2011/6/26 カレイ

 さて昨日のカレイ、一晩置いてしっくりと身が締まってきました。さばくのも楽です。大変すがすがしい刺身となりました。
IMG_5355 カレイ刺身 W
 これでちょうど半分、残りは昆布締めにしておきました。左奥は肝の吸い物、皿の手前は縁側部分です。

 それから昨日のカツオ、今日は表面をカリッとあぶって土佐造りに。
IMG_5353 カツオ 土佐造り W
1.9kgのカツオ、二日で完食というわけにはいかず、これと同じように表面を火にあぶってから冷凍しておきました。

 以上二品が本日のメインディッシュで、他にサイドメニュー、というか、冷蔵庫整理整頓メニューですね、いくつか。

 まずは、マハタの昆布締めと、ハマチのカラスミ崩れ・焙り。
IMG_5356 マハタの昆布締め ハマチのカラスミ W


 得意の煮こごり。マハタの皮であつらえました。
IMG_5358 マハタ煮こごり w


 で、こうなりました。酒は三重県の天遊琳、純米。宇品の酒商山田で一升2555円。
IMG_5363 晩酌の膳(24日)
大変有名な銘柄らしいんですが、買ったのは初めて。この「琳」の字はどういう意味なんでしょうか? 漢和辞典によれば、美しい玉(ギョク)の名前、とか。 高雅なイメージが浮かびます。


 さて、来週は七月。月半ばの三連休には、遅まきながら母の三回忌法要を営みに岩手まで行ってくる予定です。遠からず中国地方も梅雨明けするでしょう。「梅雨明け」という言葉のもたらすイメージが、昨年とはまったく違ったものになってしまったことを意識せざるを得ません。日本各地の休止中の原発を運転再開するのか、それとも?・・・?




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
コメントありがとうございます。

刺身おいしそうですね!
かなり贅沢な晩御飯ですね。
こんなメニューなかなかありつけないですよ。

野菜プレゼント企画またやろうと思いますので
タイミングあえば、ご参加ください。
お待ちしております。

ではでは。
応援ポチット!

No title

カツオの刺身が余った場合、すりおろしたニンニク醤油の中にカツオの柵を漬ける「ヅケ」にしておけば、冷凍しなくても三日は持ちますよ。あるいは塩を振って蒸し器に掛け、軽く風干しすればナマリ節になります。かつお節と違って冷蔵庫で三日程しか持ちませんが、キュウリなんかと合わせて三杯酢で食べるのも乙なものです。

No title

KENさん、こんばんは。
決して贅沢というわけではありません、いろいろと皿・小鉢を並べたいという、困ったオヤジメンタリティーの現われです。(弁解・・・ナハハ・・・ 弱々しい笑い)

No title

へるぞうさん、こんばんは。
いつもいろいろコーチ下さってありがとうございます。

実は、血合だけヅケにしてあるんですよ。
今晩も少しだけ出して、塩辛風につまんでみました。
いいですねぇ・・・。

ナマリ節! なつかしいですねえ、私の父(大正10年生まれ、故人)が大のナマリ節党で、毎晩ナマリ節を肴に延々と晩酌をするので、母(故人)も我々子供も、辟易したものです。
でも今ナマリ節を見つけるとたまらなくなつかしくて、つい買ったりします。広島ではあまりポピュラーではないようですが。

No title

こんにちは

“カレイ”のお刺身、じつに爽やかですね(^O^)
それにしても、晩酌にお刺身が三種も!
ゼイタクにもホドがある~。

わたし…マグロの次にカツオが好物で、いつか
高知に行って本場のカツオを堪能してみたいと
思っています。
昨年の3月、イザいこうと検討していたらその頃は
まだカツオが捕れないとのことで断念。
現在に至っています。

なぜ3月かというと、長~い冬に飽き飽きして
無性にどこか暖かいところに脱出したくなるのです。

No title

はるさんさん、こんばんは。
もうほとんど梅雨明けかという広島です(暑~ゥ~ィ)。

カツオ、美味かったです。
どうも今年は一般のスーパー店頭などになかなかカツオがお目見えしません。
いまいち不漁なのかもしれません。
ごく稀に、すんばらしい魚体のカツオがウン千円とかで出ていますが、遠く目の保養にするばかりです。そんな中で先週は990円で満喫できてシアワセでした。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード