2012/5/6 ハマチ、タイラギ

 昨日5日はこどもの日、祝日なので魚市場もお休みだろう・・・、と思っていたのですが、吉文さんのブログで、市場は臨時営業するということを知り、いつもの土曜日と同じくお魚ツアーに行ってきました。ちなみに、市場は盆暮れ以外、三連休が許されていないんだそうです。ご苦労様です。

 最初は大手町おかず工房、ところが鮮魚売り場は閑散としており、トロ箱が並ぶいつもの土曜とは違います。鮮魚仕入れ係がこどもの日でお休みかなぁ?
 それから北に行こうか南に行こうか迷いましたが、このところずっと白島VESTAが多かったので、たまには南に行ってみることにしました。川口町リアルに来てみるとこちらも駐車場の車が少なく、あれっと思いましたが、中に入ってみると魚はたくさんありました。やれうれしや。

 珍しく、殻つきのタイラギがありました。550円で一個購入。

 それから大きな天然ハマチが。ちょっと持て余すかと危惧される大きさでしたが、大物に挑戦して出刃を振り回してみたかったので買いました。1500円、予算大幅超過。帰宅。

 あまりにでかすぎていつものようにベランダで写真撮影の儀式ができません。
IMG_0476 ハマチ W
69㎝、3.8㎏。冷蔵庫に入りませんから帰宅後ただちに解体開始。頭をおとして内臓を処理し、頭をナシ割にしたあたりで少し後悔し始めました。ちょっと手におえないんじゃないか・・・。頭を粗煮用に切り分けたあたりで手の握力が怪しくなってきました。尻尾を落として何とか冷蔵庫に入る大きさにしたところでいったん中止。昼食、昼寝。それから町に酒を買いに出かけました。

 帰宅後、作業再開。ここからは楽です。3枚におろしてサク取り、皮を引いて刺身に切り付けて完成。サラダ風にしました。
IMG_0523 ハマチ刺身 W


 一方タイラギは、殻長29㎝、810g。
IMG_0514 タイラガイ W

二枚の貝殻が完全には閉じない構造なので、その隙間から包丁を入れれば比較的簡単に開けられます。
IMG_0515 タイラガイ W

 これが主な可食部、貝柱です。148g。
IMG_0517 タイラガイ 貝柱 W


 付属品。トリガイのヒモとかホタテのヒモは売られているのを見ますが、タイラギのヒモというのは見たことがありません。捨ててしまうのかな? 
IMG_0518 タイラガイ 付属品 W

 魚を焼く金網を赤くなるまで加熱して、貝柱の表面に押しあてて焼き目をつけました。こうすると少し甘みが増すんだそうです。

 こうなりました。
IMG_0522 タイラガイ刺身 W


 ワインにしました。イタリアの白、そごう地下で840円。
IMG_0521 晩酌の膳 W
 なんか、腹いっぱい刺身を食った、という感じです。





 街路樹として広島市内あちこちで見る栃の木です。今が花盛り。
IMG_0481 栃の木 花 W

 こんな花です。栃の花から採れるはちみつは高級品だとか。
IMG_0477 栃の木 花 W


 これは広島美術館の庭にある赤い花の西洋栃の木、いわゆるマロニエですね。
IMG_0485 広島美術館マロニエの花 W

IMG_0495 マロニエの花 W


 この木はフランスからピカソの息子によって寄贈されたものという説明があります。
IMG_0498 パリから来たマロニエ E


 美術館の隣は市立中央図書館で、その庭の木立は新緑が目に染みるようです。
IMG_0502 中央図書館 ブランデン詩碑

 この詩碑は、エドマンド・ブランデン、原爆被害から立ち上がろうとする広島市民をたたえる詩のようです。








にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

多分お分かりだと思いますが、大物を捌くのであれば、それなりの大きさのまな板を使わないと疲れるばかりか満足に包丁が振るえませんよ。本当なら木のまな板の方が包丁を傷めないので良いのですが非常に高価です。一方でプラスティックなら長さ1M程度でもさほど高くありませんから、今後のお魚ツアーの為にも購入されることをお勧めします。

No title

こんばんは(^^♪

「タイラギ」、初めて見ました!!
1個でもかなり食べごたえのある貝ですね。
ヒモを見ると本当に新鮮なんだなあと思います。
焼き目が効いてますね(^o^)

天然のハマチですか‥さばき応え十分ですね。
アナゴさんは黙々とさばくのでしょうか?
はるさんは‥「エイ、ヤ~!」とか「動くな~!!」とか
とっても賑やかな状況です。

マロニエ‥ってトチノキのことだったんですか‥
美しい花が咲くんですね♪

No title

こんにちは
3キロ超のお魚は確かに一般家庭のレベルを超えてますよね。
って私もつい入手してしまうことがありますが。

それにしても、ハマチもタイラ貝も新鮮で美味しそうです。
特にハマチの血合いの色にうっとりしてしまいました。

ところで、広島では街路樹は栃の木なのですね
私は見た事な気がします(気付かないだけ?)

No title

へるぞうさん、今晩は。
そうですね、おっしゃる通りですね。
実はこのハマチと格闘しているときに、少し危険を感じたんです。
「ここでこのまな板が少し傾いて、魚がこっちに滑ったら、出刃包丁がこっちにずれて俺の指が一本飛んでしまうなぁ・・・」とか。

もう一つ気になっていたのは、その色です。
長年使ったせいで、いつもきれいにしているつもりなんですが、茶色に染まってしまってとれません。みなさんのお目にかけるにはちょっと恥ずかしい状態だと・・・。

思い切ってなんとかしましょう!

No title

はるさんさん、今晩は。
タイラギはホタテと同じく貝柱をいただく貝ですが、歯触りがホタテと少し違って、若干「サクサク」する感じです。
タイラギに焼き目をつけるのは、愛媛県に出張したおり、たまたま入った飲み屋さんで知りました。飲みながらも勉強するアナゴです。

わたしは黙々とやるほうですね。
と、自分では思っていたんですが、どうもいろいろ口走るようです。
「・・えーと・・・」とか、「・・で、それから?・・・」、「よっしゃァ」、「・・・! あッ、やってもた・・・」、何なんでしょうね?

No title

広島の街路樹はいろいろです。いちばん目につくのはやはり、クスノキとケヤキ、柳。広島市の木、キョウチクトウ。もちろん桜、白モクレン、サルスベリなど花のきれいな木々。それから、秋の紅葉が美しいナンキンハゼ。センダンやサワグルミなんていう変わったのもあります。

こんど、広島街路樹ツアーをやってみましょうかね。

No title

お久しぶりです。タイラギは大好きです。焼きを入れると言うこと、とても参考になりました。
自分では貝を開けません。淵が薄くて怪我をしそうですから魚屋で開けて貰います。
イナダは自分で下ろしましたが、せいぜい40㎝位まです。出刃が最近手に重く感じるようになりましたので、魚屋で下ろして貰います。
生ごみの問題があって、出来るだけ魚を捌くのは収集日の前日にしております。

No title

相子さん、今晩は。

生ごみの問題は深刻です!
我が家では、だいたい土曜日がお魚ツアーなので、けっこうな量の魚系生ごみが出ます。で、妻にお願いして冷凍庫の一角を生ごみ保管スペースとして確保、そこに凍らせておきます。凍らせておけば臭いも出ませんからね。

問題は、その保管スペースで間に合わなくなってくることですね。

No title

遅いコメントでごめんなさい^^;
下関ではタイラギのひもは、売ってますよ~♪
私はサッと茹でて、酢味噌で食べるのが好きです♡

No title

くまりんさん、コメントありがとうございました。
なるほど、タイラギのヒモ、売ってましたか!
そうですよね、けっこうな量もあるし、捨てちゃうわけないですよね。

さっと湯がいて酢味噌で。
酢味噌は万能ですね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード