2011/4/7 アカイサキ 続編

 先週土曜日のアカイサキ、翌日は「あっさりした魚なので、油でコクを補ってやると良い。」というボウズコンニャクさんのヒントに従って、さらっとソテーしてみました。
IMG_3942 アカイサキソテー W
乾燥ニンニクチップというものを冷蔵庫のおくから発掘し、数十秒チンしてカリカリにし、砕いて振り掛けました。いい香りです。

 で、こんな感じに。手前は、タイの末端、99円/100gのホタルイカ、ベビーホタテの残り、などを市販のドレッシングで和えたサラダ。
IMG_3939 ワインで W
ワインは2本で1050円のイタリアはトスカナの白。まったく問題ありません。

 以上が日曜日のテーブルでした。

 でもまだアカイサキもタイも残っていたので昆布締めに。三日おいた水曜日の状態がこれです。
IMG_3948 昆布締めW
 同床異夢・・・ではなくて、同床異魚。

 皿の奥がアカイサキ、手前がタイです。ねっとりと粘りつく感じ。これはやっぱりワインというわけには行きません。ぬる燗ですね。
IMG_3952 昆布締め W

 この昆布締め、まだ半分冷蔵庫に。明日の晩のお楽しみです。



 昨日6日、所用で松山へ。終わって帰路のフェリーに乗ったのが17時前、おだやかな航路に春の夕陽がさします。
DSCF1487 帰路の船旅 W

 誰もいない船尾のデッキで、カップ酒をひっかけました。
DSCF1497 梅錦 W
「川なり海なり、満々たる水をながめながら呑む酒が一番だ。」と山本嘉次郎氏が言った、という文を太田和彦さんの著書で読んだような記憶があります。委細は思い出せませんが、本当にいいものです。一合の梅錦で、ちょっと陶酔するようなひと時を過ごしました。





にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
アカイサキのソテー、春らしい彩りで美味しそうです。
お魚をこのように調理するのは珍しいのではないでしょうか。
ワイングラスがふたつ並んでいるのもお初では?
お慶びごとがあったのですね。
おめでとうございます。

No title

こんばんは、はるさんさん。
アハハ・・・・ そうなんです。
ソテー、とか、グリル、とか、カタカナの世界には縁遠いんです。
塩焼き、一夜干し、煮凝り、なんていう漢字仮名まじり文の世界で生きているもんですから。
でもへるぞうさんの解説を拝見して、ポワレに挑んでみよう、という気も芽生えつつある私です。

ワイングラス2個からそこまで読み取るとは!!!
千里眼ですかぁ??? (北海の魔女か?)

ありがとうございます。

No title

こんにちは!
 お魚さんが美味しそうですね。
写真もきれい・・・見習わなくてはいけませんね。

No title

kaneyoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

せっかくの魚ですからね、その美しさと旨さを記憶するよすがとなれば、と。
また、海から鮮魚店の店頭までのルートに関わっていらっしゃる方々への感謝のためにも。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード