2012/12/9 スズキ、コアラ、ではなくて小アラ

 今朝、突然吹雪となった広島です。

IMG_3336 平和大通りに雪 W
 この交差点のすぐそばで、日曜日恒例の朝市が開かれています。一軒だけ出る魚屋も一応のぞいてみました。カキ(むき身)がたくさん、ウマヅラハギとメバルが少しだけ。
 大根、白菜など冬野菜が。この菊は食用でしょうか? そういえば菊の花の酢の物というものをもう何年も食べていません。
IMG_3332 朝市 W
 カブも今から美味しくなってきます。
IMG_3331 カブ W


 という訳で今朝は何も買わずに帰ってきました。


 一昨日の金曜日、勤め先の忘年会その1がありました。福引があって、お年玉があたってしまいました。
img008 忘年会福引 W


 そのお年玉を懐にお魚ツアーに出かけた昨日は、陽光降り注ぐ穏やかな土曜日。太田川の下流方向、見えている橋は空鞘橋(そらざやばし)、さらにもう少し下ると相生橋があって原爆ドーム、平和公園になります。
IMG_3267 陽光の太田川 W
左側の高い建物はリーガロイヤルホテル、橋の左岸は県立体育館、丸いドームのようなものが見えていますが、こども科学館のプラネタリウムです。


 大手町おかず工房、立派なスズキが1500円、これまた立派な天然タイが1300円はお買い得。懐にお年玉があるので気が大きくなり、スズキ1500円を買いました。58㎝、1.7㎏。おかず工房はVISA商品券オッケーです。
IMG_3289 スズキ W

 イケメン、精悍な顔の魚です。もっともこの個体はメスでしたが。
IMG_3293 スズキ W


 これで十分なのですが、たまたま市内某所で島根県浜田港からの農水産物を運んできた臨時の露店市が開かれているのに遭遇、のぞいて見ずにはおられません。
IMG_3251 浜田朝市 W
ミズガレイ、ノドグロ、ヤリイカ、カニ・・・、やっぱり日本海らしい面々。
IMG_3252 浜田朝市 W


 餅つきもするようです。
IMG_3257 浜田朝市 餅つき W



 これは何でしょうか?
IMG_3260 タイカービング W
タイの伝統工芸、「タイカービング」だそうです。広島市のSAWANというタイカービング教室の出展のようです。


 ちょっと見たことの無い魚が。中央の箱、マトウダイと一緒に入っているのはイサキ?・・・、ではありません。「イカケ」という札が。これは、アラの子供なんだそうです。コアラ(小アラ)ですって。
IMG_3254 浜田から W
300円、マトウダイと一緒に500円でどうか?、と言われましたが、マトウダイがあんまりパッとしなかったので、コアラのみ300円で買いました。

 帰宅。



 スズキをさばきます。まだ死後硬直の始まっていない「ブラ」の状態で、鮮度は申し分ありませんが、刺身にするには少し早すぎるようです、夏なら洗いにするところですが。 
IMG_3295 スズキ サク W
一晩寝かせることにしました。


 で、付属品がまた充実していました。
IMG_3296 スズキ 付属品 W
上から、卵巣、浮き袋、胃袋、です。このほかに心臓もあったのですが、実に小さい心臓で、こんなもんで間に合うんかいなぁ・・・? と不思議に思うほど。

 ひと月ばかり前に、鶲さんがスズキの卵巣の辛みそ漬けというのをご紹介くださっていたので、私もまねしようと卵巣は冷蔵庫へ。


 その他ご一同様。
IMG_3300 付属品一式 W
 左が、浮き袋と胃袋。右上が皮。右下はコアラの付属品、皮・胃・肝。 なお、スズキの肝もありましたが、スズキは食物連鎖の頂点に立つので、重金属等が生物濃縮されている可能性が有る、と聞いたことがあり、ビビって放棄。



 さて、コアラ、ことイカケ、こと、小アラです。
IMG_3274 小アラ(イカケ) W
 小なりと言えども、尾びれの先端が白いことなどアラの形態をすでに備えています。「ええしのボンボン」様でいらっしゃるにもかかわらず、弊台所にお出ましただいたことに感謝。

 ボンボンには不似合いな、ドスを持っています。
IMG_3282 コアラの凶器  W


 透きとおるような身質、このままご成長のみぎりは如何ばかり美しいお姿に・・・、と想像されます。
IMG_3286 コアラ サク W



 コアラの刺身です。オーストラリアの人に叱られそうですが。
IMG_3303 コアラ 刺身 W


 こうなりました。冷蔵庫整理の有象無象も出席していますが。
IMG_3305 晩酌の膳 W

 酒は、鳥取県東伯郡の大谷酒造、鷹勇、純吟中だれ。おかず工房と同系列のスーパーで一升3260円。ついでに富久長純米吟醸の酒粕、500gで399円を購入、冬に向かって粕汁の出番が増えることを予想し、備えあれば憂い無し!


以上、お魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



<ぜんぜん別の話>

 ところで、コアラ君の故郷、島根県浜田市は良い魚が上がる漁港として有名ですが、私はちょっと別の連想が働きます。
 私は技術系会社員で・・・、ということは以前にも書いたことがありますが、金属材料とか鉄鋼材料とか、そういった方面でこの35年間オマンマを頂いてきました。で、その方面で有名な学者で俵国一(たわら くにいち)先生という方がいらっしゃるのですが、浜田は俵先生のご出身地なんですね。俵先生は明治5年生まれですからもちろんお目にかかったことはありません。私の息子がまだ小さいころ、浜田にある水族館アクアスに遊びに行った際、偶然に俵先生の銅像(市役所前)を見つけ、気が付きました。

 ところで、俵という姓から、歌人、俵万智さんを連想しませんか? 俵万智さんの一世を風靡した歌集「サラダ記念日」に、次のような歌があるんです。

  ひところは「世界で一番強かった」
             父の磁石がうずくまる棚


  月曜の朝のネクタイ選びおる磁性材料研究所長

  東北の博物館に刻まれし父の名前を見届けに行く

 つまり、俵万智さんのお父さんは磁石の研究者でいらっしゃるんですね。ここから私の一連の勘違いが始まりました。


 俵・島根県・磁性材料・・・・ と来たので、島根県安来市にも工場がある、日立金属という名門企業を連想しました。で、なんとなく俵万智さんのお父さんは日立金属で磁石の研究をなさった方なんじゃないか・・・、とずっと思っていました。ひょっとしたら俵国一先生とご専門も近いし、縁戚関係にあるんじゃないかとも思いました。

 ところがその後調べると、俵万智さんのお父さん、俵好夫さんという方は、信越化学で磁石の研究をなさった方でした。
 根拠のない思い込みも長時間たつにつれて、本人にとっては確固たる事実に化けかねないという好例です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん、こんばんは~。
広島でこの時期に雪と言うのは珍しいんじゃないですか?
わたしは、瀬戸内は温暖で暖かいイメージしか持ってないです。

スズキ良いですよね。わたしも大好きなお魚です。
磯臭いとかいう人もいるけど、私はそんな感じは受けないんですよね。運が良いだけかしら。
卵巣の味噌漬けは、とても美味しかったわ。でもわたしの味噌漬けは自己流なので余り当てにしない方が良いと思います。(^_^;
でも、しっかり水抜きするのが美味しく漬けられるコツでしょうか。
丁寧な人は、ガーゼに包んで味噌漬けなんでしょうが、わたしはいい加減な直接漬け(ドブ漬け)でやっちゃいます。
アマダイとかサワラのフィレだったら、ちゃんとガーゼを敷くのですけどね、卵巣なので直接です。(笑)

アラも美味しいですよね。広島では入荷は少ないのですか?
うちの方は、新潟、石川あたりから3、40センチのものが沢山入ってきます。これもコアラですね。
流石に巨大なのはめったにお目にかかれませんけど。大きいのは、高級割烹へ直送なのかな。(笑)

俵万智さんは、地震と放射能汚染を気にして石垣島に、移住しちゃいましたね。
自己中心的な良い御身分だ、と一部からヤリ玉に上がってました。。
まあ、個人の自由なんだろうけど、移るに移れない人からは、やっかみ半分に妬まれてしまいますね。

No title

今晩は 
v-229アラアラ何でしょう。コアラではなく小アラでしたか。羨ましいこと。
鱸の味噌漬けや俵万智さんを辿るお話などとても楽しませて頂き、学びました。
有難うございます。

No title

鶲さん、おはようございます。

広島でアラを見たのは振り返ってみても記憶にありません。
いつぞや福岡に行ったとき、デパ地下で大きなアラにウン万円という値段がついているのを見て驚きました。数切れのお刺身のパックも2~3千円してました。

そうですか、そちらではアラが珍しくないんですね。
サンマは目黒で、アラは北関東なんですねえ。

No title

相子さん、おはようございます。
そちらではアラは店頭に出ますか?
広島で見たのは初めてかと思います。

No title

アナゴさん おはようございます(^^♪

スズキのお姉さまより、コアラちゃんより目を釘付けにしたものが~!!
島根県の港の農水産物の露天の写真‥
コアラちゃんの横の『セコガニ(セイコガニ)』~♪
よくテレビで見る「香箱ガニ」ですよね。
内子も外子もぎっしり~♡
一度食べてみたいんですよ。
「なんでアナゴさん買わなかったの~!!」って、画面を揺さぶりそう
でした‥(^_^;)
う~ん、お取り寄せ、しようかな‥ゴクリ。

スズキはこちらでは見ることのない魚です。
ましてや卵巣も。“辛味噌漬け”楽しみです(^^)

俵万智さんの歌集、何冊か持っていますが惹きつけられるものが
多いです。
穏やかなたたずまいからは想像もつかない激しい情感が不思議です。
アナゴさんが俵万智?と驚きましたが‥なるほど。
根拠のない思い込み‥いっぱいあって耳が痛いです。

No title

はるさんさん、今晩は。

ははぁー、セイコガ二ですか。
一杯300円でしたよ。
どうも「なんでも刺身教に」心身を侵されているようで、カニ、という言葉に反応しなくなっておりますねェ・・・、感受性の鈍麻といいますか。
ありゃぁ刺身にはならんでしょう。内子外子はどうやって食べるんでしょうねぇ。
今度見たら挑戦します。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード