2012/6/24 イサキ、アイナメ、トリガイ

 このブログを見ていただいている方の中には、お家で野菜を育てていらっしゃる方が何人かおられます。ベランダのプランター菜園、お庭の一角、なかには本格的に畑を作っておられる方もあり、ときどきブログにお邪魔して興味深く拝見しております。
 我が家のベランダは花だけだったのですが、最近妻がミョウガとネギを育て始めました。いずれもまだ収穫という段階ではありませんが。ところがあっという間に収穫できそうなのがこれ。
IMG_0974 トウミョウ 水耕栽培 W
トウミョウ(豆苗)です。スーパーで買ってきた豆苗スプラウトを食べた後、切り取った根元を水を張った容器に入れて窓ぎわに置いたら数日でこの状態です。超簡単な窓ぎわ菜園!


 その隣で万歳しているサボテンのおっさんです。Vサインまで出して、何かよっぽどいいことがあったんでしょう。その後ろから子供をおんぶした奥さんが・・・
IMG_0989  サボテンがバンザイ W ・・・妄想



 さて昨日のお魚ツアー、一軒目大手町おかず工房、アジ、ハモ、マダイ、といったところですが若干さびしい店頭、台風の余波で海が荒れていて魚が少ないとのことです。身の厚いイシガレイ1000円が目に入りましたがすぐどなたかがお買い上げ。結局何も買わずに店を出ました。

 それから旧広大跡地でまたまたクワの実略取強奪作業に従事、430gをゲット。


 ちょうどいい時間となって川口町リアルへ。五千円近いヨコワがありました。イサキ750円、トリガイむき身を買いました。さらに舟入市場へ。店の構えがすこし変わっていました。300円のアイナメが一尾あったので聞いてみたらやはり刺身は無理とのこと、でも煮ても焼いても旨い魚なので買いました。

 こんな面々です。
IMG_0998 イサキ、アイナメ、トリガイ W
イサキは32.5㎝、645g、アイナメは28㎝、270gです。

 イサキをさばいてみると脂はノリノリですが、なんか身が柔らかすぎるような感じ。写真でもわかりますが腹側が身割れしています。イサキってこんな感じだったっけ? 調べてみると去年の7月末以来、ほぼ1年ぶり。
IMG_1000 イサキ サク W


 大きな白子が入っていました。これは期待できそう・・・!
IMG_1002 イサキの付属品 W


 こうなりました。左は肝とアイナメの胃袋。
IMG_1007 イサキ一式 W


 そしてこれが白子です。塩を振って焼いてみたのが左、右は軽く湯がいたものです。大変結構です。
IMG_1008 イサキ白子 W


 アイナメは骨切りしてから付け焼きに、トリガイはワタを取り除いて開きました。このトリガイが大変活きが良く、包丁を入れるとキュウッと動きます。
IMG_1010 トリガイ刺身、アイナメ付焼き W


 で、こうなりました。
IMG_1005 晩酌の膳 W
 酒はお隣島根県の出雲富士、特別純米生原酒、「夏雲」という酒銘です。


 食後のデザート、キウイのクワの実ジャム添え。
IMG_0948 桑の実ジャム キウイ W





 梅雨空にクチナシが匂う季節です。
IMG_0964 クチナシ W

IMG_0962 クチナシ W
 とても清楚な花ですが、割と速く茶色に変色してしまうのが玉に傷。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トリ貝の歯応えはチョッと歯がきしみ逸れますが美味しくて良く食べます。
先日あいなめの柚庵焼をしましたが、美味しかったです。
それと今日はサボテンが楽しいです。そしてクチナシ。仰る通り変色が早く驚きますね。

No title

おはようございます。昨日はいつも行っている仲買の店の手伝いをしたり、町内の掃除に出たり、買い物に二回も出かけたりで疲れてクタクタでした(勿論料理も作りました)。
我が家も集合住宅なので、ベランダでトマトやキュウリを作っていますが、あまり大きくなりません。キュウリはうどん粉病が出てしまって、三本収穫した所で引いてしまいました。トマトも青いままですから、あまり期待出来そうもないですね。
昨日の一色漁港はイサキが大量だったのか、どこの仲買の店にも活け物が出ていました。キロ\1,000~1,200ですから格安だったのですが、私が買ったのは鱧。忙しくて買えそうな魚が鱧しかなかったのです。

桑の実

たしかに低糖のジャムだと保存性は低いかも。
以前、福島県の桑折町に出向いて桑の実の食べ方を取材した際、
「酢漬け」にすると一年以上は保存できると教えてもらいました。

多少変色して黒っぽくなりますが、風味は残っていまして
その時は桑の葉ゼリーのトッピングにしていただきました。
(過去記事のどっかにあるので、今度調べておきます ^^;)


No title

台風も去って一安心。
広島ではいさきは煮付け塩焼きにされる方多いです。
いさきを煮つけて魚ソーメンおいしいですよ。
あいなめなんか片栗粉をつけてたっぷりの油で
唐揚げしてポンズでさっぱりといただくのもいいね。

No title

サボテン最高ですねぇ~!(^^)!
そう言われると、おんぶをしてる様にしか見えません(^_^;)

私、残念な事にイサキを食べた事ないんですよ・・・
旬の時期は脂がのって絶品って聞きますが
機会があれば食べてみたいです(^~^)

今日もポチッと!(^_-)

No title

相子さん、今晩は。
数年前、トリガイがやたらと高い時期がありましたが、最近はそうでもないようです。豊漁不漁の波が大きいんですかね。最近は中国や韓国からの輸入物も多いようですから、そのせいで値が安定しているのかもしれません。
ハマグリのように、国産物は幻で高嶺の花、というようなことにならないといいのですが。

No title

へるぞうさん、今晩は。
ままごとのようなベランダ菜園ですが、野菜が育ってくるのはうれしいものですね。ガーデニングなんてしゃれたものでない百姓仕事を定年になったらやってみようかと思うこともあります。岩手の故郷に帰れば耕作放棄地があちこちありますから。

ハモ、美味しそうですねェ、ごぼうと合わせるというのは知りませんでした。出会いのもの、っていうんですかね。

No title

anegoさん、こんばんは。
昨夜、クワの実ジャム少量を味噌と混ぜて、湯がいたトリガイにのっけて「ぬた」風にして食べました。適度に酸っぱく甘く、色はくすんだ赤紫でちょっと見は梅肉のようです。意外や酒の伴に好適です。

No title

瀬戸内Kさん、今晩は。
イサキを煮付けて魚ソーメン・・・、なるほど鯛ソーメンしか知りませんでしたが、いろいろの魚に応用できるというわけですね。

アイナメのから揚げ!
言葉だけでよだれが出ます。

No title

カミカミ王子さま、いつもありがとうございます。
イサキは魚屋ではけっこう見かける魚ですし、特に夏は良いと思います。一度お試しください。
でも、いつもご自分で魚を釣る方々にとっては、魚屋の店頭の魚なんてとても手を出す気にはなれないのかもしれませんね。イサキが釣れる場所とアコウやカサゴが釣れる場所とは全然違うんでしょうか?

No title

アナゴさん こんばんは(^_^;)

とり貝、主人の大好物なんですよ~♪
こんなに新鮮なモノが手に入るなんて羨ましぃ~!!
こちらに出回っているのは、しっかりボイルされた
冷凍品‥(ゴムみたい‥なんです)

イサキの白子って大きいんですね。
こちらでは見ることがない魚です。

サボテン、おもしろ~い!!
ホントにVサインしてますね。
頭に“毛”が1本‥“波平さん”でしょうか!?

No title

はるさんさん、今日は。
トリガイは少し繊細な旨さ、というか、扱いにも神経を使います。
船長さんがトリガイお好きだとのこと、そういえば船長さんは東京のご出身でしたっけ? 北海道に来られて食べる機会が減ると、ますます想いがつのるのかもしれませんね。

イサキの白子、私も初めてお目にかかったような・・・。 イサキは比較的普通に店頭に並ぶ魚なので、ついつい後回しになるかわいそうな魚です。季節によってこんな思わぬプレゼントがあるので、お魚ツアーはやめられません。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード