2011/1/30 アマダイ、トラギス

 職場の同室の一人がインフルエンザ。木曜の夕方発症で、翌週火曜日まで出勤停止を喰らったようです。私自身はワクチン接種済みですが、あれも100%防御できるわけではないんだそうですね。ウイルスの型が違ったり、こっちの体力が落ちていたりすると発症するとか。我が家には受験生がいるので帰宅後直ちにウガイ手洗い。


 というわけで、若干の不安を抱えつつ出撃した昨日29日のお魚ツアーです。

 川口町リアルでアマダイを買いました。アマダイという魚は、なんとなく高級料亭に行く魚で私のような素人と遊んでくれる魚ではない、という意識があり、守備範囲外。それにだいたい高価だし。
 これが、昨日は26cm、約210gが二尾で699円。いつも注目していないのでこれが高いのか安いのかわかりません。長崎から来たもの。どうやって食べるか空白のまま、とりあえず購入。

 で、次の舟入市場でトラギス(クラカケトラギス)を発見。これは私のストライクゾーンの魚です。広島の魚屋さんではトラハゼって呼んでます。
 21cm、120gほどのでかいのが一尾140円。先週のカナガシラの倍だなあ・・・などと考えながら3尾購入しました。

 こんな皆さんです。
110129 本日の魚 W


 トラハゼの顔です。釣物で、三尾とも針を口に含んだままです。
110129 トラギスの顔 W

 タイガーマスクだぞ! ランドセル持ってないけど。
110129 トラギスの顔2 W

 体側のこの模様、金色の波に踊る黒ウサギに見えませんか?
110129 トラギス体側 W

 などと、散々遊んで刺身にしたのがこれです。伊達直人もびっくりの上品なうまさ!
110129 トラギス刺身 W

 黒ウサギマークの皮も湯びいて、ダイダイ酢で。(このところ舟入市場でダイダイを3個48円で売っています。毎週買ってきてはいろいろ試しています。)
110129 トラギス皮湯引き W



 さて一方のアマダイ、ネットで調べたら「ウロコをすき引きにしろ」とか書いてあるではありませんか。えぇー、すきびきぃ? 聞いてないよぉ・・・とか言いながらも挑戦してみました。手に負えません。結局、手の爪でモソモソはがすことに。すいませんねえ、アマダイ様・・・
110129 アマダイ W

 その上、ボウズコンニャクさんの市場魚貝類図鑑には「鮮魚のままではうまくない」と。蒸し物、昆布締め、などが良いらしい。ならば、と、一尾は昆布締め、一尾は酒蒸しに。
110129 アマダイ酒蒸し W
どうもあんまりきれいな景色ではない・・・(悩む)


 ま、ともあれ結局こうなりました。
110129 晩酌の膳 W
 酒は、山口県岩国の旭酒造、獺祭。珍しく大吟醸です。大和屋で2830円。50%精米の純米大吟にしては安いような。ついつい飲みすぎて、気がついたら一升瓶の半分いってました・・・(反省)


 今朝はまた冷え込み、晴れているのに小雪がちらついています。うっすら雪をかぶっている平和大通りの植え込みです。
110130 平和大通りに雪 W



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!

なんだか、可愛いお顔のお魚ですね♪
お刺身も美味しそうですが、
酒蒸しもいいですね♪

雪、すごいですね。
雪を見ながら、雪見酒も趣がありそうですね♪うふふ

No title

クラカケトラギスは一色でも御馴染みの魚ですが、20cm前後で鮮度が良ければ十分刺身になります。アナゴさん流石です。居酒屋の連中は、高いシロギスを敬遠してこの魚を天ぷら用に買って行きます。近頃段々値が上がってきたとはいえ安いですからね。
アマダイは小さければそんなに高くは無いのですが、30cmを超えるとキロ¥2,500以上になりますね。身が柔らかくてウロコがビッシリ付いているので、プロはすき引きにします(知り合いにも聞きました)が、これが結構難しい。よく切れる柳刃でないと、柳刃でウロコを剥がしているだけになってしまいます。いっそのこと、ウロコを付けたまま背割りにして塩を振り、数時間風干しにしてからじっくりと焼いてみては如何でしょうか?アマダイはウロコごと食べられる魚ですから。

No title

三十路オンナさん、こんにちは。
(なんか、あまりに失礼な呼びかけのような・・・)

魚の顔ってよくよくながめると面白いですね。死んでも眼を閉じないので、あたかもまだ生きているような、こっちをじっと見つめて何かもの問いたげな表情・・・。

サンマのようなツルンとした顔よりも、磯魚の奇怪な顔のほうが味があります。

こちらの雪はもう融けました。

No title

へるぞうさん、いつもご助言ありがとうございます。
「すき引きにする」って言うのは、ウロコだけでなく皮まで引いちゃうことを言うんですか。そうだったんかあ・・・うろこだけ引くのかと勘違いしてました。

なるほど、焼いてうろこまで食べる!
それも美味そうですねエ。

No title

いつも本当にまめに作っておられ驚きです。見ると食べたくなります。うちは主人が主に作りますが・・・。だっ祭(スミマセン変換ガーッ!)は大好きな日本酒のひとつです。

No title

吉文さん、こんにちは。
もう、習慣ですね。
毎週土曜、ほとんど「出勤」といった感じでお魚ツアーに出て行く私を、家族は失笑に近い苦笑で見送ります。
皆さんからコメントをいただくようになった昨年の夏あたりから一層テンションが上がりまして、記事をアップする頻度も倍増しました。

だっ祭の「だっ」は、「かわうそ」とタイプして変換すると「獺」と出ます。
そうです、日本では絶滅したと見られている、あのカワウソです。
正岡子規の著書に、「獺祭書屋俳話」っていうのがあるそうです。
プロフィール

hoyatabetai

Author:hoyatabetai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード