2012/8/26 エソ、マナガツオ、シログチ

 旧広島大学の正門跡です。空の青さが真夏と違って、秋を思わせる深い感じがします。
IMG_1915 旧広島大学正門 W



 この広島大学跡地にほど遠からぬおかず工房からスタートした昨日のお魚ツアー。マナガツオを買いました。31㎝、720g、1150円を1000円にまけてもらいました。この日は、どこに行ってもマナガツオが並んでいました。大漁だったんですかね。
 それから川口町リアルへ。鮮魚店店頭ではなかなか見ないエソがありました。エソという魚は小骨が多くてカマボコの材料にするぐらいしか手がない、というような知識が邪魔して「なんでも刺身教」信者である私はどうも手を出しにくいのですが、珍しさと安さ(59円/100g)に引かれて買いました。2尾430円。
 同じく安いシログチ(こちらも59円/100g)も2尾買いました、425円。先日のニベの昆布締めが旨かったので、ニベの親戚筋にあたるシログチも昆布締めにしてやろうという魂胆です。
 そのあと舟入市場に。生シラス、というのがありました。一パック350円で、よほど買おうかと思いましたが、結局買わずに帰宅。あれは生でそのままいただくんですかね。

 こんな連中です。
IMG_1930 マナガツオ、シログチ、エソ W


 エソの顔です。
IMG_1934 エソの顔 W
エソというのは顔が、というか頭部がなんか蛇みたいで気持ち悪い。クワァッと口を開くと細かい歯がびっしり生えており、ますます危険そうな・・・。

 でかい鱗を落として三枚に開き、皮を引いて一応サクにしてみました。刺身にならないかと思って。
IMG_1945 エソ三枚おろし W
でもやっぱり小骨が多くて難しそうです。すり身にしてカマボコを目指します。

 まず細かく切って・・・
IMG_1947 エソ細切れ w


それを出刃包丁でトントンたたいてミンチ状にし・・・  大変な労働です。
IMG_1948 エソのミンチ w

 さらにフードプロセッサーで滑らかに、と思ったら、我が家にあるのはジュースミキサーで、フードプロセッサーではないことが判明し、挫折。本当はすり鉢を使うんでしょうが、我が家にはすり鉢もなし。


 結局、このまま塩と小麦を加えてフライパンで揚げました。ミンチフライです。
IMG_1962 エソ ミンチフライ W


 すっかり疲れ果てて、マナガツオとシログチは写真も撮らず。シログチは昆布締めとなって冷蔵庫に。今晩が楽しみです。
 マナガツオは一部刺身に、残りは塩麹漬けにして焼き物にする予定です。
IMG_1961 マナガツオ刺身 W


 こうなりました。
IMG_1959 晩酌の膳 W
 エソのミンチフライ、悪くないです。小骨も気になりません。これが「エソの味」だってのは無いので、コショウや薬味で味を引き締めた方が良いようです。


 酒は福島県会津若松市の名倉山、月弓、純米。酒のディスカウントショップ、ヤマヤで一升2280円。実は私、昔からこのデザインが好きなのです。

        img003 名倉山 月弓 W


 今にも沈もうとする上弦の三日月、その下に広がる青はもちろん猪苗代湖です。猪苗代湖の向こうにそびえる天守閣はご存じ鶴ヶ城です。・・・えェッ?、ご存じでないィ?!
 ウーム、かの戊辰戦争で薩長の官軍に対して籠城戦を挑み、ついに落ちなかった(後に開城)という名城ではありませんか。 ・・・というようなことを酒のラベルで思い出すのも、私が東北人だからでしょうね。

 この名倉山、広島ではあまり見ないような気がします。某デパ地下にあったのは気がついていますが、私が日ごろお世話になっている大和屋、酒商山田、ではどうだったでしょうか。


 (上弦の三日月、っていうのは変な言い方ですね。単に三日月っていうべきでしょうか。)


 にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村



 以下、付け足し。

 昨日も行ったおかず工房の近くに鷹の橋(たかのばし)という交差点があります。歩道橋がかかっていて、その上から昨日周囲の写真を撮りました。私自身の備忘のためにのせておきます。
IMG_1908 鷹の橋 交差点 W

 東南方向、御幸橋を経由して宇品港へ。
IMG_1896 鷹の橋 御幸橋方向 W


 北、突き当りが広島城。
IMG_1910 鷹の橋 広島城方向 W


 鷹の橋商店街のアーケード。サロンシネマ、という広島を代表する(と私が感じる)映画館があります。
IMG_1899 鷹の橋 アーケード入口 W


 広島の路面電車は、ドイツから輸入した最新式の車両と、ご覧のようなレトロ車両と混在する楽しいネットワークです。向こうにおかず工房の看板が見えていますね。
IMG_1895 鷹の橋 おかず工房




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は年末になるとエソで蒲鉾を作るのですが、骨や鱗がどうしても残ってしまってあまり美味いとはいえません。イシモチ(シログチ)で作った方が美味いに決まっていますが、値段からすればエソよりもずっと高価なのでそうも使えません。

白虎隊の歌は幾つかありますが、私が知っているのは古賀政男の♪戦雲暗く陽は落ちて~ぐらいです。♪会津若松鶴ヶ城~という歌をご存知ですか?

No title

へるぞうさん、今晩は。
古賀政男の歌、知りませんでした。
(さっき、Wikipedia で確認)

そうですか、年末にカマボコを。
出し巻き卵ぐらいは母の手伝いで作ったことはありますが、カマボコの自作はねぇ! (もっとも岩手の山の中ではエソもイシモチも手に入りませんが。)
せっかく広島に暮らす(あと何年か?)のですから、私も再挑戦してみようと思いました。
ただ、イシモチにしろエソにしろ、こちらの都合通りには店頭に出てきてくれないのが困りますが。

No title

鷹野橋の写真、載せて頂いて嬉しいです。
予備校の夏期講習をサボって、一度だけサロンシネマに行ったことあります。
何を見たか忘れてしまいましたが、独特の雰囲気だったのはよく覚えてます。

両親はもっと広島にいるつもりだったようで、中高時代には頑張って
広大に行くようにとよく言われていたので、前を通ってはここに入れたら
いいけどとキョロキョロ覗き込んだものです。

アナゴさんの書いてらっしゃった広大の跡地の原っぱも見てきました。
政令指定都市の真ん中にあんな自然があるのは、確かに素晴らしいですが
跡地を他に活用できないのなら、なぜ広大を移転したんだろうとも
思えてしまって。昔の広島しか知らない私は、どうしても広大は千田町
のほうがふさわしいような気がします。

No title

れいこさん、今晩は。
広大の移転、それもそうですよね。何で出て行ったんだろう?
たぶん、もっと広い敷地がほしかったんでしょうね。
私が知る十数年前には、千田町に古本屋が数軒あったり、しゃれた喫茶店がちらほらして、なるほど大学町だったんだな、と感じさせるものがありましたが、今はほとんどその面影もありません。
東京で一時郊外に移転していった大学が、結局都心に回帰しつつある、っていうニュースが聞かれたのはだいぶ前です。広大も思い切って一部の学部だけでも戻ってくるという可能性は考えられないんですかね。学生さんの姿が街にあふれて、知的雰囲気と活気が戻ってくるんじゃないでしょうか。

でも原っぱも捨てがたい・・・

No title

広大ですが、ごく一部のコースのみ東千田にまだ残ってます。
ただ、一部の夜間コースや大学院の一部だけなので、以前の大学生の町だった面影は無いですが。

土曜はチヌも大漁だったみたいですね。
夏チヌだからかリアルでは3枚におろされたパックでフライやソテー用として売られてましたが、おかず工房で購入したチヌは運がよかったのか・・・臭みもなく刺身で美味しく食べれました♪

アナゴさんの真似をして、チヌと、リアルで安かったので購入したヤズで、皮を湯引きして(ヤズは心臓なども湯引きして)ポン酢でいただいたら、とても美味しかったです。
・・・素人なので、皮をうまくそげなくてボロボロにしてしまいましたが(苦笑)

これからもブログ、楽しみにしてます。


・・・ちなみに、マナガツオはどうさばいてよいのかわからず、手が出せなかったです。いつか挑戦したいですが・・・。

No title

アナゴさん  こんにちは(^^♪

今年は残暑が厳しくて大変ですね(^^ゞ
札幌も連日30度超え。
なんと室蘭も未だに27~30度なんですよ!!
その割に、鮭の遡上が早かったり‥

エソ‥こんなお顔なんですか。
蒲鉾、何度か作りましたが結構、奥が深いです。
氷水で身を晒すとか塩分量が重要とか‥
いろいろ調べたんですけど‥なかなか難しいです。

No title

ひいらぎさん、今晩は。

 そうですね、天然もののヤズが安いときありますよね。あれはほんとにうれしいです。
 昔かよっていた飲み屋さんでは、魚(特にカツオとかマグロ)の心臓を「ヤサキ」といって特別扱いしてました。焼いてくれるんですが、なかなか良いもんでした。「ヤサキ」は「矢先」だそうで、要するに矢じりに似た形をしているからそう呼ぶんだそうです。マグロのでかい心臓は魚とは思えない肉質で、私は大好きでしたが、その飲み屋さんも突然どこかに引っ越してしまい、今では幻のアテです。

 マナガツオ、おっしゃる通り、手を出しづらい魚ですよね。けっこう高価だし。私は無理やり刺身にしますが、でも本当は粕漬けとか味噌漬けとか、ちょっと手をかけて焼き物にすると本領発揮する魚のようです。思い切って買って、手に負えなくなったら焼いて食べれば損はしない魚だと思います。

No title

はるさんさん、今晩は。

カマボコ、おっしゃる通り!
本当はとても繊細な物なんでしょうが、どうもその辺で安直に買えるので、実はその本質にはなかなか近づけないという、難しいものなんでしょう。
わずか一度なんですが、やってみるということは大事ですね、いろいろでかい口をきく前に。

もうすぐ9月っていうと、キノコ採りとかスケジュールに上がってくる時期ですね。
私の場合は、ご存じ西条酒祭り(今年は10月6、7日)の作戦を考える時期です!
一年ってホントに速い。

No title

マナが廉く手に入りますと、西京漬けかこれからですと柚庵焼きですね。
広島の街を眺めさせて頂きました。有難うございます。
名倉山のラベルはモダンですね。

No title

こんばんは。
すばらしい。
つりに行ってエゾがかかると
ほぼ100%の人が捨てます。

No title

相子さん、今晩は。
入院なさったとのことでびっくりしましたが、大事なかったようでなによりです。
さすがに八月の終わりの今日は、風も吹いて少し過ごしやすい午後でした。

マナガツオはおっしゃる通り、ひと手間かけた焼き物が美味しいですよね。私の塩麹漬けも悪くないと思いますよ。

広島の街並み、川沿いの風景、これまでにも増してご紹介していくつもりです。何といっても自分自身の想い出のためなんですけどね。

No title

あかちんさん、今晩は。

エソを捨てる釣り人の気持ち、わかります。
だって、大変なんだもの。
見た目は気持ち悪いし、さばくと小骨が多くて刺身にならないし、カマボコに好適といわれてもすり鉢は無いし(それは我が家だけか)、ともかくハードルが多くて面倒くさいですよね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード