2012/8/5 ニベ、アイゴ 臭っせェー!

 今朝(8/5)の広島朝市で見た栗のイガとガマの穂です。生け花に使うんでしょうか。
IMG_1713 朝市 栗・蒲 W
秋を感じさせるような図柄ですが、暑さはまだまだ容赦ない広島です。



 さて昨日も猛暑、行ってまいりましたお魚ツアー。ところが今週はちょっと思わぬ方向に展開・・・。

 大手町おかず工房からスタート、今週も素晴らしいホウボウが目を引きます。900円、1㎏まではないかもしれませんがいい形でした。でも私は一尾だけあった大きなニベを買いました。53㎝、1.3㎏、800円です。
 北上して白島VESTAへ。大きな鮎が並んでいます。このところカープ好調でセリーグ3位を維持しており、店頭にもいろいろ応援のポップや写真が並んでいて、やる気満々のようです。スルメイカを買いました。1杯99円を2杯。
 再度太田川を南下して舟入へ。舟入市場ではシシトウを一袋買って帰宅、と思ったら妻からメールが入り、宝町のフジで抹茶大判焼きを買ってくるように、との命令が。で、フジに回ってついでに魚売り場を見ると・・・、オヤ珍しいのが一尾。アイゴです。アイゴはトゲに毒が仕込んであるとか臭い場合があるとか、一筋縄でいかない問題児ですが、私はこれまで2回買って食べたことがあり、いずれもOKだったので悪い印象は持っていません。買いました。34.5㎝、705g、780円。

 こんな連中です。午後歯医者に行かねばならなかったので、バタバタし、イカは翌日回し。
IMG_1691 ニベ、アイゴ W
店頭ではあまりよく見なかったのですが、アイゴの体に網目模様がついています。漁網によほど強く押し付けられたのではないでしょうか。ふと、いやな予感が。


 ニベからさばきはじめました。きれいなサクです。
IMG_1697 ニベ サク W

 こんな刺身に。
IMG_1707 ニベ 刺身 W
背側が少し筋っぽいんですが、控えめな脂の乗りといい、しっかりした身質といい、申し分ありません。


 ニベの付属品一式。左から卵巣、浮き袋、胃袋(開いてあります)。登場させるのを忘れましたが、もちろん皮もあります。
IMG_1700 ニベ付属品 W

 いずれも湯がいてポン酢で。
IMG_1709 ニベ 付属品料理 W
左が皮、中央が胃と浮き袋、左が卵巣です。大変結構。



 さて問題児のアイゴです。アイゴのトゲで一番曲者は額にあるこいつです。
IMG_1688 アイゴのとげ w
こやつです。
IMG_1687 アイゴのとげ W
背ビレの棘などと逆向きに生えており、うっかり撫でたりすると刺さって大変なことになるとか。
そこは手ぬかりなく、トゲもヒレも落としてからさばき始めたんですが、アレ・・・? 臭い!
昔の田舎の便所のような臭いです。内臓が臭いと聞いていたので腹側を大きく切り捨ててこんな形にしたんですが、たいして変わりません。
IMG_1702 アイゴ サク W
インターネット情報によれば、卵巣や白子を特に珍重する地方もあるとのことでしたが、その卵巣も便所の臭いです。

 とても食膳に上らせるような代物ではありません。が、あきらめがつかず、苦し紛れに「ヅケ」にしたらどんなもんだろうかと、一晩醤油につけた状態がこれ。
IMG_1729 アイゴ 漬け W
おや? なんとかなりそうです。今晩がんばって(?)食べてみます。 我ながら、そうまでして食わなくても・・・という気もするのですが。


 で、結局昨晩はニベのみ。
IMG_1704 晩酌の膳 W


 酒は宮城県大崎市の一ノ蔵「金龍」、特別純米生。大和屋で一升2900円。金龍蔵にただ一つある木の桶を使って仕込んだ、とあります。昔ながらの技で仕込んだ、という思い入れ以外に何か実質的な違いってあるんですかね?技術系の人間である私はついついそう思ってしまうんですが。



 明日は広島原爆記念日。昨日の平和公園の式典準備のもようです。
IMG_1678 平和公園 W

記念碑のところに人だかりがしているので行ってみたら、かなりの報道関係者が外国人らしいだれかを取材しているようでした。
IMG_1680 トルーマンの孫 W

 昨晩のニュースによれば、原爆投下の決断をしたトルーマン米国大統領の孫が広島に来て被爆者と面会した、とのことです。多分その人だったのでしょう。



8/5 21:00 追記
臭いアイゴのヅケ、食べてみました。右は卵巣を茹でてポン酢に一晩つけたもの。
IMG_1741 アイゴ漬け・卵巣ポン酢 W
なんと、あれだけひどかったにおいがまったくしません。醤油の力、偉大なり! そもそも醤油とか味噌はそれ自体発酵食品ですから、ある意味「くさい」ものなんでしょう。「毒を以て毒を制する」って言葉がありますが、まさしく「クサいものを以てクサいものを制す」、ということを実証したわけです。



 ついでに昨日購入のイカとシシトウも。
IMG_1742 イカ焼き W
ンーまいです。




 クサい話題に付き合っていただいてありがとうございました。お詫びに清楚な画像を一つ。広島市の花、キョウチクトウです。
IMG_1732 キョウチクトウ W






にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アイゴは以前食べた事がありますが、やはり臭くて捨ててしまいました。開いて干物にしたのですが、出来上がって取り込んだ時から既に臭く、焼いて食べましたがとても駄目でした。野締めだったからでしょうか。あるいは個体差があるのかもしれません。出入りしている仲買もたまに活け物を買い付けますが、生きている内に締めて血抜きし、なおかつ内臓を取り出さなくては駄目だそうです。そうやって処理したアイゴは刺身にするぐらいしか食べ方はないと言ってました。
木の桶を使った酒といえば、きもと造りでしょうか?それなら木の桶を使うのも納得なのですが。

アイゴ食べました!

へるぞうさん、今晩は。
アイゴ、醤油に一晩つけてどうなるか試しました。
追記しときましたが、意外や、まったくあの悪臭は消えていましたよ。
不思議不思議。
でも今回の経験で、今後また鮮魚店でアイゴを見たら買うか、と言われたら、相当おじけづきますね。
あれを堂々と売った店の側はどう思っているのか、聞いてみたいような気もします。

No title

今晩は ニベは生は食べて事はありません。余程活きが良かったのでしょうね。
アイゴは私は捌いたことはありませんが、母はフライにして呉れました。
匂ったことは無かったですね。ただ母はうっかり手を刺されて酷い目に合いました。

No title

アナゴさん こんばんは(^^♪

“ニベ”って「ニベもない‥」の語源とされる
魚ですよね。
初めて見ましたが、なんとも美味しそうな身ですね。

アイゴ‥クサいんですか!!
しかも便○の匂い‥
以前、初心者むけの“くさや”をいただいたことが
あるんですが、そんな感じなんでしょうか!?
醤油に漬けると臭みが消えるというのも興味深いですね。

No title

相子さん、今晩は。
アイゴはちょっと問題児ですが、けっこう地方によっては普通に食べていた魚のようですね。特に和歌山、徳島、香川、岡山、とかあの辺ではむしろ美味しい魚として珍重されていたようで、私も今回認識を新たにしました。

ニベは広島では時々見ます。やはりあんまりメジャーな魚種ではないので、値段も控えめ。同類のイシモチ(白グチ)なんかに比べると鮮度のもちは良いし、私は大好きです。

No title

はるさんさん、今晩は。
臭い話題にもかかわらず、コメントありがとうございます。

アイゴ、買ったのは初めてではないんですが、こんなに臭くて往生したのは初めてです。何事も甘く見てはいけませんね。
いろいろインターネットでアイゴについて調べると、この臭さに対処する方針は三つ。
(1)釣ったらすぐ内臓を除去せよ。(臭さを発生させない。)
(2)香辛料や香味野菜などで処理すると我慢できる。(臭さを軽減し我慢する。)
(3)そもそもこの臭さが良いのだ。(臭さの受容と価値基準の反転)
ま、だいたい人間界の問題解決はこの三種類だよね・・・、と納得するような結果です。

魚が臭いのは

あなたの無知と魚の処理をちゃんとしないからよ。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード