2012/3/4 チヌ、グチ、スルメイカ

 太田川河畔のコブシの木です。つぼみが膨らみ始めました。
IMG_9548 コブシのつぼみ W

 川の水もぬるんだと見えて、鵜が遊んでいます。(遊んでるわけじゃないか・・・)
IMG_9522 太田川の鵜 W


 近寄りすぎたので逃げていきます。
IMG_9525 鵜が飛び立つ W


 一羽だけ逃げません。よく見ると翼が片方しかないようです。
IMG_9546 片翼の鵜 W
頭部の羽毛が白くなっており、老いた鳥のようです。過酷な自然の中で片翼というハンディキャップを背負いながらも、白髪頭になるまで生き抜いた姿に、同じく白髪頭の私はちょっと身につまされました。


しばらく前のNHKテレビ「ブラタモリ」で、タモリがこんなことを言っていました。
「男というものは男性機能が衰えるにつれて、花鳥風月なんてことを言い出す。まず花、次いで鳥、月までいったらもう完全に終わり。」
 うーむ、コブシのつぼみ鵜の群れ、ときてめでたく男性機能劣化第二ステップまで制覇したアナゴです。ぜひ頑張って、風、月と頂点を極めんものと心に誓ったのでした。でも風の写真はプロでも難しそうだよね・・・。




 などと余計なことを考えながらめぐってきた昨日3月3日のおさかなツアー、最初は大手町おかず工房。あれ? 対面販売なし。北上して白島VESTAへ。桃の節句なので、ハマグリがたくさん出ています。でかいチヌ(クロダイ)を買いました。チヌも真鯛も今から5月の連休あたりまでがおいしい時期ですね。36㎝、870g、880円です。ついでにスルメイカ一杯150円を二杯、二杯で670gありました。

 再度太田川右岸を南下して舟入市場へ。グチ(イシモチ)を買いました。昆布締めにしてやろうかと思います。

 けっこう大きいオコゼが出ていました。値段がついていなかったので尋ねたら、「安いよ、500円! ・・・400円にしとこうか。」という大雑把な返事。オコゼは私の腕ではちょっと歯が立たない部類に入るのです。見合わせて、店内を一回りして帰りがけにちらっと見たら、650円という値札がついていました。ンー・・・大雑把。


 こんな連中です。
IMG_9560 チヌ、グチ、イカ W


 グチの頭が虹色に輝いています。写真ではうまくとらえらえませんが。
IMG_9566 グチの顔 W


 イカの目は非常に優秀なんだそうです。
IMG_9565 イカの顔 W


 チヌはまだ少し身が痩せているような感じ。こんなサクになりました。
IMG_9573 チヌ刺身用サク W


 で、イカと一緒に刺身に。
IMG_9579 チヌ、イカ 刺身 W
左の小鉢はチヌの皮の湯引きです。


 さて数か月前から熱を入れている、厚揚げのねぎ味噌やきです。最近下のように切ってから焼く「イカダ方式」を試みています。これまでに「牡蠣イカダ」と「花イカダ」をやってみました。
IMG_9574 厚揚げ筏1 w

こんな感じに焼き目をつけます。
IMG_9575 厚揚げ筏2 w


味噌を味醂で溶いてゆるくし、刻んだねぎを混ぜ、これをいかだの上にのっけてまたしばらく焼きます。
IMG_9576 厚揚げ筏3 w


 で昨晩は、イカゲソを乗っけました。すなわち、「イカイカダ」。(これが言いたかったのです。汗)
IMG_9580 イカ筏 W


 もう一つ、隠し財産のサヨリの骨、先週の遺産です。一晩干したもの、電子レンジでチンすると、焦げることもなく、素敵な歯触りのアテになりました。
IMG_9581 サヨリの骨 W


 こんな感じです。
IMG_9578 晩酌の膳 W
 酒は富山県礪波市の立山、純米無濾過生原酒、大和屋で2415円(だったかな?)アルコール18%。




 以上ですが、備忘録として一件。これは昨日ではありませんが、先週のある日、ツブ、というのか、ニシ、というのかよくわかりませんが、小さい巻貝。30個ほどで150円。
IMG_9497 ツブと菜の花 W


 適当にゆでて竹串や待ち針で突きさしてからくるくるっと回してやると身が出てきます。成功率90%ぐらいですね。
IMG_9501 ツブ W





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。マダイやクロダイがそろそろ増えてくる時期ではありますね。一色漁港でも水槽の中に嫌というほどクロダイが入っていることがあります。当然値段もキロ\500程度で、安い時は\300の事も。ある時にはほとんど値段が付かない状態だったので、漁師が怒って引っ込めてしまったなんて事もありました。これが夏場になるとキロ\1,500ぐらいになってしまうのですから面白いものです。
ところで先週の記事を読んで気がついたのですが、アナゴさんはもしかすると法学部出身でしょうか?普通テレビでは容疑者というところを被疑者としていたので、学生時代に刑事訴訟法を勉強した人なのかなと思った訳です。

法学部ではありません

へるぞうさん、おはようございます。
キロ300円ですか・・・、そりゃまた安いですねェ。

私は法学部出身ではありません。
被疑者という言葉をどこで覚えたんでしょうね?
自分でもわかりません。

私は工学部卒で、いわゆる「ものづくり」に職業人生のほとんどをつぎ込んできました。10年以上も前でしょうか、当時ソニーの社長だった出井伸之氏が雑誌の記事で、「それでもものづくりはもうからない」と言っているのを見てムッと来たことがありました。
でもその後の10年を見てみると、そうなのかもしれない・・・、と感じることが多く、なんか悲しい気分です。私はもう定年までわずかを残すだけですが、これからの若い人たちは大変だなあと思います。

No title

イカイカダ。。。ちょっぴり笑えますw
黒鯛のお刺身の美味しそうな事♡
サヨリの骨の美味しい食べ方、教えて貰いました^^v

ニシ、懐かしい~♪
子供の頃、良く採りに行っていました!
さっと湯がいておやつに
最近、こちらでは見かけなくなりましたね~^^;

No title

くまりんさん、今晩は。
骨でうまいのは、キス、サヨリ、アジ、といったところですかね。サヨリを買うときは、もう初めから骨も食べることを織り込み済みです。ですから三枚におろすときに多少身が骨に残っても全然気にしません。
以前は魚焼き網にのっけてガスの直火であぶっていたんですが、どうしても焦げてしまいました。ある方からコメントをいただき、電子レンジを使う方法を教わりました。一度お試しください。

No title

元々工業英語検定のブログだったんでしたね。失礼しました。
まあ法律用語というのは、一般人の使い方とは異なっている場合が多いので…。
「遺言(いごん)」「競売(けいばい)」「問屋(といや)」等は読み方が違いますし、「善意」「悪意」は人の心情ではなく、ある事柄を知っているか否かなのですから。

No title

こんにちは

「イカイカダ」のお味は‥「イカった」でしょうか_(._.)_
こんなに大きくてプリプリのスルメイカ、150円は
とってもお得な値段ですね。

最後のツブ、コチラの日本海側でよく見ます。
大きい物は少なくなってしまいましたが時々採って
きて楽しんでいます。
お水からそーっと煮ると取れやすいような‥
大きな釣り針を使うと“返し”が付いているので
成功率がアップしますよ~♪

No title

へるぞうさん、こんばんは。
なるほど、業界用語ってあるんですね。
そうなると、裁判員に任命された人なんかずいぶん苦労するかもしれませんね。
実はわれわれ技術屋にとっても、特許の日本語というのは少し要注意なんです。

ところでへるぞうさんご自身は法律関係者ですか?

No title

こんばんは、はるさんさん。
イカイカダ(あー、はずかしい)、味噌にゴロを少し加えるとか、何かもうちょっと工夫が必要という印象です。今のままでは、イカが味噌の味にしっくりないんでない、というか、別に一緒にする必然性が感じられない、別々に焼いて食べたらいいんじゃないの? という判定ですね。

室蘭の雪晴れの風景、懐かしく拝見しました。ありがとうございました。

No title

 こちら三陸でも、磯ものシーズンに入ります。
早春は海藻、これからはツブ類がターゲットになります。
こちらで紹介されているようなツブ類は殻をじっくり観察
しないと同定が難しいのです。似たような奴がいっぱい
いますので。

 写真の感じではヘソアキクボガイかなと思ったのですが、
へそが大きいので、コシダカガンガラかと思われます。
この仲間は穏やかな味で美味しいですよね。
 こちらでは肉食で辛味のあるレイシガイもマニアには
人気ですよ。

 写真がどんどん綺麗になって来ていますね。デジイチを
お使いなのでしょうか。

No title

サエモンさん、こんにちは。

広島では「ヨナキガイ(夜泣き貝?)」という巻貝が好んで食べられています。標準和名「ナガニシ」だそうです。けっこう高価な貝でわたしは一度しか食べたことがありません。(http://hoyatabetai.blog34.fc2.com/blog-date-201005-3.html

写真の件、5年前に買ったキャノンのEOS-Kissをずっと使っています。実は最近、家のパソコンを買い替えました。そうしたら、画面が明るくて驚きました。というよりも、前のパソコンの画面が異様に暗かったんですね。それで、写真をアップするときに明るく見えるようにいろいろ手を加えていたんですが、実はそんなことはしないほうが良かったようです。

娘さん、感心しました。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード