2012/9/30 メイタガレイ、ソイ、クジラ

 皆さん、台風はいかがでしょうか?



 広島市はもとより、中国地方最大の歓楽街、流川(ナガレカワ)です。
IMG_2385 流川 W

 この流川通りを中心に広がる一帯は、健全なレストランから怪しい飲み屋、さらに超不健全な×××まで、ご希望のままに取り揃えてございます、という素晴らしい場所です。朝九時すぎの風景なんですが、明るい時分の歓楽街というのはなんか間の抜けた印象です。

 なぜ「流川」かというと、この通りの北端延長線上に、旧浅野藩の庭園「縮景園」があり、そこの池の水が小川となって流れていたんだそうです。水辺というのは飲み屋街の発達する一つの条件ですね。秋田市の川端通りとか、福岡の中洲とか。

 
 実は金曜日の晩、職場の若い人が別の部門に移るということで壮行会をこの一角の飲み屋さんで行いました。夜の流川を歩くのは本当に久しぶりで、目が回りそうでした。目が回った挙句に飲みすぎまして、昨日、土曜の朝は二日酔い。



 二日酔いのけだるい体で行ってきたお魚ツアー、いつものように大手町おかず工房まで来ると、隣のビルでこんなことをしています。

IMG_2377 ビルメンテ W

 本当に大変なお仕事です。意気地なしの私は見ているだけで吐きそうになります。

IMG_2374 ビルメンテ W




 おかず工房の鮮魚売り場では、もうすでに開店後の第一戦が終わって静かになっています。台風がちかづいているのと、大潮が重なって、魚が少ないと売り場のお姉さんが言っていました。大潮だと漁が薄いというのは何か理由があるんでしょうかね。

 メイタガレイを買いました。24㎝、280g、350円。

 どうも調子が出ないので、いつものリアルや舟入市場を回遊するコースはあきらめ、宝町のフジへ。クジラを買いました。195円/100gを157gで306円。それから帰途、緊急事態が発生して、あまり入ったことの無いスーパーに急きょ立ち寄り。無事用を済ませ、すっきりして店内を回ってみました。スッキリのお礼に鮮魚売り場でソイを買いました。29㎝、458g、498円。


 こんな連中です。
IMG_2399 ソイ、メイタガレイ W

 ソイは鮮度も良さそうだったのですが、目が少し濁っていますね。
IMG_2400 ソイの顔 W


 構わず刺身用に。
IMG_2409 ソイ サク W


 と、嫌なものを見つけてしまいました・・・、この矢印のところ、黒いポッチリが見えますね。
ソイの腹身に寄生虫
通称「ゴマ」と呼ばれる寄生虫です。食べても人間には害はないそうですが、でも気持ち悪い

 付属品、皮、肝、胃袋です。
IMG_2416 ソイ 付属品 W


 慎重に「ゴマ」を避けて刺身にしました。こうなればこっちのものです。
IMG_2422 ソイ 刺身 W


 付属品二皿。肝はゆでてバルサミコ酢で。
IMG_2429 ソイ 付属品二皿 W


 メイタガレイは、買ったときは刺身にするつもりでしたが、ソイの「ゴマ」との対決で時間をロスしたため、煮付に変更。煮魚に挑戦するのはとても久しぶり。ネットで調べると、煮る前に霜降りにしろ、とあったので湯にくぐらせた途端に皮がべろりとむけてしまいました。
IMG_2432 メイタガレイ 煮つけ W


 クジラ、半分はただ切っただけで、残り半分の表面に熱した金網で焼き目をつけてレアステーキ風に、と思いましたが、金網に引っ付いてグジャグジャになりました。
IMG_2423 クジラ刺し あぶり w


 こうなりました。
IMG_2438 晩酌の膳 W

 酒は宮城県石巻の日高見、先々週の山田錦の父親「短稈渡船」に続き、今度は母親の「山田穂」です。胡町の大和屋で2940円。割とあっさりした味わいの酒です。(ところで今まで何も気にせず「胡町の」と書いてきましたが、これ何と読むかお分かりですか?これは「エビスチョウ」と読みます。ご参考まで。)



 クジラ刺しは普通、ショウガやニンニクでいただくので、優しい日本酒には少しどうかと思い、黒糖焼酎を買ってきました。鹿児島県喜界島の伝蔵、900mlで1180円。
IMG_2439 黒糖焼酎 w




 さて先日、市有財産であるザクロをなんとかゲットしたい、という話を書きました。ゲットしてきました。手が届かないので、ロープ(自転車の荷台に使うゴムのロープ)を振り回して枝に引っ掛け、手元に手繰り寄せようという作戦でしたが、これがなかなか上手くいきません。アクション映画などでは簡単にロープを絡み付けて上ったり下りたり、というシーンがありますが、あれは嘘です
 結局30分ばかり苦闘した挙句、やっと一個。
IMG_2350 ザクロ一個だけゲット w
 白昼、ごま塩頭のオヤジがヒモを振り回し続ける様は、さぞや異様であったろうと思います。途中何人かお散歩の方も通り過ぎて行かれましたが、警察に通報されなくてさいわいでした。

 その苦労の成果を、さっそく切ってみると、こんな感じ。
IMG_2370 ザクロ切断面 W
 ザクロってこんなものだったかな??? 結局少しかじってみただけで捨ててしまいました。という、竜頭蛇尾の顛末でした。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



(付け足し)

 私は岩手県立水沢高校という学校の卒業生なんですが、こんなものを見つけてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=sebDvnfmm6k&NR=1&feature=endscreen

私たちの時代にも応援団というのはありましたが、ここまで異様ではありませんでした。ウーム、どうしてこうなったのか・・・?



(10月2日 追記)
やっと月を見ることができました。
昨日は十六夜、で今夜は立待の月、という訳です。
私のカメラと腕ではこれが限界です。
IMG_2451  立ち待の月 W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん こんにちは(^^♪
いまごろ台風が通過中でしょうか?

皮を引いた後の皮目が素晴らしく美しいですね。
ソイの“ゴマ”、こちらでは日本海側のソイに
入っていることが多いんですよ。
太平洋‥室蘭で釣るものに入っていたことは
一度もありません。

ザクロ‥奮闘むなしく‥残念でした(^^ゞ

No title

台風17号、このあたりに直撃じゃないですか…。昼過ぎてから段々風雨が強くなってきました。
ソイのゴマですか。スチールウールのような寄生虫ですよね?それならハタの仲間にも付いていることがあります。はるさんの仰る様に、日本海側のキジハタによく付いているという話で、実際買った時に付いていました。でも一色で揚がったアオハタにも付いていたことがあるので、日本海側に限ったことではないのかもしれません。いずれにせよ、鯛や鱸にも寄生虫はいますが、こればっかりは仲買に文句をつける訳にはいきませんね。
メイタは小さいので内臓だけ出してそのまま煮ても良さそうですが、切り身にしたのはアナゴさんがナメタガレイの煮魚をよく目にしていたからそうしたのかなと想像しています。まあどうしてみても皮は破れやすいのですが。

No title

アナゴさん、こんにちは~
このところ週末はアナゴさんの更新が、新たな楽しみに加わりました。
今週も頑張ってますね、クロソイが美味しそう。
お刺身の写真も、かなり雰囲気が変わってきましたね。
ナマ肝もリアルで質感もバッチリね。
フサカサゴ科のお魚の肝は、クセがなくて、苦味もそこそこで美味しいので、わたしもお気に入りです。
メバルもカサゴもソイも、肝の大きさもたっぷりあってイケますよね。
鮮度が落ちると、生臭いですけどね・・・。

No title

刺身は大好きだけど・・
最近、煮魚もしみじみと美味しいと思う。
歳なんでしょうか??
クジラで一杯も・・イイな~!

No title

はるさんさん、今晩は。
台風17号、広島はほとんど影響感じず。本日(30日、日曜日)朝から小雨であったものの、特に荒れ模様ということでもなく、午後からは雨も上がり、自転車で出かけてきました。
でも今から名古屋以東、大変のようです。

ザクロ、ほんとに残念。こんなはずでは!!
何か、もう少し気の利いた結末がほしいところです。

No title

へるぞうさん、今晩は。

ナメタガレイ! そうですねェ、そういう連想も働いたかもしれません。
岩手・宮城あたりでは年末になると、どうしてもナメタを食わなければ年が越せないっていう人が今でもけっこういると思います。15年ばかり前に死んだ私の父親もそうでしたね。バブル華やかなころは、アッと驚く一切れ3千円、とかいう話もあったそうです。さすがに最近はそこまでのことは無いようですが。

No title

鶲さん、今晩は。
フェルメールを目指して四苦八苦、なかなか思うようになりません。
写真なんて、シャッターを押せばだれでも同じように撮れる、と内心思っていましたので。
照明の当て方とか技術的なこともさることながら、自分の頭の中に撮りたい画像をいろいろイメージできるかどうか、ってことがもっと大事なんだろうな、と思っています。

No title

こてつぱんさん、今晩は。
「なんでも刺身教」の呪縛からいまだに逃れられない私ですが、煮魚でしみじみとぬる燗の徳利を傾けるのもいいですよね。アラカンの私が言うのもおかしいですが、おとなの男っていう感じ。私もおとなになろうかな?

くじら、今年の調査捕鯨が船の老朽化で中止になるかもしれない、なんてニュースが聞かれます。ややこしい政治的地雷原の中で仕事をしなければならない方々のご苦労は想像するに余りあります。せめてスーパーで刺身用クジラを見たら1パック買って一杯やることで、その方々のご苦労に感謝することになるんじゃないかとひそかに思って飲んでます。

今日は中秋の名月のはずなんですが、広島は曇り。そちらはこれから台風の湯ですから、お気を付け下さい。

No title

今晩は 此方は昨夜と違い良い月が出ています。
何時も腕をふるってご立派です。
ソイもメイタも何時も煮て食べています。
一度に食べませんからでしょうね。
お刺身も煮魚もでは老人には厳しいです。

No title

またまた珍しいお魚のオンパレード。
くじらのお刺身とステーキ、なんて贅沢なのでしょう。
アナゴさんまブログを見ていると、一杯飲みたくなりますよ。

動画、見ました。おもしろいですね。今時、バンカラ!!
意外や意外、女子高生たちがバンカラがかっこいいと言っていたのには
びっくりしました。今時の男子高校生はか弱くみえるのかな。
バンカラが時代に流されなていい・・というのはちょっと違う気がしますが、
ああいう高校生がいてもいいですね(^^)/
アナゴさんの時代の応援団は、ああいう感じじゃなかったのですか?

No title

 ビルメンテの高所作業は写真を拝見するだけで
吐きそうです(>_<)
二日酔いなら絶対に吐きますね(笑)

ソイの寄生虫!よく見つけましたね(>_<)
私は寄生虫って見た事ないんですが・・・
あまり気にして見ないだけで
結構いるもんなんですかねぇ(T_T)

No title

相子さん、今晩は。
こちらはやっと今宵、月を愛でる空となりました。
追記で今夜の月をご覧にいれます。

名月はいいですね。
何も言うことがありません。

No title

おばんですさん、今晩は。
クジラ、ンまいですよ!
そんなに高くないし。
酔っぱらうのに好適、おすすめです。 (・・・ン?)

わが母校のバンカラ応援団、少々驚きました。
私たちのころ(1970年代の卒業です。)は、あんなつぎはぎ学生服ではなく、普通でした。下駄ははいていたけど。
裸足で校内を歩くなんてのも聞いたことがありません。
それに第一、応援団のなり手がなくて、毎年もめたんです。

ちょっと立ち入った解説(すべて推測)を致しますと、あれはですね、盛岡一高とか、一関一高といった旧制中学から続く名門校に対する対抗意識もあるんでしょうね。わが水沢高校は戦前は高等女学校だったもんですから。

いま現役でがんばっている若人がどの程度意識しているか、わかりませんが。

No title

カミカミ王子様、今晩は。
寄生虫関係、私の得意とするところです。
いつぞやはサバのアニサキスをご披露したことがありました。
http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-106.html
それからタイの口の中のタイノエとか。
(ちょっと恐怖)
サヨリを買うとけっこうな確率でエラに虫がついています。

寄生虫諸君も生活がかかってますからね、大変だと思います。

No title

アナゴさん、こんばんは~
水沢高校ご出身なのですね!
実は、私が高校時代、とある全国大会に出たのでしが
そこには岩手代表で水沢高校の方が出てらしたので、とても懐かしくって・・・
本編では無い内容に思わず反応してしまいました!
順位は忘れましたが、水沢高校の方、とっても良い成績だったのですよ!

ザクロ

実家の庭にザクロの木があり、子どもの頃はよく食べていました。
でも、こういう状態の実は見たことありませんね・・。
真っ赤に熟れて、少しハジケ気味のものを採れば間違いないと思うのですが。
いずれにしても今回は残念でした。お疲れ様ですぅ。ww

No title

ぷくさん、今晩は。
おやおや、何の全国大会だったんでしょうかねえ?
わが母校で全国大会に行けるほどの実力を持っている部って何でしょうね?
(最近は碁クラブというのが強いそうですが。)
まったく思いつきません。
文科系ですか運動部系ですか?

ちなみに私は軟式庭球部(今はソフトテニスって言うらしいですが)でした。

先日は似たような内容のコメントを2通差し上げまして、失礼いたしました。
ちょっと酔っぱらっていたようです。

No title

anegoさん、こんばんは。
芋煮会、楽しそうでしたね。
おとなになって以後(就職して東北を離れて以来)、芋煮会をしたことがありません。就職して初めての勤務地は北海道なんですが、北海道はジンギスカンの天下で、芋煮会という文化はありませんでした。(年中ジンギスカンをやってました。)

ザクロ、おっしゃるようにもっと熟れてはじけてから、もう一回挑戦します。

No title

な~んと流れ川じゃないですか!!
へぇ~そんな由来があったんですね。名古屋の「錦三」も。。。もしかしたらかも~。
でも。。勘違いしないでくださいね。
飲みに行ったのはほんの数回の事です。。。あしからず。
お魚の寄生虫って「ごま」って言うのね。。勉強になります。
私もお魚はおろすのですが。。。毎回すごいな!!綺麗だな!!
って感心しています。
毎回楽しみで~す。

アナゴさま

応援団・・・なつかしです。私は静岡県の掛川西高でもとは旧制中学だったので、応援団はりりしく、こわかったし、ちょっとあこがれでした。

ホヤは藤の花が咲く頃が旬ですか。剥いた時の色がオレンジ色でなく、買う時に今日の荷(残でない)と聞いて買ったのに、ちょっと不思議でした。去年、ホヤの塩辛が高いから自分で作ろうと買ったのに、残だったらしく、品がよくありませんでした。

ホヤを売っていた仲卸で聞きましたが、同じ人が買い続けるのでなく、ぽつぽつと売れるのでどこに行けばあるか?はその日によって違うからと言っていました。

買うのならやはり魚市場がいいと思います。値段が違います。特にデパートなどに行ったら小売価格ですし・・。北から来る便にのせてもらって来たら運賃も安いと思います。お入り用の時はお声をかけてくださったらとりますよ。

家のほうに返事を書こうと思っていたのに、応援団の話しの続きで書いてしまいました。

No title

うさこママさん、今晩は!
そうです、流川です。三越の東側の通りが流川、そのもう一本東の通りが薬研堀(ヤゲンボリ)通り、そしてその二本の間を中心として、毛細血管のように張り巡らされた小道とそこにびっしりと連なる健全&不健全飲み屋街・・・、イヤァー実にいいですなぁ。
残念ながら名古屋は出張で何度もお邪魔はしているのですが、飲み関係の方は探究不足で「錦三」も何もわかりません。申し訳ないです。

魚の寄生虫、いろいろなタイプがあるようです。今回のはまさに見た目が黒ゴマのようなので「ゴマ」っていうらしいですが、悪名高き「アニサキス」なんかは細い糸くずのようです。他のコメントの方にご紹介した、サバについてきたアニサキスご一家の写真をどうぞ!!
http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-106.html

No title

吉文さん、今晩は。
ウーム、遠州掛川の応援団はさぞや硬派で筋金入りなんでしょうねェ!
でも二十一世紀の今でもやっているんですかね?、あの筋金入りを。

ホヤ、今年の7月に岩手に帰省した折、食べてきました。
http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-entry-289.html
震災&津波でホヤ養殖業も壊滅的打撃を受け、北海道産でかろうじて需要にこたえているようでした。ホヤ養殖がちゃんと復興するまでに、やはり3~4年かかるそうです。

さて明日は酒祭りに出かけます!
これまで「酒広場」というのに入ったことがないんですが、あすはひとつ入って見ようと思っているんです。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード