2011/10/16 グチ(イシモチ)

 道端のコスモスがきれいです。

IMG_7084 コスモスの道 W

 さて昨日、10月15日のお魚ツアー、一軒目はいつもの大手町おかず工房。イシモチ(白グチ)が3尾並んでいました。いずれも250円。一番でかいのをゲット、42cm、710g。店頭では「ニベ」という表示になっていますが、別種の魚です。それから、最近再開した宝町のフジへ、ここも9時開店なんです。
 ここでヤリイカとタイ粗を購入。ヤリイカは大小2杯の組み合わせで380円、タイ粗は1尾分198円でした。で、これらをイシモチと一緒に冷蔵コインロッカーに、もちろんあとからお金が戻ってくるアレですね。

 それから、平和大通りを西にたどり、平和公園をさらに越えて舟入市場に。ちょうど10時開店の直後でまだ全部の魚に値札がついていません。でもプロの料理人らしい方がどんどん買っていきます。立派なキンメダイがいくつも並んでいました。
 私の大好きなトラハゼ(クラカケトラギス)の大きいのがありましたので2尾買いました。1尾120円。それから青果のほうも見て、インゲンとしし唐、そしておや? キノコが・・・ サクラシメジというキノコだそうです。天然です。一パック315円で買ってみました。

 こんな連中です。
IMG_7060 グチ、ヤリイカ、トラギス W
 いつもながら凄みを利かせた獰猛な印象の顔です。
IMG_7061 グチの顔 W

 これはイカの肌の模様。
IMG_7064 ヤリイカの肌 W
イカも顔を写してあげたいのですが、どうも表情というものが捉えられません。

 そしてこれがサクラシメジ。キノコは日に干すと旨味が増すそうなので、試しています。
IMG_7165 サクラシメジ W
名前の通り、ほんのり桜色がかっています。


 イシモチのサクです。皮下にけっこう脂が。
IMG_7065 グチ サク取り W

 こんな刺身になりました。
IMG_7156 グチ刺身 W
半分昆布締めにしておきました。

 ヤリイカは普通に刺身に。
IMG_7157 ヤリイカ刺身 W
イカサシの写真というのは、どうも真っ白に写るばかりで難しいです。つり人の特権である、本当に生きたイカならまた違うのでしょうが。


 そしてここに一人前の顔で鎮座しているこのオッサンは何でしょう?
IMG_7157 タナゴ骨せんべい w
これぞ、先週のタナゴの骨です。刺身用に身を取り、残った骨を一晩風干しにしたものを、細心の注意をもってあぶった作品ですぞ。


 こうなりました。
IMG_7155 晩酌の膳 W
サンマは近所のスーパーで。

 酒は愛媛県西条市の武田酒造の一会、純吟無濾過生。松山三井という米です。燗にしました。宇品の酒商山田で一升2940円。
 酒商山田の記事が、先週の日経ビジネスのWEBサイトに載っておりました。私はこの記事に載っている古い店舗を数回だけ訪れたことがあります。暗い店舗だったという記憶があります。何事も苦労、工夫が大切なんだ・・・。

 けっこういい色です、無濾過ですからね。
IMG_7159 酒の色(一会) w

その酒商山田に向かって自転車をこいでいた昨日午後、ふと目に入ったのがこれです。
IMG_7085 海王丸 W
 練習船、海王丸、宇品港に寄港していたのです。数年前室蘭で見たあの同じ船です。
 ご覧の通り、フルセイル。帆船を何度か見たことはありますが、全帆展開という状態を見たのは初めて。酒商山田はそっちに置いといて、急遽見学に。

 実は今日も今から見に行くのです。今日は一般公開で中まで入れるとのことなので。またご報告します。







にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいなあ! 全帆展開=3
惚れ惚れしちゃいますね(^^)。

昨年、室蘭に寄港した際は日程が合わず
見られなかったのです。

ヤリイカ、ずいぶん太いですね。
甘くて大好きなんですが、室蘭では釣れません(-_-;)。
スルメイカとは違うタイプの「肝(ゴロ)」が入っていませんでしたか?
スミを除いて、ぶつ切りにして生姜醤油でいただくと絶品なのですが
捨てちゃいました?

凄い

イシモチの刺身は経験がありません。塩焼きか唐揚げ、中華風にあんかけにするかですね。綺麗な身に見惚れました。そうそうイシモチって釣るにはつまらないです。投げ釣りに行きましたが、ただごろごろと砂の上を上がって来るだけ。
何だかご免なさい。いろいろと眺めて仕舞います。徳利とチョコが良いですね。
海王丸の姿 これも良いですね。帆が画になりますね。

No title

本当に惚れ惚れしますねー、はるさんさん。
昨日は気がつかないうちに70枚ばかり写真を撮っていましたよ。
で、今日午後また出かけたのです、艦内にお邪魔しようと思って。
ところが大変な人数の行列で、あきらめました。
広島中が惚れ惚れした結果ですね。

ヤリイカのゴロ、ゲソと一緒に煮て食べました。
スルメイカと違って大きくないので、なんか、優しい印象のゴロです。

海王丸

相子さん、今晩は。
イシモチは普通は刺身にしないようですね。
なんせ私は「何でも刺身教」という怪しい宗教の信者なものですから・・・
私は釣りをしませんので、本当に釣ったばかりのイシモチというのを知らないのです。相子さんはいかがお感じですか? 
ただ、イシモチに近い「ニベ」の刺身は一般に食べられているようですよ。

海王丸、帆が風をはらんでふくらむ形は本当に絵になりますね。
今日も宇品港まで見に行きました。
青空に屹立するマストと船尾の日の丸を見ていると、なぜか突然、「負けるものか! 俺もがんばろう!」という不可思議な衝動が沸き、気がつくと涙ぐんでいました。笑ってください。

No title

酒商山田の記事見ました。今でもこんな酒屋は結構残っていますよ。でも早晩店じまいしそうなところばかりです。私が行きつけにしている酒屋もそうですが、売り上げが落ちて商売を続けるか否か判断を迫られた時に、発想の転換をして他店と差別化を図れた店だけが生き残っていくのでしょうね。
ニベ科の魚は判別が難しいので、ひょっとしたらクログチかもしれません(自信は無いのですが)。鮮度が良ければ(それこそ釣りたてなら尚更)刺身で非常に美味ですよ。イカの方はどうもケンサキイカっぽいです。佐賀の呼子あたりではケンサキイカをヤリイカと呼ぶと聞いた事がありますが、一色では逆にヤリイカをケンサキイカと呼んでいるので混乱してしまいます。

p.s. 先週書きましたように、名古屋の試飲会の記事をUPしました。今日で二回目ですが、明日もこのネタを引きずって書いてみようかと思っています。

No title

へるぞうさん、今晩は。
イカはどうも難しいですね。
以前も、「ミズイカ」で悩んだことがありました。

今日はうれしいニュースがありました。
津波で壊滅した岩手県陸前高田市の酒、「酔仙」が、一ノ関の蔵を借りて醸造した今年初めての酒を出荷した、とのことです。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E5E2E2EA8DE3E5E3E2E0E2E3E39180E2E2E2E2;at=DGXZZO0195581008122009000000
まだ広島にまでまわってくるのには時間がかかりそうですが、いずれ味わってみたいと思います。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード