2011/12/18 コチ、コノシロ、ハタハタ

 今年ももう二週間です。昨日17日は朝から大変いい天気でした。
IMG_8558 ベランダは花盛り W

 お天気が良いためもあって冷え込みましたが、その中を出かけた昨日のお魚ツアー、まずは大手町おかず工房へ。先週に続いてでかいイシダイがありました。3800円というその値札を横目で見て、私が買ったのは一尾50円のコノシロ4尾。
 ついで川口町リアルへ。良いキンメダイがありましたが1500円ということで、見送り。650円のコチと、4尾で299円のハタハタを買いました。刺身を念頭において買い物をするので、ハタハタという魚はなかなか私の選択肢に入ってきません。

 ところで、このリアルで昨日大事件を目撃しました。

 10時の開店直後に入ったのですが、でかい毛ガニがあったのです。「奉仕品 1990円」となっていました。本当にでかくて、千歳空港なんかで買ったら5千円以上はしそうなものでした。買うつもりもなかったのですが、奉仕品と書いてあるし、なにか訳ありなんだろうなあ・・・と見ておりますと、お客さんがお二人それぞれ一つずつ、特に大きそうなのを慎重に選んで買っていかれました。・・・とその時です、「アッ! それまちがいだ!」と、鮮魚売り場のお兄さんが血相変えて出てきました。しかしお客さんはすでにレジに並んでおられ、お兄さんは口惜しそうに「まぁ、あれはいいか・・・」とつぶやき値札を貼りなおしました。3800円が正解。あんなこともあるんですね。



 で、こんな連中です。コチは47cm、770g。
IMG_8561 コチ、コノシロ、ハタハタ W


 ハタハタは秋田から。お腹がでっぷりと膨らんでいます。
IMG_8565 ハタハタ W


 コノシロの顔。ニシンのご親戚だそうです。この額というか、前頭部がうっすらと半透明なんですね、初めて気がつきました。
IMG_8569 コノシロ頭部 W


 コチは夏が旬の魚ですが、まあ悪くなかったです。
IMG_8580 コチ 刺身 W


 付属品一式です。左から、胃袋、肝、未成熟の卵巣、皮、です。
IMG_8574 コチ 付属品一式 W

 それぞれ湯引いてこうなるわけです。
IMG_8582 その他大勢 W


 コノシロはレモン締めに。ところがレモン汁が行き渡らずあんまり締まっていません。酸で小骨も軟らかくなるだろうと期待していましたが、そのまま。
IMG_8581 コノシロレモン締め W
コノシロは皮を引いてしまうとこの粋な模様がなくなってしまうので、皮も引きませんでした。で、皮も口に残ってどうも失敗作です。


 こんな感じですね。
IMG_8579 晩酌の膳 W
 酒は福島県会津若松市の宮泉酒造、写楽の純吟生酒、ささめゆき。胡町大和屋で一升2960円。酒銘の通り、うっすらと白濁しています。

 なお、ハタハタは単純に醤油味で煮ました。卵がブリブリであごが疲れるほど。




 さて一夜明けた今朝、広島朝市に行ってきました。今日は感謝祭でいくつか催しもあるとか。

IMG_8604 朝市 W
いつにも増してにぎわっています。


 もうお正月のしめ飾りを売っていました。
IMG_8596 朝市 注連飾り W

 サザンカでしょうか。
IMG_8602 朝市 サザンカ W

 南天です。これもお正月用?
IMG_8590 朝市 南天 W



 花より食い気の方には焼き芋、一本百円。
IMG_8584 朝市 焼き芋 W

 広島の冬に欠かせない「焼き牡蠣」、これも一個百円はお買得。
IMG_8588 朝市 焼き牡蠣 W

 こっちは無料サービスのお汁粉、私もいただきました。
IMG_8597 朝市 無料のお汁粉 W

 300円以上買うと福引を一回させてくれます。私もしましたが末等、万能ネギ一束もらいました。
IMG_8593 朝市 福引 W



 この朝市の並んでいる平和大通りに、広島駅伝のバナーが掲げられました。あとひと月後、1月中旬に全国都道府県対抗男子駅伝が開催されます。今年はどんなレースとなるでしょうか。
IMG_8607 駅伝のバナー W



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
 12月19日(月)追記:

 ハタハタを焼きました。
IMG_8611 ハタハタ 焼き W
この個体は24cm、182gという大き目の一尾でしたが、焼いているうちから卵がボロボロこぼれ出てこんな格好になりました。卵は噛みごたえがあって、というかありすぎて、だいぶ長い時間噛んでいなければなりませんでしたが、大変旨いものです。ちょっと見直した・・・。
 ところで、ハタハタの刺身なんて考えられないと思っていましたが、いろいろ調べてみると、「酢締めにすると非常に美味」というような記述も見えます。
 なんと、酢締めならこのオレ様の守備範囲ではないか、これはぜひいっぺんやってみなければ!

 そのほかに、白子が旨い、マダラの白子以上、というようなことも書いてあります。ますますやる気が出てきました!


 ついでですが、コチの焼き霜造り(? ⇒ 追記の追記参照)です。香ばしい風味が加わってなかなか良いもんですね。
IMG_8609 コチ 炙り W


12月21日 追記の追記
 ウッカリ「焼き霜造り」と書きましたが、でも焼き霜って皮付きのサクの皮側をあぶったものですよね。私のは皮を引いたサクをあぶったものです。これは何というのでしょうかね? 「コチの炙り」?
 数年前に、松山市の飲み屋さんで、タイラガイの貝柱に熱した火箸を当てて焼き目をつけ、お造りにしたのをいただいたことがあり、とても印象的だったので、似たようなことができるかなと思ってやってみたのですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鍋用の魚というと、フグやアンコウになるのでしょうが、一色ではコチやホウボウを使うという人がいます。この前ブログでコチのしゃぶしゃぶをやったのですが、ただでさえ捌きが大変(骨抜きや皮引き)ですから、恐らくぶつ切りにして使うんじゃないかと思っています。
コノシロは酢締めにして美味いのはせいぜいコハダ程度の大きさではないかと思っています。コノシロになってしまうと、骨切りして塩焼きや唐揚げにする方が良いような?正月も近いですし、もし買えたらコハダの粟漬けなんか作ってみるのも良さそうです。
ハタハタは使った事がありませんので、コメントは出来ません。

No title

今晩は、へるぞうさん。
なるほど、鍋ですか。それも旨そうですね。
そういえば、広島ではコチが煮魚用として扱われている気配があります。
あんまり気取らない飲み屋さんなんかで、メニューに「コチ」というのがあるので聞いてみるとたいてい煮物です。

No title

こんばんは

“毛ガニ”が半額に…そりゃあお兄さん大変だわ~!
買ったお客さんは超ラッキー♪
そんなことってあるんですねぇ。

年末は“カニ類”の値段がびっくりするほど高くなって
魚屋のおじさんも「売るのが気の毒」だって(^^)。
わたしは常々、こういうものはなんでもないフツーの日に
食べるのが良いと思っています。

最近は、こちらでも金目鯛やサワラをちらほら見かけるように
なりましたが、コノシロもコチはまだやって来ませんね。
仕入れても、食べ方がわからないから売れないのかな。
数年前に「ホタルイカ」を店頭に並べたら、こんなに小さくて
しかも茹でてあるイカをこんな高い値段で売るなんて!と
お客さんに怒られたことがあるって聞きましたし…。

うふふ、昨年も「おしるこ」召し上がっていましたよね(^O^)。

No title

今晩は、はるさんさん。

ラッキーといえば、10年以上前、私は1700円のサワラを、レジのうち間違いで、170円で買ったことがあるのです、ウッシッシ。

ハタハタ、今日追記しておきましたが、酢締めとかあるんですね。そういえばハタハタのイズシは最高ですもんね、買うと高いけど。

No title

こんにちは!

キャ~、ハタハタおいしそうですね! コチの焼き霜作り(こういう風に呼ぶのですね)もすごくおいしそう。それに焼き牡蠣100円とは!! うらやましさに泣けてきます...。

私のブログを訪問してくださったのですね。ありがとうございます。
工業英検を持っていらっしゃるとか...、私の英語なんかお遊び程度ですからたいしたことないんですよ。イギリスの市場でも魚屋さんはありますが、お刺身にできるほど新鮮なのか、判断能力がないのでいまだ挑戦したことがありません。
一度、試してみるべきなのでしょうか?


はじめまして^^

おはようございます。
訪問ありがとうございました。
美味しそうな画像がいっぱい!
朝から見入ってしまいました(笑)
これからもよろしくお願いします。

No title

ブッチさん、今晩は。
ウッカリ「焼き霜造り」と書いてしまいましたが、ふと、そういえば焼き霜ってのは皮付きのをあぶったものを言うんじゃなかったっけ?、と思い出し、オレのは皮を引いた魚をあぶったんだけど、何ていうんだろう??? と悩んでおります。
(追記の追記に書いておきました。誰か見た人が教えてくれるといいんだけど)

ンー・・・、魚の鮮度は素人の私にもある程度わかるけど、刺身でいけるか?ってところは本職の魚屋さんにOKもらえると安心ですよね。その魚屋さんが、刺身という魚の生食を理解しているかどうか、微妙なところですね。

「火を通さず、マリネにするんだけど、大丈夫?」とか聞いてみる、ってのはどうですか?
一般論としては、カツオや、アジ、サバ、などは鮮度落ちが速く、タイ、ヒラメ、コチ、ホウボウ、など白身の魚は、比較的長持ちしますよ。
これも一般論ですが、見た目が美しい魚(うろこが輝いている、目が澄んでいる、ヒレや尾の張りが良い、腹部がゆるんでいない)は、新鮮な場合が多いです。

お近くに日本食のレストランがありませんか?そこの板前(というか、シェフ)が信頼できそうなら、相談してみては?

でも、慎重に・・・。

No title

ゆらさん、こんにちは。
ご訪問、ならびにコメントありがとうございました。
ご覧の通り、オッサンの呑み助ブログですが、お魚に遊んでもらう楽しさを書いていきたいと思っています。
時々のぞいてくださるとうれしいです。

よろしくお願いします。

No title

朝市に行かれてたんですね!
オレも時々行くのですが、寒いけど夏と違う楽しさがありますよね。

舟入のリアルでそんな事件があったとは知りませんでした。

安い毛ガニを食いそこねてちょっと悔しいですよ。

No title

銀蔵さん、今晩は。
私の勤め先は本日出勤日。
天皇陛下のお誕生日をお祝いもせず、あーでもないこーでもないと。
街宣車の人に叱られそうです。

朝市、楽しいですよね。
売り手(多くは作り手)と買い手の距離が近くて、買い物って本来こういうものなんだよなぁ・・・、と思います。
日ごろ、スーパーなどでしか買い物しないので、自動販売機で買うのと大して変わりません。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード