2012/10/26 今週末は土日出勤

 今晩は、アナゴです。
 金曜の夜、ゆっくり明日のお魚ツアーの作戦を練るはずの時間なんですが、実は今週末の土日は諸般の事情で出勤なんです。よって、お魚ツアーは無し。



 まったく話題無しというのもさびしいので、これまでご紹介していなかった広島朝市(日曜)でゲットした魚などをアップしときます。


 まずは、ひと月ばかり前の、アナハゼ & ベラの諸君です。

IMG_2585 アナハゼ、ホシササノハベラ W
これで500円。


 ベラ、より詳しくは、ホシササノハベラだそうです。
IMG_2645 ホシササノハベラ W
名前の通り、背に星を背負っているような。


一方こちら、アナハゼは地味ないでたちです。
IMG_2652 アナハゼ W


ホシササノハベラの刺身です。
IMG_2675 ホシササノハベラ 刺身 W


IMG_2678 晩酌の膳 W

 アナハゼも刺身にしました。
IMG_2681 アナハゼ 刺身 W


 一部は開いて一夜干しに。
IMG_2682 アナハゼ 干物 W
刺身を取った残りの中骨、これも干して冷蔵庫に隠匿しておくと、いざという時の強い味方。電子レンジで様子を見ながら上手にチンすると、大変結構な酒の肴となります。





 続きまして、カワハギ。広島ではカワハギ関係を「ハゲ」って言いますが、単にハゲっていえば、ウマヅラハギのことをさします。じゃぁ、普通のカワハギは?
 正解は、「丸ハゲ」でした! 細長いウマヅラハギに比べて丸っこいからでしょうね。 ウーム、差別用語ですなぁ。
IMG_2752 カワハギ W
手ごろなサイズで、500円。

 大変きれいな刺身となります。
IMG_2761 カワハギ刺身 w
写っていませんが、もちろん肝醤油とともにいただきます。


 以上です。

 さ、お仕事お仕事・・・。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

明石からどこまでdayの管理者のひびきと申します。
hoyatabetaiさんのブログで、ベラの刺身に釘付けです。
私も一度だけ食べたことがありますが、美味でしたね。
ホシノササベラも刺身でいただくなんて、思いも寄らなかったです。
刺身にするなら、キュウセンベラだけと思い込んでいましたが。
また、お邪魔させていただきます。

ようこそ、ひびきさん

こんばんは、ひびきさん。
ご来訪、ならびにコメント、ありがとうございました。
ご覧のとおりの素人板前ごっこの呑み助ブログです。ご興味を持っていただくとうれしいです。

ベラ、ちょっと曲者ですよね。
おっしゃる通り、キュウセンは広島でもある程度ポピュラーな魚で、一般には「ギザミ」って呼ばれています。私は転勤で広島に来たんですが、初めてキュウセンを鮮魚店で見たときはびっくりしました。こいつは観賞用の熱帯魚じゃないか? って思たので。

どんな魚でも、まずは刺身にしてやろう、といつも考えてるんです。普通は焼き魚としていただく魚、たとえばタナゴ(ウミタナゴ)の刺身はとても美味しいです。

穴ハゼですか?

こんにちは、はじめまして。
べらは、美味しいって良く好いますよね~

穴ハゼって、どの様な味がしますか?
そうですか。。。好いフィーリングだね。

友達が、草河豚の刺身を食べてましたが
毒の無い魚は、食べましょうね。

リンク貰おうかな~ 相互リンクokですか?

No title

お早うございます。べらは私の育った房総では釣れても食べませんし、売ってもおりません。
関西では食べていると聞きますが、まだ食べたことがありません。
タナゴは大好きですが、刺身では食べたことがありませんよ。それに売っていませんしね。
カワハギの刺身は大好きです。これもこの地では無理です。
アナゴさんが羨ましいですよ。

ベラ

ベラは魚屋ではあまり見かけませんが、小さい頃からよく食べていました。
自分で釣るか、貰うかです。
長崎では、背切り(せごし)で食べます。
煮付けにするときは、大きな鱗があるので煮る前に表面を素焼きにします。
すると、鱗がくるりと丸まってはがれます。付いてても食べられるように柔らかくなります。

カワハギはゴベと呼び、ウマヅラハギを朝鮮ゴベと言います。
最近、カワハギは高級魚ですね。薄造りにすると、河豚と言われても分りません。
河豚の代用でずいぶん食べているのかも(笑)

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪

休日出勤、大変ですね。
「丸ハゲ」とはなんとも可哀想なお名前ですね。
でも、身は透き通ってキレイですね。
肝醤油‥いいなあ。
昔、小樽でウマヅラの方を釣ったたことがあるんです。
お刺身で食べられるとは知らず‥みりん干しに。
返す返すも無念です(^_^;)

今日の朝刊に、室蘭のJX日石製油所の閉鎖が取り沙汰され
市が困惑との記事がありました。
JRA室蘭も廃止が決定されたとか‥。
なかなか厳しい時代のようです。 

穴ハゼです。

yoshiさん、今晩は。
ご来訪、ならびにコメント、ありがとうございます。

アナハゼ、これを買った朝市でも地味な存在です。
売っている方もぜひこれを売ろうというよりは、「その他大勢」みたいな感じで、雑魚扱いですね。
食べ方を聞くと、「から揚げだね。」っておっしゃいます。
でも刺身にするのです。普通においしいですよ。

リンク、どうぞよろしくお願いします。

No title

相子さん、今晩は。
おっしゃる通り、関東ではベラは食べないですよね。
なんだか見た目がちょっと・・・。
私も広島転勤直後はびっくりしました。

No title

つしまひのきさん、今晩は。

ベラの背ごしですか、ウーム・・・。
背ごしというのはやったことがありません。骨は気にならないんでしょうかね?
アユの背ごし、ってのは聞きますが。

ゴベ、魚の名前って面白いですよね。
それぞれの地方で大事にされてきた歴史を感じます。

No title

はるさんさん、今晩は。
土日、二日とも出勤、っていうのは過去振り返ってみてもあまり記憶に無いです。
(今の世の中からすると、恵まれた存在なんでしょう。)

室蘭情報、ありがとうございます。
日石さんが無くなると影響はだいぶ大きいでしょうねぇ・・・。
室蘭市の困惑もよくわかります。
数年前、夕張市の苦境が全国的に注目されたことがありましたが、室蘭もああならなければ良いのですが。

船長さんともども、でかい鮭をゲットなさった記事、拝見しました。
背景の山なみ、懐かしい感じの曲線でした。

なるほど・・

刺身を取った残りの中骨を干しておけば良いのですね。
チンで良いんだ・・・・ありがとうございます。
最近、鯵、秋刀魚を自分でおろしていたんで・・・助かります。

魚の中骨

sakuramomさん今晩は。

乾燥中骨をチンするワザ、以前は私も知らなくて、普通に焼き魚を焼くように金網やガスレンジのグリルなどで焼いていました。ところがこれが焦げるんですよね。一瞬判断が遅れると炭になってしまいます。
油で揚げる、っていうのがより一般的なやり方らしいですが、面倒だし油の処理が大変、それに何より油代がもったいない。
今年になってから、どなたかからアドバイスのコメントをいただいて、その失敗から解放されました。ありがたいことです。

三枚におろした中骨は、塩水にしばらく(5~30分、適当に)漬けてから干すと適度に塩味がついて美味しいです。スッキリ干しあがった骨は見た目にも美しく、私は「作品」と呼んでいます。アハハ
中骨が旨い魚ベストスリーは、サヨリ、キス、アジ(あんまり大きくないもの)、でしょうかね。そういえばサンマはまだやったことがありません。

はじめまして

はじめまして。

魚についてはボクよりも相当知識がありますわ。
さかなクンもビックリですね。
素晴らしい魚料理、そこらの居酒屋さんより
格段に綺麗&上手に仕上げてますね。ホントびっくりです。

この食生活なら・・・相当長生き出来ますよ~ 笑

No title

味よしさん、今晩は。
コメント、ありがとうございました。
プロの方に見ていただくのは、緊張しますね。いろいろ言い訳はあるんですが。

亀の甲より年の功で、聞きかじった知識は増えますが、それがどういうふうに活きているのか、微妙なところです。

No title

いや~旨そうですね~
子供の頃魚が苦手でしたが
酒をたしなむようになって好きになりました。

今は酒を止めましたが
九十九里地方に引っ越してからは
魚を捌く事に目覚め
片貝漁港に行って
鯵や鰯、鯛などをバケツで買ってきて
さまざまな料理で楽しんでいます。

フリープランニングにおこしいただきまして有難うございます
またお邪魔させていただきます。

ようこそ

間取作造さん、ご来訪、ならびにコメント、ありがとうございました。
ご覧のとおり、シロウト板前ごっこの呑み助ブログですが、時々ご覧いただけるとうれしいです。

だいぶ以前、実在する家屋の間取り図だけを集めた不思議な本を読んだ(見たというべきか?)ことがあり、つくづく世の中には変わった人や物があるんだなぁ・・・と、感じ入ったことがありました。著者は「マドリスト」を自称なさる若い女性だったように記憶しています。
貴ブログの、「・・・台」の話題や、LDKは一階に、という話、とても興味深く拝見しました。貴ブログにはなかなか考えさせられる記事が多く、「衣食住」の「食」にかかわる方の文章は面白いと思っていましたが、「住」にかかわるお仕事の方の文章も面白いものだな、と思いました。人間に直接かかわる仕事だからでしょうかね。
そういえば、隈研吾とか、宮脇檀とかの著書が私の書棚のどこかにうずもれているはずです・・・。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード