2013/1/14 スズキ、カキ

 本日14日は成人の日。広島は昨晩からみぞれ交じりの氷雨、山にはうっすらと雪が。
IMG_3681 山に雪 W

 晴れ着のお嬢さんたちにはちょっと気の毒な天気です。昼からは上がるようですが。



 さて12日の土曜日は諸々の都合で出勤となり、お魚ツアーは無し。で、翌13日の日曜日、広島朝市に一軒だけ出店する鮮魚店でスズキを買ってきました。58㎝、約1.9㎏、700円。
IMG_3660 スズキ W

 値段、新鮮さは申し分ないのですが、一つ問題が。さばいてみて分ったのですが、魚体の中央部の背中側から鋭いもので突き刺したような深い刺し傷があり、血がにじんでいました。ヤスで突いたのでしょうか?
 以前にも一度大きなチヌ(クロダイ)をここで買い、やはり体の中央部に打ち身というか折れ曲がったような部分があったという経験があります。普通の鮮魚店で買ったのなら文句を言いたくなるところですが、朝市はお買い得値段ですので、そういうものかなとも思います。でもちょっと不満。傷がある「訳あり」の魚を格安に提供する、というのであればはっきりそう言ってほしいのですが。

 先週のソイに続き、これも鮮度良すぎで刺身にするには少し時間を置く必要がありそうです、夏なら洗いにするところですが。


 で、付属品のフルコースということになりました。まずは皮の湯引き。
IMG_3674 スズキの皮 湯引き w


 大変立派な浮き袋でした。これも茹でてレモンで。浮き袋の味、というものはありませんが、むっちりした歯ごたえが楽しめます。けっこう厚さもあって、歯がじわじわ食いこんでいく感じが独特です。卵巣はまだ未熟。
IMG_3672 スズキ 浮き袋と卵巣 w


 胃袋を茹でて刻んだもの。
IMG_3672 スズキ 胃袋 w

 こういった付属品関係はご飯のおかずにはならないでしょうが、酒のお供にはなかなか良いものです。飲みながら食べるものは美味しいに越したことはありませんが、とりあえず酒と酒との間合いを取るためといいますか、適度のペースを造るための「作業」の対象となることが大きな役割です。したがってフグの刺身も結構ですが、カキノタネでもマアいいか、ということになるわけです。魚の浮き袋とか胃とか、味というほどの味は無いけれど、とりあえず口の中の滞在時間を稼ぐという点で、立派に要件を満たしています。


 これは厳密には付属品とは言えないでしょうが、カマの塩焼。
IMG_3675 スズキ カマ塩焼き W
正直にいって、刺身刺身とこだわらず単純に塩焼きにした方が旨いかな・・・、と信心(なんでも刺身教の)がぐらつきました。


 カキも買ってきました。今冬はじめてです。厚揚げの上に味噌を敷きそのうえでカキを焼きました。カキの土手鍋を厚揚げの上でやっているわけですね。
IMG_3670 カキ ネギ味噌焼き W


 こうなりました。
IMG_3680 晩酌の膳 W
 酒は広島県神石高原町の三輪酒造、神雷です。純米無濾過生原酒。大和屋で一升2650円。神石高原町というのは広島県の東端、岡山県との境に位置する町です。三輪酒造という名前は、酒の神・大三輪神社にも通じるめでたい名前ですね。ラベルを見ると杜氏が三輪節雄さんとなっていますから、蔵元ご自身が杜氏をつとめていらっしゃるのでしょうか。



 おや、晴れてきました。新成人たちの前途にも光あらんことを。
IMG_3706 山に雪 W




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



(付け足し)
 元旦に見た映画「情熱のピアニズム」の主人公である夭折した天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニのCDを買いました。
IMG_3703 Michel Petrucciani CD W
レコード屋(っていうのかな? 今でも)を数軒見たのですが、あまりおいていません。一枚は中古レコード店で780円、もう一枚は新品で1800円。
 映画を見て以来、ミシェル・ペトルチアーニについていろいろインタネット上をあさっているのですが、彼の演奏をユーチューブでたくさん聞けます。ああいうのは著作権とかどうなっているんでしょうね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます (^。^)
うちの方も今日は雪。なんと今シーズン始めて、初雪です。
雪が積もると雑音が吸収されて、風情のある静寂感が風流で、たまには良いものですね。

今回は、アナゴさんが大好きなスズキの登場ですか !
傷があるのが残念でしたね。
わたしも付属品をあれこれ調理しておつまみにするのが好きで色々やってます。
それぞれのお宝は、小さくても食感や味覚に変化があって楽しみです。

スズキの焼物は、やはりカマが最高ですね。
正身の塩焼きだと、若干淡白過ぎる感もあるけど、カマは別物で良いですねぇ。
また、わたしもスズキを味わいたくなってきちゃったわ !

No title

 うちの裏山の野呂山も真っ白に雪化粧しております(^^)

スズキを丸ごと一匹買った事がないので
高いか安いかわからないんですが・・・
訳ありならそう表示してほしいですよねぇ(ーー゛)

スズキのような皮がゴツイやつでも
湯引きで行けるんですね(^~^)
デカいメバルが釣れたら
刺身と皮の湯引きをやってみようと思っているんですが
なかなか・・・(^_^;)

No title

今晩は 今日のテーブルは何時もより色がありますね。
かまの焼き具合がとても良いですね。

ひたきさん

風流な初雪・・・、と思っていたらとんでもない大雪のようですが、大事ありませんか?
私も弟一家が栃木にいるので他人ごとではありません。

一晩寝かせたスズキ、今日は刺身でいただきました。
良いですねぇ・・・!
量が多いので一部昆布締めにもしてあります。一週間は楽しめそうです。

カミカミ王子様

裏山が野呂山ですか! 良い所にお住まいですねぇ。
我が家の裏山は? と見れば、隣のマンションです。
まったく風情がありませぬ。

魚の皮、スズキ、タイ、ヒラメ、など白身の魚はなんでも湯引きOKです。
赤身の魚、カツオ、アジ、サンマ、サワラ、などは湯引きよりもあぶった方がいいでしょう。
カワハギ! これはちょっと湯引き無理でしょうね。

メバルは湯引き最高でしょう。
いい知らせを待っています。

相子さん

今晩は。
ははぁ・・・、自分では気が付きませんでしたが、色合いにいつもと違いがありましたかね?
刺身というのはどうしても単調になりがちです。同じ魚でも煮魚や揚げ物にしたりするとにぎやかな図柄となるのでしょうが、なかなか手が回りません。

関東は大雪のようですね。
シクラメンに雪の写真、拝見しました。
大事なければよいのですが。

毎度です♪

牡蠣オン厚揚げ?
いや、厚揚げオン牡蠣?
コレは旨そうですね。最高のアテになったのでは?

朝市でのスズキ。
これは推察の通り、いわゆる「訳あり」というものですね (^^ゞ
キズがついているので安くしてます、ということでしょう。
まぁ、告知されてなければ少し不満に思われるのも当然かと。。。

ボクも市場でマグロなどを買う時に、キズが入っていたり
血がにじんでいる時などは当然、単価が安くなります。
が、それはいつも買う所だから当然ですが。
文句の言えない朝市では・・・ちょっとムリですよね (^^ゞ

No title

味よしさん、今晩は。
スズキの傷の件、なるほど、やっぱりね。
魚は規格通りの工業製品とは違うのでいろいろあって当然ですが、ちょっと一言あってもいいんじゃないかなぁ・・・、と思ったわけです。

厚揚げが好きです。味噌にネギを刻んだのを練りこんで、これを塗って焼いた厚揚げ、まあ田楽ですかね、時々やってます。
ついでに牡蠣を乗っけたんですが、少し水が出てズルズルになりました。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

先ほどデータ放送で広島地方に「大雪注意報」という
表示がありました。
降雪がひどいのでしょうか‥
気をつけてくださいね。

“厚揚げ焼き”、久々の登場ですね。
いつもながら美味しそうです。
大きなスズキ、食べごたえがありますね。
コチラには出回らない魚‥食べたことがないです。
飴色の昆布締め、楽しみです(^^)
皮に湯引き、釣ってきたアブラコかソイで
作ってみようかな♪

No title

はるさんさん、今晩は。
ご心配ありがとうございます。
雪、若干期待していたんですが、広島市内はまったく降らず。
関東以北は大変だったみたいですね。

ドでかいアブラコにソイ、拝見しましたよ!
虎杖浜沖っていうのはどうなっているんでしたっけね、噴火湾に向かって降りていく砂地でしょうかね。もうすっかり記憶が薄れています。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

お世話になりました。

鮮魚で スズキが手に入り、こちらを参考にさせていただきました。
これから少し勉強して自分でさばいていこうと思っています。
まずは、道具(刺身包丁、まな板など)購入予定です。
皮を湯通ししました。捨てるところでした。
スズキのかまおいしいんですね。
カテゴリーをお魚別に書いていただいているので助かります。

sakuramomさん

今晩は。
コメントありがとうございます。

スズキは刺身でも焼いてもお吸い物でも、なんでもおいしい魚ですよね。
小型のセイゴも良いですが、
夏場の立派なサイズのスズキは、買っただけで有頂天になります。

でかい魚をさばくのは結構力仕事ですから、
旦那さんをそそのかして、じゃなくって、
お願いして(かな?)、さばいてもらうといいのではないでしょうか。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード