2012/11/25 ウミタナゴ、メバル、小エビ、冷凍のイカ

 小春日和、というんでしょうか、少し暖かな三連休でした。

 さて昨日24日の土曜日、いつもの通り大手町おかず工房からスタートしたお魚ツアー。珍しく大きなタナゴ(ウミタナゴ)があったので一尾買いました。25㎝、356g、240円。小さなエビがありました。まだ生きてピンピン飛び跳ねています。から揚げに、とのことですが、我が家は揚げ物禁止なのでぼんやり眺めていると、どこかの奥さんが「私はこれをお刺身にするのよ。」といって一山買っていかれました。
 えっ! あの小さなのを刺身に? たちまちライバル意識がわきおこり、私も一山買いました。180円。

 川口町リアルへ。マダラ、少し小さめですが399円。一尾買いました。55㎝、1.6㎏。これは初めから昆布締めにするつもり。

 舟入市場へ。魚屋さんが変わっています。以前は「シンユウ」という鮮魚店でしたが、昨日気がついたら「うお市」という看板に。少し地味な感じ。メバル3尾で450円、16.5~18㎝、3尾で250g。

 帰路のスーパーで船上冷凍のイカが95円だったので一杯買いました。買いすぎです。

 こんな連中です。タラとイカはあんまり見栄えが良くないので欠場。
IMG_3121 ウミタナゴ、メバル、小エビ W

 けっこう身の厚いタナゴです。
IMG_3130 タナゴ W

 こんな刺身になりました。
IMG_3138 タナゴ刺身 W

 メバルは小さいので2尾分を刺身用に。
IMG_3135 メバル W

 こうなります。右脇は肝と卵巣を素茹でにしたもの。
IMG_3142 メバル刺身 W

 エビです。大きいのでも6㎝ぐらいしかありません。
IMG_3128 小エビ W

 10匹ばかり殻をむきましたが、もう面倒になって中止。
IMG_3141 小エビ刺身 W


 残りは塩を振って焼きました。超ミニサイズの鬼がら焼きです。
IMG_3143 小エビ塩焼き W


 かなり前に、TV番組でイカ漁師が、イカの刺身は冷凍の方が旨い、と言っていたのを聞いたことがあります。本当でしょうか?
IMG_3140 冷凍イカ刺身 W

 ゴロもカチカチに凍っていたので、ルイベ風にしてみました。冷凍なので寄生虫の心配もなかろうと思いまして。
IMG_3144 冷凍イカのゴロ ルイベ W
 あとでいろいろ調べたら、冷凍でも刺身用と加熱用では温度管理や菌数管理がまったく違うので注意しろ、ということが書いてありました。後の祭りですが、あれはいったいどっちだったでしょうか。とりあえず腹具合は何ともなかったのですが。


 昨晩のテーブルです。さすがに刺身4種というのはやりすぎかもしれないですね。
IMG_3148 晩酌の膳 W

 酒は広島県安浦の白鸛(ハクコウ)、大和屋で一升2625円。


 リアルで買ったタラは昆布締めにしてあります。胃袋の中から12㎝のイカが出てきました。これもアラと一緒に一緒にみそ汁にします。
IMG_3146 タラの胃袋からイカが W


 以上でお魚関係は終わり。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村




 広島駅から宇品港に向かう5㎞だけの宇品線という路線がかつてありました。その痕跡を少したどってみました。

 宇品線はもともと旧陸軍の専用路線として開設されたもので、戦後は旅客用・貨物用として使われていましたが次第に自動車の時代となり、1986年に廃線となりました。下の図は1930年ごろの広島市の地図ですが、図の右側、上の広島駅から下の宇品港まで続く線路がわかると思いますが、これが宇品線です。
広島地図_1930年頃 W
 この線路跡に沿って北から南に下ってみましょう。

 たとえば、10月21日の記事で、比治山トンネルの写真をご覧に入れましたが、あの写真を撮った場所、段原中央交差点にこんな碑のようなものが並んでいます。
IMG_2929 段原交差点 W


これは段原地区再開発の記念に、小学生たちが描いた再開発前の風景を陶板(?)に焼き付けて残こしてあるんです。その中の一枚に、宇品線が描かれています。
IMG_2930 宇品線跡
このあたりを宇品線が走っていた名残ですね。


 さらに南に下ると、赤レンガ造りのこんな建物が見えてきます。
IMG_3116 旧陸軍被服廠 W
これは、旧陸軍被服支廠と申しまして、陸軍の軍服や軍靴などを作る工場だったんですね。原爆で鉄の扉がひん曲がったりしたままになっていますが建物の構造体はそのまま残りました。宇品線はこの東側を通っていました。

 今は何も使っていない廃屋です。
IMG_3047 旧陸軍被服廠 W

 なお、宇品線沿いではないのですが、同じく陸軍の旧施設で糧秣廠というのがあります。やはり赤煉瓦の建物です。
IMG_3113 旧陸軍糧秣廠 W
糧秣廠というのは、陸軍の缶詰工場です。こちらは被服廠より規模としてはずっと小さいのですが、現在も広島市の郷土資料館として活用されています。


 さて被服廠からさらに南に行くと、一部不思議な道路があります。なぜか道路真ん中にガードレールがあり、その左右で路面の高さが違っています。右側が高くなっているのがお分かりですか?
IMG_3049 宇品線跡 W
これは、右側が線路だった跡です。

 そして南警察署の交差点近くにこんなものが。
IMG_3052 宇品線跡 W

 このあたりに「丹那(たんな)駅」というのがあったんですね。
IMG_3055 丹那駅跡 W

そこに宇品線の歴史が書いてありました。
IMG_3057 宇品線の沿革



 宇品港につきました。公園になっている一角があり、やはり線路が残されています。このあたりが終点だったんでしょうか。
IMG_3077 宇品線終点 W


 現在、戦前の港湾施設として残っている唯一のものがこの突堤です。旧陸軍桟橋、「六管桟橋」というんだそうです。
IMG_3067 旧陸軍桟橋 W
ここから大勢の兵士が海外に出て行きました。お骨になって帰ってきた人、お骨も帰ってこなかった人・・・。

 王翰の涼州詩、「葡萄の美酒 夜光の杯」という有名な詩がありますが、あの結句が思いおこされます。
  古来征戦幾人か回る  (こらいせいせんいくにんかかえる)


 桟橋の由来を書いた碑。
IMG_3066 六管桟橋 W


 最近、おしゃれなカフェや店舗、結婚式をあげる素敵な貸しスペースなどもできました。
IMG_3087 カフェ W


 釣り人でにぎわっています。
IMG_3094 陸軍桟橋と釣り人 W





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁ、アナゴさんの更新を、楽しみにしてました。
ウミタナゴは立派なサイズですね。ウミタナゴとしては最大クラスかな?
メバルがとても可愛いので、なおさらウミタナゴが、立派な巨体に見えてしまうわね。(笑)

ウミタナゴのお刺身の色合いがとってもステキ。美味しそうだわ。
今度、新鮮なのがあればわたしもトライしてみたいです。

No title

鶲さん、今晩は。
タナゴの刺身を一度味わうと、なぜこれがメジャーな刺身魚として認知されていないのか、不思議な気がしてきます。市場に安定して入荷する魚ではない、ってことが大きいのかもしれませんが。
ぜひ一度どうぞ。

No title

おはようございます。

豪華な刺身のオンパレードですねっ♪
旨そう、旨そう、旨そうですわ~。

イカは冷凍のほうが旨い?
これは定かではありませんが、イカは冷凍しても
鮮度、味が落ちないので味が変わりません。
これは間違ってないと思うのですがね・・・。

いつも美味しそうですね。

宇品線。。。。。
子供の頃廃線になったか。。。。もうとっくに廃線だったか。。。
記憶にないですが。。。。宇品線の記憶はあります。
軍事都市だった戦前の広島の大切な線路だったんですよね。
懐かしく拝見しました。

それとお魚が、本当に綺麗にさばかれていて。。。。美しい!!ですね。

次回も楽しみにしています。

No title

味よしさん、今晩は。
イカ、なるほど冷凍で味が落ちにくい、っていう意味でしたか。冷凍した方が旨い、っていうことは考えにくいですよね。

イカといえば、スルメを水でもどして無理やり刺身にして食った、という話を誰かが雑誌に書いてました。(だいぶ昔の記憶ですが。) そんなこと出来るんですかねぇ?

No title

うさこママさん、今晩は。
宇品線をご記憶でしたか。
私が広島に転勤してきたのは1995年ですから、宇品線が廃止されてほぼ10年後でしたね。全然気にしていませんでしたが、そういえば町を歩いていて不思議なところに不思議なものが・・・、っていうケースはいくつかありました。
いまはマツダスタジアムができている広島駅東側のスペースですが、あれも何も知らずに眺めると不思議な扇形の空き地で、なんだろな? と思いました。あれが山陽本線から宇品線が分岐するための線路のカーブに沿った空き地だったんですね。

京都旅行記、楽しく拝見しています。

No title

宇品線、子どものころ父に連れられて乗ったことがあります。
当時すでに定期客のみ対象の運行だったのに、黙って乗ってしまえば大丈夫と
父が誰かから聞いてきて、ビクビクしながら乗車しましたが、中で車掌さんが
切符を売ってくれて特におとがめはなかったように記憶しています。

父は関東出身なのに、なぜか宇品港から出征したそうで、宇品線には
思い入れがあったのだと思います。送られた先は、かの激戦地サイパンで、
部隊の大半は生還できなかったと聞きます。父は九死に一生を得て
佐世保に復員し、列車で実家に帰る途中広島を通過して、見渡す限りの
焼け野原に驚愕したそうです。

それから20年近くも経って思いがけず赴任することになり、働きざかりの10年余を
過ごした広島は、父にとっても忘れがたい土地なのでしょう。
私がこの夏、旅行した話をすると、珍しく「冥土の土産にもう一度広島に
行ってみたい」と言うので、来年の春、白寿のお祝いに一緒に訪ねられたら
と思っています。

No title

アナゴさん今晩は  ウミタナゴ凄く大きいですね。海から離れた地に住む今は見ることが出来ません。羨ましいです。刺身は未だ試したことがありません。
メバルですが今日夕方黒メバル可なり大きめのを3尾買って来ました。
魚好きな妹が明日来ますので煮て食べる心算です。
秋刀魚が細くなり卯の花漬けにしても駄目だと言うので、鯵の大きめのを5尾買って来ました。これも明日の仕事です。
宇品港の紹介有難うございます。

No title

れいこさん、今晩は。
お父上様、白寿とはおめでとうございます。
それ以上に、そのご高齢で広島まで旅行なさろうというだけのお元気がおありなのは慶賀に堪えません。ぜひ来春にはおいで下さい。

私の父はだいぶ前に亡くなりましたが、仙台の第二師団所属で、やはり南方に送られて、今でいうインドネシアの島あたりで輸送船が撃沈され、アップアップしてなんとか生き延びたそうです。どうも横浜から出国したらしいです。帰還したのは和歌山県の田辺港、父も田辺に帰還した時のうれしさは生涯忘れられなかったらしく、折に触れ語ることがありました。

実は今日、職場の若い人(すべて広島人)と宇品線の話をしてみたのですが、ほとんど印象に残っていないようでした。去る者は日々に疎し、という訳ですね。
実際に乗った思い出のある方からコメントを頂けてうれしいです。

No title

相子さん、今晩は。
なかなか魚好きでいらっしゃいますね。
魚屋の親父さんとのやり取り、楽しく拝読いたしました。
サンマの季節も気が付くと終っており、牡蠣とかタラとか冬の面々に主役が変わりつつあります。これに追いつくのも大変です。
毎週毎週がんばって食べねばなりません。

宇品港に旧陸軍桟橋が一部残っていることなど、私自身も今回新たに発見することがいくつもありました。

No title

すみません、何だか勘違いして白寿と書いてしまいましたが、
父はまだ90歳です。お祝いまで書いていただいたのに申し訳ないです。

被服廠の写真を載せて頂いてありがとうございます。
親友のお母様が被爆死されたお姉様のために8月6日に灯篭流しに
行かれるのに、何度かついて行ったことがあるのですが
お姉様はヒフクショーで被爆されたと音だけ覚えていました。
それが被服廠のことらしいと気づいたのは随分後のことで、
出汐にあったことは今日初めて知りました。

No title

しばらくご無沙汰しておりました。
イカが冷凍しても味が落ちない、というかあまり劣化しないというのは仲買人や料理屋が口を揃えて言っているので、プロの間では常識のようです。よく「イカは冷凍が利く」なんて言ってます。そのことを踏まえると「冷凍の方が美味い」というのは、鮮度の落ちた生のイカよりも、冷凍してあるイカの方が美味いという意味かなと推測します。前後関係が判らないので何ともいえませんが。
もっとも、仲買や料理屋が持っている業務用の冷蔵庫は、家庭用に比べて冷凍温度が格段に違いますから、そういう事が言えるのかもしれません。それはともかく、CAS(cells alive system)冷凍が可能な冷蔵庫がもっと普及すれば、将来「刺身は冷凍物に限る」なんてことになるのでしょうか?

No title

れいこさん、今晩は。
いやいや、九十歳でも大したものです。卒寿でいらっしゃいますね。
卒寿でそれだけの気力を維持していらっしゃる、あやかりたいものです。
私の父は大正10年生まれでしたが、お父上とほぼ同年代のようですね。

被服廠、そうです出汐です。
皆実高校というのをご記憶でしょうか。
あそこですね。

No title

へるぞうさん、今晩は。
しばらくコメントいただけなかったので、何かお気に召さないことを書いてしまったかなぁ・・・、と気にしていました。

CAS冷凍という技術、初めて知りました。世の中いろいろ進歩しているようですね。
もっとも、一昔前の日本人に、「広島でも刺身にできるサンマがその辺のスーパーで普通に買える。」って言ったら信じてもらえなかったでしょうが。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

ニュースでご覧になったと思いますが室蘭は大荒れ!
長時間の停電も重なって大変なことになっているようです。
昨日まで居りましたが一転してこの状況、恐ろしいです。
今の時代、オール電化の家じゃなくても暖房、給湯すべてに
電気が使われているのでかなり厳しいと思います、

冷凍イカの刺身、とても美味しそうです(^^)
これはきっと生食用!と思っておきましょう♪
それに劣化したイカゴロは生臭くて食べる気にはなりませんもの。

富山の白えびはもっと小さいのをむいて昆布締めにするとか。
でも海老の殻剥きって‥面倒ですよね。

旧陸軍の廠舎、大変興味深く拝見しました。

No title

はるさんさん、今晩は。
室蘭の暴風雪、大変なようですね。
全市が停電とか。私も何年か冬を室蘭で過ごしましたが、風速39メートルとか、ちょっと経験したことがないような状態のようですね。大事ないことを祈るばかりです。
冷凍イカ、幸いにも何事もありませんでした。ゴロもルイベで美味かったです。
どうもなんでも刺身教に凝り固まっているので、そのうち痛い目を見るかもしれません。

シャコ爪、ってご存知ですか? 寿司だねになるシャコ、あのシャコの「爪」だけむいて軍艦巻きにして食べるんだそうです。一体どんだけむかなければいけないんでしょうか? とても信じられません!

No title

アナゴさん おはようございます(^^♪

シャコ爪の軍艦寿し、知ってますよ~♪
小樽のお寿司屋さんでは、上得意さんへ裏メニューとして
提供している‥と聞いたことがあります。
我が家もチマチマハサミとピンセットを駆使して作ります。
シャコはお高いので爪の先までいただかないと‥というわけです。
日本海のシャコ漁は春先の1回だけですが、小樽だけは春と秋の
2回、漁があるそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私が広島へ転勤になったのは1988年だったので
宇品線は無かったのですね。
宇品方面へは路面電車の記憶しかありません。

タナゴもメバルも綺麗な身で美味しそうですね!
船凍のスルメイカは原料扱いされるので
生食と加熱用の区別をしていませんので
販売者が決めることになると思います。
剥き身などの加工が施されるとどちらかの表記が必要になります。

No title

11月28日の「管理人のみ」のコメントの方、ありがとうございました。
いろいろ、ご関心持っていただいて感謝しています。

No title

はるさんさん、道南地域大暴風で苫小牧・室蘭地方は停電で大混乱のようです。私も室蘭には知り合いが少なからずおり、心配していました。
今日(12/1)の時点ではもうほぼ回復したとのことですが、後遺症もけっこう懸念されます。どうぞお大事に。

No title

ちゅんごさん、今晩は。

十七、八年住んでいても、知らないことがいっぱいあり、ブログの記事にアップしようとするとわからないことだらけ。
調べてみると、いろいろ勉強にもなり面白いものですね。

広島市の路面電車は今年でちょうど営業100年目だそうで、記念行事もあったようです。営業的に成り立っているようですからたいしたものです。

No title

学生の頃。。。
宇品に下宿している友達を訪ねた事があります
今は無き電車に乗ったんだと、思いをはせています

お刺身三昧、どれも美味しそう♡

No title

くまりんさん、おはようございます。
娘さんのお誕生日のごちそう拝見しました。
やっぱりちゃんとしたお料理は、写真も温かくていいですね。

宇品方面にいらしたことがおありでしたか。
他の方のコメントでも路面電車について触れられているのが目につきました。
こんど、広島路面電車特集号を企画しましょう。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード