2012/1/20 クルマエビ、イシガレイ、イイダコ

 16日に突然熱を出しまして、16、17の両日仕事を休んでしまいました。熱を出したといっても最高37.8℃までだったんですが、私は平熱が低く(36℃以下)、37℃を少し超えるともうくたばってしまうのです。18日の金曜は出社しましたが、その晩予定されていた職場の仲間の新年会は無念の欠席、都合三日も酒を抜いてしまいました。


 で、なんとか回復して出かけた昨日19日のお魚ツアー、いつものように大手町おかず工房からスタート。けっこう立派なサイズのクルマエビが1尾160円という値段、3尾買いました。もちろん生きています。体長18㎝、3尾で118g。100gあたり約400円ということになります。(ところで、エビの数え方は1尾、2尾、で良いんですかね?)
 イシガレイのでかいのが2尾ならんでいました。昨年も、一昨年も、この時期にイシガレイを買っています。この時期は産卵の季節で身が痩せるために「おたんやカレイ」と呼ばれて評価が下がるのだそうです。
 ということを承知の上で1尾買いました。ちょうど1㎏ほどで700円。一つ目論見があって、卵巣が大きそうだったのでしばらく前に試した粕漬けをもう一度やろうと思ったのです。

 宝町のフジへ。イイダコ、一山300円を買いました。帰宅後計ったら8杯で266g。(タコもイカと同じで、1ハイ、2ハイでいいのか?)

 千田町Arukへ。珍しいものがありました。「コマイ子」というもの、すなわち「コマイ」という魚の卵巣です。北海道の方はおなじみと思いますが、コマイというのはタラの親戚のような魚で「氷下魚」とも書きます。これをカチンカチンに干したものはなぜか「カンカイ」と呼ばれておりまして、酒の肴です。就職して初めて室蘭に赴任した時、先輩たちにカンカイの食べ方を教わる、というのが社会人への入り口で受けた洗礼の一つでした。
 そのコマイの子です。タラの親戚ですからタラコみたいなものと思いますが、コマイ子として見たのは初めて。買おうかと思いましたが、けっこういい値段(3腹分で500円近く)していたので見送りました。


 病み上がりでエネルギー不足の感があり、ツアー終了、帰宅。

 こんな連中です。
IMG_3714 クルマエビ、イシガレイ、イイダコ W


 粕漬けに・・・と期待した卵巣ですが、残念ながら少し成熟し過ぎで放卵直前のようです。こういう状態を魚屋さんは「子がたけている」と表現するようです。「たけている」は「長けている」でしょうか。
IMG_3718 イシガレイの子 W

 素直に煮物にしました。
IMG_3725 イシガレイの子 煮物 W


 一方、本体もおたんやカレイだけあって少し水っぽい感じ。このまま刺身にはちょっと無理そうなので、昆布締めに。速成のため、薄く切ったものを昆布に張り付けておきます。
IMG_3722 イシガレイ昆布締め W

 四時間後でこの状態。一応しまってはいますが、なんかやっぱりビチョビチョです。難しいもんです。
IMG_3726 イシガレイ昆布締め W


 クルマエビの方は非常に元気がよく "Kicking alive" という状態ですね。むいただけで刺身に。
IMG_3728 クルマエビ刺身 W
歯ごたえなど素晴らしいんですが、やはり味という点では少し熟成させたものにかないません。

 頭の塩焼。かなり大きいエビで殻まで食べられるか不安でしたが、無理やり完食。口の中を怪我しそうでしたが。でも旨いです。
IMG_3729 クルマエビの頭 焼き物 w



 イイダコは単純に塩ゆで。ユーモラスな格好です。
IMG_3731 イイダコ塩ゆで W


 こうなりました。
IMG_3733 晩酌の膳 W
 酒は広島県西条の西條鶴、純米。酵母無添加の「生酛」という作り方だそうです。かなり琥珀色というか、いい感じの色が楽しめます。

 こんな色です。
IMG_3970 西條鶴 W




 さて今から広島駅伝の取材に出かけなければなりません。昨年の駅伝は広島県はぱっとしませんでしたが、今年はどうでしょう。

 後日のご報告、乞うご期待。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真で見る限りカレイの切り身に透明感がなく白濁しているので、既に硬直が解けてしまっている状態のようです。卵巣が大きくなっていても、鮮度が良ければ身が水っぽくなったりしないので、魚屋としては煮魚用として売ったのでは?
それにしても愛知は優勝も十分狙えただけに、残念な結果になりました。当日になるまで、選手のコンディションは分からないものです。

No title

車エビ刺身 頭と魅力ですね。いいだこが柔らかそうで、チョッと箸を出したいです。
酒器が前回と変りましたね。前回は伊万里のように見えましたが。
今日のは渋いですね。

うま~

こんばんは。

これならお酒もドンドンいっちゃいそうですね。

イイダコはカワイイ♪
車エビは文句なしで旨かったでしょうね。
頭は塩焼きがベストですが、確かに口の中が
血だらけになる危険性アリ~ (笑

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

「休肝日」の効果って3日間お酒を飲まないようにしないと
効果がないんですって。(お医者さん:談)

車海老の頭‥兜と足を分けて片栗粉をまぶし唐揚げにすると
とっても美味しいのですが‥禁止令は解除されてない??

コマイの子、ずいぶん珍しいものがそちらまで(^^)
こちらでもなかなか見ませんよ~!
レモン色の卵ですよね‥醤油漬けにすると美味しいですよ♪
「イイダコ」もコチラには出回りません。
手に入ったら、鉢巻をつけた画をアップしたいなあ(^^)

へるぞうさん

今晩は。
愛知県、惜しかったですね。
順位も大事ですが、目の前を必死の形相で走っていく選手を見ると何か胸がいっぱいになって、言葉が出ません。

カレイ、おっしゃる通りかもしれませんね。
本来煮魚に好適なカレイ、修行して挑戦してみます。

相子さん

今晩は。
酒器にまでお目をとどめていただき恐れ入ります。
いずれも頂き物でどういう焼き物か知らないのですが、確かに感じがちょっと違いますね。
日本人は、陶磁器にはまると際限なく深みに陥るんだそうです。
でも陥った本人は至福の境地なのかもしれません。
縄文土器を作った先祖から受け継いだ血がそうさせるのかもしれません。

幸か不幸か、深みに陥る経済的余裕が無いもんですから・・・。

味よしさん

今晩は。
エビって私の守備範囲(ン?)から若干ずれておりまして、どう扱っていいものかイマイチわかりません。とりあえず刺身にしますが、もっといろいろ工夫ができるんだろうな・・・、と思います。

はるさんさん

エッ! 三日ですか?
それはちょっと殺生な。
聞かなかったことにしましょう!

から揚げですね、すきを見てやっちまいましょうか。

コマイの子、私も初めてお目にかかりました。
そこで重大な疑惑が一つ浮上。
こちらで「タラ(スケソウダラ)の子」ってのがけっこう出ているんですが、あの中にはコマイの子がけっこう紛れ込んでいるんじゃないか?
でも商売上はどっちが得なんだ?

よくわかりません。

No title

アナゴさん、こんばんは~

イシガレイはなかなか気難しいカレイなんですよね。
カレイの中で一番やっかいかも。。
懇意の魚屋さんの説によると、昇天するととたんに臭みが出やすいので加熱調理向きと力説してます。
お刺身で味わうには、活けのものを締めてもらい、柵取りして、12時間から24時間熟成させて味わうべし、なんて言ってます。
わたしも何度か活けで入手して味わってますけど、滅茶苦茶美味しかったです。
マツカワガレイと比較しても、勝るとも劣らないくらいの美味でした。(ちょっと大袈裟かな?)
それに味をしめて、昇天したものをダメもとで買ってみたら、全く別物みたいでガッカリした事があります。
そんな経験から、イシガレイは最も気難しいカレイだなんて思っているの。。

クルマエビは美味しそうですね。
身がプリプリしている感じが伝わってきます。
アナゴさんは、健康の為に揚げ物厳禁なんですか???
揚げ物より肝や卵巣の方が、かなり強烈なような気がしますが・・・

No title

素直に、イイダコ大好きです。

でもフィリピンではめったに手に入らないので、、、、

イイダコに含まれているうま味成分は、、、最強。

そのまま食べても良し、調理しても良し、、、

腹ヘッタ~~~~~ァ

ひたきさん

今晩は。

我が家の揚げ物禁止令は、健康のためではありません。
広島の人はコイワシ(カタクチイワシ)を偏愛しており、コイワシ刺身、コイワシ天ぷらはどこの居酒屋でも定番メニューといってもいいほどです。
で、私も自分でコイワシ天ぷらをあげようとしたのです、2年半前に。
結果は↓

http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-91.html


もうそろそろ解除してもらおうか・・・

AGAさん

今晩は。
私は日頃あまりタコを買わないんですが、今回はふとその気になりました。
たまに食べると旨いですね。
でもこれ以外にどう工夫していいものやら知恵がないのでまたしばらくご無沙汰ということになりそうです。

フィリピンでも風邪をひかれましたか。
私も先週やっちまいまして、2日仕事をさぼりました。
インフルエンザではなかったのですぐ復帰できましたが。
お大事に。
鬼嫁様にもよろしく。

No title

今晩は。
豪華ラインナップですね~。どれも美味しそうです。特に昆布締め。たまりませんね~。お酒が進むはずですよ(^^)

ichigomakaron47 さん

今晩は。
今回のイシガレイ昆布締めは、ちょっと問題ありでしたね。
実は最後の一締めを今晩食べたんですが、昆布締め毎度おなじみのねっとりした仕上がりになりません。結局最後まで水っぽさが払拭されずに終わりました。
難しいもんです。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード