2011/10/30 タラ

 オレも100億円ほしい! 100億円で魚買いたい!
バクチをする度胸の無い小心アナゴの悲痛な叫びでした。


IMG_7361 朝焼け W

 昨29日の朝焼けです。



 広島市内あちこちの神社が祭礼の季節を迎えています。市中央部の中国電力本社ビルにかかったしめ縄、一般の住宅にもこれと同じしめ縄がはり渡されます。この縄を伝って神様が巡り来られるのでしょうか。
IMG_7391 中国電力しめ縄 W


 こうしてみると、ライオン君も狛犬のようじゃありませんか。なかなかお似合い。
IMG_7402 中国電力しめ縄 W
電力安定供給をお願い奉りまする・・・、お賽銭は毎月口座引き落としになっておりますので。


 さて、中電大明神にお参りしたあと巡り歩いた昨日のお魚ツアー、大手町おかず工房は出遅れて何も買わず。舟入市場でウチワエビ150円/尾を3尾。

 川口町リアルでマダラを買いました。今シーズンはじめてお目にかかります。57cm、2.1kg、799円。
IMG_7450 タラ W


 こんな顔です。
IMG_7453 タラの顔 W


 なんでも刺身教の私ですが、タラはちょっとね・・・。
IMG_7467 タラ 昆布締め用サク W

というわけで昆布締めに。
IMG_7468 タラ 昆布締め w小
 ・・・お休みなさい。


 タラは付属品が楽しみな魚です。こうなりました。
IMG_7465 付属品一式 W
左から、心臓、胃、卵巣(まだ小さい!)、浮袋、そして肝、の面々です。

 本日は、胃袋の処理の仕方を。

 胃袋は、外側の血管や薄い膜、内面のヌルヌルを落とします。切り開いて内面を洗った状態です。
IMG_7471 タラ 胃袋 w

これを、薄い塩水を沸騰させたところに入れますと、クルリンとそり返ります。そのまま煮立たせること数分。
IMG_7473 タラ 胃袋を湯がく w

こうなりました。
IMG_7478 胃袋湯がいた w
内面がまだヌルヌルするので、これを徹底的に洗います。爪でこそげ取るか、包丁の背でしごいて、それから流水の下で洗います。

 で、数mm幅に刻みました。
IMG_7481 胃袋湯がいた w


 あとはお好みの薬味、調味料で適当に味付け。昨晩は、ワケギを刻み、カボスを絞ってごま油をたらして出来上がり。
IMG_7483 タラ胃袋 カボスごま油風味

 心臓は内部に血の塊が残っているので開いて洗います。
IMG_7496 タラ心臓 w
でかく写っていますが、この金串の太さが5mmぐらいですから、2.1kgの魚体にしては小さいもんですね。

 ハーブ塩をふって焼きました。
IMG_7501 タラ心臓 w

 その他付属品一式です。
IMG_7492 タラ 付属品一式 W
左手前が浮袋を湯がいたもの、その奥が肝の煮物、右が卵巣の煮物です。

 で、こいつらは「美味い」のでしょうか?

 肝は確かに普通の意味で美味いんです、アンキモだといって出されたら信じるかもしれません。卵巣もまあ普通。でもそれ以外は、歯ごたえや舌触りがちょっと面白いだけで、正直なところ取り立てて「美味い」というものではありません。結局、オレ様はこーんなこともできるんだゼ!、という自己満足を味わっているわけですな・・・。同じものが居酒屋で出てきても、これに金を払うのかぁ? と思うでしょう。



 自己満足に満ち満ちた晩酌の膳です。
IMG_7510 晩酌の膳 W
 酒は山形県酒田市の麓井、純米。宇品の酒商山田で一升2233円。燗にお勧めのコーナーにありました。燗も試してみましたが、冷やしてもけっこういい酒です。


 付属品に劣らずけっこうな本体の方です。昆布締め、わずか3時間ほどしか締めていませんが、昆布の味はすでにのっています。
IMG_7511 タラ 昆布締め W2
さらに締まっているであろう、今晩が楽しみです。

アラ汁。これを食べたくてタラを買うといっても過言ではありません。
IMG_7514 タラ アラ汁 W
満足。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

こんにちは。
ゴルッテリアさんのところからジャンプしてやってまいりました。
魚をきれいに食べる。。。素敵ですね。
毎日の食卓もあこがれます。
今なかなか良い魚が手に入らないので、、、見て楽しませてもらってます。
ランキング頑張って下さい!! 応援しいています。
また遊びに来ます!!

No title

麓井の酒は、熱燗ぐらいでないと美味くないような気がします。要は神亀と同じですね。まあ、個人的な意見ですが。
詳しくは知らないのですが、青森に「じゃっぱ汁」という、タラの内臓やアラを使った汁物があります。アナゴさんは作ってみたことがありますか?

ようこそ

sakuramomさん、こんにちは。
ご来訪、ならびにコメントありがとうございます。
アメリカにいらっしゃるんですね。

貴ブログ、拝見しました。
英語の俳句、なかなか難しそうですね。
実は私が2年半前にこのブログを始めたときは、
「工業英語検定2級突破!」というタイトルだったのです。
その後、2級は突破、1級を受けて見事撃沈。
それ以来英語の勉強はそっちのけで、お魚ばっかり&酒、のブログになりました。

時々遊びに来てくださるとうれしいです。

No title

へるぞうさん、こんにちは。
早起きですね。

私の姉の旦那さんが秋田市の出身で、やはりタラのあら汁を「ザッパ汁」といっておりました。調理法も味付けもあまりこれと決まったものがあるわけではないようです。味噌仕立てにするのが普通らしいですが、潮汁風にするのもいいとか。
タラはやっぱり頭と肝ですね。

熱燗ですか、最近あまり熱燗をやってないです。
寒くなってきたので少し熱く付けてみてもいいですね。

麓井の地元酒田は藤沢周平の小説のモデル地のようですが、藤沢作品にもタラのアラ汁が出てきたのを読んだ記憶があります。

ふーです

真鱈ね~。ため息が出ます。新鮮な真鱈の昆布ジメ こちらでは絶対お目に掛かれません。美味しいさが舌に滲みています。
鱈チリ これはこれはまた羨ましいこと。美味しいですね。アナゴさんなんて良い日でしょう。

No title

タラの昆布締めは食べた事がありません。
故郷(新潟⇒我が家だけ?)ではぶつ切りの煮魚ばかりでした。
タラの頭や白子が結構好きでしたョ!

No title

こんばんは

わ~!立派な昆布のお布団!
これなら、タラさんもゆっくり休んで美味しくなりますね。

鱈の季節ですか…。
いよいよ冬がやってきますね。

鱈の肝って美味しいですよね(^^)。
2、3年前に初めて食べたのですが、もううっとり。
お鍋にも欠かせないアイテムですね。

手作りの箸置き、これでしょうか?

No title

最初にあるように100億円、というかお金が自由に使えたとしたら、アナゴさんはじめ皆さんはどんな魚を買いたいですか?
私はシロアマダイですね。二年程前は一シーズンに二回は見ることが出来たのですが、去年あたりから全く見なくなりました。大体アカアマダイ200匹に1匹ぐらいの割合だったのですが、最近はアカアマダイばかりです。乱獲の為か一色も年々漁獲量が少なくなっていますから…。

No title

相子さん、こんにちは。
タラは、鮮度が落ちやすい魚ですよね。
タラって臭い魚、思っている人も多いかも。

でも新鮮なタラは本当にいいものです。
私が土曜日買ったのも島根県から来たもので、なかなかいいものでした。
この辺が魚という食材の面白いところです。

No title

こてつぱんさん、今晩は!
タラの白子! いいですよねェ...。
白子が入ると、広島では一桁以上お値段が上がるんですよ。
昨年、5千円以上というタラを見ました。

ソバのニュース待ってますよ。
私はまったく無知なんですけど。

No title

はるさんさん、今晩は。
あはは、そうです。ばれましたか。
我が手作りの箸置きです。

土をこねるっていうのは、何か特別の感触がありますよね。
数千年前の我が祖先が、やっぱりこうやって土をこねていたんだろうなあ・・・
こねた土を何かの拍子に焼いたときにできたものを見たときの驚愕!

陶芸っていうのは、数千年前の人たちと体験を共有できる、稀有な手段なんじゃないでしょうか。

No title

へるぞうさん、シロアマダイで100億円使い切るのはなかなか難しいんじゃないでしょうか?

ンー・・・ 私ならまず10億円ぐらいで豪華ヨットを買います。英国王室の愛用ブリタニア号とか、ああいうやつね。
それから乗り組み員の人件費、5年契約で5億円でどうでしょう。
それで、会社に1年間の有給休暇を請求するわけです。
あほか、というわけで却下。
ばーたれー、こっちから縁を切ってやる! というわけで、私が会社に1億円の退職金を払ってやる。

まだ16億円しか使っていません。

それから、燃料費1億円を使ってあちこち航海。
北欧までいって、フィヨルドでリラックス。
そこで1億円のつり道具で鯖を釣ります。

ノルウェイ漁業組合に1億円の入漁料を払って、釣りをする。
がんばって釣りました、鯖十尾! これを塩鯖にするわけです。
高級塩代1億円を合わせても、まだ20億円しか使っていません。

やっぱり御曹司に生まれてカジノでもやる他無いのでしょうか?

ああ、塩鯖! ウッマイですよネェ!!





プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード