スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/6/2 イシダイ

 私は誰でしょう?
IMG_6243 イシダイの顔 W

 出っ歯ですが何か?
IMG_6250 イシダイの横顔 W


 イシダイです。
IMG_6241 イシダイ W
成魚になってしま模様が薄れ、口先が黒くなったいわゆるクチグロです。これまでにもイシダイを買ったことはありますが、しま模様のはっきりしている「三番叟」と呼ばれる若いものばかりでした。今回のは39㎝、ちょうど1.5㎏。おかず工房で1800円でした。



 昨日から6月。平年より9日も早く、27日に梅雨入りが宣言されてから律儀に雨が降り始めた広島ですが、昨日は穏やかな朝、いつも通りおかず工房から始めたお魚ツアーです。9:00の開店を待ってなだれ込んだ鮮魚売り場、立派なサバが850円、大きなカマス300円、これまた大きなマルアジは230円、一尾60円のキス、など色々です。その中に1800円のイシダイが三尾、とっさに一番大きいのを選んでトレーに取り、購入の意思を宣明、完全に予算オーバーなのですが。
 そのあと一応、フジ、リアル、舟入市場、といつものコースを巡りましたが、もう大物をゲットしてあるのであまり買うつもりはなく見て回るだけ。どこでもカツオが1000円前後で並んでいました。11時過ぎ帰宅。


 これが出っ歯の構造。白い粒々に見える非常に硬い粒子と、それを結合している強靭なマトリックス、いわゆる複合材料の構造になっているわけですね。これで、貝や甲殻類などバリバリ噛み砕いて食べるらしいです。
IMG_6253 イシダイの歯 w

 体表のヌルヌルが強い魚で、ウロコを一生懸命落としましたが完全にはとれません。このヌルヌルが残ると臭くなるということなので、通常のウロコ落としのほかに出刃の刃先でこすったり、金タワシでこすって見たりしました。

 いつも感じることなんですが、店頭で見るのと、自宅の台所で見るのと、大きさの感じがかなり違います。実際に扱ってみるとかなり大きく、しかもヌルついているので滑りそうで危険を感じつつ、なんとかさばいてこうなりました。
IMG_6260 イシダイ サク W
この状態で量ったら、約500g。まあ、360円/100gということですね。


 いい刺身になりました。血合いが淡いピンク色で、チヌやマダイとは少し違います。
IMG_6262 イシダイ刺身 W

 ひたきさんのまねをしてアップの写真に挑戦・・・
IMG_6268 イシダイ刺身 W
が、まったく及ばないことを再確認。


 付属品一式です。包丁にのっかっているのは腸、しっかりしてるので回収。卵巣が150gあります。粕漬けに。
IMG_6258 付属品一式 W

 湯がいても皮は強靭で、噛みごたえがありました。右は腸です。特に味というほどの味はありません。
IMG_6277 イシダイ 皮、腸 W


 カマと腹骨をすいたハラスの部分を塩焼きに。脂がしたたってジリジリ言います。
IMG_6274 イシダイ カマ焼き W


 少しさみしいので、隠匿物資を放出、先週のキスの中骨乾燥品と、数週間前の卵巣(何の?)粕漬け。
IMG_6279 キス中骨、カサゴ?卵巣粕漬け W


 こうなりました。
IMG_6284 晩酌の膳 W

 酒は島根県安来市の吉田酒造、月山、純米無濾過生原酒、大和屋で一升2625円。加水していない原酒でアルコールが18%あります。二合ですっかり酩酊。





 某日、大阪市立美術館で開催中の「ボストン美術館 日本美術の至宝」という展覧会を見に行きました。これまでに東京、名古屋、福岡と巡回してきて、大阪が最後のようです。
DSCF2229 大阪市立美術館 MFA展 W


 いつもコメントをいただくヒトリシズカさんによれば、東京開催の時(昨年の春)には長蛇の列で、入場までにかなり待ち時間があったとか。でもこの日は特に並んでいる人もなく、すぐ入れました。
DSCF2230 MFA展

 明治の初めの廃仏毀釈の機運や、公家・大名といったそれまでのパトロン階級の衰亡により、多くの仏教美術を始め日本の古美術が散逸したようですが、ある程度こういった欧米美術館のコレクションとなって亡失を免れたのは、幸運と言えるでしょう。
 こういう大規模な展覧会は、企画から実現まで10年かかるそうです。

 グッズを買ってきました。「mfa」というのは「Musium of Fine Art」の略ですね。
IMG_6286 MFA展グッズ W

 最近新聞紙上にこの美術展の広告をしばしば見ます。ということは、あんまり入場者数が伸びていないということなのかもしれませんね。大阪の皆さん、あと半月しかありません。この機会を是非お見逃しなく!!!
 


 大阪市立美術館の正面広場から東(たぶん)を見ますとこういう景色です。
DSCF2232 通天閣 W

 私は大阪の地理はまったくだめで、それこそ西も東もわかりません。この通天閣という有名なタワーもどこにあるのか、なぜここに見えるのか、皆目見当が付きませんでしたが、とりあえず写真を撮ってきました。

DSCF2231 通天閣 W

逆に西を振り返ると、「あべのはるかす」というらしい高層ビルが建設中でした。1年後の開業時には日本一の高さのビルとなるそうです。こちらは写真なし。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イシダイのお造り、お見事です

アナゴさん

今回は、それなりの対価を投じてさばいたイシダイ(クログチ)のお造り、本当に美味しそうです。
歯の構造の複合材料としての解説は、一般の方にどこまで伝わるかは微妙ですが・・。

一方、写真では、ヒタキさんをベンチマークにするのは、やや無理があります。
ヒタキさんは、プロの腕前があります。カメラ機材もスキルも違います。
以前にお教えいただいた、アナゴさんのカメラ機材を考えると、現在の画像品質で十分だと思います(ご本人も、そう悟っていますが)。

さて、遅くなりましたが、「日本美術の至宝」展で、リファーとしてリンクをしていただき、ありがとうございます。1年かかって、日本各地を巡回しているのですね。

ボストン市のボストン美術館には、40代の時はその内に行けると思いながら、その後もまったく行く可能性がなく、やきもきしています。
国内の奈良国立博物館にさえ、行く可能性が見いだせず、やきもきしています。

No title

イシダイは釣り人の憧れらしいですね。一回一寸と言われ、これですと、釣りでしたら何回分に当りましょうか。
縞の消えているのは店でも並びませんね。勿論縞のも見ません。
刺身が美味しそうです。
夫が三宅にイシダイ釣りに入った時、餌が伊勢エビで、家族は餌の方が良かったです、

ヒトリシズカさん

そうですか、そういうものですか。
竹やりでB29を落とすわけにはいきませんかねえ。
(↑ もはや若い人にはわからない。)

私のCANON Eoss Kiss Degital でひたきさん並みの写真を!!
根性と大和魂で。

ボストン再訪は私も夢見ています。
ボストン美術館の近くにイザベラ・ガードナー美術館というこじんまりとした美しい美術館があります。
http://www.gardnermuseum.org/
ボストンにお出でになる機会がありましたら、ぜひ時間を作って行かれることをお勧めします。

相子さん

こんにちは。
イセエビをエサに釣りとは豪儀な!
私自身は釣りというものをしませんので、その感覚は分かりませんが、楽しいものでしょうね。
中国の詩に、

一時間幸せになりたかったら酒を飲みなさい
三日間幸せになりたかったら結婚しなさい 
八日間幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい
一生幸せになりたかったら釣りを覚えなさい

というのがあるそうですが、原文をご存知ですか?

No title

アナゴさん、こんにちは~。
立派なサイズのイシダイですねぇ。
実はわたしもイシダイを入手して味わったばかりなんです。
1/4くらいのちっこい縞縞の服を纏ったおこちゃまですけどね。
今回は、お刺身では無くて全て加熱で頂いてます。

アナゴさんも、ヒトリシズカさんも、そんなに煽てないでくださいよぉ。
アナゴさんはEossKissを使われてたんですね。
わたしも EossKissX5+ショートズームを日常持ち歩いて街の情景や風景を撮ってるんですよ。
メインのはAC駆動専用でPCに直結して使ってるのでバッテリーも付けてないのです。
重たいし機動力を考えると持ち歩きはKiss+ズームの方が楽ちんで好きなんです。

わたしのブログではお魚と料理だけしかアップしてないのですけど、
アナゴさんのブログの支店に北関東おさ魚ツアーでも始めようかしら?(笑)

ひたきさん

今晩は。
竹やりのアナゴです。

今回のイシダイはけっこうな大きさでした。
店頭ではたいした大きさではないように見えたんですが、
いざ自宅のまな板に載せてみると、いささかたじろぐ感じ。
記事には書きませんでしたが、やはり磯魚の匂いがはっきりと台所に残ります。

でも刺身美味いです。昨日から微妙に肉質が変化していて、たぶんあさってごろまでその変化を楽しめるでしょう。

私のEOS Kissは、息子の部活(バスケ)撮影のために買ったんですが、今はまったくお魚ツアー専用のカメラになってます。買ってからもう7~8年たちますかね。
竹やりで追いつくのは大変です。

No title

へえ~!
イシダイっておおきゅうなったらシマシマがないなるんですか、
知らんかったですわ。メモメモ。
うちのおっさんがちっこいイシダイを釣ってきたんをシゴウしたとき、
ズルズルがズルズルすぎてズルズルズルズルオウジョウしたん思い出したです。

ほいじゃがアナゴさん、
イシダイの出っ歯さ具合を見せるためになんちゅうことを・・・。
なんか、ちょっと、そのへんのホラー映画よりよっぽどホラーですわ・・・。

そうそう、
妹に聞くまえに今朝、思い出しました、
給食の白身魚のフライのアレ。
(シラフならまだなんとかなる・・・!)
あれは“メルルーサ”でした。
でんでんメンタイじゃないし。
(これじゃけ酔っぱは・・・。)
つか、三文字でもなければ四文字でもないし・・・。

人見知りをされると仰られるアナゴさんに、
ますますお会いしてみたくなりました。
おっしゃ。次のサタデーはおかず工房に行こっと。

すぱなさん

今晩は。
アー、なるほどメルルーサでしたか。
メルルーサ、ってたしか外国から輸入している魚でしょう?
全身のお姿を見たことはありません。
給食や、定食屋さんで「白身魚のフライ」というメニューがあったら、
メルルーサでほぼ間違いないらしいです。

イシダイの出っ歯むき出し写真、ちょっとアレでしたかね。
反省・・・

No title

石鯛がザリガニを食うビデオを見たことがありますが、

こんなになってるとは、、知りませんでした。

知らんことが、、、多いです びっくり

AGAさん

今晩は。
歯の写真に意外に反響がありますね。
日頃あんまり注意して見ないところだからでしょうかね。
魚の歯っていろいろで、太刀魚とかカマスとか、鋭くて刺さるととんでもなく痛いのもあり、やはり魚も命がけだな、と感じます。

No title

アナゴさん、こんばんは。今シーズン、小生が狙っている魚がこの石鯛なんです。

磯の王者とも呼ばれてる、賢い魚です。それを近場で、それも投げ釣りで釣ろうな

んて無謀考えなんですが、何とか釣り上げて石鯛料理オンリーの夕食にしたいで

すね~!!内臓も食えそうなものは、食ってみたいと思います。

イシダイ

夏になると、見事な脂の乗りを見せる魚ですね。
小さい奴でも塩焼きで喰うと抜群に美味い。
自分は石鯛釣りをやらないので、貰うか買うかしかないです。

アップの写真、なかなかですよ!
いつも美味そうな魚料理を参考にさせていただいてます。

naosuke1961さん

今晩は。

気楽に店頭で買うのと違って、「勝負」なんでしょうね。
吉報をお待ちします!

ガキさん

今晩は。
マメマサ、あ!失礼、ヒラマサ、美味しそうですねェ!

でかい魚をおろすときは、何というかその魚の一生をふと振り返るような気持ちになります。
今回のイシダイはどのくらいの年齢だったんでしょうかね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。