2011/4/3 南の海から

 広島市の街路に咲くコブシです。
DSCF1351 コブシ W

 コブシで真っ先に思い浮かぶのは、千昌夫「北国の春」の歌詞、「・・・コブシ咲くあの丘北国の・・・」。その千昌夫の故郷が、今回の震災で津波に襲われた陸前高田市です。(千昌夫のHP

DSCF1355  コブシの花 W



 さてコブシの花盛りの下を出かけた昨日のお魚ツアー、ちょっと所用で出遅れ、大手町おかず工房はめぼしいものは無し。次の川口町リアルで、天然真鯛がなんと89円/100g! さっそく一尾ゲット。ホタルイカ(ボイル)の100g入りパックが99円! すかさずこれも2枚ゲット。居酒屋のご主人らしい人が、このホタルイカを10枚ほどまとめて買っていらっしゃいました。
DSCF1382 ホタルイカ W


 ンー・・・やったぜ! とご機嫌よくリアルを出て、ついでに立ち寄った「サンバージュ井上」。昨年11月に黒ムツを398円で買った店です。鮮魚売り場をのぞくと、アレレ?・・・あんただあれ?という魚が。「アカイサキ」だそうです。店の人も「焼いて食べるんだそうです。」というあまりなじみのない言い方。120円/100g、4尾並んでいた中の一番大きいのを買いました。34cm、755g、890円。

 最後、舟入市場でメバル一山300円を買って帰宅。買いませんでしたが、3kg近くはあろうかという大きなナメタガレイが出ていました。広島でナメタガレイを見ることはごく稀ですが、我が故郷の岩手など東北・北海道では、正月の年取り魚として欠かせない高級魚です。ついていた値段2700円は、考えようによってはお買得だったかもしれません。誰か買ったかなぁ?


 こんなご一行様です。
DSCF1362 タイ、アカイサキ、メバル W

アカイサキの顔です。地方によっては「キンギョ」と呼ばれるとか。さもあらん・・・。
DSCF1392 アカイサキの顔 W
南方系の魚で、分類上はハタの仲間だそうです。これも長崎から来たようです。

ボウズコンニャクさんの市場魚貝類図鑑(いつもお世話になっています)によると、皮目がうまい魚で、湯引きか火にあぶった霜皮造りがいいとのこと。こんなサクになりました。
DSCF1398 アカイサキ サク W


危なっかしい手つきで、熱湯を皮目に注ぎ、もたもたしながら冷水にとります。
DSCF1404 アカイサキ 湯引き W
ボウズコンニャクさんによりますと、この魚はポワレが良いとか。ポワレってなんだ?


 さて一方の真鯛、天然物で89円/100gとはまた面妖な安値・・・といぶかりつつさばきにかかります。

あごから下腹のかけて、何かすすけたように黒ずんでいます。このせいかしら、安いのは?
DSCF1405 タイのあご W

 順調に三枚おろしが完了、さて頭を梨割にしてやろうと口をこじ開けた瞬間、ギャー・・・

タイノエです。ごく普通に見られる寄生虫で人間にはまったく無害らしいですが、これだけデカイとさすがにコワイ。二匹おりました。ご夫婦でしょうか? 大きい方は体調45mm。
DSCF1409 タイのエ W
実は今私のカメラが入院中で、使い慣れないコンパクトデジカメで撮っております。あの衝撃の恐怖感が十分に写真に現れておりません。ホントはもぉーっと怖いんですよお!!!


 安かったのはこのせいでしょうか? こやつのせいで身がやせ細っているとか? 体長34cmで570g、これを過去のタイ購入記録と比較すると・・・、2009年2月21日 36cm 790g という記録がありました。確かに体長との比率の上ではやせていると言えるのかも。


 ま、何はともあれ、無事に、怪奇タイノエにも襲われずに、刺身とすることができました。めでたしめでたし。
DSCF1416 タイ、アカイサキ 刺身 W


 昨晩の膳です。
DSCF1419 晩酌の膳 W
徳利の右は、アカイサキの卵巣とタイの皮湯引き、その右はワカメをフキ味噌で。

ホタルイカはたまたまあったベビーホタテと一緒に市販のドレッシングでいただきました。
DSCF1386 ホタルイカ W

 酒は福島県会津町の国権、特別純米。胡町大和屋で3097円。

 どうしても岩手・宮城にばかり目が行ってしまう私ですが、福島の苦しみはこれから数十年という単位で耐えなければならないものになるでしょう。電力をふんだんに使っている私自身にも責任の一半があるのは明白です。

 大和屋さんの店頭の義捐金の樽。私も少しばかり。
DSCF1366 大和屋の義捐金樽 W




 平和公園の国旗が半旗になっています。
DSCF1378 平和公園半旗 W


DSCF1371 大田川河畔
大田川の河畔、気の早いグループが宴のむしろをひろげています。来週末には桜も見ごろでしょう。




にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

紅いお魚のアップ、どうみても“金魚” (・o・)
でも、湯引きの姿はすごく美味しそうです。
“ホタルイカ”どうしてこんなに安いのでしょうか!?
たった今スーパーで見てきたら同量で¥398。
…もう…脱力…。

No title

はるさんさん、こんばんは。
ホタルイカ、安いですよねえ。
ここまで安いのは私も記憶にありません。
ちょうど昨日(4月3日)、テレビ番組で、ハザマ寛平さんがホタルイカの炊き込みご飯、っていうのを作って野際陽子さんに食べさせてました。「二人の食卓」とかいう番組で。
私もやってみようかと思います。

No title

この虫(?)タイノエって言うのですね!
よく見かけますが、名前は初めて知りました!

形がちょっとビックリするくらいで無害なのですか??

あ、私はお魚屋さんでは「アカイサキ」と言われて
「ヨコスジフエダイ」と「アヤメカサゴ」を入手したことがあるのですが
まだ「本物の」アカイサキは入手したことありません・・・

平和公園の半旗、とても深い思いを感じてしまいます・・

No title

お早う御座います。
ポワレって何だとのことですが、色々諸説があって正確なところは判らないのですが、大体こんなことだと考えて良いのでは?

ポワレ…魚に小麦粉をつけず、オリーブオイル又はバターをフライパンにひいて蒸し焼きにする。

ムニエル…魚に小麦粉をまぶし、バターで焼く。

鯛が黒ずんでいるのはどんな鯛でもそんなものです。〆てなかったから安かったのではないでしょうか?

No title

ぷくさん今晩は。
「さかなの寄生虫を調べる」という素敵な素敵な本があります。
長沢和也著、成山堂書店刊、1,600円(+税)。

タイノエなんてまだまだ序の口ですよぉ・・・

No title

へるぞうさん、今晩は。
ご教示ありがとうございました。
ちょっとビックしますよね。
まねっこしてみます。

No title

そんな本があるのですね~!

図書館ででも見てみます!
(中身を見ないで買う勇気は。。)
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード