2011/5/29 カラスミ いまいち

昨日のお魚です。

IMG_4987 たい焼き W
どぉーですかぁ! (自慢)


 ま、それもいいですが、こんな連中も買ってきました。いずれも大手町おかず工房で。
IMG_4967 イシダイ、キアラ、アカニシ W
 イシダイ:29cm、560g、950円
 アオハタ:35cm、695g、1000円
 アカニシ:一個440g、150円を二個

 イシダイを広島で「ハス」と呼ぶことがあるようです。吉文さんのブログに出ていました。ハスといえば鯉に近い淡水魚がありますが。

 アオハタは店頭では「キアラ」。このアオハタよりもうちょっと大き目のアコウ(キジハタ)が2500円で出ていました。いつもの元気のいいお姉さんが「2000円にしとくけど、どう!」といってくれましたがお財布がウンといいません。

(追記)この記事をアップしてから外出し、某デパ地下の鮮魚売り場に立ち寄ったところ、昨日と同じぐらいのキジハタが、880円/100g というお値段で出ていました。私の買ったアオハタが約700gですから、昨日見たキジハタが仮に同じ目方だったとしても、6000円!!・・・ 2500円は安かったですね。 それとも活け締めとか処理の仕方でそんなに値段が変わるものかな?


 アカニシ、一個150円というのはいつもの半値ぐらいの感じです。貝殻についているこのモヤシのような連中は何でしょうか??? 店頭ではまだピロピロ動いていたんです。さっそくYahoo知恵袋で質問してみましょう。
IMG_4970 これは何 アカニシのモヤシ W
(追記)Yahoo智恵袋に質問を載せたところさっそく回答が寄せられました。これは別の生き物ではなく、アカニシの卵のう「ナギナタホウズキ」だろうとのことです。



 アオハタの顔です。青くないのになぜアオハタか? というと、眼が青いからだそうです。そう言われてみればなんとなく青いような・・・ 生きているときはもっと青いんだそうです。Blue blood なんて言葉もありますから、もしかして高貴なお生まれかも。
IMG_4971 キアラの顔 W

 刺身と、付属品一式です。
IMG_4999 キアラ 刺身 W
少し淡白な感じがしたので、半身を昆布締めにしておきました。

 イシダイも刺身に。磯魚特有の歯ごたえのしっかりした刺身です。
IMG_5000 イシダイ 刺身 W


 さて、二週間前から手がけてきたサワラのカラスミですが、こうなりました。
IMG_4988 カラスミ 乾燥済み W
 結局、ちゃんと陽が出て干すことが出来たのは、先週の火水だけ。木曜には中国地方梅雨入り、しかも台風2号がやってくるという暗い見通しにつき、もうこれで完了ということにしました。手で持ってみてもまだ若干柔らかい感じがして、乾燥不足は明らかですが。生で買ってきたとき362gあり、現在232g。

 薄く切ってみると、表面近くは固くなっていますが、内部はまだやわらかい状態で、カラスミとタラコの中間ですね。
IMG_4994 カラスミ w
ま、そういうもんなんだ、と納得して、さっと火であぶっていただきました。

ンー・・、冷蔵庫の奥で忘れ去られて干からびたタラコってこんな感じかなあ・・・
IMG_5001 アカニシ 刺身 カラスミ W
ニシはいつ食べても旨いです。

 こんな感じです。
IMG_4998 晩酌の膳 W

 酒は宮城県塩釜の浦霞の純米、酒商山田で2800円。酒というものを知り始めた時期を仙台で送った私にとって、浦霞はいわば教科書的な銘柄です。教科書は学校を卒業するとなかなか日々愛読するということはなくなるんですが、私も広島で浦霞を買ったのはいつ以来でしょうか。
 塩釜も大変な被害を受けたと思いますが、浦霞の蔵元はどうだったんでしょうか。

 ところが昨日被害を受けたのは、宮城県塩釜市ではなく宮崎県国富町だったのです。

 数日前、へるぞうさんからコメントをいただき、その中に芋焼酎「川越」を酒商山田で定価売っているというお話がありました。私は焼酎はあまり手を出さないのですが、プレミアが付いてなかなか定価では買えない品のようなので、浦霞と一緒に買ってみたわけです。で、帰宅途中の車(昨日は雨につき、奥様に土下座して車を出してもらいました。)の後部座席で、宮城県と宮崎県が激突したらしいんですね。帰宅後気がついたら、川越の瓶が割れており、酒がもれています。あわててステンレス容器に受け止めて大部分は回収しましたが、台所は一日中芋焼酎の香り、奥様お冠です。
IMG_4985 川越 瓶破損で詰め替え W
 宮崎県も鶏インフルエンザに口蹄疫、そして新燃岳の噴火と災難続きなのに、みんな(もちろん私も)すっかり忘れてしまってるんじゃないでしょうか。

   がんばろう 宮崎!



 さて、予告編。

 ベランダの孔雀サボテンに今年もつぼみが付き、花が咲きそうです。
IMG_4982 孔雀サボテンつぼみ W

 あらら、つぼみにアブラムシが!
IMG_4979 孔雀サボテンのつぼみにアブラムシ W
 アブラムシも生活がかかっていますからねぇ

 長い間、妻も私もこれを「月下美人」と思い込んでいました。月下美人の花は食べることができる、という話を聞き、昨年その食べ方を花の写真つきでYahoo知恵袋に質問したところ、間違いを指摘されたわけです。ンー・・ありがたいような、ありがたく無いような・・・





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

折角の川越、残念でした。出来れば味の報告も宜しくお願いします。
どのように車に積んでいたか分らないので何とも言えませんが、店の方で緩衝材代わりのダンボール片を入れて貰えませんでした?酒類を何本か買う場合、一升瓶六本入るプラスティックケース、通称P箱を車に積んでおくと割れる心配はありません。馴染みの酒屋(酒商山田か大和屋)で貸してもらっては如何でしょう?

No title

へるぞうさん、こんにちは。
まったくドジなことをしてしまいました。

昨晩、お湯割で飲みました。
ちょっと表現のボキャブラリーが貧弱なんですが、穏やかな香ばしい香りがしますね。

こんばんは

どうもはじめまして
ベジタベルKENと申します
m(__)m

おさかなおいしそうですね。
なんて贅沢なつまみでしょう。。。
うらやましい限りです。

よろしければ、私のブログにも遊びに来てください。
料理関連のブログやってます。
比べられるとかなり恥ずかしいですが。。。

記念に応援(^_-)vポチッ凸☆

ご来訪ありがとう

ベジタブルKENさん、こんにちは。
ご来訪、ならびにコメントありがとうございました。
ご覧の通り、お魚と遊んで食べちゃうという飲兵衛ブログですが、
たまに見ていただけると嬉しいです。

貴ブログ拝見しました。
ただ切って並べて刺身にする、という私と違って、ちゃんと手間をかけたお料理で、ご家族も楽しませていらっしゃるご様子、脱帽です。

No title

アナゴさん おはようございます。

そちらは本当に売られている魚の種類が豊富ですね。
羨ましいです。

アオハタもイシダイも食べたことありません…
以前に店頭でイシダイを見かけたのですが、白と黒の
ラインがはっきりしていて、こちらの魚とはあまりにも違って
いて手が出ませんでした。

歯ごたえがあって美味しい…う~ん、惜しいことをしました。

孔雀サボテン…たしか昨年までは「月下美人」だった
あの彼女ですね。

あの彼女なんです

そうなんです、はるさんさん、あの彼女なんですよ。
あの美人が孔雀になっちまったわけです。
ンー・・・ 諸行無常・・・

美人の柔肌が虫に食われるのを座視するのは忍びないが、孔雀ならマア自分で何とかするだろう・・・かな?

北海道は今から最高の季節ですねぇ!!!
海も山も空も、風も雲も陽の光も、雨のしずくさえも美しい季節。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード