2011/3/28 シッタカ

 東北方面の交通機関も少しずつ回復してきているようです。すでに北からは一ノ関まで、JR東北本線が通じたようですし、盛岡-秋田間は秋田新幹線が走っています。ということは東京あるいは大阪から日本海側を秋田までたどり、そこから東に盛岡へ、そして南に下れば我が故郷、水沢にたどり着けるというわけです。

 もうひとつのルートは、伊丹空港からJALで花巻へ、そこから水沢はすぐです。

 四月の中ごろにぜひとも水沢に行くつもりです。前々から予定していた、亡き母の三回忌。まさかこんな状態になるとは予想していませんでしたので、ちょうど桜の頃の水沢で親戚や近所の方々とお会いして久闊を叙するつもりでしたが・・・。あと2週間ばかりで、仙台の姉、栃木の弟はまだ動きが取れないかもしれませんが。


 さて、26日の土曜日のお魚ツアー、大手町おかず工房で小さいカレイを2枚、川口町リアルでアサリを一山、舟入市場で小サバを、それぞれ購入して帰宅。こんな連中です。
DSCF1300 サバ、カレイ、アサリ W
あんまり変わり映えのしない光景ですが。

 本当は、このカレイを刺身にしてやろうという魂胆だったのですが、小さすぎて断念。結局煮魚に。


 サバは小さいながらも鮮度抜群で、刺身に。ゴマサバでしょうか。
DSCF1303 サバ刺身 W

 酒は、ヘルゾウさんが教えてくれた石巻の墨廼江です。純吟、3180円。
DSCF1308 墨廼江 W
 宇品の酒商山田でたった1本残っていました。うかがったところ、震災後、東北の酒を求める人が増えて、墨廼江もほぼ売り尽したとのこと。何年後かの復活を待ちましょう。


 さてその翌日、用事があって市内のデパートに出かけ、ついでに地階の食品売り場を通過。と、鮮魚売り場にこれが。シッタカです。
DSCF1313 シッタカ 上から W
それにしてもでかいシッタカ、いま計ってみたら底面の直径が50mmほど、高さが38mm。

側面から見ると、少し傾いた円錐です。
DSCF1332 シッタカ 側面 W


ついでに底面も。
DSCF1316 シッタカ底面 W
3分ばかり塩茹でに。

 で、金串でもってクルクルッとまわしながら取り出した身がこれ。手前はふたです。このグルグルとぐろを巻いているのをそのまんま一口でいっちゃうわけです。 ンー・・・墨廼江がうまい・・・。
DSCF1318 シッタカ 中身 w

こんな緑のグルグルもあるんですね。
DSCF1323 シッタカ 中身W

 やっぱり春は貝ですねえ。買わなかったけど、立派なマテガイも見ました。トリガイもあったような・・・。



 県庁近くで見た白モクレンです。ヒッソリ清楚な感じで咲いています。でもすぐ茶色に変色しはじめるんですよね。そうなる前の一瞬の美しさです。
DSCF1295 モクレン W


 こちらはミモザ。なかなか見ません。
DSCF1283 ミモザ W

 ・・・そういえば、ミモザっていうカクテルがありましたよね。おしゃれな小説に出て来そうな・・・
ま、シッタカで墨廼江、っていうのとは違う世界の酒ですな。


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
日曜に更新がなかったので、ちょっと気をもんでいました・・

シッタカ、こちらではたまに売っているのを見かけますが、買っている人は見た事がありません(笑)
生でお召し上がりになったのですか?
私は煮て食べたことしかありません・・


No title

お早う御座います。
墨廼江いかがでしたか?実は純吟山田錦は、墨廼江で一番良いのではないかと思っています。これを飲むなら、わざわざ大吟醸を買う必要は無いです。

No title

ぷくさん、こんばんは。
日曜もドタバタして、ちょっと遅れました。

すいません、誤解を招くような書きかたでしたね。
私もゆでて食べました。
ゆでないとあんなにきれいにグルグルの先っぽまで出てきません。

四月だと言うのに薄ら寒い日々ですが、広島では今日やっと桜がわずかながら開花しましたよ。

No title

へるぞうさん、こんばんは。
大変けっこうなお酒ですね!

いろんな人の努力の結果がこの一升瓶の中身なんだなあ、と、日ごろあまり気にしないことを思いつついただきました。

No title

こちらの日本海側では「コシタカガンガラ」というシッタカによく似た
小さい巻き貝があります。グルグルも同じです。
底辺は2センチ。取り出すのは大変ですが素朴な磯の味がします。
脈絡もなく…「ゴッコ」の話。
息子が居酒屋の生け簀の中で泳いでいるゴッコを見たというのです。
あの丸っこいままかと思いきや普通の魚の形状だったとか、そういえば
フグも泳ぐ時は丸くないと思い納得。
卵を産むまでは捕食しないので生け簀で飼うことができるらしいです。

No title

こんばんは、はるさんさん。
こういう貝類は捕まえやすいし、昔の人にとっては計算できる貴重な食べ物だったんでしょうね。

えェッ!!! ゴッコが泳ぐぅ?
ン・・・、ちょっと想像困難、その居酒屋さんに脱帽・・・。
さすが札幌ですなぁ、ちょっと奇怪酒場に近いかも!!!

No title

シッタカはゆでてらしたのですね~

アナゴさんなら、生でもこんなに綺麗に貝殻から取り出せるかも知れないと思って見てたので。
あと、奥の緑色が凄く鮮やかなので、そう思ったのですよ~!

ところで、私もゴッコが泳いでいる姿見てみたいです。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード