2011/6/19 クエ? と思ったら マハタ

 はっきりしない天気が続いています。そのせいで作製中のハマチのカラスミも中途半端な状態で一時冷蔵庫に退避。


 広大跡地の原っぱは夏草が茂って人影もまばら。
IMG_5256 広大跡地 W

大きなタイサンボクが花をつけていました。
IMG_5267 タイサンボク W

濃厚な甘い香りをただよわせています。
IMG_5237 タイサンボクの花 W


 なにかの実を摘んでいる人がいました。桑の実のようです。
IMG_5262 桑の実摘み W

IMG_5261 桑の実 W

 桑の実に少年の日の雨が降る    佐野鬼人



 さて昨日(6/18)のお魚ツアー、一軒目の大手町おかず工房でこのクエ(と思ったのですが、実はマハタ。へるぞうさんにただいたコメントを参照ください。)をゲットしました。44cm、1.1kgで1500円。いつものように2軒目、3軒目も周りましたが、このクエ(マハタ)に満足してそのまま帰宅。
IMG_5283 クエ W

こんな顔です。細かいけれど鋭い歯がたくさん並んでいて、うかつに扱えません。
IMG_5284 クエの顔 W


 エラのあちこちにこんなトゲや鋭いエッジがあって、ある種の凶暴な意志を感じます。
IMG_5289 クエのトゲ W
上の写真の右下辺近く、透明なノコギリ状のギザギザにお気づきですか?

 なかなか買えない魚なので、いつにも増して慎重に包丁を進めた結果、こんなサクにできました。大仕事です。
IMG_5302 クエのサク W


こんな刺身に。
IMG_5314 クエ 刺身 W


 付属品一式です。
IMG_5313 付属品一式 W
右は湯がいた肝と胃袋。かなり硬い胃袋です。左の手前が皮湯引き、奥は刺身の切れ端をネギと刻んで、梅肉で和えたもの。梅肉を作るときに、種を割って中身(仁。いわゆる天神様)を取り出し、これを細かく刻んで梅肉と混ぜると独特の風味が加わり、大変けっこうです。

 で、晩酌の膳はこうなりました。酒は宮城県石巻市の日高見。純吟、胡町大和屋で3150円。
IMG_5316 晩酌の膳 W
一升瓶の左は粗煮です。


 昨日、息子から電話があり、来月初めに災害復興作業のボランティアに行くとのことでした。今年から大学生になったのですが、大学で組織して派遣するグループに参加するようです。行き先は岩手とのこと。息子のお祖母ちゃん(すなわち、妻の母)が岩手でひとり暮らししているのですが、内陸なのでそんなにひどいことにはなっていません。
 ボランティアで行くところはおそらく三陸沿岸と思います。彼なりになにか感じるものがあるのかと思います。社会のネットワークの中で生きているということを体で納得する機会になるのではないでしょうか。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真の魚は、クエではなくマハタだと思います。クエの場合、写真のようにはっきりした縦縞ではなく、特に魚体の前半分は斜めに複雑な文様になっています。手前味噌になりますが、私のHPに両者の写真が載せてありますので参考まで(写真はかなりヘボです)。ただ、マハタはクエと甲乙付け難い美味な魚で、特に夏が旬とされていますから、今ならクエよりも上かもしれません。
アオハタの時にも思ったのですが、野締めであってもハタの一族は、一色ではとてもこんな値段で買えません。キロ¥2,500はしますし、活けならば¥3,000以上です。まあ、欲しくても滅多に水揚げのない魚ですから、高価なのも致し方ないのですが。

No title

こんばんは、へるぞうさん。
ご指摘、ありがとうございました。

実は、この記事をアップしたあと町に出かけ、某本屋さんで魚の本をながめていたら、やはりこの魚を「マハタ」と記しているのを見かけ、ムッときていたのです。
さっそくへるぞうさんのHP拝見しました。なるほど微妙なもんですなあ・・・。

しかし、独りよがりの間違いで終わってしまいそうなことが、ちゃんと指摘してもらって正しい認識をもてるということ(しかも無料で!)、本当にありがたいことと思います。私も誰かの役に立ちたい! ナハハ・・・

記事のほうは、急いで訂正しときましょう。

No title

アナゴさん こんばんは

泰山木の花、とても品のある美しい花ですね。
初めて見ました。

クエ?ハタ?
どちらも高級魚ですよね。
“あら煮”食べてみたいです。

息子さん頼もしいですね。
夏にはひと回りもふた回りも逞しくなった姿に
驚かれるのではないでしょうか。

No title

こんばんは、はるさんさん。

 泰山木の花は、とっても綺麗なんですが、いかんせん寿命が短く、すぐ茶色に変色して薄汚くなっちゃうんですよね。その甘い香りに魅かれてカナブンなど虫があつまり、体中花粉だらけにしてもだえていたりします。

 泰山木と似た木で、朴の木(ほうのき)があります。http://www.google.co.jp/search?q=%E6%9C%B4%E3%81%AE%E6%9C%A8&hl=ja&rlz=1R2ADBF_ja&biw=995&bih=589&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=ihf-TbLSOYTCvgOl3b2DAw&ved=0CE8QsAQ
花もよく似ていています。

 そのほうのきを詠った短歌で、私の大好きな一首をご紹介しましょう。

  ちちははのいまだ若くてほうのきに花ひらく夏我は生まれし 岡野弘彦

No title

こんばんは。
災害ボランティアですか。
目がきらきらしている若者なんでしょうね。
魚も目で鮮度はかりますよね。

No title

こんばんは、あかちんさん。
災害復旧ボランティアに参加なんて、縁の無さそうな息子だと思っていたので、私も妻も少々驚いています。家を離れて暮らし始め、世の中を見ることで変わり始めているのかもしれません。

あかちんさんのブログは、熊本情報ランキングでダントツの一位ですね!
熊本は数年前まで仕事で時々お邪魔する機会がありましたが、そのプロジェクトも終わったため、もうずっとご無沙汰しています。今度は観光で行ってみたいですね。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード