2012/3/10 カサゴ、タナゴ、サヨリ、サザエ

 何事もなく明けた3月11日の朝です。

IMG_9708 3月11日夜明け W



 昨日、10日のおさかなツアー、大手町おかず工房からスタート。カサゴとタナゴを買いました。カサゴは広島ではなぜか「ホゴメバル」略して「ホゴ」と呼ばれています。ホントのメバルより一段格下のメバル、というイメージで見られているようです。30㎝、430g、750円。タナゴはけっこう大きめで、25㎝、290g、380円。
 北上して白島へ。白島VESTAでサザエ、一個150円を2個。大きなマナガツオ、真鯛、黒鯛やコチなどが。立派なサヨリ、この辺では「てっぽうサヨリ」といいますが、380円というのが目を引きました。
 さらに太田川を下って舟入市場へ。この日はサヨリが大漁だったらしく、ここでは1尾160円というのが。それと別に、小さめのものを7尾一山300円というのがあり、これを買いました。それと大根菜を買って帰宅。


 こんな連中です。
IMG_9663 カサゴ、タナゴ、サヨリ、サザエ W


 こんな顔です。
IMG_9679 魚の顔 W
タナゴの唇がうす朱色で美しい。


 カサゴはとても活きがよく、いわゆるブラの状態。こんな感じを広島の魚屋さんは「まだブラじゃけぇ!」と言って自慢するわけです。
IMG_9688 まだブラです w


 三枚におろして皮を引いた状態のカサゴです。身がブリブリしており、刺身に引くのに手こずるほどです。
IMG_9690 カサゴ三枚おろし W


 そして付属品一式。左から、浮き袋、胃、肝、皮、です。
IMG_9693 カサゴ 付属品一式 W


 こっちはタナゴ。似ていますが違います。
IMG_9699 タナゴ 三枚おろし W


 こんな刺身になりました。左は皮の湯引きと、付属品の素ゆで。
IMG_9704 タナゴ、カサゴ刺身 W
かさごはもう少し時間を置いたほうがより味わいが出るかもしれません。


 サヨリは2尾を刺身に、残りは開いて一夜干しに。
IMG_9706 サヨリ刺身 W
左は先週のイカで作った塩辛、および、その塩辛を練りこんだ味噌で焼いた厚揚げ。自家製のイカ塩辛は旨いですが、ちょっと水っぽくなりがちです。イカを一晩干すとよい、と聞きますがどうでしょうか。


 こんな形に。
IMG_9702 晩酌の膳 W

 酒は広島県福山市神辺町の天宝一、純米酒。75%精米で、一升1995円。大和屋で買いました。幟町に酒商山田が支店を開いてから二月ほどになるでしょうか、今のところ、4:1ぐらいで大和屋で買うほうが多いですね。



 平和公園原爆ドームに近接する相生(あいおい)橋の上から川上(北側)を見た景色です。もう2週間もすればこの土手は桜の花盛りとなって、花見の宴で盛り上がります。
IMG_9642 相生橋上流側桜土手 W
 向こうに見えている橋が空鞘(そらざや)橋で、その右たもとに、「渝華園(ゆかえん)」という中国風の庭園があります。広島と友好都市である中国の重慶市から送られたものだとか。重慶は杜甫の詩などに出てくる「渝州」で、7年ほど前に仕事で訪れる機会があり、わずか一晩しかいなかったのですが、とても気に入りました。日中戦争の重慶爆撃の影響で、対日感情は悪いそうですが。


 入口です。入場無料。
IMG_9605 渝華園入口 W


 こんな感じで、いかにも中国風。いつ行ってもほとんど人がいません。
IMG_9608 渝華園 W
 昔岩波文庫で、「紅楼夢」というのをポツポツ読んだことがありますが、それを思い出します。


 梅が満開でした。
IMG_9614 渝華園紅梅 W

 紅梅です。
IMG_9591 渝華園紅梅アップ W


 白梅も。
IMG_9600 渝華園白梅 W


 紅と白が微妙に混ざったような花ですね。
IMG_9601 渝華園白梅アップ W


 広島においでの際はぜひお立ち寄りください。穴場です。




3月13日 追記
 あかちんさん、所用があって3月1日に熊本にお邪魔しました。九州新幹線初めて乗ったのですが、やっぱり速いですねェ! 広島からですと完全に日帰り圏内です。タクシーの運転手さんも言ってましたが、日帰り圏内になったため、一晩泊まって熊本で一杯やることができない、というノンべ出張族の嘆き、大変よくわかります。

 当日は小雨というか、霧がかかったような天候で、お城の威容も今一つ。
DSCF1796 熊本城 W
この邪魔な信号を入れないで写真を撮れないかと、この辺を何度も行ったり来たり。結局それは不可能という結論に達したのがこの一枚です。
 帰りの新幹線を一本遅らせて、熊本駅前のビル一階の飲み屋さん(「うまや」ですかね?)で「香露」をいただいてきました。
 お土産に「霊山」純米、900ml瓶を一本買ってきました。
IMG_9586 れいざん W
 大変結構でしたよ。一晩ゆっくり飲みたい街です。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

魚捌くの上手っすね。
俺も一応五島列島育ちだから、
捌けるのは捌けます。
でもヘタです。
ということで、魚を釣るたび上手な後輩のところに持っていって、
三枚におろしてもらって一枚やって家で刺身にするだけにしています。
この前はなんとジギングでヒラス(平政)2尾釣り上げました。
冷蔵庫にも入らなかったので、1尾後輩にあげました。
五島列島最高。広島も最高。日本最高。日本の包丁バンザーイ!

No title

紅梅に白梅‥もうすっかり春ですね(^^♪

今日も豪華な食卓!!
食卓も春のお魚が勢ぞろい(^^)

イカの塩辛、サッと身を干してから作るのも
こってりとして美味しいですよ。
釣り仲間の方たちに聞くと作り方は何通りもあって
それぞれ工夫されているみたいです。

No title

メラメ~ラさん、こんばんは。

私は35歳を過ぎてから、魚をさばくのをおぼえました。
たまたま、結婚した女性が生の魚を扱うのが苦手、というのがきっかけですが、いったんやり始めると奥が深く、「道を極める」みたいな感覚がわいてきて、道楽としては最高です。

冷蔵庫に入らないヒラマサ、なんて話はうらやましすぎて冷静に聞いてられません。日本の七輪バンザーイ!
五島列島って行ってみたいです!

No title

こんばんは、はるさんさん。
塩辛って単純なだけにいろいろ奥が深そうで、それぞれ一家言お持ちのようですね。うかつに踏み込むとそこは地雷原・・・、かも。

今日(3/11)の午後は、できるだけ海の近くにいるべきだという気がして、宇品のフェリーターミナルで瀬戸内海の穏やかな波をみながら一年目を思い起こしていました。

もんじろう

もんじろう(サヨリ)、大好きです。小中学生の頃、父と浜から釣りました。
庄内の実家では、サヨリは1本まんま丸干しに。
開かない干物も美味しいですよね。

今日は石巻で献花してきました。

No title

おはようございます。
なるほど、確かに死後硬直してませんね。カサゴを例に採ると私の知る限り、
1 活きたままの状態で競りにかけられる
2 既に氷漬けにされている(死後硬直している)
このどちらかに限られますから、死んで硬直していない物はまずお目にかかれない訳です。カサゴの場合、やはり煮魚になる場合が多いので、活け締めにする必要はないのでしょう。活きそうもない物はすぐ氷締めにして鮮度落ちを防いているのだと思います。料理屋御用達の魚ですが、中でも活け物は水槽がある料理屋向きでしょうか。いずれにしても鯛やヒラメ以上の高級魚ですから、私にはあまり縁がありませんが。
天寶一の純米酒は行きつけの酒屋が確か県内唯一の取扱店だったとかで何度も飲みました。最初飲んだ時は義侠の「えにし」そっくりで非常に美味い酒だと思いましたが、しばらくして味が落ちた様な気がしてそれ以来飲んでいません。ちなみにこの手の酒は燗酒にしないと真価が判らないと思います。

No title

こんばんは、anegoさん。
もんじろう、って呼ぶんですか、庄内では?
面白いですねェ。
サヨリの丸干しは、瀬戸内海のどこかでも名物になっているとかで、この間テレビのローカルニュースで季節の風物詩としてずらっと並んでぶら下がっているサヨリを映していましたね。
おとといはどこに行ってもサヨリだらけでした。

燗酒がいいですね

へるぞうさん、今晩は。
天宝一にはいろいろのグレードがあるようで、大和屋には同一のデザインですが色違いのラベルで、何種類も並んでいます。米の違い、とか微妙なところは私は今一つ感覚が鈍いのであまり奥深く極めるのはお手上げです。
おっしゃるとおり、この酒も燗で映える酒、として何種類か並んでいたものの中の一つです。
桜が終わるまでは思いがけず冷え込む日が必ずあり、この時期の燗酒は真冬の燗酒よりうまいんじゃないかとひそかに思っています。

No title

こんばんは。
熊本ではへいきにカサゴのことガラカブと呼びます。
方言ですね。

No title

こんばんは、あかちんさん。
「ガラカブ」ですか!
北九州あたりでは「アラカブ」っていうと聞きましたが。
なんか、一層パワフルな呼び名ですね!

唐突ですが先日(3月1日)所用で熊本にお邪魔しました。
上記記事に追記しておきましたが、残念ながら日帰り。
いっぺんゆっくりお邪魔したい街です。

全部好きです

今晩は どれも好きな魚です。カサゴもタナゴも煮て食べますが、残りを焼いて食べるのも大好きです。
並んだお皿を眺めて何時も羨やんでいます。
タナゴは色も形もアマゾンのピラニアに良く似ています。

No title

相子さん、おはようございます。
タナゴっていう魚、私は昨年の夏までほとんど注目していませんでした。
なんか焼いて食べる魚、っていうぐらいの認識しかなかったんですよ。
たまたま去年の夏、でかいタナゴを99円で買って刺身にしてみたらとっても旨かったので驚きました。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード