戻るように、そして温泉にもお客さんがおいでになるように願っております。

遅くなりましたが。

先日はいきなりお声掛けしてしまって、すいません。

こちらも、どうかなぁ~と思いながらちょっとドキドキしてました。

モンサンミッシェルのムール貝、日本のムールと同じ貝とは思えないほど美味しいです。機会がありましたらぜひ。


・・・ちなみに、こちらのブログのかな~り昔の記事ですが、鷹野橋おかず工房のオープン前に並んでる方々の写真の中に、逆紅一点で写ってます(笑)

アラメゾンオガワ様 +よなよなエール

アラメゾンオガワ のオーナーシェフ 小川様

(アナゴさん 恐縮ですが御ブログのコメント欄を拝借します)

お店のWebを拝見し、メニューを見て、来店可能ならば、是非行きたいと思いました。デザートも豊富で魅惑的です。

残念ながら、埼玉県南部に住んでいるために、レストラン・ビストロは東京都心が中心で、埼玉県・群馬県・長野県などのお店にも、たまに伺っています。
先日も、さいたま市の某ビストロに行き、お店自慢の料理を、お店のオリジナルの”たまねぎパン”と一緒にいただきました。自家製パンを出すお店が好きです。

ここまではイントロです。
実は、アラメゾンオガワがご用意されている地ビールの「よなよなエール」をよくいただいています。ヤッホーブルーイングの醸造製造所が佐久市の郊外にあり、土日や休日などは、そこから数キロ先で過ごしているからです。

弊ブログの今日8月16日編は、アナゴさんの故郷に近い醸造所でつくられた地ビールをいただいた話を掲載しています。その中では、「よなよなエール」についても触れています。

アラメゾンオガワが提供する、食材を生かした、いい業を施したお料理を、いつかはいただきたいものです。

訂正 アラメゾンオガワさま

一つ前のコメントで

アラメゾンオガワ のオーナーシェフ 小川様 と書きましたが、
「アラメゾンオガワ のオーナーシェフ 貞広 直美様」に訂正します。

最初に小川さんと伺って、東京の御茶ノ水 小川軒のご出身かと想像しましたが、
Restaurant OGAWA(広島市?)で修行されたことを知りました・・。

アラメゾンオガワさん

今晩は。
コメントありがとうございました。

そうですよね、うかつに声をかけて変なやつ(!)だったらたまりません。
お買いになったハモ、ムニエルになさったようですね。
どんなものなんだろうか・・・、と夢想しております。

「かな~り昔の記事」、というのを必死で探しました。
2時間かかりました。2011年7月ですね。
この月は、震災で延期した母の三回忌で岩手に帰省し、
その次の週には会社の新入社員10人とともに宮城県気仙沼にガレキ撤去のボランティア活動に一週間、
と多事な月でした。(ということをこの前後の記事を見て思い出しました。)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード