2012/11/13 骨酒 (ウミタナゴ)

 この間の日曜日、雨の午後でした。

IMG_3010 落ち葉散り敷く・・・ W


IMG_3012 緑苔落葉 W



 さて、この骨は?
IMG_3016 ウミタナゴ 骨 W
 先々週、広島朝市で買ったウミタナゴですね。刺身用にさばいた後の骨を干し上げておきました。 これを電子レンジで注意深くチンすると、結構な酒のお供になるんです。


 で、全部食べないでいくらか残しておき、これを改めて香ばしくコンガリとあぶるわけです。
IMG_3018 骨をコンガリと w

 でも何のために?



 これです。骨酒です。
 熱々に燗した酒を、このコンガリの骨に注いであげます。 ウー・・・、絶句...
IMG_3030 骨酒 ウミタナゴ W

 鎌倉の船長さんの娘のブログの話題に、カワハギの骨酒が上っていたので、早速やってみたのです。実に結構ですなぁ。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん、こんばんは~。
今週は、平日もアップですか、油断して見逃すところでした。
骨酒は、わたしも時々、たしなみ程度に。(笑)

お魚の種類によって、出汁が弱い時は、軽くグリルすると干すよりも出汁が濃くなるみたいです。
もちろん、焦げるほど焼いちゃうと、苦いですけどね。(^_^;

実は、わたしはウミタナゴのお刺身がどんな味覚だったのか、アナゴさんの論評が聞きたいわ。
わたしは塩焼きで、マタナゴ、ウミタナゴ、オキタナゴは食べているんですけど、
お刺身は残念ながら味わった事が無いのです。
アナゴさんが、一尾買ったと記述があったので、レポートを期待していたんですけど・・・。
その後、ブログでウミタナゴの事は触れてなかったので、期待外れの味覚だったのでしょうか?
ちょっと気になってるんです。。

No title

あ、ごめんなさい。レンジでチンすると書いてましたね。
グリルと同じですよね。
もう夜も更けて半分寝惚けてました。(^_^;

No title

紅葉のじゅうたんに骨酒
冬になりましたね
寒いのは得意ではないのですが
冬の食べ物は大好きです
鍋物、かす汁、かき、ふぐ、、、、
今後の記事が楽しみですね



応援ポチ

No title

フクのひれ酒ならぬ、骨酒
初めて見ました!
今度トライしてみます^^v

No title

鶲さん、今晩は。
深夜のコメントありがとうございます。

一年ほど前だったでしょうか、「タモリ倶楽部」っていうTV深夜番組で、いろいろの魚の「ヒレ酒」を試してランキングしよう、っていうのをやってました。結果は覚えていませんが、ああいう世のため人のためには全然ならないけれど、でもやっている本人たちは面白くてしょうがない、っていう活動、ああいうのが本当の道楽なんでしょうね。

ウミタナゴの刺身、けっこうでしたよ!
あまり強く自己主張する味ではありませんでしたが、歯ごたえも悪くないし塩焼きにしたときにただようタナゴの香り、あれがかすかに感じられる刺身でした。大きめのウミタナゴが手に入ったら、一度お試しあれ。

ただし、(ここからが本音)ウミタナゴに限らず普通は刺身にしないような魚を刺身にしたときの自己評価、これはですね、「どうだ、俺様はこんな珍しいものを食べてるんだぜぇ!? うらやましいだろッ!!!」、っていう「ほめられたい根性」のバイアスがかなりかかっていると思うんです。
ウミタナゴの刺身がホントに美味いかどうか、これはちょっと微妙なところなのかもしれませんよ。

No title

間取作造さん、今晩は。
おお! 良いですねっ冬の味覚!
でも何か今年は秋がなくていきなり冬か?、みたいな感じですが。

私の故郷、岩手で冬の味覚というとなんでしょうか・・・
極めて個人的な選択ですが、餅関係ですね。
雑煮、黄な粉モチ、納豆モチ、カラミモチ(→なんだか解りますか? 大根おろしで食べるモチです。)・・・、敢えて魚関係をあげるとすれば、ものすごくしょっぱい塩鮭、・・・ンーこれは岩手の味覚ではなくて、私個人の想い出の味ですね、失礼!

No title

こんばんわ~♪
ウミタナゴの骨酒、こんがり炙られていて美味しそうですねー!
うちは干したところから先がまだなので、週末にでも骨酒をいただいてみたいと思います。
ブログのリンクもありがとうございます。
ちなみにわたしもタモリ倶楽部のヒレ酒企画見ました!
いろいろやって結局フグが1番美味しいよね、っていうことになっていましたが。笑
いま検索したらこちらに結果が掲載されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/stakamatsus/22504535.html

No title

くまりんさん、今晩は。
骨酒、実は私も初めてなんです。
どこかでフクのヒレ酒はいちどいただいたことがあって、あれは実にしみじみと胃袋にしみこむものだ・・・、と記憶に深く刻み込まれていたんです。
で、今回の骨酒ですが、突然思い立ってやってみたんですが、なかなか悪くありません。今後いろいろの魚で試してみようと思ってるんです。
くまりんさんの実験結果もご披露くださいね。

No title

ayuさん、今晩は。
おぉ! タモリ倶楽部をご覧になっていらっしゃいましたか!
あの番組はテーマにより当たり外れはあるとはいえ、他の番組にはない能天気な方向の真剣な努力、いつも笑ってしまいます。

ヒレ酒ランキングの結果、ありがとうございました。
それで思い出しました。
私も半年以上前のオニカサゴ(ほんとはイズカサゴ)のヒレを乾燥して、いまだに隠し持っているんです。
http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-263.html
今度これを登場させましょう。

ところで先週のタモリ倶楽部ご覧になりましたか?
(お嬢様が見るには抵抗のある、とんでもないテーマでしたが。アーハッハッハァー!)

No title

アナゴさん  こんばんは(^^♪

骨酒、寒い夜には温まりますね~♪
うちは先日、“鮭のヒレ酒”を楽しみました。
なかなか乙なもんでしたよ~(^^)

↓今年は小樽のサヨリは不調だったようです。
“はんぺん”で釣れると何かで読んだのですよ‥
試してみたかったです。

No title

アナゴさん おはようございます(^^♪
たぶん、想像がついていると思いますが‥
2012-11-14(23:38)のコメはわたしです(^_^;)

No title

23:38さん、今晩は。
鮭のヒレ酒?、小樽のサヨリ???、 ンー・・・これはきっと、は×さ×さんにちがいない! それとも、×る×んさんかなぁ?
と思っていたらやっぱりそうでしたか。

伊達火力&その背景の写真、なつかしく拝見しました。
「山紫水明」っていう言葉が好きですが、北海道の秋の山、天気と時刻にもよりますが本当に紫色に見える時がありますよね。「昼の風」の写真、バックに写っている山の紫色、これですねえ。

No title

お早うございます。ウミタナゴは専ら煮て、それを焼いて食べるだけです。
サンマやアジの骨の空揚げや素焼きは戦後の食糧難の時の栄養補給でたんまり食べました。炭火でゆっくり焼くと焦げの匂いが良いんですよ。
私は日本酒を飲みませんから、骨酒の美味しさを知りません。
アナゴさんは毎週楽しまれていますね。
そうそう最後になりましたが、雨に濡れた道のしっとり感が素敵です。
鎌倉の船長さんのお嬢さんのブログは凄いですね。

No title

アナゴさん〉
オニカサゴのヒレ酒も楽しみですね!
レポート待っています♪
タモリ倶楽部は大好きで毎週録画して見ていますよ。
先週はギターでしたかね。マニアックでくだらない企画がいいですよね。笑

No title

相子さん。こんにちは。

そうでしたか、戦後の食糧難で魚の骨を・・・。
飽食ノンべのバカ話とは違って、粛然、襟を正す、という気持ちになりました。

戦後の食糧難、という言葉に出会うといつも必ず思い出すことがあります。魚と関係ないのですが書いてもいいでしょうか。

私は、北杜夫さんのファンでほとんどの著書を読んでいると思うのですが、「ドクトルマンボウ青春記」も好きな一冊です。その中に次のようなエピソードがありました。

旧制松本高校の寮にもぐり込んだ北さん(当時はまだ、斉藤宗吉さん)、寮の食堂で食事をするときに、各自のおかずのほかに、テーブルに一皿の漬物が出る場合があり、たとえば4人テーブルにタクワン一皿が出たとします。素早くその皿のタクワンを数えると13切れあります。4人で13切れ、一人3切れずつ食べると一切れあまります、その一切れをだれが食べるか、自分も食べたいがうかつに手を出すと意地汚い奴と軽蔑されそうで躊躇する、しかし食べたい、という苦悩で身動き取れなくなる・・・。

私はベビーブームの終わりごろの生まれなのですが、そのような深刻な飢えを経験したことがありません。親と社会に感謝しなければなりませんが、上記のエピソードを読んでいらい、食卓にタクワンが出るとかならず「4人で13切れ」を思い出します。

No title

ayuさん、大変な勘違いをしてしまいました!

すっかり忘れていたのですが、広島は田舎なので、タモリ倶楽部は2か月遅れぐらいの放送になるんです。
で、初めのお返事に「お嬢様が見るには抵抗のある・・・」と書いたのは、2か月遅れぐらいで先週放送された番組についてのコメントなんです。失礼しました。
本当の先週の番組、ギターについて、ですか、はまだ見ていません。2か月先になりますね。

それで、その「お嬢様が見るには抵抗のある、とんでもないテーマ」、2か月ぐらい前に、プロレスの特殊なワザが取り上げられていたのをご記憶ではありませんか? ゴールドに関係あるわざなんですが・・・。

No title

アナゴさん>そういうことだったのですね!
広島では2ヶ月もタモリ倶楽部にタイムラグがあることをはじめて知りました!びっくりです。
そしてタモリ倶楽部はかかさず見ているのでその企画も楽しく拝見しました。確かにお嬢様が見るにはすごい企画でしたね!笑
わたしは「お嬢様」ではないので、楽しめましたよ♪笑
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード