2012/8/9 昆布締めいろいろ

 オリンピックも終盤、選手の方々はみなさん全てをつぎ込んで準備なさったんでしょう。それだけで尊いものだと思います。
 私、思うんです。なんか日々いい加減に過ごしている我々ですが、それでもごくたまには損得抜きで頑張ったり、仲間のために献身的努力をしたり、自ら信じる理念のためには自己犠牲もいとわなかったり、といった尊い要素を砂粒ほどは皆持っているんです。自分でも忘れているそういった尊いものが、オリンピック選手たちの美しい姿に反射されて、瞬間的に見えるわけですね。そのことに感動するんだと思います。・・・ああ、俺も頑張ろう・・・、俺も頑張れば何かもうちょっとできるかもしれない・・・、彼のあの頑張りに感謝しよう・・・、とか。
 メダルが取れたかどうか、そのメダルの色が何色だったか、なんてことには関係なくオリンピック番組を見てしまう私の心の奥底にも、何かそういうものがあるんだということを確信しています。



 さて、「なんでも刺身教」の教義に従っている私ですが、刺身でいただいた翌日は、「なんでも刺身教-昆布締め派」という分派活動にいそしむわけです。その活動記録です。

 三週間前ののカナガシラです。
IMG_1617 カナガシラ 昆布締め W


一尾100円とは思えない旨さ。
IMG_1620 カナガシラの昆布締め W


 先々週のコチ。
IMG_1670 コチ 昆布締め W


 予算オーバーのオバサンでしたが、十分満足。
IMG_1673 コチの昆布締め w


 そして先週のニベ。
IMG_1743 ニベ 昆布締め W


 だいたい三日目ぐらいですね。酒肴としては一番いい感じです。
IMG_1745 ニベの昆布締め W

 正直言って、みな昆布の味が強すぎてどの魚がどれか判別できないんですが、まあ、なんていうか、自分で作ったという自負と満足感、これですね。





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

確かに!! 昆
布で長い時間締めておくと‥そんなものかも。
ただ、先日のヒラメは一線を画していました。
身の旨みが昆布に負けていないっていう感じです。

タラの昆布締め‥かなり長いこと放置してあったものを
刺身状に切って昆布茶を少々ふりかけ、ザルに乗せて
冷蔵庫で8割がた乾燥。
日本酒によく合う珍味の出来上りです(^^)

No title

はるさんさん、こんにちは。
今日は土曜日なのですが、雨なのでお魚ツアーに出られません。

なるほど、冷蔵庫で乾燥ですか。
なんか、生ハムのような食感が想像されますね。
残念ながらタラの新鮮なのは広島ではなかなかお目にかかれないので、別の魚に応用して真似してみましょう。
そのうちご報告します。

お盆休みですね。
私は先月岩手にいってお墓参りをしてきましたが、はるさんさん家ではお盆の帰省とかなさいますか?

No title

おおっ、凄い!
私もなんでも刺身教-昆布締め派の会に入会させて下さい^^v
はるさんの8割がた乾燥テクニックも、面白いですね♡

No title

くまりんさん、今晩は。
今朝の雷雨すごかったですね。
それでお魚ツアーは足止めをくらい、今日は午後から出かけました。

昆布締めは良いですよ、なんかひと仕事した、っていう感じになりますからね。
だいぶ前に雑誌で、「なんでも昆布締めにして得意になっている板前は不見識だ。」という批判記事を読んで(立ち読み)、なるほどプロの世界はそんなものか、と思った記憶があります。でもどうせこっちは素人ですからねッ、そんな批判は怖くありません。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード