マグロと花火と英文添削

 7月も末になりましたが、梅雨がまだ明けません。今年は前半は空梅雨で水不足が心配されましたが、ここにきて九州から中国地方大雨が続き、各地で土砂崩れなど災害が起こっているのは皆さんご存知かと思います。広島市もその例外ではありませんが、たまたま私の住む地域はそのようなこともなく、今のところ通勤(カッパを着て自転車通勤です)の不便をぼやくぐらいです。

 さて、今年の五月に会社の同僚のT君の技術論文の英語を添削したことは以前書いたとおりですが、その後、指導を受けているK大学の先生のご指導もあって内容を見直し、書き直したものの再添削を求められました。以前一回見ているものなので、ある程度は速く進むのですが、やはり引っかかるとなかなか判断がつきません。
 それに最近勉強したこと、例えば極力能動態で書くべき、とか、information word をしっかり把握して不要な言葉を除外する、とか、気になって仕方がありません。まあ一種の進歩かもしれませんが、以前の添削と整合がとれないという不安もあります。
 いろいろ訂正コメントを入れましたが、結局最終的に感じたのは、パラグラフ構成がしっかりしていないと、日本語ではなんとなく読み流してしまうけれど、英語に直すと、ほんとうに分かりにくくなってしまう、ということでした。パラグラフ構成というのは書き手の頭の中をそのまま反映するから、しっかりしたパラグラフ構成をしないと馬鹿だと思われますよ、と昔注意されたことを思い出しますが、ほんとにそうですね。でも私は日本語の作文技術として、パラグラフの構成を明確な意図を持っておこなえ、というような指導受けた記憶はありません。英語を書くようになってから初めて明示的にそのことを学んだような気がします。
 そのほか、文中に初めて出てきた過去の出来事は現在完了にしろ、とか、いろいろ思い出しながらやっております。こういうのが一番勉強になりますね。

 さて先週土曜日(7/25)は雨で、近所の朝市は開かれず。広島市内3箇所の魚屋を経巡った結果、この日はヨコワを買ってマグロ三昧ということになりました。半身で1590円。71cm。頭、背骨もついた状態でおそらく2kg以上あったでしょう。ほんとは丸のまま一本2660円を買いたかったのですが、冷蔵庫のスペースも限られているので半身で我慢・・・
090725 ヨコワ2 15
刺身用にサク取りし、背骨から中オチをたっぷり回収。
090725 ヨコワの中オチ 10

塩焼き用にカマを二つ確保。頭を真っ二つにナシ割りして兜焼き。090725 ヨコワの頭焼き 10

 たくさん出た血合いや半端な身は、生姜煮に。また今回の新しい試みとして、ハンバーグ風にしてみました。大変けっこうです。
090725 ヨコワのハンバーグ 10


 普通、刺身はおなかいっぱい食べるものではないのでしょう。しかし我が家は家族があまり(というかまったく)なま物を好まないこともあって、つくった刺身は私一人が責任を持って片付ける、というのが我が家のルール。私は腹いっぱい刺身を食べることにほとんど違和感を感じません。土曜日、日曜日、そして本日月曜日、と三日続けてマグロの大盤振る舞いです。まだあります。今週いっぱい楽しめます。1590円で一週間堪能できれば安いものではないでしょうか。

 この日(7/25)は広島の宇品港で毎年恒例の花火大会でした。子供が小学生の時は必死に自転車をこいで宇品まで見に行きましたが、最近はもはや元気がありません。幸い我が家のベランダから遠くビルの谷間に花火がかいま見えるので、写真にとって見ました。ASA800まで上げてシャッター速度優先で撮るとこうなります。
090725 宇品港花火8 10
 けっこうそれなりに写るもんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード