2011/11/24 カツオのハラモ

 昨日、23日は勤労感謝の日、おやすみです。

 紙屋町の地下街を通りました。ここはしょっちゅう通過するんですが、まじめに店舗をのぞいたことがありません。多少閉所恐怖症気味の私は、地下街が苦手、とまでは言いませんが、とりあえず通過するだけ、なるべく早く脱出したいところです。
 で、初めて気がついたのですが、産直市場グルメ館っていうのがありました。半分は時間つぶしだったのですが、立ち寄ってあれこれながめていたらこんなものがありました。
111123 カツオの腹身073 W

 カツオをさばいたときに、カマから腹にかけての部分が刺身にはならないし、始末に困ることがあるんですが、あれですね。裏側はこんな感じ。
111123 カツオの腹身074 W

 鹿児島県の物産です。3枚はいって380円。ところが消費期限が迫っていて、半額の190円。一パック買いました。どんなでしょうか?

 以上で本日のお魚関係の話題はおしまいです。


 20日の日曜日、広島朝市に行きました。ところがお魚の出店がありません。後から気がついたのですが、この日は広島市水産振興センター主催の漁業フェスティバルという催しの当日だったんですね。皆さんそっちで御忙しかったものと思われます。

 でブラブラ見て歩いて、干し柿用の柿を買いました。30個で1500円、というのを、1000円にまけてもらいました。
IMG_8126 柿 W

 妻にむいてもらって干し柿にします。多少熟れすぎ、というのが妻の判定です。

IMG_8128 柿をむく W

 こうなりました。
IMG_8133 つるし柿 W


 夕陽に照らされて、いい色じゃありませんか。
IMG_8177 柿に夕陽 W

 半月もすれば食べられるでしょう。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい光景

こんにちは。
破格の値段でお魚買えるのですね。
どう調理してたべるのでしょうか?

干し柿・・・子供のころはあまり好きでなかったけど・・今は自分でつるして食べたいなあと思いました。私も歳をとったのだと思います。

No title

sakuramomさん、今晩は。
これは、単純にあぶって食べるのが一番のようです。
ちょっと硬い感じ。
食べたらまたご報告しましょう。

私のふるさと、岩手では、お正月のなます(大根なます)に干し柿を細く裂いて入れる風習がありました。福岡ではいかがでしたか?

No title

こんばんは

このカツオのお腹、クッキングパパで見たことがありますよ。
九州では“腹皮”と書いてありました。
たしか、生姜醤油につけてから焼いていたような…?

干し柿、なんと美しい! 風情がありますね。
ご存知のとおりコチラでは柿が採れないので、とても新鮮な
風景です。

ふと…疑問?
左党のアナゴさん、干し柿召し上がるんですか!?

No title

はるさんさん、おはようございます。
これはですね、かなりきつく塩があててあるようです。
焼いて食べましたが、しょっぱいです。
固体の塩辛というか、そんな感じ。
でもさすがカツオ、旨味が凝縮されていて、濃厚なカツオ出汁をそのまま味わっているような気がしました。

はいはい、私、左右党なんですねぇ、不偏不党といいますか、超党派といいますか。

昔こういうことがありました。
近所の家族が集まって飲み会をしたのですが、お開きに近くなったとき、酒を飲まない奥様方にだけケーキが出ました。当然私には当たりません。
で、私の顔に不満が表れたのでしょうか、主催者があわてて出してくれましたが、皆さんに笑われました。
酒飲みは甘いものは食わない、世の中の通念ってそういうものなんですかねえ?
でも、ようかんで酒を飲んだという伝説的な酒豪もいるそうですよ。

(上の話を思い出しながら、そういえば昔、奥様方は人前でおおっぴらに酒を飲むものではない、という時代があったんだなあ・・・と、隔世の感を新たにしました。わずか20年ばかり前なんですが。)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード